このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 ぽかぽか中華あんかけ」と「日清麺職人 ぽかぽか生姜あんかけ」を食べてレビューしていきます。



日清麺職人の「ぽかぽか中華あんかけ」と「ぽかぽか生姜あんかけ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 ぽかぽか中華あんかけ」と「日清麺職人 ぽかぽか生姜あんかけ」。2019年10月14日に発売された、「日清麺職人」シリーズの商品です。発売から半月ほど経ってしまいましたが、人気シリーズの商品なのでしっかりレビューしていきたいと思います。



とろ~りあんかけスープでぽかぽか温まる麺職人2品


今回の麺職人2品は、「とろ~りあんかけスープ」をテーマに、これからの冬の時期にぴったりのぽかぽか温まる一杯とのこと。「中華あんかけ」と「生姜あんかけ」の2品が発売され、特に生姜を使っている「生姜あんかけ」はいかにも体が温まりそうですよね。

「麺職人」シリーズは8月にリニューアルされ、全粒粉入り麺にさらに小麦胚芽が加わった麺に生まれ変わりました。パッケージでは「ごちそうノンフライ麺」と書かれています。今回の新商品2品にもこの麺が使用されています。



内容物、価格、購入額など




左が「中華あんかけ」で右が「生姜あんかけ」。どちらも「かやく」の袋とともに、「中華あんかけ」は液体スープが、「生姜あんかけ」は粉末スープが入っています。同じ「あんかけ」でも、液体と粉末で別のものが使われているのは面白いですね。



ともに先入れの「かやく」袋を麺に開けた状態。こう上から見ると同じくらいのボリュームのかやくに見えますが、実際はキャベツが入っている「中華あんかけ」の方がだいぶ量が多いように見えます。

そして、両者同じくらいの細さで全粒粉の粒が視認できる麺ですが、色味がちょっと異なっているように見えます。「中華あんかけ」が濃いめの黄色、「生姜あんかけ」はちょっと澄んだ色の麺に見えます。



「中華あんかけ」の液体スープは後入れですが、「生姜あんかけ」の粉末スープは先入れ。粉末でとろみをつけるようです。

品名日清麺職人 中華あんかけ 生姜あんかけ 共通
メーカー日清食品
発売日2019年10月14日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(液体スープ(中華)or 粉末スープ(生姜)・かやく)
定価税別193円
取得価格税込127円(コープ)

栄養成分表


栄養成分中華あんかけ
86g(めん60g)
生姜あんかけ
72g(めん60g)
エネルギー288kcal253kcal
 ∟めん・かやく∟243kcal∟235kcal
 ∟スープ∟45kcal∟19kcal
たんぱく質6.3g6.5g
脂質4.3g1.9g
炭水化物56.0g52.5g
食塩相当量5.1g5.6g
∟めん・かやく∟1.7g∟1.9g
∟スープ∟3.4g∟3.7g
ビタミンB10.48mg0.23mg
ビタミンB20.25mg0.31mg
カルシウム120mg144mg

どちらも「麺職人」らしくカロリーが低いですが、特に「生姜あんかけ」はスープカロリー19kcalとかなり低くなっています。食塩相当量は「生姜あんかけ」の方が上回っていました。



上が「中華あんかけ」で下が「生姜あんかけ」の原材料。麺の部分を比較すると、構成要素は同じでも順番が異なっており、両者違う麺を使っていることがわかります。



日清麺職人 ぽかぽか中華あんかけ




まずは「ぽかぽか中華あんかけ」から食べていきます。「生姜あんかけ」と同時発売で、こちら「中華あんかけ」が正統派なあんかけスープという印象を持ちますが、果たしてどんな味なのでしょうか。



スープ


スープは「鶏ガラをベースに野菜の風味をきかせたとろみのある醤油スープ」で、「アクセントに加えたごま油がふわっと香り、食欲をそそ」るとのこと。

鶏ガラベースのしょうゆ味のスープで、ごま油が香ります。しょうゆの効きはそれほど強くなく、野菜の甘みを効かせることでやわらかみのある味に仕上がっていました。また油分も多くないため、最近の「麺職人」シリーズらしいあっさり味でした。野菜の甘みが主役のスープと言えるでしょう。ごま油がふんわりと香るのも特徴的。このごま油が「中華」要素なんだと思われます。野菜の甘みとごま油の香りで中華らしさを多少感じさせるスープでした。

今回「あんかけ」とのことですが、とろみはあまり強くありません。別添の後入れ「液体スープ」はフタの上で温めず、湯戻し後に入れて1分ほどかき混ぜるとのことなんですが、混ぜても混ぜてもドロッとした感じにはならず、ちょっととろみがついているかなという程度に留まっています。正直、あまりあんかけらしくはありません。そしてぽかぽかな雰囲気もないように思います。




麺は「“全粒粉”と“小麦胚芽”が入ったしなやかなノンフライ中細ストレート麺」で、「小麦本来の風味とおいしさが感じられ」るとのこと。

湯戻し時間4分の、中細ストレートのノンフライ麺です。中身がぎっしり詰まった食感の麺で、全粒粉が入っていることが視認できます。卵粉が多く使用されているためか黄色味が強く、全粒粉や小麦胚芽が入っているため甘みを強く感じられます。スープの野菜の甘みに麺の甘さも加わって、より甘みが強調された構成になっていました。


具は「キャベツ、ニンジン」とのこと。

肉系の具は入っていないものの、キャベツとニンジンが入っていて、特にキャベツはここ最近の「麺職人」シリーズの具の貧弱さに比べるとそれなりの量入っています。スープの野菜の甘み、麺の小麦胚芽などの甘みに加えて、キャベツも結構甘くて、なかなか甘さ全開ぶりな一杯でした。


日清麺職人 ぽかぽか生姜あんかけ




続いて「ぽかぽか生姜あんかけ」。こちらは体が温まるとされる生姜が使われているため、少なくとも「中華あんかけ」よりはぽかぽか感がありそうですね。2017年10月に、今回と同じく冬商戦の商品として「日清麺職人 生姜醤油」という商品が発売されていました。すっきりしょうゆ味に生姜を絶妙な塩梅で効かせた、非常に良くできた一杯でした。今回も楽しみです。

日清食品 「日清麺職人 生姜醤油」

冬らしい「生姜醤油」味の「日清麺職人」今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 生姜醤油」。前回の「日清麺職人 黒酢サンラータンメン」と同時発売の、「日清麺職人」シリーズ期間限定の新作となります。「生姜醤油」なんて、いかにも冬向けの味でおいしそうですね。最近めっきり寒くなってきているのであったまりそう。もっと若い時なら「生姜」と聞いても無反応、いやそれどころかネガティブ要素だったんですけどね。歳を...





スープ


スープは「いりこと昆布の優しいだしをベースにしたとろみのある和風スープ」で、「生姜特有の香りと辛みをお楽しみいただけ」るとのこと。

魚介ベースで昆布の丸みを効かせたしお味のスープです。先ほどの「中華あんかけ」もあっさりでしたが、こちらはさらに輪をかけてあっさり。さすがスープカロリー19kcalなだけあります。そしてなんと言っても、ベースの味を全部消してしまうほど強力に生姜が入っていて、生姜の強い香りと辛味が完全にスープを支配しています。生姜が好きな人にはたまらないのかもしれませんが、私にはちょっときつく感じられました。もうちょっと穏やかだと、ベースの味をしっかり感じられたと思うんですけどね。

先ほどの「中華あんかけ」が液体スープでとろみがつけられているのに対し、こちら「生姜あんかけ」は粉末スープでとろみがつけられています。「中華あんかけ」はあまりとろみがなかったのに対し、こちらは粉末でしっかりとろみがついており、あんかけらしく仕上がっていました。




麺は「“全粒粉”と“小麦胚芽”が入ったしなやかなノンフライ細ストレート麺」で、「小麦本来の風味とおいしさが感じられ」たとのこと。

湯戻し時間4分の、中細ストレートのノンフライ麺です。商品説明は「中華あんかけ」と同じことが書かれていますが、「中華あんかけ」に比べて色味が薄いです。栄養成分を見ると「卵粉」の順位が違うので、黄色味の違いはこれが影響しているものと思われます。また、小麦胚芽も少ないようで、よく味わうと「中華あんかけ」の麺より甘みが弱いと感じました。もちろん合わせているスープの味がぜんぜん違うので、その影響もあるかもしれません。


具は「かきたま、ネギ」とのこと。

かきたまとネギが入っいて色味こそきれいですが、量はそれほど多くなく、ここ最近の「麺職人」らしく具は貧弱です。「中華あんかけ」のキャベツとニンジンに比べるとだいぶボリュームでは見劣りしていました。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清麺職人 ぽかぽか中華あんかけ」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
  • 日清食品 「日清麺職人 ぽかぽか生姜あんかけ」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)

「日清麺職人」の冬商戦の商品、「ぽかぽか中華あんかけ」と「ぽかぽか生姜あんかけ」を食べてきました。「中華あんかけ」は野菜の甘みとごま油の風味を効かせた比較的オーソドックスな味わいながら、とろみがあまりなくあんかけ感には欠けていました。「生姜あんかけ」はとろみはしっかりあって、あんかけらしさはしっかりあったものの、生姜の味があまりに強くてバランスの悪さを感じました。どちらも麺がかなりおいしいので低い評価にはできませんでしたが、スープだけなら★3と★2という印象でした。

昨年は「麺職人」の冬商戦商品として、「日清麺職人 火鍋風麻辣麺」と「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」が発売されていました。今年のあんかけも良いですが、鍋の方がより冬っぽい感じがして良いですね。

日清食品 「日清麺職人 火鍋風麻辣麺」はなかなか辛い一杯!!

「火鍋風」の麺職人新商品今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 火鍋風麻辣麺」。2018年10月22日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品で、先日レポした「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」との同時発売。今回の「日清麺職人」新商品の2品は「鍋料理」に着目しています。「火鍋」とは、中国で広く食べられている辛い味の鍋のことで、日本でも1つの鍋を2つに区切って片方には白湯スープ、もう片方には赤いスープの入っ...

日清食品 「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」は鶏の厚みと麺の甘さが光る一杯!

「鍋料理」に着目した「水炊き風」の麺職人今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 水炊き風鶏だしそば」。2018年10月22日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。今回の「麺職人」は「鍋料理メニュー」に着目し、今回の「水炊き風」と近日レポ予定の「火鍋風」が同時発売となっています。以前の「麺職人」シリーズは、ノンフライ麺を使用しながらもお手軽価格で食べられるカップ麺という位置づけでしたが、安価で...


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加