このページでは、ローソンセレクトの冷凍食品、「ソテースパゲティナポリタン」を食べてレビューしていきます。



ローソンセレクト「汁なし担々麺」はどんな商品?


今回は、ローソンセレクトの「汁なし担々麺」。製造はカップ麺でおなじみの日清食品のグループ会社である日清食品冷凍です。ローソンのプライベートブランド「ローソンセレクト」の商品で、ローソン店頭に並ぶたくさんの冷凍麺のうちのひとつです。



ローソンセレクトの冷凍汁なし担々麺


パッケージには、「練りごまを使った濃厚だれともちもち平麺の汁なし担々麺」と書かれています。本家カップ麺の日清食品は、カップ麺の中でも担々麺は得意なフレーバーのひとつなので、そのDNAをしっかり引き継いでいれば、冷凍食品でもおいしいのは間違いないでしょう。

先日、ブログをご覧いただいている方からリクエストを頂いてレビューした、ファミリーマートのPB商品「お母さん食堂 もちっと食感の汁なし担々麺」も、今回と同じく日清食品冷凍が製造する商品でした。かなり完成度の高いおいしい商品でしたが、今回のローソンセレクトとは価格も内容量もまったく同じで、栄養成分には多少違いがあります。この商品との味の違いも気になるところです。

ファミマの冷凍食品「お母さん食堂 もちっと食感の汁なし担々麺」を食べてみました!

このページでは、ファミリーマートの冷凍食品、「お母さん食堂 もちっと食感の汁なし担々麺」を食べてレビューしていきます。「お母さん食堂 もちっと食感の汁なし担々麺」はどんな商品?今回は、ファミリーマートの冷凍食品、「お母さん食堂 もちっと食感の汁なし担々麺」。2016年12月13日発売の、ファミマの冷凍食品とチルド惣菜のPB、「お母さん食堂」シリーズの商品です。製造は日清食品冷凍。いつものカッ...



内容物、価格、購入額など




外袋から取り出した状態。麺やソースが一緒に入った袋と、「花椒入り唐辛子」の構成。先述のファミマの商品とは「花椒入り唐辛子」の袋のデザインこそ違うものの、他はとても似通っています。「花椒入り唐辛子」は少量入れてピリ辛、半分入れて中辛、全部入れて激辛と設定されています。この設定もファミマの汁なし担々麺と同じ。

皿にのせて内袋の印字面を上にして、レンジに入れて調理します。レンジさえあれば非常にお手軽な調理です。

品名汁なし担々麺
メーカーローソンセレクト(販売は日清食品冷凍)
発売日不明
麺種別冷凍麺
かやく・スープ1袋(花椒入り唐辛子)
定価税込248円
取得価格税込248円(ローソン)

栄養成分表、原材料


1食350gあたり
エネルギー597kcal
たん白質17.2g
脂質21.8g
炭水化物83.0g
食塩相当量3.5g



ファミマの汁なし担々麺と比べると、カロリーや脂質の数値が高くなっています。メーカー、内容物の見た目などはかなり似通っていて、内容量や構成が同じですが、栄養成分は違っているので中身は違うもののようです。



調理後にレンジから取り出した状態。水滴がたくさんついていて熱いので火傷にご注意を!





袋から取り出しままの状態。よく混ぜ合わせて別添の「花椒入り唐辛子」をかけて完成です。


たれ


たれは「豚肉・ザーサイ・白ネギ・たけのこを炒め合わせ特製の肉味噌」で、「お好みの辛さに調整できるよう、辛味スパイスを添付してい」るとのこと。

練りごまを効かせたしょうゆ味ベースの担々麺だれで、別添の「花椒入り唐辛子」によって辛味やシビレが加わります。



練りごまの濃厚さと甘みが際立つ担々麺だれ


  • 濃厚な練りごま
練りごまを強く効かせたしょうゆ味ベースのたれです。日清食品のカップ担々麺は他社と比べて練りごまの濃厚感が強いことが多いですが、今回のたれもカップ担々麺同様にかなり濃厚な練りごまが感じられます。練りごまが強いため甘みも強く、濃厚まったりな味に仕上がっていました。一方で、別添の「花椒入り唐辛子」を入れない状態だと、辛味はほとんどついておらず、辛いものが苦手な方やお子様でも楽しめる味になっています。

  • 塩辛さは皆無
ベースとなっているのはしょうゆ味ですが、汁なし商品にありがちな塩辛さは皆無。練りごまの味と相まって、濃厚なのにやさしい味に終始していました。私なんかは塩辛いのがあまり得意ではないので、塩辛い味になることがままある汁なし麺と聞くとちょっと身構えてしまったりもするのですが、今回はその点ではまったく問題ありませんでした。



  • 別添「花椒入り唐辛子」


たれ単体ではまったく刺激はないのですが、別添の「花椒入り唐辛子」を入れることで辛味とシビレが増します。「少量」でピリ辛、「半分」で中辛、「全部」で激辛とのことですが、唐辛子は正直そこまで辛くはなく、全部入れたところでたかが知れています。シビレはしっかり刺激がありますが、これも全部入れても激辛というほどではないように思います。どうせオプションにするなら、もっと辛味もシビレも欲しかったところです。

  • ファミマの汁なし担々麺と違いがないように感じる
まったり濃厚で甘みのある練りごまが主役のたれはかなりおいしかったのですが、これ先ほどから触れているファミマの汁なし担々麺と味に違いがないように見受けられます。栄養成分の数値が違うので同じというわけではないのでしょうが、正直、私の舌では違いを見出だせませんでした。

両者とも日清食品冷凍が製造を担当し、価格も内容量も同じ。よく見ると原材料名の項目や並びもほぼ同じなんですよね。ファミマでもローソンでもおいしい汁なし担々麺を購入できるのは大きな利点ですが、同時に、ヘビーユーザーにとってはちょっと物足りないかもしれませんね。



麺は「しなやかでコシのある中細ストレート麺」とのこと。

中太で幅広の、弾力のある麺です。商品説明にある「中細」には見えませんでした。



つるみと弾力が特徴の多加水麺


  • やや太めで幅広
表面のつるみと弾力が特徴の、やや幅広太めの多加水麺が使われています。担々麺ではもっと細めで低加水の麺が使われることが多いですが、今回の麺はそれとは対極にあるがっしりした食感の麺となっています。練りごまの濃いたれと合わせているので、今回くらいがっしりした麺の方がたれとのバランスはよく取れると感じました。

  • ファミマ汁なし担々麺と同じ麺
たれ同様、麺もファミマの「お母さん食堂」と同じものが使われているのではないかと思います。ちなみにファミマの方の商品説明では「もちもち食感の平打ち麺」と書かれていましたが、まさに今回の麺の特徴をそのまま表しています。原材料表示の並びがまったく同じで、おそらく同一の麺でしょう。




具は、挽肉、チンゲン菜などと、肉味噌に入っているたけのこやザーサイの組み合わせです。



挽肉とチンゲン菜に肉味噌のたけのこやザーサイの組み合わせ


  • 挽肉&チンゲン菜
具として入っているのは挽肉とチンゲン菜。挽肉は小麦たん白も混ざっているようですがまずまずの量が入っていて、小麦たん白が混ざっていても挽肉としてそれほど違和感はありません。チンゲン菜は大きめのカットのものも入っていましたが、全体的に見るとこちらも量は少なめです。

  • たけのこやザーサイのカットが小さい
肉味噌にはザーサイやたけのこが入っているとのことですが、どちらもカットが細かく、もっと大きければさらに目立って良かったのではないかと思います。それでも特にたけのこは、食感のかたさである程度目立てており、たれの中に入っても存在感はありました。


オススメ度(標準は3です)


  • ローソンセレクト 「汁なし担々麺」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
ローソンセレクトの冷凍麺、「汁なし担々麺」を食べてきました。濃厚な練りごまが特徴で、甘みが強い一方で、別添「花椒入り唐辛子」を入れてもそれほど辛くはならず、シビレも激辛までのレベルには至りません。もちもちの多加水麺と濃厚なたれのバランスが取れており、とてもおいしいです。ただ、ファミマの汁なし担々麺とおそらくほぼ同じ内容物で、ローソンとファミマどちらでもおいしい汁なし担々麺が購入できる利点とともに、よく購入する人にとっては両者に変化がないのさびしいところかと思います。

今回の汁なし担々麺に限らず、ローソンとファミマのPB商品はパッケージこそ違えど中身は同じという場合がまま見受けられるように思います。これまでにも飲料や冷凍食品で何度か遭遇したことがありました。
ローソンやファミマの汁なし担々麺に対応するセブンの商品といえばこれでしょう。2018年6月に発売された「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」。こちらも今回と同じく日清食品冷凍製の商品ですが、価格が高いこともあり、味や具のボリュームは全然違いました。この商品はかなり辛いです。

カップ麺ブロガーがセブンプレミアム新商品の冷食「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」を食べてみました!

セブンプレミアムおなじみの「蒙古タンメン中本」から冷凍汁なし麺の登場!今回はカップ麺ではありません、冷凍食品です。セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」を食べてみたいと思います。2018年6月12日に新発売された商品で、製造は日清食品のグループ会社である日清食品冷凍。主に日清食品のカップ麺ブランドを使用した冷凍食品を製造販売している会社です。スパ王の冷凍のやつとかおいしいですよね。今回は日...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加