このページでは、ファミマ限定発売の明星食品カップ麺、「とら食堂 ワンタン麺」を食べてレビューしていきます。



「とら食堂 ワンタン麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、明星食品の「とら食堂 ワンタン麺」。2019年12月17日に発売された、ファミリーマート限定販売の新商品です。福島県白河市にある白河ラーメンの名店、「とら食堂」の味を再現したカップ麺です。



「とら食堂」は白河ラーメンの名店


とら食堂」は、福島県白河市にある白河ラーメンの名店です。白河ラーメンの名を背負うレジェンド的なラーメンとして全国的に知られ、今や弟子や孫弟子までが「とら食堂」の味を多くのファンに伝えています。お店の看板メニューは「手打中華そば」で、白河ラーメンの特徴である手打ちの多加水縮れ麺と、鶏と豚をバランスよく組み合わせたしょうゆ味のスープが特徴の一杯です。今回のカップ麺では手打中華そばにワンタンを加えたお店のメニュー「ワンタン麺」の味を再現しています。

これまでに発売されてきた「とら食堂」のカップ麺


「とら食堂」はこれまでにも何度かカップ麺化されており、以前はサンヨー食品から発売されていました。このブログで最初に食べたのは、2010年2月に発売された「サッポロ一番 名店の味 福島白河 とら食堂 中華そば」。鶏ガラ主体のしょうゆ味のスープに、手打ち風のノンフライ麺を合わせたおいしい一杯でした。その後サンヨー食品からは、タテ型の商品が定期的に販売されていました。

サンヨー食品 「サッポロ一番 名店の味 福島白河 とら食堂 中華そば」

世の中にはどうしても信じられないものがありますよね。私なんか、比較的なんでも信じてしまう頭の足りないタイプではありますが、深くえぐるような記憶に裏づけられた不信は拭おうにも拭えません。信じられないもの、それは天井。PCに向かって「俺の嫁」相手にニヤニヤしている最中に、轟音とともに天井が落ちてきました。何やら雨漏りで水を吸って重くなった断熱材が天井を押し出してきたとのこと。いやー、まさか信じて...

2018年10月には、これまでのサンヨー食品に代わって、明星食品からファミマ限定商品として「とら食堂」のカップ麺が発売されています。「とら食堂 ワンタン麺」は、鶏と豚のハイブリッドなしょうゆ味スープに手打ち風の麺を合わせ、ぐもチャーシューやワンタンなど充実した完成度の高い一杯でした。今回の商品も引き続き製造は明星食品が担当しています。

白河ラーメンの名店の味を再現!!明星食品 「とら食堂 ワンタン麺」 (ファミマ限定)

「白河ラーメン」の元祖、「とら食堂」の味を再現したカップ麺今回のカップ麺は、明星食品の「とら食堂 ワンタン麺」。2018年10月23日発売の、ファミリーマート・サークルK・サンクス限定カップ麺です。福島白河にある白河ラーメンの元祖にして名店「とら食堂」の味を再現したカップ麺です。その名は全国に轟いていますよね。「とら食堂」は、福島白河にある白河ラーメンの元祖。とら食堂の味を求めて多くの人が弟子入りし、...



これまでに発売されてきた「とら食堂」のカップ麺




今回の「とら食堂」カップ麺も昨年から引き続きファミマ限定で明星食品が製造を担当し、お店のメニュー「ワンタン麺」が再現されています。「コシのある平打ち麺と鶏の旨みが詰まった醤油スープ」とのことで、昨年同様のレベルの高い味が期待できそうです。果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「粉末スープ」、「かやく」の計3袋。カップには麺とともに予めワンタンが入っています。



ワンタンは大きめのものが4個入っています。昨年と同じ個数ですが、かなりボリュームがありますね。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。1枚チャーシューとメンマ、ネギが入っています。

品名とら食堂 ワンタン麺
メーカー明星食品
発売日2019年12月17日(火)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価税込289円
取得価格税込289円(ファミリーマート)

栄養成分表


1食111g(めん70g)あたり
エネルギー427kcal
∟めん・かやく∟325kcal
∟スープ∟102kcal
たん白質11.2g
脂質12.9g
炭水化物66.5g
食塩相当量7.1g
∟めん・かやく∟2.1g
∟スープ∟5.0g
ビタミンB11.09mg
ビタミンB20.30mg
カルシウム129mg



税込価格で昨年より11円値上げされていますが、麺量が5g増えて70gになっており、総重量も6g増加して111gになっています。それに伴い全体的に栄養成分の数値も上昇していますが、スープカロリーは多少低下しています。


スープ


スープは「鶏の旨みが詰まった醤油スープ」とのこと。

鶏と豚の混合ベースに豚脂や鶏油を浮かせたしょうゆ味のスープです。



鶏豚ハイブリットのしょうゆ味スープ


  • 鶏と豚複合ベースのしょうゆ味
お店のスープと同じく、鶏と豚がベースになっているしょうゆ味のスープです。しょうゆ味は強めですが塩辛いレベルではなく、鶏ガラのやわらかさと豚ガラの力強さを両立しています。食べていると、鶏ガラ的なあっさりスープと感じる時と、豚としょうゆの濃さでこってり系のスープと感じる時があり、奥行きを感じる組み合わせとなっていました。

昆布など、後味としてほのかに残る甘みも印象的で、あっさり傾向でありつつも、こってりスープの顔も持ち合わせており、こちらの感じ取り方次第で姿を変える面白いスープだと思います。



  • 鶏と豚複合ベースのしょうゆ味
スープ表面には、豚脂と鶏油を浮かせ、こってり感を出しています。結構たくさん浮いています。こちらもスープのベースと同様、豚と鶏の二面性があり、スープは鶏優位だと感じましたが、油は豚脂優位。豚脂のがっしりした風味が香る時と、鶏油のふわっと甘みをともなった香りを感じる時とがあり、豚鶏のハイブリッド構成となっていました。こちらもお店の特徴をしっかり踏まえています。



  • 繊細なスープにはノンフライ麺一択
この商品に限らず、鶏と豚の混成スープというのはカップ麺で数多く存在しますが、これだけしかkリトリト豚の違いが感じ取れるのは、ノンフライ麺を採用することで麺から溶け出す雑味を抑えていることが大きいのではないかと思います。繊細な味のスープにはやはりノンフライ麺一択ですね。単に麺がおいしいだけでなく、スープも活きてきます。



麺は「ノンフライの平打ち太麺を使用し」たとのこと。

湯戻し時間5分の、太めで平打ちのノンフライ麺です。平打ちにすることで多少手打ち感が出ていると思われます。



太めで平打ちの多加水麺を使用


太めで平打ちのノンフライ麺です。平打ち且つ縮れをつけることで、手打ち麺風に仕上げています。表面のつるみと弾力の強さが特徴で、お店の多加水手打ち麺をよく再現できているのではないかと思います。縮れに加えて弾力とつるみがあって、独特な風合いを生み出していました。

麺が太いのに対しスープは繊細な味のため、バランス的には麺が勝っていますが、麺に縮れがついていてスープをよく拾うため、麺とスープに一体感があり、麺が太い割に案外スープの味もしっかり感じ取ることができました。良くできた組み合わせです。お店の麺は手打ち感が強くて太さがバラバラで、さらに雰囲気があります。




具は「食感の良いワンタンが特徴」とのこと。

大きなワンタン4個に加え、チャーシュー、メンマ、ネギが入っています。

ワンタン4個、1枚チャーシュー、メンマ、ネギの組み合わせ


  • ボリューミーなワンタン4個


ワンタンが4個入っています。さすが高価格帯商品なだけあって大きなワンタンで、皮のつるみが強いのが特徴。かなりリッチなワンタンです。皮が主体ではありますが、中身の餡もしっかり入っていてちょっと生姜の香りがしていました。ここまでしっかりしたワンタンはカップ麺だととても珍しいのではないでしょうか。

  • チャーシュー、メンマ、ネギも充実


主役はワンタンですが、他にもしっかりした肉感と大きさの乾燥チャーシュー、そしてメンマとネギも入っていて、具はかなり充実しています。高額商品ではあっても、具がしっかり見合っていました。お店のチャーシューは本当においしそうなので、今回のチャーシューがやる気のないタイプじゃなかったのは良かったです。


オススメ度(標準は3です)


  • ファミマ限定 「とら食堂 ワンタン麺」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
ファミマ限定の、白河ラーメンの名店「とら食堂」の味を再現したカップ麺を食べてきました。鶏と豚のハイブリッドしょうゆ味スープに豚脂と鶏油を合わせた、様々な顔を持つ繊細なスープがとてもおいしかったです。白河ラーメンの手打ち麺の雰囲気を再現した平打ちのノンフライ麺、ワンタン4個を始めとする充実した具の構成もあり、定価税込289円の商品でも、価格以上の価値を見出だせる一杯でした。昨年の「とら食堂」カップ麺に比べると多少スープがあっさりめになったかなという感じはしましたが、引き続きおいしかったです。

白河ラーメンと同じ福島県のご当地ラーメンである喜多方ラーメンの名店、「坂内食堂」の味もカップ麺で再現されていました。2018年に発売されていた「サッポロ一番 坂内食堂 喜多方本店 中華そば」。喜多方ラーメンに比べて白河ラーメンはしょうゆが濃いめという特徴があるようですが、似ているところも結構多いんですよね。

カップ麺では珍しい喜多方ラーメン!!サンヨー食品 「サッポロ一番 坂内食堂 喜多方本店 中華そば」

喜多方ラーメン御三家のひとつ「坂内食堂」の味をカップ麺で再現した商品今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 坂内食堂 喜多方本店 中華そば」。2018年7月9日発売の新商品で、喜多方ラーメンの名店「坂内食堂 喜多方本店」の味を再現したカップ麺です。「坂内食堂」は日本三大ラーメンの一角「喜多方ラーメン」の御三家のひとつ喜多方ラーメンは、全国に数多くあるご当地ラーメンの中でも、札幌ラーメン、博...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加