このページでは、セブンイレブンのレンジチルド麺、「中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」はどんな商品?


今回は、セブンイレブンの「中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」。2020年2月19日から順次発売開始となった、セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいるレンジ調理タイプのチルド麺。セブンプレミアムのカップ麺でもおなじみ、千葉県松戸市にある「中華蕎麦 とみ田」監修による、二郎インスパイアの商品です。



「中華蕎麦 とみ田」の「二郎インスパイア」レンジ麺がパワーアップ


中華蕎麦 とみ田」は、千葉県松戸市にあるつけ麺の名店。セブンプレミアムのカップ麺の影響もあり、全国的な知名度を誇る有名店です。今回の商品はお店の看板メニューであるつけ麺ではなく、二郎インスパイアのとんこつしょうゆラーメンとなっています。

とみ田からはレンジチルド麺商品として「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)」が出ており、今回の商品はこの商品の強化バージョンとなっています。「にんにくの重量を約3.5倍に増やし、濃厚な豚骨醤油スープと合わせて満足感のある商品に仕上げ」たとのことで、もともと豚脂が強かった商品にさらににんにくがパワーアップしたことで、より二郎インスパイらしさが期待できそうです。

パッケージには「ワシワシ麺」とか「アブラニンニク玉」と書かれており、新しい要素も加わっていそうです。

セブンで買える「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)」を実食レビュー!

このページでは、セブンイレブンのチルド中華麺、「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)」を食べてレビューしていきます。「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)」はどんな商品?今回は、セブンイレブンの「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン(豚骨醤油)」。いつものカップ麺ではありませんが、セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいるカップタイプのラーメンで、レンジ調理のみで本格的な味を手軽...



内容物、価格、購入額など




本来なら買ってきてそのままレンジに入れれば良いのですが、撮影のために透明フタを開けて撮影しています。さすがのすごい野菜の量です。ローソンやファミマからもレンジチルド麺商品が発売されていますが、具のボリュームはセブンが他の追随を許さない印象があります。分厚いチャーシューとキャベツ、もやし、そして丸い玉のようなものがのっています。



玉のようなものをクローズアップ。これがパッケージに書かれていた「アブラニンニク玉」のようで、背脂のようなものとにんにくの粒が丸められて玉のようになっています。今回の商品の肝となる存在でしょう。





麺の下には今回もゼラチン質のスープが隠れています。このゼラチンがレンジで溶け出すことで液体状のスープになります。また、以前はストレート形状だった麺が、今回は縮れがついています。これが「ワシワシ麺」ということでしょう。

品名中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン
メーカーセブンイレブン(製造会社は地域により異なる)
発売日2020年2月19日(水)
麺種別レンジ麺
かやく・スープなし
定価税込594円
取得価格税込594円(セブンイレブン)

栄養成分表、原材料


1食677g(めん200g)あたり
エネルギー822kcal
たん白質38.8g
脂質38.8g
炭水化物83.0g
∟糖質76.2g
∟食物繊維6.8g
食塩相当量8.3g



カロリーは822kcalで、前回の「豚ラーメン(豚骨醤油)」の759kcalよりもだいぶ増加しています。合わせて、糖質以外のすべての数値も上昇しており、単純にパワーアップしているのは間違いなさそうです。前回より税別で40円、税込で44円値上げされているので、その価値に見合うパワーアップなのか注目したいところです。相変わらずの麺量200gで重量級です。

栄養成分は、各地域の製造工場によって数値は異なるものと思われます。


調理方法




調理方法は、買ってきたそのままレンジに入れるだけです。お店にある業務用のレンジなら2分20秒、家庭用の500Wのレンジで7分30秒。600Wのレンジだとまた違う時間になると思われます。ボリュームのある商品なので、レンジ麺としては長めの調理時間の設定になっています。





調理後にレンジから取り出し、フタを開けた状態。調理前に比べると野菜のかさがなくなっていますが、それでもボリューム感はすごいです。スープは多くなく、混ぜない状態では表面には見えません



ニンニクアブラ玉は、脂分がだいぶ削ぎ落とされて玉状ではなくなり、背脂とにんにくの粒が確認できる状態。



スープ


スープは「濃厚な豚骨醤油スープ」とのこと。

豚脂を浮かせたとんこつしょうゆ味のスープに、「刻んだにんにくと、背脂とラードを合わせた『アブラニンニク玉』」が別添されています。



パワーアップした二郎インスパイアのとんこつしょうゆスープ


  • とんこつしょうゆ味
表面に大量の豚脂を浮かせたとんこつしょうゆ味のスープです。とんこつしょうゆスープは濃いめですが、スープ自体にそれほど大きな特徴はなく、アブラやニンニクを引き立てる役目を担っています。とんこつしょうゆスープの素となっているのは麺の下にあったゼラチンスープですが、この部分は前回の「豚ラーメン(豚骨醤油味)」とそれほど大きな違いはなさそうです。



  • 豚脂がパワーアップ
前回の「豚ラーメン(豚骨醤油味)」でもストロングポイントになっていた豚脂ですが、これはしっかりパワーアップしてさらなる強みになっています。量もヘビーですがアブラもヘビー。これぞ二郎インスパイア感が出ていました。ちょっと胃に堪える感じが二郎の再現性高いですね。スープはそれほど多くないですが、麺をどかして見てみると、スープ表面の油の層が厚みを増しています。



  • 「ニンニクアブラ玉」の効果は大きい


「ニンニクアブラ玉」はレンジで温めると、背脂とにんにくをつなぎでいた粘着質の油が溶け出してしまい、玉状ではなくなります。この溶け出した部分が豚脂としてスープの分厚さにつながっていました。

ニンニクの重量が3.5倍になったとのことですが、確かに格段にニンニクが強く感じられるようになりました。前回はアブラに比べてニンニクが物足りなかったですが、今回だいぶ改善されています。ニンニクアブラ玉にたっぷりニンニクの粒が入っています。

背脂の粒もかなり大きくなっていました。口に入った時には濃厚な豚脂の風味が感じられ、スープの濃厚感に大きく寄与していました。全体的に「アブラニンニク玉」の効果はとても大きかったです。前作を食べている方にとっては、明らかなパワーアップが実感できるのではないかと思います。




麺は「小麦粉の配合や製麺方法も見直し」た「嚙み応えのある極太のちぢれ麺を使用」したとのこと。

縮れの強くつけられた極太の麺です。ちょっと浅黒い色合いで、全粒粉が入っていると思われます。



縮れの強い「ワシワシ麺」に変化


  • ワシワシ麺
極太の麺が使用されていますが、前回「豚ラーメン」で使われていたストレート麺から大きく変化しています。今回の商品では「アブラニンニク玉」と並ぶ大きな特徴となっています。「ワシワシ麺」と名付けられていますが、確かにこれは誰が食べてもワシワシしていると感じますね。もちろん、ワシワシ詐欺では決してありません。二郎の麺がも縮れているので、再現性が高まったと言えそうです。

  • スープのりが良くなった!
縮れがしっかりつられていることで、以前よりもスープのりが良くなったと感じられました。縮れによってスープだけではなくアブラやニンニクともよく絡むようになり、麺とスープの一体感が高まっていました。ワシワシした食感ももちろんですが、このスープのりの良さが最大の変化だと感じました。

  • 麺量200gの重量級!
麺量200gで重量感もすごいです。おそらく他社含めレンジチルド麺の中でも最大ボリュームなのではないかと思います。カップ麺の大盛よりもさらに食べ応えがあり、価格は多少高額でも十分にお腹を満たしてくれます。このあたりも二郎インスパイアらしさだと感じました。




具は「豚脂、にんにく、もやし、キャベツ、チャーシューを具材にし」たとのこと。

豚脂やニンニクを丸めた「ニンニクアブラ玉」に、分厚いチャーシューともやし、キャベツが入っています。

チャーシューと野菜の組み合わせ


  • 分厚いチャーシュー


焼き目のついた分厚いチャーシューが入っています。チャーシューの重量が増しているとのことですが、前作でも十分大きかったので、それほど大きさの違いは感じません。脂分があってジューシーなことに加え、肉部分はかたさがあって、硬軟織り交ぜたチャーシューとなっています。麺と野菜のボリュームがすごいので相対的には目立たないですが、チャーシューもしっかり重量級です。

  • もやしとキャベツ
もやしとキャベツもたっぷり入っています。二郎といえばもやしとキャベツですよね!他の商品でここまで野菜をしっかり揃えている商品はそうそうなく、かなりの食べ応えとなっています。今回、もやしが増量されているとのことですが、確かにもやしは多少増えている感じがしました。

一方で、前回は入っていたネギがなくなっています。実際の二郎にはネギが入っていますが、それほど重要な存在ではないように感じるので、入っていなくてもそれほど影響は大きくなかったです。


オススメ度(標準は3です)


  • セブンイレブン 「中華蕎麦とみ田監修 ワシワシ食べる豚ラーメン」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
「中華そば とみ田」監修の二郎インスパイアレンジ麺を食べてきました。前作に比べ、ニンニク、アブラの強化が明らかで、麺も縮れのつけられた「ワシワシ麺」に変更になったことによってスープとの一体感が増し、大幅パワーアップを果たしています。税別で40円程度値上がっているものの、それに余りある強化があり、とても満足できる一杯でした。

ローソンやファミマからも二郎インスパイアのレンジ麺が出ていますが、ボリューム、完成度では今回のセブンが明らかに上と言って良いと思います。

ローソンの二郎インスパイアチルド麺を実食レビュー!「にんにくが決め手!豚醤油ラーメン」

このページでは、ローソンのレンジ調理型チルド中華麺、「にんにくが決め手!豚醤油ラーメン」を食べてレビューしていきます。「にんにくが決め手!豚醤油ラーメン」はどんな商品?今回は、ローソンの「にんにくが決め手!豚醤油ラーメン」。2019年10月15日発売の新商品です。ローソンのお弁当コーナーに並んでいるレンジ調理型でカップタイプのチルド麺。商品名から、おそらくは二郎系のラーメンを標榜した商品...

ファミマからも二郎インスパイアチルド麺登場!「大盛にんにく醤油ラーメン」を実食レビュー!

このページでは、ファミリーマートのレンジ調理型チルド中華麺、「大盛にんにく醤油ラーメン」を食べてレビューしていきます。「大盛にんにく醤油ラーメン」はどんな商品?今回は、ファミリーマートの「大盛にんにく醤油ラーメン」。2019年10月22日発売の新商品です。ファミマのお弁当コーナーに並んでいるレンジ調理型でカップタイプのチルド麺。「にんにく醤油」という商品名や、透明フタの向こうに確認できる...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加