このページでは、日清食品のカップライス、「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」を食べてレビューしていきます。



「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」はどんな商品?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」。2019年8月5日発売の、「日清カレーメシ」から派生した「日清ウマーメシ」シリーズの新商品です。「日清ウマーメシ シビうま担々」に続く「ウマーメシ」第2弾商品となっています。



「カップヌードル」シリーズのごはん化商品


日清ウマーメシ」シリーズの第2弾商品として発売された今回の「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」。唐辛子の辛味を前面に押し出し、豚キムチと合わせた一杯です。カップ麺の豚キムチ商品は、ある程度購入層を確保するためか、それほど辛味に重点を置いていないものが多いですが、今回はそんなのお構いなしで唐辛子を強調しています。

「日清ウマーメシ」第1弾商品だった「日清ウマーメシ シビうま担々」は、練ごまのコクと花椒のシビレが高レベルで共存したおいしい雑炊タイプのカップごはんで、「カレーメシ」に負けないクオリティの高さでした。第1弾がかなりおいしかったがゆえに、今回の第2弾はハードルが上がってしまっています。

カレーメシのバディ「ウマーメシ」登場!「日清ウマーメシ シビうま担々」

このページでは、日清食品のカップライス、「日清ウマーメシ シビうま担々」を食べてレビューしていきます。「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清ウマーメシ シビうま担々」。いやカップ麺じゃないですねカップライス。2019年3月11日発売の、「日清ウマーメシ」シリーズの第1弾となる新商品です。シビレの強さを強調した担々スープのカップラ...

辛さレベル「3」




日清食品や明星食品の辛い商品によくつけられている辛さレベルは、今回は「3」という数値になっています。この数値、以前に比べて数字に比して辛味が強くなっているように感じています。今回は「3」ということで、激辛や大辛ではなさそうですが、それなりの辛さは期待できそうです。



それにしても、「カレーメシ」の商品は、一貫してネット文化を意識した記載が多いですよね。(*´Д`)ハァハァに(゚д゚)ウマーですか。さすがです。PCの変換でも一発で出てくるんですねこの絵文字。今変換してみて初めて知りました。こんな簡単なら今日から私も住民になれそうです。

内容物、価格、購入額など




別添袋は「辛萌え~の素」の1袋。たいがいなネーミングですが、ここにも「(*´Д`)ハァハァするぜ!」と書かれています。



カップには、パフライス、スープ粉末、そして白菜キムチなどのかやくが入っています。かやくの量がこのシリーズにしては多いような気がします。

品名日清ウマーメシ 豚キムチチゲ
メーカー日清食品
発売日2019年8月5日(月)
麺種別ライス
かやく・スープ1袋(辛萌え~の素)
定価税別230円
取得価格税別178円(イオン)


栄養成分表


1食100g(ライス75g)あたり
エネルギー405kcal
たん白質7.8g
脂質9.7g
炭水化物71.7g
食塩相当量3.5g




スープ


スープは「ローストした香ばしい唐辛子の辛さと、豚キムチのうまみが特長の濃厚なチゲスープ」に、「ごま油をベースに、キムチと香味野菜の香りをきかせた特製オイル」たとのこと。

豚脂などを効かせたみそ味ベースの豚キムチスープに、別添のオイルで強い辛味を加えています。



オイルの辛味とごま油が味の中心となっているスープ


  • みそ味ベースの豚キムチ味
みそ味ベースの豚キムチ味のスープです。スープ単体なら辛味はピリ辛程度。「豚キムチ」とのことですが、「豚」要素はそれほど強くなく、キムチの味が支配している印象です。「スーパーカップ ブタキム」ほど豚が前に出てきません。唐辛子やにんにくをしっかり効かせることで、刺激的な味に仕上げていました。



  • 「辛萌え~の素」はごま油と激辛のオイル
別添の「辛萌え~の素」には、キムチの味がつけられたごま油中心のオイルが入っています。スープの味よりもこちらのオイルの方が目立っており、ごま油の強い風味加え、結構な辛さがありました。ごま油の風味が強いことで、スープの豚キムチ感がさらに弱くなり、焙煎ごまの風味のほうが目立っています。また、キムチ味がつけられていますが、キムチというより辛味の強さとごま油の風味で、ラー油を入れたような雰囲気になりました。「辛萌え~の素」の正体はほぼ激辛ごまラー油。



  • オイルを浮かせた状態で食べると大辛クラスの辛味を堪能できる
今回、辛さレベルは「3」ですが、このオイルはかなり辛いので、スープ表面に浮かせたまま食べることで、大辛クラスの辛さを堪能できます。パッケージにはよくかき混ぜる旨が書かれていますが、しばらく浮かせたままの状態で食べ、その後に混ぜ合わせることで、味の変化を楽しむことができました。


ライス


ライスは「熱湯5分の簡単調理でも湯戻りの良いごはん」とのこと。

湯戻し時間5分の、雑炊タイプのごはんです。



前半はごはんらしい食感、後半はごはんとスープの一体感を楽しめる


5分湯戻ししても、ごはんに吸われなかったスープがたくさん残る、雑炊タイプとなっています。私が勝手に分類していますが、日清のごはん商品は、「謎肉丼」などの「炊き込みごはんタイプ」、「カレーメシ」などの「カレールータイプ」、そして今回の商品や「ぶっこみ飯」系の「雑炊タイプ」があり、今回は「雑炊タイプ」にあたります。湯戻し調理に由来する多少の不自然な食感を隠す、現状ではごはん商品の最も適した調理方法だと思います。

湯戻し時間5分だと、ごはんのかための食感がしっかり残り、スープの吸い込みがまだまだ弱いので、ごはん自体の味や食感を楽しむことができます。食べ進めていくうちに徐々にごはん内部にスープが浸透しておじや状になってきて、今度はごはんとスープの一体感を堪能できました。個人的には後半戦の方がおいしく感じられるので、規定の5分より長めに湯戻し時間をとるのをオススメしたいです。




具は「キムチ、味付豚ミンチ、ネギ」とのこと。

白菜キムチをメインに、豚ミンチとネギが入っています。



白菜キムチ、豚ミンチ、ネギの組み合わせ


  • 白菜キムチが中心
具の量は決して多いわけではなかったですが、「謎肉丼」以外の日清のごはん商品は具が充実していないことが多く、その中にあってはそれなりに具が入っていると言えると思います。具の中で中心的な存在はもちろん白菜キムチで、カップ商品としてはカットが大きめでシャキシャキした食感があり、スープの中に入ってもキムチらしい味もしっかり伝わってきます。

  • 豚ミンチやネギは少ない
白菜キムチ以外に入っている、豚ミンチやネギは量が少ないです。豚ミンチは小さめの粒が3個しか入っておらず、「豚キムチ」の「豚」を表現するには豚の味も弱かったです。ネギもあまり存在感はありませんでした。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
「日清ウマーメシ」の第2弾商品「日清ウマーメシ 豚キムチチゲ」を食べてきました。「豚キムチ」と言いつつも、「豚キムチ」とはちょっと離れたごま油と辛味の強いスープが特徴で、オイルをスープ表面に浮かせたまま食べることで、強力な辛味を楽しめます。豚キムチを標榜する商品としては辛味が強めだと感じました。今回の「ウマーメシ」も第1弾に引き続いてレベルの高いおいしい商品でした。本当、日清のごはん商品は安定しています。

他社商品ですが、辛いスープの雑炊状のごはん商品としては、こんなものもありました。2019年6月にレビューした丸美屋の「つゆだく台湾まぜ飯」。台湾まぜそばの追い飯をイメージした一杯でした。

丸美屋 「つゆだく台湾まぜ飯」

このページでは、丸美屋のカップライス、「つゆだく台湾まぜ飯」を食べてレビューしていきます。「つゆだく台湾まぜ飯」はどんな商品?今回は、丸美屋のカップライス、「つゆだく台湾まぜ飯」。丸美屋のカップライス、スープ商品ですが、丸美屋のサイトに商品の記載がなく、また、入手したファミリーマートのサイトにもこの商品に関して何も書かれていないため、詳細は不明です。台湾まぜそばの〆の「追い飯」を...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加