このページでは、セブンで買える日清食品のカップうどん、「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌」を食べてレビューしていきます。



「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌」。発売日は不明ですが、今週からセブンの店頭に並び始めた、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。以前にも発売されていた「どん兵衛 マシマシ篇」の第2弾。「ニンニクバター味噌」という何ともゴリゴリな一杯となっています。



「どん兵衛 マシマシ篇」の第2弾商品


今回の商品は、以前にも発売されていた「どん兵衛 マシマシ篇」の第2弾商品です。にんにくの入った「マシマシ篇」ということで、おそらくラーメン二郎を強く意識したと思われる商品。今回はにんにくに加えて「バター」や「味噌」まで入ったいかにも主張の強そうな一杯となっています。

「マシマシ篇」の第1弾商品は2019年10月に発売されていた「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチ豚ニンニク」でした。「豚」と「ニンニク」を強調した二郎を意識したと思われる商品で、大量に刻みニンニクの入ったインパクトの強い一杯でした。今回は前回に比べると二郎要素が薄まっている印象ですが、果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。

セブンで買える「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチ豚ニンニク」を食べてみました!

このページでは、セブンイレブン限定で日清食品のカップうどん、「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチ豚ニンニク」を食べてレビューしていきます。「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチ豚ニンニク」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチ豚ニンニク」。今週発売された、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。セブンイレブン限定商品です。「どん兵衛」のタテ型カップで...


内容物、価格、購入額など




別添袋は入っていません。今回「ニンニク味噌バター」とのことでしたが、キューブ状のバターとともになんとチーズも入っています。いやーパッケージに書いてないのにたくさん入っているというのは、なんか驚きを狙ってる感ありますね。他にも大量のスープ粉末とともにコーンやキャベツが入っていました。

品名日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌
メーカー日清食品(セブン限定商品?)
発売日2019年12月
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価不明
取得価格税込220円(セブンイレブン)

栄養成分表


1食95g(めん70g)あたり
エネルギー436kcal
 ∟めん・かやく∟351kcal
 ∟スープ∟85kcal
たん白質7.6g
脂質19.5g
炭水化物57.5g
食塩相当量7.1g
 ∟めん・かやく∟2.5g
 ∟スープ∟4.6g
ビタミンB10.36mg
ビタミンB20.44mg
カルシウム133mg



前回の「マシマシ篇ガチ豚ニンニク」のカロリーは353kcalだったので、今回436kcalでだいぶ増しています。「食塩相当量」もちょっと高めですね。


スープ


スープは、豚鶏ベースのみそ味で、にんにくを強く効かせるとともに、クリーミングパウダーやマーガリン、具のチーズでバター感を出しています。



「にんにく」と「味噌バター」のスープ


  • みそ味や豚脂はおとなしめ
豚鶏ベースに豚脂を浮かせたみそ味のスープです。みそ味は白みそ主体であまりクセがなく、主役はにんにくやバター要素に譲っておとなしめ。ただ塩けはそれなりに強くてハッキリくっきりした味わいとなっています。スープ表面に豚塩を浮かせこってり感を出していました。前回スープほどに豚脂は強くなく、今回は豚脂も脇役に回っている印象です。



  • バターとともにチーズの風味
「ニンニク」「バター」「味噌」と色んな要素を詰め込んだ商品ですが、バター要素は、スープに入っている「クリーミングパウダー」、「マーガリン」、「バターオイル」、そして具として入っている「バター油脂加工品」、「チーズ加工品」あたりだと思われます。特にバター油脂加工品が溶け出すことでみそ味スープをまろやかに仕上げる効果が大きかったですが、「バター」の風味がガンガンくる感じではなく、むしろ商品名に入っていないチーズ味が強いとすら感じました。



  • 今回もにんにくが主役
そしてにんにく。きざみにんにくがかなりたくさん入っていて、前回同様、今回の一杯でも主役を張っています。きざみにんにくは底に沈んでいるのですが、かき混ぜるとすごい量です。ガッツリ主役ではありますが、量ほど匂いは強くなく、ある程度匂いに配慮されたにんにくが使われていると思われます。それでも外出先や人に会う前は食べない方が良さそうですけどね。



  • 味噌バターなので二郎感は弱まった
前回「マシマシ篇」ではにんにくの強さがかなり前に出てきていましたが、今回もにんにくはしっかり主役を張ってはいたものの、みそ味やバター・チーズのまろやかさによって、以前ほどにはパワーを感じませんでした。これはこれでおいしいですが、にんにくの「マシマシ」感を求めて買うなら前回ほどには満足できないかもしれません。味噌バターなんだから当たり前なんですが、個人的には二郎のみそ味バージョン的な激しい味にして欲しかったですかね。にんにくと味噌バターがお互いを消し合っていると感じました。



麺は、湯戻し時間5分の、太めでストレート形状の油揚げ麺のうどんです。幅広形状となっています。



太くて幅広の油揚げ麺うどん


幅広で太めの、油揚げ麺のうどんです。ストレート形状で、どん兵衛らしく弾力があってみずみずしい多加水麺食感が特徴。いつものどん兵衛のうどん麺に比べるとひとまわりふたまわり幅が広い麺となっています。前回の「マシマシ篇」や、これまでに発売されてきたタテ型の創作どん兵衛と同じ麺が使われているものと思われます。

幅広で弾力のあるうどん麺なので主張は強いですが、合わせるスープもにんにくの押しがあるため、麺とスープのバランスはしっかり取れています。麺の油揚げ麺臭がそれほど強くないことも相まって、スープの味をきちんと感じ取れる組み合わせなのは良かったです。




具は、刻みにんにく、バター風キューブ、チーズ風キューブ、キャベツ、コーンが入っています。



刻みにんにく、バター風キューブ、チーズ風キューブなどの組み合わせ


  • 刻みにんにくがたくさん入っている
刻みにんにくがたくさん入っています。味についてはスープのところですでに触れましたが、そこからかき混ぜるとかなりたくさん入っていて、ちょっとシャキシャキした食感でも目立っていました。にんにくですが、ちょっと玉ねぎっぽさもあります。



底にたまっている刻みにんにく。

  • バター風キューブとチーズ風キューブ
バター風キューブとチーズ風キューブも目立っています。最初チーズが2種類入っているのかと思いましたが、黄色っぽいほうがバター風キューブ、赤っぽいのはおそらく色的にチェダーチーズを主体とする加工品かと思われます。お湯を入れるとスープに溶け出してしまいます。にんにくの方が目立っているのでバターにそれほど厚みは感じず、むしろ風味にクセのあるチーズの方が強いくらいに感じられました。

  • コーンやキャベツも入って具だくさん
キャラの強いにんにく、バター、チーズの他にも、コーンやキャベツが入っています。どちらも脇役としては十分な量入っていて、これらの存在によって具だくさんな印象が強かったです。味だけではなく、ボリューム感もしっかりある一杯でした。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清のどん兵衛 マシマシ篇 ガチニンニクバター味噌」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
セブンの店頭に並んでいる「どん兵衛 マシマシ篇」の新商品を食べてきました。たっぷり入った刻みにんにくと、バター風キューブやチーズ風キューブが特徴の一杯で、にんにくが前に出てバターのまろやかなみそ味が下支えしていておいしかったです。ただ、これはこれでおいしかったのですが、「にんにく」と「味噌バター」が多少潰し合いをしている印象もあり、今回「マシマシ篇」という商品だと考えると、バター入れずにもっとにんにく押しの方が良かったのではないかと感じました。

「ぶぶか」の二郎インスパイア商品も出ていました。2019年10月に発売されていた「明星 ぶぶか 豚丸 豚骨醤油らーめん」。

ぶぶか監修のとんこつしょうゆカップ麺、「明星 ぶぶか 豚丸 豚骨醤油らーめん」を実食レビュー!

このページでは、明星食品のカップ麺、「明星 ぶぶか 豚丸 豚骨醤油らーめん」を食べてレビューしていきます。「明星 ぶぶか 豚丸 豚骨醤油らーめん」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、明星食品の「明星 ぶぶか 豚丸 豚骨醤油らーめん」。2019年10月21日発売の、「ぶぶかカップ麺」シリーズの新商品です。東京吉祥寺の油そばの名店、「らーめん専門店 ぶぶか」の油そばの味を、スープのあるラーメンで再現し...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加