このページでは、ローソンのレンジ調理型チルド中華麺、「麺屋彩未監修 レンジ味噌ら~めん」を食べてレビューしていきます。



「麺屋彩未監修 レンジ味噌ら~めん」はどんな商品?


今回は、ローソンの「麺屋彩未監修 レンジ味噌ら~めん」。ローソンのお弁当コーナーに並んでいるレンジ調理型カップタイプのラーメンです。札幌みそラーメンの名店「麺屋 彩未」の看板メニュー「味噌らーめん」の味を再現した商品です。カップ麺のレビューではありません



「麺屋 彩未」は札幌みそラーメンの名店


麺屋 彩未」は、札幌で人気ナンバーワンとも言われるみそラーメンの名店。あの「すみれ」から初めて暖簾分けされたお店としても知られ、常に行列の絶えない、札幌では比類なき人気ラーメン店として知られています。行列が絶えない上に営業時間も短いことから、食べるのになかなかハードルが高いため、今回のような商品で雰囲気を感じられるならありがたい話ですよね。

「彩未」の「味噌らーめん」は東洋水産からカップ麺としても発売されており、2018年2月にリニューアル発売された「マルちゃん 麺屋彩未 札幌味噌らーめん」は、お店の味を忠実に再現したとんでもなくレベルの高いカップ麺でした。このカップ麺は定価税別240円なのに対し、今回の商品は税込498円と倍以上の価格設定なので、かなりハードルが上がってしまいそうです。

東洋水産 「マルちゃん 麺屋彩未 札幌味噌らーめん」

札幌ラーメンの王者「麺屋彩未」を再現した商品今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 麺屋彩未 札幌味噌らーめん」。2018年2月19日にリニューアル発売された商品で、このブログでもリニューアル前の商品を何度かレポしています。「麺屋彩未」は札幌でナンバーワンと言って差し支えないみそラーメンの名店で、連日行列ができる人気店です。もう長いこと札幌ラーメンの王者として君臨しています。有名店「すみれ」出身の店主...

先日セブンで発売された「すみれ」の商品はとてもおいしかった


先週、セブンから2019年8月14日に発売された「すみれ」の今回と同系の商品、「すみれ監修 札幌濃厚味噌ラーメン」を食べましたが、これが非常においしくて、スープ、麺、具それぞれにレベルが高く、特に具のボリュームに圧倒されました。定価税込540円でも十分に納得できる大満足の一杯でした。今回は発売されているコンビニが違いますが、「彩未」もきっとおいしいのだろうと、楽観的に考えています。

セブンの「すみれ監修 札幌濃厚味噌ラーメン」食べてみた!電子レンジ専用の本格ラーメン

このページでは、セブンイレブンのチルド中華麺、「すみれ監修 札幌濃厚味噌ラーメン」を食べてレビューしていきます。「すみれ監修 札幌濃厚味噌ラーメン」はどんな商品?今回は、セブンイレブンの「すみれ監修 札幌濃厚味噌ラーメン」。セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいるカップタイプのラーメン。電子レンジで調理するタイプの商品です。札幌のみそラーメンの名店「すみれ」の味を、チルドラーメン...



北海道のローソン限定のロングセラー商品


さて今回の「」は、北海道地区のローソン限定で発売されている商品です。ご覧の多くの方にとっては手に入れられない商品ですが、こんな商品もあるんだとご覧いただければ幸いです。

また、この商品はもう何年も店頭に並び続けているロングセラー商品で、それだけ多くの支持を得ている商品だと思われます。果たしてどんな一杯なのでしょうか。早速食べてみたいと思います。


内容物、価格、購入額など




フタをあけると、麺の上に具が乗っています。チャーシュー、肉そぼろ、もやし、メンマ、ねぎが入っていますが、「すみれ」の具の圧倒されるボリュームに比べるとだいぶ少ない印象です。チャーシューの上に「彩未」の特徴である生姜がのっています。



スープは麺の下にゼラチン状になって入っています。お湯を入れるとゼラチンが溶けてスープになります。麺の下にゼラチン質のスープがある構造は「すみれ」の時と同じ。

今回の商品は、ゼラチン状のスープの上に「食べられるシート」がかかっています。スープがカップの外に漏れたり、麺と接触してスープが吸われてしまうことを防ぐためのものと思われます。最初見た時は、ビニール取らなきゃと思ってしまいました。これもお湯を入れると溶けるそうです。ゼラチンスープの上にも生姜がのっています。

品名麺屋彩未監修 レンジ味噌ら~めん
メーカーローソン(製造会社は地域により異なる)
発売日2019年8月14日(水)
麺種別チルド麺
かやく・スープなし
定価税込498円
取得価格税込498円(ローソン)

栄養成分表、原材料


栄養成分麺屋彩未監修 レンジ味噌ら~めん
-g(めん-g)
(参考)
すみれ監修 札幌濃厚味噌ラーメン
570g(めん150g)
エネルギー458kcal730kcal
たん白質22.9g30.2g
脂質12.4g38.8g
炭水化物63.2g65.0g
ナトリウム2.5g3.0g



先日食べたセブンの「すみれ」と栄養成分を比較すると、それほど差のない「炭水化物」以外は今回の商品の数値がかなり低いことがわかります。具のボリュームが全然違ったのでその分もあるかと思いますが、おそらくスープも「すみれ」に比べてかなりあっさりしているものと思われます。



調理方法はそのままレンジに入れて温めるだけ。手軽です。家庭用に多い500wのレンジだと5分、コンビニ等に置かれている1500wの業務用のレンジだと1分40秒とのことです。「すみれ」より短い時間で調理可能です。



スープ


スープは「味の決め手のスープについても彩未を再現」し、「おろし生姜をトッピングし」たとのこと。

とんこつベースのみそ味スープで、生姜を効かせています。



「彩未」の味を再現したみそ味スープ


  • 実際の「彩未」に比べてだいぶ弱い味
「彩未」の特徴を踏まえたとんこつベースのみそ味のスープで、炒めた肉や野菜の味が感じられ、アクセントとして生姜を効かせています。スープ表面に油脂が浮いていますが、お店のものほど多くなく、味の押し出しも弱め。実際の「彩未」も「すみれ」に比べてまろやか仕上げのスープですが、今回のスープはその再現というより、全体的に味が弱いと感じました。

生姜が入っていましたが、これもスープに溶けてしまうとそれほど存在感がなく、アクセントとして機能できていません。それでも、普通にみそラーメンのスープと考えると悪くありませんが、あの名店「彩未」の再現と考えるとどうしても物足りなく感じられてしまいます。



  • 麺の味が溶け出してしまっている
スープをよく味わってみると、どうやら麺の味がだいぶスープに溶け出してしまい、それが味を阻害する部分があるように思います。セブンの「すみれ」に比べるとゼラチンスープが溶け出すのが早くて、麺と一緒に煮込まれるような状態になる時間が長いのかもしれませんね。

今回、家庭用のレンジで5分間レンジに入れましたが、店頭の高火力のレンジで短い時間温める方が、この状況にはならないのかもしれません。



  • 「すみれ」とはかけているコストにだいぶ差がありそう
セブンの「すみれ」のスープも、お店の再現性が高い部分と低い部分があって完璧なスープとは言えませんでしたが、今回の「彩未」のスープはそれよりだいぶ物足りず、そもそもかけているコストにかなり差を感じてしまう、味の厚みのなさが気になりました。

このスープなら、再現度の高い東洋水産の「彩未」カップ麺の方がずっとおいしいのは間違いないと思います。唯一、肉や野菜を炒めた風味が鼻に抜ける時に「彩未」らしさを感じましたが、それ以外はちょっと厳しいスープでした。



麺は、黄色みの強い、中太で縮れのついた麺です。



ボリュームはあるがやわらかい食感が気になる麺


  • 見た目の再現性は高いが伸びたような食感
黄色みの強い、中太で縮れのついた麺が使われています。見た目の印象は「彩未」で使われている麺に近いものを感じます。実際食べてみると、お店で感じられるしっかりしたコシはなく、ちょっと伸びているような食感になってしまっています。一度茹でている麺をレンジでさらに調理することから生じる、チルド麺ならではの欠点ではないでしょうか。セブンの「すみれ」も伸びたような食感でしたが、今回はそれ以上に麺のやわらかさが気になりました。

こちらも家庭用レンジでの調理ではなく、店頭の高火力レンジで温めるとある程度改善されるのではないかと思います。また、調理環境や製造からの経過時間によっても大きく状況は変わるのではないかと思います。このあたり、カップ麺より考えることが多くて難しいですね。「すみれ」との単純な比較は難しそうです。

  • 大盛カップ麺以上にボリュームがありそう
麺のボリュームはかなりあって、大盛サイズカップ麺以上の食べ応えがあるように感じました。セブン「すみれ」と同等くらいではないでしょうか。食後に胃にずっしりくる重さは、さすがの定価498円です。褒めているのかなんだかよくわからないですが。




具は「もやしや豚そぼろ」とのこと。

チャーシュー、豚そぼろの2種類の肉に、茹でたもやし、ねぎ、メンマといった具が入っています。



価格を考えると物足りない具のボリューム


  • 2種類の肉
お店と同じように、チャーシューと肉そぼろの2種類の肉が入っています。ただ、チャーシューは小さく、肉そぼろも少ないため、ボリューム感はあまりありません。定価税込498円の商品の具と考えるとかなり物足りないです。それでも肉そぼろの旨みは効果的で、「彩未」らしさを感じられる重要な要素となっていました。

  • もやし、ねぎ、メンマが入っている
他に入っているのは、もやし、ねぎ、メンマで、特にもやしは札幌ラーメンの特徴的な具ですが、今回は量が少なく、お店の炒めたもやしと違い、茹でました感の強いしなっとしたもやしで、お店を再現しているという印象は持てませんでした。ねぎやメンマもセブンの「すみれ」に比べて物足りなかったです。

  • 具がセブンの「すみれ」と最も差を感じた部分
先日食べたセブンの「すみれ」は、ボリュームのある具だけでも高額商品の元をとった気分になれるすごい具の構成だったのに対し、今回の「彩未」はかなり貧弱なぐと感じられてしまい残念でした。これで価格差が40円ちょっとしかないとなると、セブン「すみれ」のお得感が際立ちます。


オススメ度(標準は3です)


  • 北海道ローソン 「麺屋彩未監修 レンジ味噌ら~めん」
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(5)
北海道のローソン限定で売られている「麺屋彩未監修 レンジ味噌ら~めん」を食べてきました。スープの再現性がそれほど高いとは言えず、麺も伸び気味、そして具のボリュームも物足りなかったです。

ただ、先日食べたセブンの「すみれ」がよくできた商品だったがゆえに、比較上、今回の商品がネガティブ評価になってしまった一面もあると思います。セブン「すみれ」は言ってみれば後出しジャンケンみたいなもので、今回の「彩未」を踏まえて開発された商品という部分もあるのではないかと思います。

今のところセブン「すみれ」に比べてほぼすべての面で見劣りしていることは否めませんが、いずれこちらも後出しされたジャンケンに対策して、セブンに負けないようにリニューアルしてくるのではないかと思います。その時を楽しみにしたいと思います。

先日レビューしたセブンの「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺」。これも「すみれ」に負けないくらいよくできたおいしい商品でした。

セブンの「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺」を実食!お弁当コーナーに並ぶ商品

このページでは、セブンイレブンのチルド中華麺、「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺」を食べてレビューしていきます。「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺」はどんな商品?今回は、セブンイレブンの「とみ田監修 濃厚豚骨魚介 冷し焼豚つけ麺」。セブンイレブンのお弁当コーナーに並んでいるカップタイプのラーメンで、お湯入れやレンジ調理等の必要ない、お手軽な商品です。同じくお弁当コーナー...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加