このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「札幌炎神監修 剛火炙り風味味噌ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「札幌炎神監修 剛火炙り風味味噌ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「札幌炎神監修 剛火炙り風味味噌ラーメン」。2020年2月10日発売の、札幌にある人気ラーメン店「札幌 炎神」監修による、お店の看板メニュー「芳醇味噌らーめん」の味を再現したカップ麺です。



「札幌 炎神」は1300度の炎で仕上げるスープが特徴


札幌 炎神」は、札幌市にあるみそラーメンの人気店。1300度の炎で仕上げるみそ味のスープが特徴で、みそとラードが一体化して乳化したスープは強いとろみがあるのが特徴とのこと。「純すみ系」に代表される札幌みそラーメンとはだいぶ異なった特徴を持っているようです。

お店の看板メニューは「芳醇味噌らーめん」で、今回のカップ麺でもこのメニューが再現されています。みそラーメンなのに真っ白な見た目が特徴的で、あまりみたことのない札幌みそラーメンの形。他にも、「海老味噌らーめん」や「味噌つけ麺」なども人気のメニューのようです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「仕上げの小袋」1袋。カップには麺とともにかやくが入っていますが、かなり少なそうです。

品名札幌炎神監修 剛火炙り風味味噌ラーメン
メーカーサンヨー食品
発売日2020年2月10日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(仕上げの小袋)
定価税別220円
取得価格税別202円(セイコーマート)

栄養成分表、原材料


1食98g(めん70g)あたり
エネルギー437kcal
∟めん・かやく∟365kcal
∟スープ∟72kcal
たん白質8.1g
脂質18.0g
炭水化物60.6g
食塩相当量5.9g
∟めん・かやく∟2.1g
∟スープ∟3.8g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.58mg
カルシウム230mg



パッケージデザインや商品名から、かなりパンチのありそうな商品のイメージを持ちましたが、カロリーや脂質の数値を見る限りはそうでもなさそうです。


スープ


スープは「白味噌と赤味噌をベースに、ポークのうまみやオニオン、ガーリック、ポテトのコクを合わせ、ほんのりと酒粕の風味をきかせた、焦がしオニオンの風味が特徴の芳醇な味噌味スープ」とのこと。

とんこつベースのみそ味のスープで、別添「仕上げの小袋」で強いオニオンの炒めた風味が加わります。



玉ねぎを炒めた風味と酒粕が特徴的なみそ味スープ


  • 札幌みそラーメンとしては穏やか
とんこつベースのみそ味のスープです。札幌みそラーメンと同じ組み合わせですが、白みそ主体で白味が強く、塩けも穏やか。ベースのとんこつもそれほど幅を利かせていません。「純すみ系」など、濃いみそ味やラード、山椒でパンチの効いた札幌みそラーメンとはまったく違う、まろやかな味となっています。

  • 酒粕とポテトが特徴的
みそやとんこつの効きが強くないことに加え、スープにはお店の特徴であるポテトや酒粕が溶かし込まれており、さらにまろやかさが増しています。ポテトでスープにとろみをつけ、酒粕は風味で存在を主張していました。口に入れた時に、いつものみそラーメンとはまったく違う酒粕の風味がかすかに感じられることで、ちょっと不思議な雰囲気を楽しむことができました。これは実際のお店で試してみたい味だと感じました。



  • 別添「仕上げの小袋」には油脂が入っている
別添「仕上げの小袋」には、ちょっと赤い色の油脂が入っています。おそらく豚脂を主体とする油脂かと思われますが、赤くても辛味はまったくありません。みそラーメンとしてはあっさりめのスープにこってり感が加えられています。



  • 玉ねぎを炒めた風味がすごい
そして何よりすごいのが、玉ねぎの炒めた風味。野菜を炒めた油の風味というのは札幌みそラーメンで広くみられる特徴ですが、今回の玉ねぎ風味はそれらを遥かに上回る強さで、今回のスープの最大の特徴となっています。1300度の炎で炙る臨場感みたいなものを、この玉ねぎの風味で表現してるものと思われます。スープ自体はおとなしいですが、油は激しかったです。



麺は「もっちりとした食べ応えのある食感の太めん」で、「ちぢれをつけることでスープの絡みがよくなって」いるとのこと。

湯戻し時間5分の、縮れのついた太い油揚げ麺です。



太くて縮れのついた油揚げ麺


太くて縮れのついた油揚げ麺です。角麺形状となっています。お店の麺は中太の多加水麺のようで、今回の麺はお店に比べると太くて、弾力はつるみが弱いようにです。油揚げ麺なので致し方ないところではありますが、あまり再現性の高くない麺だと思われます。他の札幌ラーメン再現商品でも同様ですが、油揚げ麺とはいえもうちょっと本物に寄せる工夫が欲しいところ。

麺量は70gで、大盛サイズとしては少なく、カップヌードルやカップスターに比べるとちょっと多いくらい。今回、定価税別220円と他社なら大盛サイズで出てくる価格設定なので、麺量ももうちょっと頑張って欲しかったですかね。




具は「肉そぼろ、ねぎ、唐辛子の組み合わせ」とのこと。

少量の肉そぼろとねぎ、そして唐辛子が入っています。



チャーシューチップ、鶏肉そぼろ、メンマ、ねぎの組み合わせ


  • 肉そぼろとねぎ
肉そぼろとねぎが入っていますが、どちらもかなり少ないです。100円程度で売られているカップ麺レベルかと思います。サンヨー食品の名店再現系商品は具があまり充実していないことが多く、今回もだいぶ寂しい感じでした。せっかくスープがおいしくても、具が少ないことでだいぶ貧相に見えてしまうのがちょっと残念。

  • 唐辛子でスープにエッジを立てている
唐辛子もそれほどたくさん入っているわけではないですが、玉ねぎを炒めた風味が効いているとはいえ丸い味のスープに対し、唐辛子の辛味がエッジを立てていました。これは効果的です。パンチ不足を補っていました。


オススメ度(標準は3です)


  • サンヨー食品 「札幌炎神監修 剛火炙り風味味噌ラーメン」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
札幌の人気ラーメン店、「札幌 炎神」の味を再現したカップ麺を食べてきました。札幌ラーメンとしてはとんこつもみそ味もおとなしい味でしたが、酒粕が入ることで独特な風味を醸し出しています。また、別添の油脂を加えることにより、玉ねぎを炒めた風味が強くなり、スープの最大の特徴となっていました。唐辛子でやわらかいスープにエッジを立てていて効果的。具のボリュームには不満が残りますが、オリジナリティの高い一杯でした。お店でも食べてみたいですね。

札幌みそラーメンの人気ナンバーワン「麺屋 彩未」のカップ麺。2018年2月にリニューアル発売された「マルちゃん 麺屋彩未 札幌味噌らーめん」。お店もおいしいですが、カップ麺もかなりレベルが高いです。

東洋水産 「マルちゃん 麺屋彩未 札幌味噌らーめん」

札幌ラーメンの王者「麺屋彩未」を再現した商品今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 麺屋彩未 札幌味噌らーめん」。2018年2月19日にリニューアル発売された商品で、このブログでもリニューアル前の商品を何度かレポしています。「麺屋彩未」は札幌でナンバーワンと言って差し支えないみそラーメンの名店で、連日行列ができる人気店です。もう長いこと札幌ラーメンの王者として君臨しています。有名店「すみれ」出身の店主...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加