このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル メキシカンタコス ビッグ」を食べてレビューしていきます。



「カップヌードル メキシカンタコス ビッグ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル メキシカンタコス ビッグ」。2019年6月3日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。メキシコ料理のタコス風に仕上げたトマトサルサ味のカップヌードル新味です。今週発売の商品から、値上げによって価格が変更されています。以前なら定価税別205円だったのが、今回は220円で発売されています。



  • メキシカンタコス味
今回の「カップヌードル」は、「メキシカンタコス」味。メキシコ料理のタコス風に仕上げた、トマトサルサ味のカップ麺です。「サルサ」というのは、スペイン語で「ソース」の意で、日本で「サルサ」といえば一般的に、唐辛子で辛味を効かせたトマトソースのことを指します。

パッケージには「肉の旨みにピリッと辛いハラペーニョ仕立て」と書かれています。辛さレベルは5段階中2なのでそれほど辛いわけではなさそうですが、サルサらしい一杯に期待したいところです。

  • 過去に発売されていたサルサなカップ麺
サルサをテーマにしたカップ麺はそれほど多くはないですが、以前にもいくつか発売されていました。メキシコ風のカップ麺が発売されています。だいぶ古いですが、2018年8月にローソン限定で「辛口ハラペーニョサルサヌードル」という商品をレビューしています。トマトをしっかり効かせた一杯で、具のベーコン味が前に出ていました。

日清食品 「辛口ハラペーニョサルサヌードル」

今回もローソン限定商品です。日清食品の「辛口ハラペーニョサルサヌードル」。ビッグサイズカップヌードルの紙じゃない旧カップを掃けさせるためにあるような形状の商品です。以前紹介した「豚しおヌードル ネギしおとんこつ」と同じ感じですね。ではとっとと食べませう。基本的にはトマト味のラーメンで、チリトマトヌードルに比べるとトマト感はないですが、ベーコンがおいしかったです。カップヌードルと同じく四角い...

2016年3月には、「カップヌードル チーズメキシカンチリ ビッグ」という商品が発売されていました。メキシコ料理の「チリコンカルネ」を再現したとのことで、タコスっぽい雰囲気のある一杯でした。

日清食品 「カップヌードル チーズメキシカンチリ ビッグ」

どうもー、ハンサムです。先日、タイ料理屋さんに行ったんですが、そこのヤムウンセンがめっちゃ激辛でした。タイ料理屋さんは何件か行った事があって、ヤムウンセンはあれば毎回頼むメニューなんですけど、まーハンパなかったです。ペヤング激辛ぐらい。一緒に頼んだえびせんと生ビールだけが頼みの綱状態w 辛くて食べきれないかと思いましたが意外に箸が止まらず無事完食。そこのタイ料理屋さんは他メニューも制覇しに行きたい...

今回の商品とコンセプトが近いのは、カップヌードルのライバルである東洋水産の「MARUCHAN QTTA」シリーズから2018年5月に発売されていた「MARUCHAN QTTA メキシカンタコス味」。タコス味を再現するにあたり、タコス味だけではなく、タコスを包むトルティーヤまで再現しようとしたため、サルサのパンチがあまり強く感じられない残念な一杯でした。

東洋水産 「MARUCHAN QTTA メキシカンタコス味」

「QTTA」シリーズ新商品は「メキシカンタコス味」今回のカップ麺は、東洋水産の「MARUCHAN QTTA メキシカンタコス味」。2018年5月14日発売の、タテ型レギュラーサイズ商品の新定番「QTTA」シリーズの新商品です。「MARUCHAN QTTA スパイシーコンソメ味」も同時発売となっています。今回も「QTTA」シリーズの期間限定新商品は色鮮やかなパッケージでオシャレです。ライバル日清食品のカップヌードルシリーズのパッケージが洗練さ...



内容物、価格、購入額など




別添袋は入っていません。カップにはスープ粉末とともに謎肉やトマトキューブなどが入っていました。

品名カップヌードル メキシカンタコス ビッグ
メーカー日清食品
発売日2019年6月3日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価税別220円
取得価格税込232円(セイコーマート)


栄養成分表


1食100g(めん80g)あたり
エネルギー507kcal
 ∟めん・かやく∟424kcal
 ∟スープ∟83kcal
たん白質10.7g
脂質22.2g
炭水化物66.0g
食塩相当量5.9g
 ∟めん・かやく∟2.3g
 ∟スープ∟3.6g
ビタミンB11.18mg
ビタミンB20.33mg
カルシウム125mg




スープ


スープは「豚肉の旨みをきかせた爽やかなトマトサルサ味のスープ」に、「アクセントとしてトルティーヤの香りと青唐辛子のピリッとした辛みを加え」たとのこと。

トマトベースのサルサ風スープに、唐辛子の辛味を効かせています。



トマトのパンチが強いタコス風スープ


  • パンチのあるトマト味
トマトベースのサルサ風スープです。トマトの酸味が強く効いており、インパクトがあります。良い酸味良いパンチ。トマトを前面に押し出した味に仕上がっています。このトマトの力強さは同じカップヌードルの「チリトマトヌードル」を上回るものがあります。チリトマトヌードルにトマトの強さを求めているならば、むしろ今回の商品一択でしょう。わかりやすいトマト味が好感持てます。肉の旨みはそれほど強くはなく、具の謎肉の味の方がむしろ強かったです。

  • ピリ辛でアクセント
辛さレベル5段階中2の、青唐辛子を加えたハラペーニョ仕立てとのことですが、ピリッとピリ辛な辛さを楽しむことができます。私なんかは辛さの味覚が麻痺してしまっているので、少々の辛さだと辛味とは感じない鈍感ぶりなのですが、それでも今回の辛さはしっかりわかりました。ただ、トマトが強いためか、青唐辛子の良い意味での青臭さはあまり感じらませんでした。



  • トルティーヤの香りはあまりない
アクセントとしてトルティーヤの香りがつけられているとのことですが、私にはその香りはほとんど感じられませんでした。これもトマトが強いからなのかもしれません。ただ、以前食べた「MARUCHAN QTTA メキシカンタコス味」では、トルティーヤの味を強く出そうとしたがあまりに、肝心のタコス味がボヤケてしまいインパクト不足でしたが、今回はそんなことはなく、しっかり辛味が効いたトマト味になっていて良かったです。タコス味のスープを作る場合、無理にトルティーヤに目を向ける必要はない気がします。

しっかりタコス風の味で、肉の旨みやトルティーヤの香りにはかけるものの、トマト味のスープとしても秀逸でした。




麺は「カップヌードルならではのコシとつるみのある麺」とのこと。

湯戻し時間3分の、中細ヌードルタイプの油揚げ麺です。縮れが強く、カップヌードルならではの食感が楽しめます。



油揚げ麺臭でカップヌードルらしいスナック感


見た目いつものカップヌードルと同じ中細で縮れの強いヌードルタイプの油揚げ麺ですが、いつもよりスープの吸い込みが抑えられているように感じられ、時間経過後も伸びずに食感が維持されていると感じました。いつもより麺が太いのかもしれません。カップヌードルとしては思いのほかかために感じられる麺でした。

トマトの強いスープに対し、麺の油揚げ麺臭がほのかに感じられ、カップヌードルならではのスナック感がありました。パンチの強いスープでもカップヌードルらしさが担保されているのはさすがですね。私は基本的にカップ麺の油揚げ麺臭はあまり好きではないのですが、カップヌードルらしさには欠かせない要素なので、これはこれで良いのではないかと思います。



具は「味付豚ミンチ、トマト、キャベツ、コーン、赤唐辛子」とのこと。

カップヌードルのいつもの謎肉をメインに、トマトキューブ、キャベツ、コーンなどが入った具の構成です。



謎肉はたくさん入っている


味付豚ミンチ(謎肉)は、しっかり多めに入っています。スープに肉の旨みを効かせているとのことでしたが、スープよりも具の謎肉の方が肉の味で目立っており、たくさん入っているメリットが単に肉の多さのみではなく、味への貢献という点でも大きかったです。これさえ入れておけばカップ麺らしさは万全と言って良いでしょう。

トマトキューブ


キューブ状のトマトもたくさん入っており、お湯を入れることでスープに溶け出します。もともとスープにつけられているトマトの味との区別は不可能で、今回のスープのトマとの味の強さは、この具のトマトも大きく影響しているのは間違いありません。キューブ状の姿が残っていたものを食べてみましたが、素晴らしい酸味でした。

キャベツ、コーン


謎肉やトマトに比べると、キャベツやコーンは少なめで脇役です。特にコーンは赤いスープの中で黄色の色味では目立っていましたが、味、食感としてはあまり目立てていなかったです。具のボリュームは、具が充実していることの多いカップヌードルシリーズにあっても、水準以上のレベルにはあるのではないかと思います。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「カップヌードル メキシカンタコス ビッグ」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
メキシコ料理のタコスの味を再現したカップヌードルの新味でしたが、鮮烈なトマトの酸味と唐辛子のピリ辛が効いた、パンチのあるスープが特徴でした。商品説明で書かれている肉の旨みやトルティーヤの香りはトマトの強さの前では空気でしたが、肉の旨みは謎肉の味によって補えており、総じて、きちんとタコスらしい味に仕上がっていました。おいしさとインパクトをしっかり兼ね備えた良品です。

コンビニ激辛カップ麺対決!!「蒙古タンメン中本」vs「トナリ辛激タンメン」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(日清食品が製造)とローソン限定のカップ麺、「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」(明星食品が販売)の、両社コンビニの誇る激辛カップ麺を食べ比べてレビューしていきます。セブンとローソンの激辛カップ麺対決!!今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」と、ローソン限定で明星食品の「明星 東京タ...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加