このページでは、エースコックのカップ麺、「EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン」はどんな商品?


今回のカップ麺は、エースコックの「EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン」。2019年11月4日発売の、「EDGE」シリーズの新商品です。EDGEシリーズ久々のどんぶり型カップにして、シリーズ初のノンフライ麺を使用した一杯となっています。



“驚き” と “やりすぎ” がテーマの「EDGE」シリーズ


EDGE」シリーズは、「“驚き” と “やりすぎ” がテーマ」のブランド。2014年1月に登場した「EDGE 鬼マヨ焼そば」を皮切りに、これまでに多くの商品が発売されてきました。同じエースコックで、味の代表要素を突き詰めることがテーマの「MEGA」シリーズと何が違うのかよくわからないところではあります。

味の主役をを強化するのが「MEGA」シリーズ、脇役を際立たせるのが「EDGE」シリーズだと勝手に推測していますが、どちらもシリーズも背脂をたくさん入れた商品が出ていて被ってるんですけどね。高めるのが「MEGA」、入れすぎるのが「EDGE」といった理解の方が正しいでしょうか。

エースコック 「EDGE 鬼マヨ焼そば」

どうもオサーンです。モンハンの話。立ち回りヘタクソで回復薬を飲むスキを見つけられない私にとって、ガンランスとの出会いは本当に良かったです。別のゲームをやっていると思うくらい変わりました。そして、前回お話した集会所シャガルマガラをソロでクリアしたことに加え、ついにティガレックス希少種も一人で倒してきました。ガンランスを持ったことで自分がここまで強敵を倒せるようになるとは思ってませんでした。そしてさら...



刺激の王様「シゲキング」


今回の商品は、「生姜味噌ラーメン」とのことで、生姜を入れすぎたみそラーメンとなっています。商品名に「シゲキング」という言葉が入っています。「刺激」と「キング」を組み合わせた造語かと思われますが、「しげき」さんのあだ名とか、味覚糖のグミみたいな名前ですよね。それにしてもパッケージデザインがちょっと豪華すぎやしませんかね。内容物を見る前から外側ですでにやりすぎているのが、さすがエースコックです。



商品名に「シゲキング」と入った商品は、2018年5月にも「EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン」として出ていました。確かにレモンに刺激がすごかったですが、鶏ベースのスープもかなりしっかりしていて、きちんとおいしい一杯でした。

エースコック 「EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン」

「レモン」に着目したその名も「シゲキング」!!今回のカップ麺は、エースコックの「EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン」。2018年5月28日発売の、「EDGE」シリーズの新商品です。「驚き」と「やりすぎ」をテーマにした「EDGE」シリーズですが、エースコックにはコンセプトの被る「MEGA」シリーズもあり、ここまで出た商品ではあまり独自性を発揮できていないように感じていました。今回は「MEGA」シリーズでは絶対やらな...


内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「かやく」、「後入れシゲキングの素」の計3袋。



先入れの「かやく」を麺の上に開けた状態。紅生姜入りの揚げ玉やコーンに加え、白い粒が入っています。これはおそらく生姜ですね。麺はみそラーメンらしい黄色のものが入っています。

品名EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン
メーカーエースコック
発売日2019年11月4日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・かやく・後入れシゲキングの素)
定価税別240円
取得価格税別238円(セイコーマート)

栄養成分表、原材料


1食103g(めん60g)あたり
エネルギー353kcal
∟めん・かやく∟220kcal
∟スープ∟133kcal
たん白質8.2g
脂質11.4g
炭水化物54.4g
食塩相当量5.2g
∟めん・かやく∟1.7g
∟スープ∟3.5g
カルシウム254mg



みそラーメンと考えると脂質はそれほど高くありませんが、スープカロリーは133kcalあってそれなりにパワフルなものが期待できそうです。


スープ


スープは「味噌ベースにポークの旨みを加え、生姜でアクセントを付けた味わい深いスープ」で、「後入れの『シゲキングの素』を加えることで、ヒリヒリ辛い生姜の辛さがクセになる一杯に仕上げ」たとのこと。

ポークベースに豚脂を浮かせ、生姜を効かせたみそ味のスープで、後入れの「シゲキングの素」を加えることにより、生姜のキレが増します。



生姜のキレが鋭いみそ味のスープ


  • とんこつベースのみそ味
とんこつベースに豚脂を浮かせたみそ味のスープです。生姜メインの一杯ですが、みそラーメンとしては豚脂の効きは穏やかなものの、とんこつのベースがしっかりしたみそ味で、みそも濃いめ。生姜に負けないハッキリしたスープとなっています。先日食べた麺職人の「生姜あんかけ」は、ベース部分が弱いため生姜一辺倒になっていましたが、今回のスープは生姜に負けないベースのスープでした。



  • 液体スープに入っている生姜
とんこつベースに豚脂を浮かせたみそ味のスープです。今回の商品、生姜入れすぎのEDGEシリーズなだけあって、幾重にも生姜が重ねられていますが、まず第1の生姜がスープのベースになっている液体スープの中に入っています。液体スープの生姜は常識の範疇の強さに留まっており、液体スープの生姜は我ら生姜四天王の中でも最弱ってところでしょうか。それでも十分効果的で、札幌ラーメンの生姜のような、自然な感じでスープの味にアクセントを加えていました。



  • 液体スープに入っている生姜
そして今回の目玉と思われるシゲキックスじゃなくてシゲキングの素。生姜の粉末が入っています。生姜四天王第2の刺客にしてラストじゃないのにボス登場。ひゃーこれはなかなかすごい刺激です。

ヒリヒリ辛い生姜の辛さがクセになる」とのことですが、ベースのみそ味が中和してくれるのか、辛味はそれほど強くは感じられず、辛味よりも鼻を突く生姜の香りが目立っています。嫌味な生姜ではなく、みそ味にキレを加えることで鋭いスープに仕上げていました。



  • 液体スープに入っている生姜
「シゲキング」の名の通り、「シゲキングの素」によって強烈な生姜が感じられますが、それでもベースのみそ味スープもしっかりしているため、インパクトがありながらもバランスの取れたスープという印象でした。これはかなりうまいですね。生姜が好きな方はもちろん、「シゲキングの素」の量を調節することによって、それほど得意じゃない方でもいけるのではないかと思います。



麺は「しなやかな弾力とコシを併せもった丸刃のめん」で、「滑らかで臨場感あふれるめんに仕上げ」たとのこと。

湯戻し時間4分の、中太というにはちょっと細めに感じられるノンフライ麺です。



ストレートに近い形状のノンフライ麺を使用


やや太めでストレートに近い形状のノンフライ麺です。商品説明では「丸刃のめん」となっていますが、食べた感じは角が感じられる麺です。表面につるみのある多加水麺のようですが、噛んだ感じはしっとり感のある低加水麺のようにも感じられました。札幌ラーメンの多加水麺とはちょっと違うように思います。

みそ味と生姜の強いスープに対し、麺の存在感は控えめでスープの勝ったバランスだと感じましたが、そんな中でも麺の甘みや風味がそれなりに主張しており、ラーメンを食べているという実感はしっかり得ることができます。スープとのバランスを考えるともうちょっと歯応えが欲しかったですが、麺自体はとてもおいしいかったです。




具は「紅生姜入りの揚げ玉、生姜、シャキシャキとした食感の良いキャベツ、コーン、ねぎを加えて仕上げ」たとのこと。

ピンク色の紅生姜入り揚げ玉、白い粒の生姜、そしてキャベツ、コーン、ねぎといった野菜を組み合わせた構成です。



紅生姜入りの揚げ玉と生姜の粒が入っている


  • 紅生姜入りの揚玉
具で最も目立っていたのは、ピンク色の紅生姜入り揚げ玉。生姜四天王第3の刺客です。ピンク色で目立っており、噛み締めると確かに生姜が香らなくもないですが、スープの生姜が強いためあまり目立っていません。味よりも色味で生姜入れすぎ感を演出していました。

  • 生姜の白い粒
見た目にはあまり目立っていませんが、具の中に生姜の白い粒が入っていて、これが実は「シゲキングの素」に負けず劣らずの存在感があります。こちらは口に入れると多少の辛味をともなっており、生姜四天王の隠れラスボス的な存在になっていました。


オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
「EDGE」シリーズの新商品は生姜を入れすぎた商品で、確かに生姜三昧になっていてインパクトがありました。生姜が幾重にも重ねられていながらも、とんこつベースのみそ味のスープも太く、生姜の強さとしっかりマッチすることによりおいしく仕上がっていました。エースコックらしくインパクトと味をしっかり両立できていて、かなり良くできた一杯でした。

一時期売れすぎて話題になった、2019年4月発売の「カップヌードル 味噌」。今回の商品ほどではないですが、生姜を強く効かせたみそラーメンでした。

カップヌードル新味の「味噌」を「味噌ミニ」と比較!「カップヌードル 味噌」

このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル 味噌」を食べてレビューしていきます。「カップヌードル 味噌」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 味噌」。2019年4月1日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。現行商品の「カップヌードル 味噌 ミニ」の好評を受け、ノーマルサイズ化されたカップ麺です。「カップヌードル」シリーズでは珍しい、「味噌」とい...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加