このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味」を食べてレビューしていきます。



「カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味」。2019年7月29日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。「夏の辛口トリオ」3品のうちのひとつで、同時発売の「日清のどん兵衛」と「日清焼そばUFO」はすでにレビュー済です。

「日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん」を実食レビュー!「夏の辛口トリオ」のひとつ

このページでは、日清食品のカップうどん、「日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん」を食べてレビューしていきます。「日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 黒酢酸辣湯うどん」。2019年7月29日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。「夏の辛口トリオ」として発売された、カップヌードル、日清のどん兵衛、日清焼そばUFO3品のうちのひとつ...

「日清焼そばU.F.O. 四川花椒香る担々焼そば」を実食レビュー!定価193円の本格汁なし担々麺

このページでは、日清食品のカップ焼そば、「日清焼そばU.F.O. 四川花椒香る担々焼そば」を食べてレビューしていきます。「日清焼そばU.F.O. 四川花椒香る担々焼そば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O. 四川花椒香る担々焼そば」。2019年7月29日発売の、「日清焼そばUFO」シリーズの新商品にして、カップヌードルやどん兵衛とともに「夏の辛口トリオ」として発売された商品で...



「辣 ラー油の辛味」がテーマ


夏の辛口トリオ」として「日清のどん兵衛」と「日清焼そばUFO」とともに発売された「カップヌードル」シリーズの新商品です。どん兵衛は「」、UFOが「」がテーマでしたが、今回は「辣 ラー油の辛味」がテーマとなっています。四川料理の「よだれ鶏」を題材に、ラー油の辛味を効かせた一杯となっています。



「よだれ鶏」は四川料理のひとつ




よだれ鶏」とは、茹でた鶏にラー油や花椒を合わせたたれをかけた料理で、名前の由来は思い出すとよだれが出てくるくらいおいしいからとされています。以前からあったのでしょうが、最近いろんなところでよく見かけるようになりました。さすが日清食品、流行を自分で作るし、流行に飛び乗るのも早いですよね。「辣」のよだれ鶏の一杯、果たしてどんな味なのでしょうか。


内容物、価格、購入額など




別添袋は「特製ラー油」の1袋。カップには大量のスープ粉末とともに、「白い謎肉」やネギ、キクラゲなどが入っています。

品名カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味
メーカー日清食品
発売日2019年7月29日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(特製ラー油)
定価税別193円
取得価格税込149円(コープ)

栄養成分表


1食80g(めん60g)あたり
エネルギー383kcal
 ∟めん・かやく∟305kcal
 ∟スープ∟78kcal
たん白質9.0g
脂質17.4g
炭水化物47.5g
食塩相当量4.4g
 ∟めん・かやく∟2.0g
 ∟スープ∟2.4g
ビタミンB10.81mg
ビタミンB20.26mg
カルシウム106mg




スープ


スープは「チキンの旨みに本格的なスパイスを加えた“よだれ鶏”のたれ風スープ」に、「ピリッと辛い特製ラー油」が別添とのこと。

鶏ベースのしょうゆ味のスープに、ラー油の辛味を加えています。



ラー油で「辣」を効かせた「よだれ鶏」風のスープ


  • よだれ鶏風の味付け
チキンベースのしょうゆ味のスープで、唐辛子みそやスパイスを加えることにより、四川風の味に仕上げています。「よだれ鶏」にかけるたれといえば、練りごまのコクとか強い辛味というイメージがありますが、今回のスープは練りごまの味はなく、辛味もそれほど強くありません。鶏でまろやかなちょっと辛めのスープという印象で、あまり大きな特徴は感じませんでした。



  • 別添の「特製ラー油」
別添の「特製ラー油」を加えることで、スープがピリ辛程度に強くなります。辛味に加え、焙煎ごまの風味や花椒のシビレも感じられ、スープ単体ではいまいち主題が見えなかったものが、ラー油と合わせることでエッジが立ってきます。これを加えたとて、中華店で食べるような激辛のよだれ鶏にはなりませんが、今回のテーマである「辣」の味にはしっかりなっていました。



  • 「辣」の味はしっかりあったが「よだれ鶏」としては微妙


別添「特製ラー油」のラー油の辛味や焙煎ごまの風味によって、しっかりエッジの立った味に仕上がっていましたが、これが「よだれ鶏」の味なのかと言われるとちょっと微妙なところで、もうちょっとハッキリした味の特徴が欲しかったところ。商品名に「よだれ鶏」と入っていてインパクトがありましたが、味は商品名ほどのインパクトは感じませんでした。



麺は「カップヌードルならではの、つるみとコシのある麺」とのこと。

湯戻し時間3分の、ヌードルタイプの中細油揚げ麺です。縮れが強くスープをよく吸います。



いつものカップヌードルの油揚げ麺


中細~細めの縮れの強いヌードルタイプの油揚げ麺で、いつものカップヌードルの麺と同じタイプかと思われます。油揚げ麺臭は結構強いですが、この匂いがカップヌードルならではのスナック感につながっています。スープをよく吸うため麺とスープの味がよく馴染み、一体感につながっています。

ラー油やスパイスによって油揚げ麺臭がうまく弱まっていたこともあり、麺の味が前に出てこず、スープの味を立てています。麺とスープのバランスがよく取れていました。中華風のスープの中で、うまくカップヌードルらしさを伝えています。




具は「鶏ミンチ、赤唐辛子、キクラゲ、ネギ、炒りごま」とのこと。

鶏肉が入った「白い謎肉」をメインに、辛唐辛子、キクラゲ、ネギ、炒りごまといった「よだれ鶏」の薬味的な具が脇を固めています。



「白い謎肉」と薬味っぽい具の構成


  • 「白い謎肉」がメイン
今回、「よだれ鶏」を題材とした商品ということで、鶏肉がメインの「白い謎肉」が使われています。しっかり10個入っていてボリュームがあります。「白い謎肉」は、「よだれ鶏」の鶏部分と、カップヌードルらしい謎肉の部分をきちんと両立させています。鶏肉ではあってもぜんぜん「よだれ鶏」っぽくはないのですが、この食べ応えは具だくさんのカップヌードルらしさがあって良いと思います。

  • 薬味っぽさがイイ!
「白謎肉」の他には、辛唐辛子、キクラゲ、ネギ、炒りごまといった、「よだれ鶏」にたれと一緒にかける薬味のような構成になっています。正直、スープにはあまり「よだれ鶏」感はなかったですが、この薬味っぽい具があることで「よだれ鶏」らしさが保たれている印象です。キクラゲのコリコリの食感、ネギの風味、そして炒りごまの香ばしいアクセントがそれぞれに効果的でした。今回の商品でいちばん気に入った部分です。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「辛口トリオ」の3品のひとつ、「カップヌードル 四川麻辣よだれ鶏味」を食べてきました。テーマである「辣」の味はしっかり表現できていましたが、「よだれ鶏」感はちょっと微妙な感じ。具として入っている薬味のような具の構成にらしさが出ており、ピリ辛のきちんとおいしい一杯でしたが、もっとカップ麺らしく極端なよだれ鶏の味を出してもらいたかったです。

「白い謎肉」を使ったカップ麺といえばこれでしょう。2017年にリニューアル発売された「カップヌードル チリトマトヌードル ビッグ」 。謎肉の白さ、そしてあまりのボリュームに驚きました。

日清食品 「カップヌードル チリトマトヌードル ビッグ」 (2017年)

今回のカップヌードルチリトマトは「白い謎肉」が注目今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル チリトマトヌードル ビッグ」。カップヌードルチリトマトヌードルは久しくリニューアルされていませんでしたが、今回のリニューアルでは新開発の「白い謎肉」が入ったとのこと。メーカーが自分で謎肉って言っちゃってますね。広告にも力を入れており、中田ヤスタカ氏起用による「白い謎肉」のテーマソングが印象的でした。メー...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加