このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 俺の塩 梅かつお味」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん 俺の塩 梅かつお味」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 俺の塩 梅かつお味」。2019年6月3日発売の、「俺の塩」シリーズの新商品です。レギュラー商品の「俺の塩」のリニューアルに合わせて発売された、シリーズ新味です。今回は「梅かつお味」とのこと。

「マルちゃん 俺の塩」 カップ塩焼そばの大定番商品がリニューアル!!

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 俺の塩」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん 俺の塩」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 俺の塩」。2019年6月3日発売の、「俺の塩」シリーズの新商品です。シリーズの本丸がリニューアルされました。銀座の旗艦店がリニューアルオープンって感じです。いやそのまんまですね。悟空の頭身が変わった!ってところですかね。...

しお焼きそばの人気シリーズ「俺の塩」


俺の塩」シリーズは、しお味ベースのソースに1分湯戻しの細麺を合わせたしお焼そばの人気シリーズです。ノーマル味「俺の塩」がレギュラー商品としてラインナップされるとともに、かつてレギュラー商品だった「俺の塩 たらこ味」のアレンジ商品が大盛麺で年に数回発売されています。

下のリンクは、2019年5月に発売されていた「マルちゃん 俺の塩 濃厚たらこ味 大盛」。

たらこ2倍の濃厚カップ焼そば登場!「マルちゃん 俺の塩 濃厚たらこ味 大盛」

このページでは、東洋水産のカップ焼そば、「マルちゃん 俺の塩 濃厚たらこ味 大盛」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん 俺の塩 濃厚たらこ味 大盛」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 俺の塩 濃厚たらこ味 大盛」。2019年5月27日発売の、「俺の塩」シリーズの新商品です。年2ペースで発売されている「俺の塩 たらこ味」のアレンジ商品で、今回はたらこ加工品が2倍になって...

他には、年始に発売される「受験生応援シリーズ」や、ごくたまに新味が発売される場合があり、今回の「梅かつお味」はその「ごくたまに」が該当します。



「俺の塩」の新味「梅かつお味」


今回は「梅かつお味」とのこと。「梅の風味と海鮮の旨みでさっぱりコク塩味!」と書かれています。梅の季節ではないですが、「俺の塩」の雰囲気にぴったりな印象を受けます。この立ち位置の「俺の塩」シリーズはたいてい長続きせずに店頭から消えてしまうのですが、今回は果たしてどうでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「粉末ソース」、「特製油」、「きざみのり」の3袋。麺はいつもの細麺が使用されているようです。

品名マルちゃん 俺の塩 梅かつお味
メーカー東洋水産
発売日2019年6月3日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(粉末ソース・特製油・きざみのり)
定価税別193円
取得価格税込138円(コープ)


栄養成分表、原材料


1食103g(めん90g)あたり
エネルギー513kcal
たん白質9.3g
脂質26.1g
炭水化物60.2g
食塩相当量3.7g
ビタミンB10.36mg
ビタミンB20.39mg
カルシウム196mg



同時発売されたノーマル「俺の塩」のリニューアル版に比べて麺量が10g少なくなっています。


ソース


ソースは「梅肉と、かつお節、昆布の旨味を合わせた、梅かつお味の焼そばソース」で、「ソースに『赤穂のましお』を使用」とのこと。

梅とかつお節を効かせたしお味ベースのソースで、昆布によって丸みを加えています。



梅、かつお節、昆布が拮抗するしお味ソース


  • 梅とかつおをやさしく効かせたしお味
梅とかつおを効かせたしお味主体のソースです。梅の粒が入っているので、この粒が口に入った時には強い梅の味を感じますが、基本的には激しい酸味とか強い魚介とかいうわけではなく、やさしいしお味がメインでありつつ、梅とかつおを強すぎずに効かせることで、「俺の塩」らしい味に仕上げています。

もっと今風に、ガンガンと酸味や魚介を効かせて欲しいところですが、それをやらないのが「俺の塩」らしさといったところでしょうか。しお味、梅、かつお節のバランスがしっかり取れています。

  • 昆布でソースに丸み
梅とかつお節がそれほど強く主張してこないことに加え、昆布の旨みがしっかり感じ取れることで、味全体に丸みが感じられます。梅と魚介の尖った部分が昆布によって完全に消され、しお味ソースとしては刺さらない「俺の塩」の味を体現していました。梅、かつお、昆布の三国志状態。




麺は「1分で戻る、コシが強く弾力のある細麺」とのこと。

湯戻し時間1分の、「俺の塩」らしい細めの麺です。白い色なのも特徴です。



湯戻し1分の細い油揚げ麺


細くて縮れのついた、1分で湯戻しできる油揚げ麺です。湯戻し1分にすることでかための食感で食べることができ、麺が細くてもかたさでしっかりした主張があります。ソースの味がそれほど強いわけではないものの、かための食感でしっかりバランスを取っています。油揚げ麺臭が前に出てこずにソースの味を邪魔しないところも、それほど味の強くないソースが存立する大きな要素となっています。

ただ、、麺が細いゆえに時間経過で伸びてきてしまうので、短時間で食べ切ってしまう必要があります。調味油や粉末スープを入れて混ぜるところから伸びへの時間は始まっており、素早く作って素早く食べる必要があります。「俺の塩」はぜひとも巻き気味で進行していきましょう。




具は「きざみのり」とのこと。

別添袋に入っている「きざみのり」のみの構成です。



具はきざみのりのみ


  • きざみのり
具として入っているのはきざみのりのみ。梅かつおの味と相性は良く、のりの風味がソースと合わせてもしっかり活きています。ただ、定価税別193円の商品で、具がきざみのりしか入っていないのはちょっと物足りない印象は残ります。以前出ていた「俺の塩 たらこ味」もきざみのりだけでしたが、ソースにたらこが入っていたのでそれほど気になりませんでした。今回は梅の粒が入っているとはいえ、もうちょっと何とかならなかったですかね。

  • 梅の粒
ソースに梅の粒が入っていて、これが一応具といえば具です。味への影響力も強い存在ですが、具として扱うにはちょっと量が少なくて物足りない印象でした。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん 俺の塩 梅かつお味」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
カップしお焼そばの定番「俺の塩」の新フレーバー「梅かつお味」でした。梅、かつお節をやさしく効かせたしお味のソースに、昆布が丸みを加えていました。湯戻し1分のかためで細い麺とソースはバッチリ噛み合っています。具がきざみのりしか入っていないのが少々寂しかったですが、「俺の塩」らしさのしっかりある一杯でした。

2018年4月に発売されていた「マルちゃん 俺の塩 トリュフ香る塩焼そば」。トリュフを使った他のカップ麺に比べると、トリュフの香りはそれほど強くありませんでした。

東洋水産 「マルちゃん 俺の塩 トリュフ香る塩焼そば」

高級食材のイメージがあるトリュフを180円帯の商品で使ってきた!今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 俺の塩 トリュフ香る塩焼そば」。「俺の塩」シリーズの新商品です。そして今回「トリュフ香る」で統一された3商品が同時発売され、他には「トリュフ香る鯛だしうどん」と「麺づくり トリュフ香る芳醇しょうゆ」が出ています。3品ともレビュー予定ですが、まずはこちら「俺の塩」から食べてみたいと思います。しかしまた...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加