このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング たぬきやきそば」を食べてレビューしていきます。



「ペヤング たぬきやきそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング たぬきやきそば」。2019年6月3日発売の、「ペヤング」シリーズの新商品です。レビュー済の「ペヤング きつねやきそば」や、近日レビュー予定の「ペヤング カレー南蛮やきそば」と同時発売された商品です。

「ペヤング きつねやきそば」 ペヤングなのにオープン価格 異色な存在の味はいかに?

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング きつねやきそば」を食べてレビューしていきます。「ペヤング きつねやきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング きつねやきそば」。2019年6月3日発売の、「ペヤング」シリーズの新商品です。今回は「ペヤング たぬきやきそば」と「ペヤング カレー南蛮やきそば」とともに、3品のペヤングが同時発売となっています。...

  • 「ペヤング」オープン価格のジェットストリームアタック
3品同時に発売された今回の「ペヤング」ですが、いずれもオープン価格の設定で、いつもの「ペヤング」に比べて安価で販売されることが予想されます。私オサーンはドン・キホーテで税別98円で購入しましたが、ドンキの場合、いつものペヤングの定価設定だったとしてもこれくらいで販売している可能性があるのですが、たぶん他のお店でも安いのだと思います。前回レビューした「きつねやきそば」は、いつものペヤングと同じ麺量で、具も不足感のない一杯で、オープン価格とは思えない内容物だった一方、ソースは以前使われていたものの流用のように見え、このあたりが安価販売の要因なのかなと推測しました。



  • 「ペヤングやきそば」の「たぬき」
今回の「たぬきやきそば」も、前回の「きつねやきそば」同様の廉価設定で、ひょっとすると使われている具が違うだけで、ソースはまったく同じなのではないかという推測もできそう。そしてそもそもペヤングでは、2019年3月に「ペヤング かきあげ味やきそば」という商品が発売されており、今回かき揚げと同じく天ぷらを意味する「たぬき」の商品なので、中身がすべて同じ可能性すら否定できません。「かきあげ味やきそば」はかなりおいしい一杯だったので、同じものが廉価で再登場ならばそれはかなり価値があるように思います。果たして今回の「たぬきやきそば」はどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。

「ペヤング かきあげ味やきそば」はめんつゆ味のペヤング だった!!

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング かきあげ味やきそば」を食べてレビューしていきます。「ペヤング かきあげ味やきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング かきあげ味やきそば」。2019年3月4日発売の、「ペヤング」シリーズの新商品です。カップ焼そばながら、めんつゆベースの「かきあげ味」とのことで、まるでお蕎麦のような商品です。めんつゆ...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「ソース」と「後入れかやく」の2袋。「後入れかやく」には揚げ玉やねぎが入っています。

品名ペヤング たぬきやきそば
メーカーまるか食品
発売日2019年6月3日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(ソース・後入れかやく)
定価オープン価格
取得価格税別98円(ドン・キホーテ)


栄養成分表


1食115g(めん90g)あたり
エネルギー589kcal
たん白質10.2g
脂質33.0g
炭水化物62.9g
食塩相当量3.3g



オープン価格の商品ですが、麺量は普通の「ペヤング」と同じ90g。


ソース


ソースは「カツオ出汁の効いためんつゆベースの味付け」とのこと。

和風だしを効かせたしょうゆ味の、まるでめんつゆのようなソースです。



「きつねやきそば」と共通の和風だしソース


  • かつおと甘みを強く効かせた濃いしょうゆ味
かつおや昆布といった和風だしを効かせたしょうゆ味のソースです。どろっとした粘度があり、麺とよく絡みます。しょうゆの濃さがかつおだしが強い関東風の味。また、強めに甘みがつけられています。いつものペヤングソースの要素がまったくない、めんつゆのような味に仕上がっていました。

  • 「きつねやきそば」と共通のソース
ってかこれ、同時発売の「きつねやきそば」と同じソースで、以前発売されていた「かきあげ味やきそば」とも同じものだと思われます。「きつねやきそば」との違いは、かやく(具)のみということになるでしょう。パーツを共通化することでコストを抑え、オープン価格として廉価につなげているものと思われます。手抜き感はある反面、それで安く手に入れられるならまったく悪くないですよね。私はメリットが大きい企画のように感じました。こうなってくると、もうひとつの同時発売「カレー南蛮やきそば」がどんな形になっているのかも非常に興味深いです。「カレー南蛮やきそば」も早く食べなければ!

まるか食品 「ペヤング 和風焼き蕎麦」

どうもオサーンです。今日はそばを食べるのでそばについての薀蓄をひとつ。ざるそばともりそばの違いって、上に海苔があるかどうかというのが最近の認識ですが、そもそもはそばをつゆにつけて(浸して)食べるものはすべて「もりそば」で、そばの容器をざるにし、つゆに砂糖を使ったり、海苔を上にかけたりしたものが「ざるそば」だったそうです。ざるそばももりそばの一種でその高級版といったことろですね。ちなみに、つゆをつけ...




麺は、湯戻し時間3分の中細油揚げ麺です。縮れのついた、いつものペヤングの麺。



麺にソースがよく絡み一体感がある


中細で縮れのついた、いつものペヤングの油揚げ麺です。今回の商品はオープン価格で安価で売られることが想定される商品ですが、値上げして税別193円になった普通の「ペヤング」と麺の質も量もまったく同じものと思われます。比較するとお得感があります。

油揚げ麺臭の強いペヤングの麺ですが、ソースの味がかなり濃い上、粘度が強く麺とよく絡み一体感があるため、油揚げ麺臭はまったく気になりませんでした。麺とソースの相性はバッチリです。「きつねやきそば」の時とまったく同じコメントで申し訳ないですが、そもそも同じ組み合わせなんだからしょうがないということでご勘弁下さい。



具は、大量の揚げ玉とねぎが入っています。



揚げ玉とねぎの構成


  • 揚げ玉がソースと好相性
具は、ソースや麺がまったく同じだった「きつねやきそば」と大きく異なっています。かなり大量に揚げ玉とねぎが入っており、揚げ玉の香ばしさと甘いしょうゆ味のソースがバッチリ噛み合っています。「きつねやきそば」のきざみ揚げも良かったですが、ソースとの相性やボリューム感で今回の揚げ玉の方が上回っていると感じました。

  • 揚げ玉の量が増えた!
以前発売されていた「かきあげ味やきそば」にも揚げ玉とねぎが入っていましたが、「かきあげ味」には揚げ玉の中に野菜などが入ってかきあげ風になっていたのに対し、今回は純粋に揚げ玉のようです。また、量は断然今回の方が多かったです。「かきあげ風やきそば」を食べた時には、揚げ玉がかきあげ風なことにそれほど大きな意義を感じなかったので、今回の揚げ玉は量が増えて純粋にパワーアップしたように感じました。


オススメ度(標準は3です)


  • まるか食品 「ペヤング たぬきやきそば」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
和風だしを効かせ甘く味付けられたしょうゆ味のソースと、ペヤングのいつもの麺の組み合わせは、同時発売の「きつねやきそば」とまったく同じ構成でしたが、具として大量の揚げ玉が入っており、揚げ玉と甘いソースの組み合わせはかなりの好相性でした。以前発売されていた「かきあげ味やきそば」よりも揚げ玉の量が多く、これでオープン価格で実質的な値下げと考えれば、かなりお得に感じられる一杯だと思います。今回の同時発売3商品の中で、「たぬきやきそば」は文句なくガイア的な存在でしょう!まだレビューしていない「カレー南蛮やきそば」がどのような商品になっているのかとても楽しみです。

【ペヤング】の歴代変わり種カップ焼そばを振り返る【まとめ】

このページでは、「ペヤングやきそば」がこれまでに発売してきた歴代の個性的、変わり種の商品を紹介していきます。 目次 1. はじめに 2. 【変わり種食材】を使用したペヤングやきそば   ペヤング イカスミやきそば   ペヤング チョコレートやきそば ギリ   ペヤング ソースやきそば プラス納豆   ペヤング カレーやきそば プラス納豆   夜のペヤング やきそば 夜食ver. 3. 激辛のペヤングやきそば   ペ...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加