このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手 担々麺」を食べてレビューしていきます。



「スープが決め手 担々麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め手 担々麺」。製造はエースコックが担当。2019年8月13日にリニューアルされた商品です。セブンプレミアムの数あるカップ麺の中でも、歴史古い商品のひとつです。首都圏以外の地域でリニューアル発売されましたが、いずれこの商品に置き換わっていくものと思われます。



長く販売され続ける「スープが決め手 担々麺」


スープが決め手 担々麺」は、セブンプレミアムの数あるオリジナルカップ麺の中でも、歴史のあるカップ麺です。このブログで最初に食べたのは2013年7月ですが、当時新商品として発売されたわけではなく、それ以前から店頭に並んでおり、おそらくこのブログの10数年の歴史よりも長く続いている商品なのではないかと思います。

セブンプレミアム 「スープが決め手の担々麺」

どうもオサーンです。ここのところ札幌は最高気温が25度を下回る日が続き、7月頭の暑さが嘘のような状態です。これってもう秋なんですかね?北海道ほどではないですが、日本列島の他の地域でも最近は気温が低めに推移しているようで、おかしな感じがします。油断していると急にバカみたいに暑くなったりするんでしょうが。今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め手の担々麺」。セブン&アイグループ等で売られてい...

1~2年おきくらいにリニューアルが重ねられ現在に至りますが、私の知る限りでは一貫してエースコックが製造を担当し、エースコックの担々麺らしい濃厚な練りごまのスープが特徴の一杯となっています。

以前このブログでは、リニューアル前の「スープが決め手 担々麺」を、ローソン、ファミマのPBブランドで売られている担々カップ麺と比較をしていました。他社製品に比べ、セブンの担々麺は濃厚な練りごまのコク、そして具のボリュームでは抜きん出ており、完成度の高い一杯と位置付けました。

【担々麺カップ麺】セブン・ローソン・ファミマのコンビニPBカップ麺を食べ比べました!

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手 担々麺」(エースコックが製造)とローソンセレクトのカップ麺、「ごま香る担々麺」(日清食品が製造)、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「濃厚旨辛担々麺」(日清食品が製造)のコンビニ大手3社のカップ担々麺を食べ比べてレビューしていきます。大手コンビニPBの「担々麺カップ麺」対決!!今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め...



今回のリニューアルでどのような変化があるのか


昨今の激辛商品の一般化、ニーズの高まりに加え、汁なし担々麺ブームによってさらなる激辛化やシビレの需要など、激辛商品に求められるものがここ最近大きく変化してきているように思います。今回のリニューアルで、時代に合わせて「スープが決め手 担々麺」も変化をしてきているのか、それとも練りごま主体の味を貫いているのか、とても楽しみです。

カップ麺でもシビレ商品が多くなってきた中で、敢えてクラシックスタイルを貫いて欲しいところではありますが、果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は「液体スープ」の1袋。カップには挽肉やチンゲン菜、大量の粒ごまが入っています。

品名スープが決め手 担々麺
メーカーセブンプレミアム(製造はエースコック)
発売日2019年8月13日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(液体スープ)
定価税込138円
取得価格税込138円(セブンイレブン)

栄養成分表、原材料


1食89g(めん65g)あたり
エネルギー376kcal
たん白質11.3g
脂質15.1g
炭水化物50.6g
∟糖質∟46.8g
∟食物繊維∟3.8g
食塩相当量5.0g
∟めん・かやく∟2.1g
∟スープ∟2.9g
ビタミンB10.47mg
ビタミンB20.30mg
カルシウム301mg



リニューアル前の商品に比べると、重量に変化は見られませんが、栄養成分に多少の数値の変化がありました。しっかり手が入っているようです。


スープ


スープは「ポークをベースに練りごまと味噌のコクを加えたピリッとする辛みのあるスープ」で、「別添の液体スープを入れることで、さらに濃厚なゴマ感が楽しめ、食欲をそそ」り、「ゴマの香ばしさとほのかな甘い香りがあとをひく」とのこと。

練りごまの強いコクのあるみそ味ベースの担々麺スープで、辛味とシビレが程よく感じられます。



練りごまのコクと甘みが際立つ担々麺スープ


  • 甘みの強い練りごま
みそ味ベースの担々麺スープです。みその味はそれほど強くなく控えめで、強く練りごまのコクと甘みが感じられます。この商品はリニューアルを繰り返しながらも一貫して練りごまが強く、今回は過去に比べても練りごまの甘みが特に強く感じられました。練りごまが濃くなったというよりは、鶏豚のベース部分などが変更になったことにより、練りごまが相対的に強く感じられるようになったものと思われます。かなり甘くてまろやかです。

  • おからパウダーやきなこが入っている
原材料を見ると、練りごまに加えておからパウダーやきなこが入っていることがわかります。スープの後味で感じる本格感のある粉っぽさや持続する甘みの強さは、これらが影響しているものと思われます。どちらもエースコックの担々麺ではよく使われており、他社だとピーナッツバターや水飴などで練りごまを補強することもあります。



  • ほどよい辛味とシビレ
他の担々麺商品に比べると穏やかですが、ピリ辛程度の辛味とそれよりやや強めにシビレが感じられます。辛味が極端に苦手じゃなければ大丈夫なくらいのレベルなのかなと思います。

シビレはリニューアル前に比べてちょっと強くなった印象で、現代風にアレンジが加えられたように感じました。練りごまのまろやかで甘いスープの中で、辛味とシビレが程よくアクセントを加えています。



  • 低価格には思えない分厚いスープ
練りごまの甘みが強調され、穏やかとはいえシビレが多少強くなったことで、リニューアル前よりもメリハリのあるスープに仕上がっていました。だいぶおいしくなった印象。定価税込138円の商品でこれだけ分厚いスープを作ることができるのは、セブンプレミアムの商品ならではなのかなと思います。

おそらく、同じ価格帯の他の商品に比べて、コストのかけ方が違うんでしょうね。私なんかはセブンプレミアムのメリットを享受する側でおいしいおいしい言ってれば良いですが、セブンに卸す製造元はコスト管理とかきっと大変なんだろうなとちょっと思ってしまいます。



麺は、湯戻し時間3分の、中細で縮れがゆるやかな油揚げ麺です。ソフトな食感の丸麺となっています。



ソフトな食感の担々麺らしい麺


中細で縮れがゆるやかな油揚げ麺です。やわらかい食感の担々麺らしい麺で、丸麺で口当たりがやわらかくなっています。原材料を見るとリニューアル前後で多少変化しているようですが、食べた感じは大きな違いは見られず、これまでの麺と同様の特徴を持っているように感じました。

油揚げ麺ながらやや甘みがあり、練りごまの甘さが際立つスープとよく馴染んでいます。油揚げ麺臭はそれほど感じることなく、ソフトな口当たりでスープの中で適度に主張できています。スープとのバランスがよく取れた麺でした。低価格商品ながら麺量が65gとしっかり入っているのも好感が持てます。




具は「肉そぼろ、チンゲン菜、香り広がるごまを合わせ」たとのこと。

税込138円という価格を考えるとボリュームがある、肉そぼろ、チンゲン菜、粒ごまの組み合わせです。



肉そぼろ、チンゲン菜、粒ごまの組み合わせ


  • 価格を考えると量の多い肉そぼろとチンゲン菜
今回、セブンのPB商品で定価税込138円という安価商品ですが、肉そぼろとチンゲン菜は価格の割にボリュームがあり、コンビニPB商品じゃなければ定価193円の商品として出しても違和感ないくらいのレベルにあります。以前、コンビニ各社の担々麺を比較した時もそうでしたが、肉そぼろとチンゲン菜のバランスが取れています。

  • 大量の粒ごま
そしてこの商品の具の最大の特徴が、大量に入った粒ごま。スープの練りごまの濃さに加え、粒ごまも大量に入り、これでもかとごまたっぷりの組み合わせとなっています。いやはやこれはラックスと競るほどのスーパーリッチです。本当138円なんでしょうか。

噛むと練りごまとはまた違う粒ごまの風味が広がり、スープの味に香ばしさを加えています。また、ソフトな麺と粒ごまを合わせることで、食感的にも変化が生まれ、つぶつぶの食感が大きなアクセントとしても機能していました。


オススメ度(標準は3です)


  • セブンプレミアム 「スープが決め手 担々麺」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
リニューアルされたセブンプレミアムの「スープが決め手 担々麺」を食べてきました。相変わらずの練りごまの強さが特徴的な一杯でしたが、甘みがより強調され、練りごま感が増した印象でした。また、シビレを多少強くなったように感じられ、現代風にアップデートされています。スープの分厚さ、麺量、そして具、特に粒ごまのボリューム感は到底定価138円の商品とは思えず、数あるセブンプレミアムのカップ麺の中でも完成度はピカイチではないでしょうか。大満足の一杯でした。

練りごまの濃さに特徴のあるエースコック担々麺ですが、中でも最高傑作だと感じているのがこれ。2009年11月に発売されていた「練り胡麻の恵み 担担麺」。もう10年以上前の商品ですが、これは本当おいしかった。エースコックさんにはこういう商品をまた出してもらいたいです。エースの本格担々麺とダンボール戦機の続編は熱望してやみません。

エースコック 「練り胡麻の恵み 担担麺」

今回のカップ麺は、エースコックの「練り胡麻の恵み 担担麺」。エースコックHP上ではリニューアル商品の扱いになっているので、おそらくは今年3月に発売された「ゴマが決め手の 担担麺」のリニューアルなんじゃないかと思われます。当時書いたことを見てみると、「エースコックの特長といえる練りゴマの存在感をもっと際立たせて欲しかった」と書いています。今回のリニューアルポイントはその練りゴマとのことなので、私の当時の...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加