このページでは、東洋水産のカップまぜそば、「マルちゃん でかまる豚骨塩まぜそば」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん でかまる豚骨塩まぜそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる豚骨塩まぜそば」。2020年2月17日に発売された、「マルちゃん でかまる」シリーズの新商品です。大阪のまぜそば専門店、「豚骨まぜそば KOZOU+」の味を再現したカップ麺です。



大阪の「豚骨まぜそば KOZOU+」の味を再現


大盛カップ麺の定番「マルちゃん でかまる」シリーズの新商品です。「でかまる」のこってりイメージにぴったりな「豚骨塩まぜそば」で、パッケージには「柚子の風味を利かせた、豚骨ベースの塩味まぜそば!」と書かれており、まったり濃厚な一杯に期待したいところ。



今回の商品で再現されているのは、大阪のまぜそば専門店、「豚骨まぜそば KOZOU+」。「第11回 最強の次世代ラーメン決定戦!」にて、「汁なし部門」の優勝に輝いた一杯を「でかまる」シリーズで再現しています。

昨年2019年4月には、「第10回 最強の次世代ラーメン決定戦!」の「汁なし部門」で優勝した横浜の二郎インスパイア系ラーメン店「ハイパーファットン」の味を再現した「マルちゃん でかまる 汁なしスッパメン」という商品が発売されていました。他の部門は「本気盛」シリーズで再現されていますが、「汁なし部門」は「でかまる」で再現されています。

汁なし部門優勝のカップ麺!「マルちゃん でかまる 汁なしスッパメン」

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん でかまる 汁なしスッパメン」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん でかまる 汁なしスッパメン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる 汁なしスッパメン」。2019年4月22日発売の、「マルちゃん でかまる」シリーズの新商品です。神奈川県横浜市にある二郎インスパイアのラーメン店、「ハイパーファットン」の味を再現...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「かやく」、「あといれかやく」の3袋。「あといれかやく」には大量のねぎが入っています。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。豚肉と玉ねぎが入っていました。麺は東洋水産の汁なし商品でよく使われている黒っぽい極太麺です。

品名マルちゃん でかまる豚骨塩まぜそば
メーカー東洋水産
発売日2020年2月17日(水)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・かやく・あといれかやく)
定価税別220円
取得価格税込232円(ローソン)

栄養成分表、原材料


1食170g(めん130g)あたり
エネルギー710kcal
たん白質13.9g
脂質31.1g
炭水化物93.6g
食塩相当量5.9g
ビタミンB10.50mg
ビタミンB20.64mg
カルシウム374mg



麺量は130gで汁なし麺の大盛サイズ。


ソース


ソースは「豚骨の風味とゆずの香りがマッチしたまぜそばスープ」で、「アクセントとして、ごま油と焦がしネギオイルを利かせ」たとのこと。

とんこつベースのしおだれで、ごま油の風味とともに柚子が香っています。



柚子やごま油を効かせたとんこつしおだれ


  • とんこつベースのしおだれ
とんこつベースのしお味のたれです。薄口しょうゆが入っているようですが、あまりしょうゆは香らず、汁なしカップ麺でたまに見られるような塩けの強さもあまりありません。

お店のたれはかなり濃厚なとんこつとのことなので、今回も食べる前はゴリゴリのとんこつベースを期待していましたが、とんこつにも思ったほど濃厚感はなく、後述する柚子やごま油を引き立てている印象を受けました。また、とんこつまぜそばでは一般的な豚脂が効いているわけではなく、豚の旨みも限定的。豚脂よりもねぎ油の香ばしさの方が強く感じられました。



  • 柚子やごま油が目立っている
ベースが控えめなこともあって、柚子の香りやごま油が目立っています。柚子の柑橘の香りは強めに感じられ、こってりイメージのとんこつだれらしからぬさわやかさがありました。

また、ねぎ油やごま油の風味も目立っており、華やかな味に仕上がっています。特にごま油は湯気とともに香り立っており、匂いだけならとんこつまぜそばという感じはあまりしません。華やかでおいしくはあるのですが、お店の一杯のようなゴリゴリのとんこつ感がもっと欲しかったですかね。



麺は「太くてモチモチとした食感の、食べ応えのある角刃で切った麺」とのこと。

湯戻し時間5分の、極太で縮れのついた油揚げ麺です。角麺形状の麺となっています。



太めで縮れのついた油揚げ麺


極太で縮れのついた油揚げ麺です。東洋水産の「珍々亭」など他の汁なしカップ麺でも使用されている麺。しょうゆが練り込まれているためちょっと黒っぽい色合いですが、たれと混ぜると色はよくぅあからなくなり、味も特にしょうゆが練り込まれていることを意識することはないと思われます。

まぜそば商品だと、たれが濃くて塩辛く感じる場合が多々ありますが、今回は麺が太いことに加えて、合わせるたれがそれほど強いわけではないので、麺の味がよくわかる程度に麺の主張が拮抗しています。まぜそばとしてはたれが前に出てこないやさしい組み合わせでした。




具は「味付豚肉、たまねぎ、(あとのせ)ねぎ」とのこと。

「かやく」に入っている細切れの豚肉と玉ねぎと、「あとのせかやく」のたっぷりのねぎの組み合わせです。

豚肉と玉ねぎ




先入れの「かやく」には、細切れの豚肉と玉ねぎが入っています。どちらもまずまずの量入っていて、ボリューム感はしっかり。お店のメニューでは、長くて大きな炙りチャーシューとサイコロ状のチャーシューが入っていて肉がたくさん。さすがにお店に比べると今回の豚肉は物足りないです。

玉ねぎは魚介系のまぜそばに使われることが多いですが、今回のとんこつとも相性が良く、玉ねぎの独特な風味が映えていました。

たくさん入ったねぎ




「あとのせかやく」には、青ねぎがたっぷり入っています。お店で供されていた一杯でもたくさん入ったねぎが大きな特徴だったようで、今回しっかり再現できていました。玉ねぎと青ねぎの目立った具の組み合わせでした。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん でかまる豚骨塩まぜそば」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
大阪の人気まぜそば店、「豚骨まぜそば KOZOU+」の味を再現した一杯を食べてきました。お店の特徴である濃厚とんこつは物足りなかったですが、柚子やごま油で華やかに仕上がっていました。玉ねぎや青ねぎがしっかり入っていて、風味ものの共演がなかなかおいしかったですが、お店の味はおそらくもっと太くて力強い味だと思われるので、もうちょっととんこつの太さが欲しかったです。

東洋水産のまぜそばといえばこれ。2019年11月発売の「マルちゃん正麺 カップ 濃厚魚介豚骨まぜそば」。とてもおいしい一杯でした。

傑作汁なしカップ麺誕生!「マルちゃん正麺 カップ 濃厚魚介豚骨まぜそば」を実食レビュー

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん正麺 カップ 濃厚魚介豚骨まぜそば」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん正麺 カップ 濃厚魚介豚骨まぜそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ 濃厚魚介豚骨まぜそば」。2019年11月4日発売の、「マルちゃん正麺カップ」シリーズの新商品です。「汁なし担々麺」、「焼そば」、「油そば」に続く、正麺カップの汁...


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加