このページでは、ローソンで手に入れた東洋水産のカップ麺、「麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾」を食べてレビューしていきます。



「麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾」。2019年8月6日にローソンで発売された新商品です。福島県二本松市にある人気ラーメン店「麺処 若武者」の味を再現したカップ麺。昨年ローソンで先行発売されていた商品が、今年も堂々登場です。



「麺処若武者」は福島県二本松市にある鶏だしのスープが人気のラーメン店!


麺処若武者」は、福島県二本松市にある鶏だしのスープが人気のラーメン店です。清湯や白湯とりあわせ、多くの鶏だしのメニューが並び、その他にも創作系のメニューも充実。福島指折りの人気店としてお店の名前が轟いています。

今回食べていく「鶏台湾」は、昨年2018年7月にもローソン先行発売でカップ麺化されており、流行りの台湾ラーメンの味を織り込んだ、お店自慢の太い鶏白湯が特徴の完成度の高い一杯でした。

台湾ラーメンと鶏白湯の合体!!東洋水産 「麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾」 (ローソン先行発売)

福島県二本松市の有名店「麺処若武者」の「福島鶏台湾」を再現!!今回のカップ麺は、東洋水産の「麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾」。2018年7月24日にローソンで先行発売された新商品で、福島二本松市の「麺処若武者」の味を再現したカップ麺です。「麺処若武者」は、福島県二本松市にある有名ラーメン店で、鶏ベースのラーメンを供しています。今回の商品は、お店のメニューのひとつである「特濃旨辛福島鶏台湾」を再現していま...



唐辛子やラー油で辛味がつけられたスープに、にんにくやニラを合わせるのが「台湾ラーメン」の特徴ですが、今回の「鶏台湾」はスープのベース部分をお店自慢の「鶏白湯」にすることで、台湾ラーメンらしさとお店らしさを両立しています。昨年もおいしかったですが、今年は果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。

過去に出ていた「麺処若武者」のカップ麺


「麺処若武者」は以前から東洋水産とタッグを組んでカップ麺化されています。過去に4回カップ麺化されているとのことですが、このブログでは残念ながらそのうち3回しかレビューできていません。

2016年1月に発売された「マルちゃん 本気盛 合わせ味噌ど豚骨」は、煮干しとみそ味のスープを組み合わせた創作系の一杯でした。

東洋水産 「マルちゃん 本気盛 合わせ味噌ど豚骨」

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 合わせ味噌ど豚骨」。昨日に引き続き、最強の次世代ラーメン決定戦にて準優勝だったお店のカップ麺です。「麺処 若武者」は福島県二本松の人気店だそうです。昨日の煮干しラーメンはなかなかおいしかったですが、今回は果たしてどうでしょうか。スープは、「赤白の合わせ味噌と濃厚な豚骨スープをベースに、煮干粉末を合わせた濃厚な味噌豚骨スー...



今年2019年2月には、「マルちゃん 本気盛 花椒香る煮干醤油」という商品が発売されていました。こちらも煮干しと花椒という異色の組み合わせの創作感溢れる一杯で、ノンフライ麺で食べてみたいスープでした。

福島二本松の「麺処 若武者」による創作カップ麺!「マルちゃん 本気盛 花椒香る煮干醤油」

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 本気盛 花椒香る煮干醤油」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん 本気盛 花椒香る煮干醤油」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 花椒香る煮干醤油」。2019年2月4日発売の、「本気盛」シリーズの新商品です。毎年恒例の「第10回 最強の次世代ラーメン決定戦!」の「次世代部門」にて、準優勝に輝いたラーメンをカップ...


内容物、価格、購入額など




別添袋は、「特製油」の1袋。カップには大量のスープ粉末とともに、挽肉やニラといった台湾ラーメンらしいかやくが入っています。。

品名麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾
メーカー東洋水産
発売日2019年8月6日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(特製油)
定価税込218円
取得価格税込218円(ローソン)

栄養成分表、原材料


1食111g(めん80g)あたり
エネルギー529kcal
∟めん・かやく∟414kcal
∟スープ∟115kcal
たん白質15.5g
脂質27.6g
炭水化物54.6g
食塩相当量7.4g
∟めん・かやく∟3.4g
∟スープ∟4.0g
ビタミンB10.37mg
ビタミンB20.40mg
カルシウム167mg



昨年2018年発売の「鶏台湾」とは多少の栄養成分の変化がみられます。今回の発売で中身にも手が入って改良が加えられているものと思われます。


スープ


スープは、鶏白湯をベースにラー油を加えた真っ赤なスープで、ごま油が香ります。



まろやかな鶏白湯が主役の台湾ラーメン風スープ


  • 濃厚でまろやかな甘みのある鶏白湯が主役
ベースは濃厚な鶏白湯スープです。濃厚だけど角が立っておらず、あmろやかな甘み、旨みが特徴です。スープ自体は真っ赤に染まり、いかにも激辛なスープに見えますが、実は台湾ラーメンらしさよりも鶏白湯の方が強く、台湾ラーメン風の鶏白湯スープ、鶏白湯をアレンジしたスープのように感じられます。主役は完全に鶏白湯という印象です。鶏白湯らしくややとろみがついているのも特徴で、濃厚感たっぷりでした。



  • 別添「特製油」に入っているラー油やごま油
別添の「特製油」には、ラー油をメインにごま油の風味が漂うオイルが入っています。これを入れることでスープ表面が真っ赤に染まり、いかにも激辛な見た目になりますが、実際食べてみるとそれほど辛いわけではなく、視覚的な演出効果のほうが強い印象です。



辛さはせいぜいピリ辛程度で、ラー油は辛味よりもごま油的な焙煎ごまの風味の方が目立っていました。焙煎ごまの風味は、ラー油由来なのか、ラー油とは別にごま油が入っているのかはわかりませんが、鶏白湯にアクセントを加え、鶏白湯スープにエッジをつけていました。



  • 台湾ラーメン風鶏白湯
「台湾ラーメン」と「鶏白湯」の要素を組み合わせた今回の一杯ですが、真っ赤に染まる見た目は「台湾ラーメン」感が強いのに対し、味は濃厚な鶏白湯野甘みによって、「鶏白湯」らしさが強く感じられるスープでした。「台湾ラーメン風鶏白湯」の感が強かったです。昨年発売の「鶏白湯」と同様の傾向で、台湾ラーメンとして食べるよりも鶏白湯ラーメンとして食べる方が満足感が得られるのではないかと思います。



麺は、湯戻し時間2分の細めの油揚げ麺です。

湯戻し時間3分の、中太の油揚げ麺です。角麺形状で縮れがゆるやかな麺となっています。縮れがついていてスープとよく絡みます。



細めで縮れのついた油揚げ麺を使用


細めで縮れのしっかりついた油揚げ麺が使われています。細めの麺で本来なら湯戻しするとやわらかくなりやすいのですが、湯戻し時間を2分と短く設定することで、ある程度かための食感を維持できています。同じ東洋水産のタテ型カップ麺「本気盛」シリーズでよくみられる太い麺に比べると、だいぶおとなしい印象の麺となっています。

今回のスープは見た目こそ派手ですが、実際のところ鶏白湯が主体でガンガン主張してくる味ではないため、今回くらいの細くておとなしい麺がベストバランスのように思います。油揚げ麺臭がスープの味を邪魔をせず、かため食感でバランス良く主張できていました。スープと好相性の麺です。




具は、味付鶏挽肉とニラが入っています。



挽肉とニラが入って台湾ラーメンらしい具


  • カップ麺としては挽肉感がよく出ている
挽肉とニラの2種類のみの具の構成ですが、どちらも充実しています。挽肉は、カップ麺の乾燥具としては粒が細かく、台湾ラーメンに入っているような挽肉の雰囲気をしっかり出しています。カップ麺の挽肉といえば、挽肉と言いつつダイス肉みたいな形状で、とても挽肉とは思えないものが多いですが、今回はしっかり挽肉らしかったです。

  • ニラで台湾ラーメンらしさを演出
大きなカットのニラを入れることによって、台湾ラーメンらしさを強く押し出しています。この大きなニラと、別添オイルの真っ赤な色によって、見た目はすごく台湾ラーメンらしいんですよね。ただ、ニラは風味がそれほど強いわけではなく、鶏白湯スープを立てる程度の主張に留まっていました。


オススメ度(標準は3です)


  • ローソン 「麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ローソンで手に入れられる「麺処若武者 特濃旨辛鶏台湾」を食べてきました。見た目で台湾ラーメンらしさを演出しつつ、実は濃厚でまろやかな鶏白湯スープが主役でした。鶏白湯の甘みが前に出ている一方で、台湾ラーメンの特徴である辛味、にんにくやニラの風味は控えめで、台湾ラーメン風の鶏白湯という印象でした。台湾ラーメンとして食べるとにんにくやニラがガンガンこないところに物足りなさがあるかもしれませんが、アレンジ鶏白湯と考えると満足感が大きい一杯だと思います。

台湾ラーメン発祥のお店「味仙」もカップ麺化されています。ファミマ限定の「味仙 台湾ラーメン」。全国の台湾ラーメンファンの憧れ「味仙」の味をどこにいても食べられるのはありがたい話ですが、期間限定商品のためいつも食べられるわけではないのが残念なところ。

台湾ラーメン発祥のお店のカップ麺!ファミマ限定「味仙 台湾ラーメン」

このページでは、ファミリーマート限定商品で日清食品製造のカップ麺、「味仙 台湾ラーメン」を食べてレビューしていきます。「味仙 台湾ラーメン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「味仙 台湾ラーメン」。2019年3月5日発売の、ファミリーマート限定発売の新商品です。名古屋にある台湾ラーメン発祥のお店、「味仙」監修によるカップ麺です。これまでタテ型カップ麺として何度か発売されてきま...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加