このページでは、日清食品のカップそば、「神田まつや 鶏南ばんそば」を食べてレビューしていきます。



「神田まつや 鶏南ばんそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「神田まつや 鶏南ばんそば」。2019年12月9日発売の新商品です。東京神田ににある蕎麦の名店「神田まつや」のメニュー、「かしわ南ばんそば(鳥)」を再現したカップ麺です。毎年末恒例の商品が今年も登場です。



東京神田の名店「神田まつや」のカップ麺


神田まつや」は、東京神田須田町にある蕎麦の名店です。吉祥寺に支店もあります。東京都心三区には蕎麦の老舗が多く、神田まつやは明治17年、西暦だと1884年創業で、実に135年にもなります。すごいですね。今回再現している「鶏南ばんそば」ですが、お店では「鴨南ばん」や「カレー南ばん」なども人気のようです。

「神田まつや」はこれまでにも日清食品からカップ麺化されており、最初に登場したのは2012年11月に発売された「老舗の逸品 神田まつや監修 鶏南ばんそば」でした。当時も今回と同じく「鶏南ばんそば」が再現されています。ちなみにお店の「鶏南ばんそば」は税別1,050円するので、これをカップ麺で手軽に食べられるのはうれしいですね。

日清食品 「老舗の逸品 神田まつや監修 鶏南ばんそば」

どうもオサーンです。最近、冬のアイスブームが自分の中で到来してまして、クッキー&クリームとラムレーズン。特に最近はラムレーズンの新発売が多く、コンビニに立ち寄って見かけたらすぐ買ってしまいます。最近は150~200円くらいのアイスの発売が多いですね。ハーゲンダッツまでいかない、ちょっとした高級感みたいな感じなんでしょうかね。今回のカップ麺は、日清食品の「老舗の逸品 神田まつや監修 鶏南ばんそば」。東京...



「かんだやぶそば」もカップ麺で登場していた


界隈には「神田まつや」の他にも「かんだやぶそば」や「室町砂場」といった100年以上続く蕎麦の名店がありますが、2019年11月には「かんだやぶそば」と「麺屋武蔵」がコラボしたカップ麺が発売されていましたローソン限定の「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」。残念ながら「かんだやぶそば」ならではの濃いつゆを楽しめる商品ではありませんでしたが、今後の展開に期待が持てる一杯でした。

ローソン限定の異色コラボカップ麺「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」を食べてみました!

このページでは、ローソン限定でエースコックのカップ麺、「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」を食べてレビューしていきます。「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ローソンの限定商品でエースコックの「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺!ヤバそば」。東京西新宿に本店のある名店「麺屋武蔵」が、東京神田淡路町の老舗蕎麦店「かんだやぶそば」と...

令和最初の年越しそばに




パッケージには「令和最初の年越しに」と書かれています。年号が令和になってしばらく経つので忘れていましたが、確かにこの年末年始は令和初なんですよね。令和最初の年越しそばに、明治、大正、昭和、平成、令和と続いてきた「神田まつや」のカップ麺を食べるのはとても意義深いことのように思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「特製ゆず七味」1袋。カップには炙った鶏肉とネギが入っています。かやくの量はあまり多くなさそう。

品名神田まつや 鶏南ばんそば
メーカー日清食品
発売日2019年12月9日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(特製ゆず七味)
定価税別220円
取得価格税別168円(イオン)

栄養成分表


1食92g(めん72g)あたり
エネルギー409kcal
 ∟めん・かやく∟357kcal
 ∟スープ∟52kcal
たん白質12.2g
脂質15.5g
炭水化物55.1g
食塩相当量5.8g
 ∟めん・かやく∟2.1g
 ∟スープ∟3.7g
ビタミンB10.30mg
ビタミンB20.33mg
カルシウム128mg



昨年発売されていた「鶏南ばんそば」と大筋で同傾向の栄養成分ですが、全体カロリーや脂質などは微減しており、多少ヘルシー方向にシフトしています。


つゆ


つゆは「"本節、宗田節などから取っただし" と "甘辛いかえし" を合わせたやや濃いめのつゆ」で、「ゆずの風味を上品にきかせ」、「ゆずのさわやかな風味がきいた "特製ゆず七味"」が別添とのこと。

かつおの効いたしょうゆ味のつゆに、柚子七味で香りに彩りを加えています。



かつおが強く香るつゆ


  • かつお節が前面に出ている
本節、宗田節といったかつお節からだしをとったしょうゆ味のつゆです。かつおが太く香り、つゆの中で最も目立っています。つゆの表面にうっすらと豚脂を浮かせることで豚の味も感じられますが、基本的にはかつおの風味、旨みを前面に押し出しています。

単にかつおが香るのみに留まらず、舌の横で渋み苦みを感じられ、本格感がありました。それほど複雑な味はしておらず、基本的にはすっきりダイレクトにかつおを感じられるのが良いところではないかと思います。



  • しょうゆは前に出すぎない
濃口しょうゆで味付けられた関東風のつゆとなっていますが、関東風の濃いしょうゆ味とは一線を画しており、しょうゆの香り、塩けとも強いは強いものの、The関東風というほどではありません。しょうゆの主張をそれほど強くしないことで、かつおが前に出てくるバランスになっています。しょうゆ味にほんのりと甘みがつけられていて、後を引く味わいでした。



  • 柚子七味は上にのせたまま食べるのがオススメ


別添「特製柚子七味」は、それほど量が入っているわけではなく香る程度。つゆと混ぜ合わせてしまうと七味もゆずも存在感が消えてしまうので、混ぜ合わせずに上にのせたまま食べるのがオススメ。たまに口に入れることで、つゆの味にアクセントを加えていました。



麺は「弾力としなやかさを兼ね備えた "まるで店食感" のそば」とのこと。

湯戻し時間5分の、中細でストレート形状の油揚げ麺のお蕎麦です。



リニューアルされた油揚げ麺の蕎麦


中細ストレートの油揚げ麺のお蕎麦です。今回、麺にリニューアルが加えられたそうですが、すいません、前回との違いはよくわかりませんでした。前回の時点でもすでに本格的な食感だったので、今回も引き続き油揚げ麺離れした本格的な麺です。麺がストレート形状だと、それだけで本格感が倍増しますよね。

お蕎麦の風味も強く、かつおの強いつゆと合わせてもしっかり蕎麦の風味も感じられました。蕎麦の香りとつゆの味は好バランスです。縮れがついていてつゆがのりすぎると蕎麦の味が消えてしまいかねないので、これもストレート麺であることの効能なのかなと思います。




具は「大ぶりの炭焼鶏肉、ネギ」とのこと。

焼き目のついた鶏肉と、ネギの組み合わせです。



鶏肉とネギの組み合わせ


鶏肉はしっかり焼き目がついていて、濃い目に味付けされているのでつゆの中でもしっかり映えていました。昨年のものよりも焼き目が濃く見えましたが、単なる個体差かもしれません。カットが大きくて食べ応えがありますが、量はそれほど多くありません。

鶏南ばんなので、ネギもきちんと入っています。カットが大きめで存在感がありました。こちらは脇役としては量は十分かと思います。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「神田まつや 鶏南ばんそば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
年末恒例の「神田まつや」のカップ麺を食べてきました。かつお主体のつゆに、香りの強い本格食感のお蕎麦を合わせた、今年も完成度の高い一杯でした。昨年と比べて栄養成分に変化があり、麺がリニューアルされたとのことですが、正直、その変化は私には感じ取れませんでした。すいません。どん兵衛や緑のたぬきも良いですが、ちょっとだけリッチにこの商品を年越しそばにするのは良い選択肢ではないでしょうか。

The関東風、「富士そば」の味を再現したカップ麺。2019年11月に発売された「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」。見事なまで真っ黒な関東風つゆが印象的でした。個人的にはこれが年越しそばの大本命です。

ついに「富士そば」のカップ麺誕生!「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」を実食レビュー

このページでは、ヤマダイのカップ麺、「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」を食べてレビューしていきます。「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 名代富士そば 紅生姜天そば」。2019年11月18日に発売された、「凄麺」シリーズの新商品です。東京を中心に1都3県と海外に店舗展開する立ち食いそばの老舗「名代富士そば」の人気メニュ...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加