このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル グリーンカレー」を食べてレビューしていきます。



「カップヌードル グリーンカレー」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル グリーンカレー」。2019年9月23日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。世界の本場の味をカップヌードルで再現した「カップヌードル エスニックシリーズ」に分類される一杯となっています。



「カップヌードル」シリーズに「グリーンカレー」登場!


カップヌードル エスニックシリーズ」では、代表的なタイ料理のひとつである「トムヤムクン」を再現した「トムヤムクンヌードル」が金看板としてラインナップされている一方で、同じくタイ料理の代表的なメニューである「グリーンカレー」はラインナップされていませんでした。いずれ出てくるだろうというのは想像できましたが、ついにその時が来たというところでしょうか。

2014年4月に初めて登場した「カップヌードル トムヤムクンヌードル」。売れ行きが良すぎて製造中止になったことで話題になった一杯でもありました。本格的でありつつも、日本人に最適化された非常に優れたスープで、現在も絶賛発売中の商品でもあります。

日清食品 「カップヌードル トムヤムクンヌードル」

どうもー、ハンサムです。先日、友人に初めて管理釣り場というところへ連れてってもらい釣りをしてきました。友人は釣り歴20年以上、自分はまったくの初めてで初心者講習のようにいろいろ教えてもらいつつ。ルアーで釣りをやらせてもらったのですが、用意していたルアーがどんどんなくなり(魚がかかった時に糸が切れてしまったり、岩の隙間に引っかかって取れなくなったり)、結局釣り場で売ってるルアーを買い足したりしました。こ...

「カップヌードル」シリーズに「グリーンカレー」登場!


とは言いつつも、実はだいぶ昔に、「カップヌードル」シリーズでも「グリーンカレー」が出ていたことがあります。2013年5月に発売された「カップヌードルグリーンカレー "miniガンプラ ヤカン装備" 量産型パック」で、量産型ザクのミニガンプラとセット販売で定価税込578円で発売されていました。ガンプラに興味なければちょっと高いですよね。ヤカンを持ったザクという、「ククルス・ドアンの島」に出てきたザクの作画ばりにシュールなガンプラが入っていて、好きな人にはたまらなかったのではないでしょうか。

日清食品 「カップヌードルグリーンカレー

どうもー、ハンサムです。今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルグリーンカレー



ココナッツミルクと生姜が特徴




今回の商品はグリーンカレーなので、ココナッツミルクが入っているのはもちろん、タイ産の生姜が入っていて爽やかな辛さが特徴とのこと。これは面白そうですね。果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。

内容物、価格、購入額など




別添袋は「グリーンカレーペースト」の1袋。カップには大量のスープ粉末が!これまでにも粉末がたくさん入った商品は数ありましたが、今回がいちばん多いかもしれないというくらいたくさん入っていました。他には鶏肉などが入っています。

品名カップヌードル グリーンカレー
メーカー日清食品
発売日2019年9月23日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(グリーンカレーペースト)
定価税別193円
取得価格税別138円(ドン・キホーテ)

栄養成分表


1食80g(めん60g)あたり
エネルギー386kcal
 ∟めん・かやく∟310kcal
 ∟スープ∟76kcal
たん白質8.1g
脂質18.1g
炭水化物47.7g
食塩相当量4.3g
 ∟めん・かやく∟1.9g
 ∟スープ∟2.4g
ビタミンB10.16mg
ビタミンB20.25mg
カルシウム93mg



大量のスープ粉末が入っていますが、その割にはスープカロリーや食塩相当量は高くありません。ココナッツミルクが入っているので、もうちょっとカロリーあると思ったんですが、そうでもなかったです。


スープ


スープは「クリーミーなココナッツミルクのスープをベースに、生姜 (タイ産) と青唐辛子のさわやかな辛さをきかせた濃厚グリーンカレースープ」に、「レモングラスと各種スパイスをきかせた "グリーンカレーペースト"」が別添とのこと。

ココナッツミルクがベースとなったグリーンカレー味のスープに、別添の「グリーンカレーペースト」を加えます。



スパイスと生姜で引き締まったグリーンカレースープ


  • 重厚なスパイス感
ココナッツミルクをしっかり効かせたグリーンカレーのスープです。青唐辛子の辛味が強めで、辛口程度はありそうです。辛味に加えてスパイス感がかなり強く、ココナッツミルクでまろやかでありながらも、グリーンカレーとしてはかなり重厚なスパイス感のスープに仕上がっていました。辛さはほどほどでも、スパイスの強さで刺激の強いスープです。



  • ココナッツミルクの甘みを生姜が引き締める
ココナッツミルクはしっかり効いているのですが、一般的なグリーンカレーの強い甘みに比べるとそれほど甘いわけではなく、ココナッツミルクの風味や濃厚感に比して、甘さはほどほどに抑えられています。加えて、タイ産の生姜が入ることにより、マイルドなココナッツミルクをキリッと引き締めている印象を受けました。今回のスープの目玉の一つである生姜は、主役としてガンガン効いているというよりも、スープを引き締める効果が強いと感じました。



  • 別添「グリーンカレーペースト」には強いココナッツミルクの香り
別添の「グリーンカレーペースト」には、ココナッツミルクの甘い香りや、レモングラスの風味、そして濃い褐色の色合い的に魚醤が入っていると思われます。グリーンカレーを作る時に用いられるグリーンカレーペーストは、グリーンカレーの元となる味そのものなのですが、今回のペーストはそれとは意味合いが違い、あくまでスープ粉末の補助的な役割を担っているようです。



スープに溶かし切ってしまうとペーストの効果がよくわからなくなってしまうので、表面に浮かせたまま食べるのをオススメしたいですが、麺を食べているうちに勝手に溶けていってしまいます。



麺は「カップヌードルならではのコシとつるみのある麺」とのこと。

湯戻し時間3分の、縮れのついた幅広の油揚げ麺です。いつものカップヌードルの麺に比べてだいぶ太く見えます。



いつものカップヌードルより幅広の油揚げ麺


幅広で縮れのついた油揚げ麺です。いつものカップヌードルの麺に比べるとだいぶ太く、これまでのカップヌードルシリーズでもあまり見たことない太さの麺だと感じました。ココナッツミルクの入った濃厚感の強いスープに合わせた形状の麺となっています。幅広で縮れがついているため、スープとの絡みが良好です。

いつものカップヌードルの麺に比べるとスープの吸い込みはそれほど強くなく、太さ含めあまりカップヌードルの麺という印象は受けません。グリーンカレーのスープと今回の麺を合わせてしまうと、カップヌードルらしさはいつもより希薄だと感じました。




具は「味付鶏肉、赤パプリカ、パクチー」とのこと。

ほぐし状の鶏肉をメインに、赤パプリカやパクチーが入っています。



鶏肉、赤ピーマン、パクチーの組み合わせ


  • たくさん入っている鶏肉
ほぐした鶏肉がたくさん入っていて、主役を張っています。よくよく見ると、パッケージにもニワトリの絵柄が大きくあしらわれているんですよね。カットも大きめで食べ応えがあります。日清食品のカップ麺でよく見る具ではあるものの、実際のグリーンカレーでも鶏肉が入っていることが多いので、グリーンカレーらしさがより増幅されています。

  • 赤ピーマンとパクチー
鶏肉の他には、赤ピーマンとパクチーが入っています。赤ピーマンはカットが大きく存在感がある一方で、パクチーは小さめで、「トムヤムクンヌードル」に比べるとあまり目立っていません。両者、赤と緑の色味で目立っており、見た目に鮮やかな一杯に仕上げていました。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「カップヌードル グリーンカレー」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
久々に登場した「カップヌードル」シリーズの「グリーンカレー」味を食べてきました。ココナッツミルクの濃厚感に比して甘みは控えめで、重厚なスパイスと生姜がまろやかなスープをキリッと引き締めていました。特にスパイスの強さが印象的なスープです。いつものカップヌードルに比べてだいぶ幅広な麺と、鶏肉のたくさん入った具の組み合わせも良く、これはおそらくレギュラー化していくのだろうと感じさせる一杯でした。おいしかったです。

カップヌードルのグリーンカレーは久々でしたが、2017年10月には「日清のどん兵衛」シリーズから「日清のどん兵衛 グリーンカレーうどん」という創作カップうどんが出ていました。こちらのグリーンカレーも甘さ控えめでスパイスの強いスープが特徴でした。

日清食品 「日清のどん兵衛 グリーンカレーうどん」

「どん兵衛」の「創作系うどん」第4弾はグリーンカレーうどん!今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 グリーンカレーうどん」。「日清のどん兵衛」の新作で、「創作系うどん」シリーズの第4弾となります。今まで出た日清のどん兵衛の創作系うどんシリーズは以下の通り。・「日清のどん兵衛 ギョーザラブうどん」・「日清のどん兵衛 カルボナーラうどん」・「日清のどん兵衛 明太子クリームうどん」いずれも...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加