このページでは、エースコックのカップ麺、「一度は食べたい名店の味 ぜんや ホタテだし塩ラーメン ワンタン入り」を食べてレビューしていきます。



「一度は食べたい名店の味 ぜんや ホタテだし塩ラーメン ワンタン入り」はどんな商品?


今回のカップ麺は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 ぜんや ホタテだし塩ラーメン ワンタン入り」。2019年8月19日に発売された、「一度は食べたい名店の味」シリーズ、「ぜんやカップ麺」シリーズの新商品です。埼玉県新座市にある人気ラーメン店「ぜんや」の味を再現したカップ麺です。


埼玉県新座市の行列必至の名店「ぜんや」


「ぜんや」は、埼玉県新座市にある行列必至の人気ラーメン店です。塩ラーメンの名店として知られ、その人気と行列は埼玉随一とも言われています。看板メニューは透き通った塩味スープの「ぜんやラーメン」で、あっさりかと思いきやラードとキレのある味なのが特徴。今回の一杯も「ぜんやラーメン」が再現されています。



「一度は食べたい名店シリーズ」


ぜんや」はこれまでにも何度かカップ麺化されています。ここ数年はエースコックの「一度は食べたい名店シリーズ」から発売され、タテ型、どんぶり型、ミニ型といった商品が展開されてきました。

「一度は食べたい名店シリーズ」として最初に登場したのは、2017年7月に発売された「一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン」。鶏や豚をベースに昆布だしを効かせたシンプルなしおラーメンでした。

エースコック 「一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン」

「ぜんや」は埼玉県新座のしおラーメンの名店今回のカップ麺は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン」。タテ型お店再現商品として定番化した「一度は食べたい名店の味」シリーズの新作です。今回は埼玉県新座のしおラーメンの名店、「ぜんや」のしおラーメンの再現商品です。この商品は2回目の発売で、昨年2016年8月にこのシリーズの第1弾商品として発売されています。このブログでは残念なが...

どんぶり型商品は、2017年10月に登場した「一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや 行列必至の塩ラーメン」。「PREMIUM」を冠した高価格カップ麺で、確かにおいしかったものの、定価税別295円という価格設定を考えると物足りない一杯でした。2018年10月には価格を30円ほど下げた商品が発売され、味と価格が見合うようになりました。

エースコック 「一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや 行列必至の塩ラーメン」

強気の税別295円!埼玉新座の「ぜんや」を再現した「一度は食べたい名店味PREMIUM」今回のカップ麺は、エースコックの「一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや 行列必至の塩ラーメン」。タテ型商品である「一度は食べたい名店の味」シリーズから派生した高価格帯どんぶり型の新シリーズ「一度は食べたい名店の味PREMIUM」の第1弾として登場しました。タテ型でも発売されている埼玉新座の有名店「ぜんや」のラーメンを再現した商...

「一度は食べたい名店の味」でカップ麺化される以前は、セブンで売られていた「地域の名店シリーズ」として発売されていました。「地域の名店シリーズ ぜんや」。

明星食品 「地域の名店シリーズ ぜんや」

昨日は昼にカップ麺2杯食べ、夜に麺eijiでラーメンを食べて、すっかり胃がおかしくなっているオサーンです。胃薬が欠かせない私ですが、胃薬を服用してでもいっぱい食べたいという欲求は、もう30過ぎてるのでそろそろ抑えたいものです。少量のおいしいものを嗜むオトナにはいつなれるのでしょうか。10年後も同じようなことをしていそうな自分が怖いです。今回のカップ麺は、セブンイレブンオリジナル商品の「地域の名店シリー...



カップ麺限定「ワンタン入り」!




これまでの「ぜんや」カップ麺は、発売を重ねるたびに、カメリアラードを使用したり、「PREMIUM」でノンフライ麺を使ったりと変化を加えてきていますが、今回はカップ麺限定で「ワンタン入り」が大きな特徴となっています。お店には「チャーシューラーメン」や「メンマラーメン」はありますが、ワンタンメンはありません。果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。

内容物、価格、購入額など




別添袋は「液体スープ」の1袋。カップにはワンタンが3個とほうれん草が入っています。

品名一度は食べたい名店の味 ぜんや ホタテだし塩ラーメン ワンタン入り
メーカーエースコック
発売日2019年8月19日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(液体スープ)
定価税別220円
取得価格税込214円(コープ)

栄養成分表、原材料


1食87g(めん70g)あたり
エネルギー359kcal
∟めん・かやく∟291kcal
∟スープ∟68kcal
たん白質7.7g
脂質11.7g
炭水化物55.8g
食塩相当量6.4g
∟めん・かやく∟1.7g
∟スープ∟4.7g
ビタミンB10.36mg
ビタミンB20.32mg
カルシウム211mg



前回発売のタテ型「ぜんや」カップ麺に比べると、カロリーや脂質は低めです。


スープ


スープは「鶏と豚や野菜の旨みを加えた、シンプルながらもクセになる塩ラーメンスープ」で、「ホタテや昆布の風味豊かな旨みに店主こだわりのカメリアラードを使用し、ジンジャー等の香辛料をバランスよく利かせることで、お店の味わいを再現し」たとのこと。

表面にラードを浮かせた鶏豚ベースのしお味スープで、ホタテや昆布を効かせています。



カメリアラードと魚介の旨みが特徴の強いしお味スープ


  • 「カメリアラード」使用でこってり感
スープ表面にラードを浮かせた、鶏豚ベースのしお味スープです。しお味のスープと聞くと、私なんかは鶏ガラを効かせたあっさりスープを思い出しますが、前作に引き続きお店こだわりの「カメリアラード」を使ったというたくさんの油脂がスープ表面を覆い、あっさりとは対極にあるこってりスープに仕上がっています。旨みの強いスープに力強さを加える油脂でした。



  • ホタテや昆布がくっきり
油脂だけではなく、味も濃くてエッジが立っています。しお味が強く、ベースの鶏豚よりもホタテの風味と昆布の丸みが強調され、強いしお味と旨みを両立しています。ここが前回のタテ型カップ麺から大きな変更点だと感じられ、特にホタテの香ばしさがくっきり感じられたことは好感が持てました。前作ではラードが大きく目立っていたのに対し、今回はラードと魚介の旨みがどちらも立ってます。



  • ラードの力強さと魚介の旨み
「ぜんや」のスープらしく、これまで同様一貫した味の強さ、こってり感がありました。これまでのタテ型カップ麺のスープで感じられたある種の雑味が抑えられ、ホタテや昆布が今までよりくっきりしているのが大きな変化だと感じました。この旨みにラードが力強さを加え、これまでのタテ型より格段においしくなり、「PREMIUM」に迫るものがありました。

具のほうれん草の緑が溶け込んで、ちょっと緑色のスープになってしまっているのはご愛嬌ってところでしょうかね。



麺は「しっかりとした噛みごたえのある角刃の太めん」で、「スープとの相性もよく、食べごたえのあるめんに仕上げ」たとのこと。

湯戻し時間5分の、太くて縮れの強い油揚げ麺です。スープの力強さに負けない麺となっています。



スープと好バランスのがっしりした太麺


かなり太めの油揚げ麺で、強い縮れがつけられています。これまでの「ぜんや」のカップ麺で使われていた麺と大きな違いはなさそうです。タテ型であまり間口の広くないカップに対し、この太麺はかなり違和感というか、アンバランスな感じがあります。お店の麺と同じくらいの太さだと思いますが、カップ形状との対比や縮れの強さから、お店の麺より主張が強い麺に見えてしまいます。

今回のスープはしお味が強く、ラードと魚介の濃厚なスープのため、これくらい太い油揚げ麺でもしっかり馴染めており、麺とスープのバランスは良好です。エースコックの油揚げ麺はスーパーカップのイメージで噛み応えがあるという印象がありますが、今回の麺はそれを上回るがっしりした麺で、スープの力強さに負けていませんでした。




具は「滑らかな食感で風味の良いワンタン、彩りの良いほうれん草を加えて仕上げ」たとのこと。

ワンタンが3個と、ほうれん草の組み合わせです。



ワンタン3個とほうれん草の組み合わせ


  • ワンタン3個
前作のタテ型「ぜんや」カップ麺では、チャーシュー、メンマ、ほうれん草が入っていましたが、今回はチャーシューとメンマがオミットされ、代わりにワンタンが3個入っています。エースコックの商品でよく見るタイプの小ぶりのワンタンで、それほど餡が入っているわけではないものの、皮が薄めなので餡の存在感はしっかりあります。

  • 緑色がスープに溶け出すほうれん草
ほうれん草は前作に比べて少し量が減ったように感じましたが、ほうれん草の緑色がスープに溶け出し、スープが多少緑がかっていました。その見た目の影響か、ほうれん草のほろ苦さが目立っている印象を受けました。前回のタテ型ではここまで緑が溶け出していなかったので、ほうれん草を直下にお湯を注ぐとこうなるのかもしれないですね。

  • ワンタンが入る代わりにチャーシューとメンマがなくなった
お店の一杯では、チャーシューやメンマが売りとなっていますが、今回その両方がなくなってしまったのはちょっとさみしいですかね。もちろん、代わりにワンタンが入っていて、ボリューム的には負けていないのですが、お店の特徴がひとつなくなってしまうのは残念でした。


オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「一度は食べたい名店の味 ぜんや ホタテだし塩ラーメン ワンタン入り」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
埼玉県新座市の行列店「ぜんや」の味を再現したカップ麺を食べてきました。強いしお味にラードの力強さと魚介の旨みが感じられるスープは秀逸で、合わせる太麺とのバランスも良好。今回の目玉であるワンタンもしっかり3個入っていて良かったです。特に今回はホタテの旨みがくっきりと感じられたのが良かったです。おいしかったです。

新座市のラーメン店といえば「麺家うえだ」も以前、とかち麺工房や東洋水産からカップ麺化されていました。テレビなどでよく見かけた名物女性店主が残念ながら引退されてしまい、ニュースにもなっていましたが、現在も絶賛営業中とのこと。一度行ってみたいですね。下のリンクは最初に登場した2009年のとかち麺工房製カップ麺。

とかち麺工房 「石神秀幸が唸った名店 麺家うえだ 焦がし醤油らーめん」

久しぶりに競馬の話ですが、今週末はエリザベス女王杯です。人気は3歳馬のブエナビスタとブロードストリートになりそうですが、人気ほど他馬との力の差はないような気がします。桜花賞あたりまでのブエナならどうしようもなかった感じがするんですけどね。最近はダイワスカーレットやウオッカなど牝馬がやたら強いですが、そもそもは牡馬混合の条件戦を上がってきてオープンになった馬と牝馬一線級は差がないと思っています。なの...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加