このページでは、セイコーマートのカップ焼そば、「ジンギスカン風焼そば」を食べてレビューしていきます。



「ジンギスカン風焼そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セイコーマートオリジナル商品の「マルちゃん 俺の塩 濃厚たらこ味 大盛」。製造は東洋水産。2019年5月27日発売の新商品です。北海道を拠点に埼玉県や茨城県にも店舗展開するコンビニ「セイコーマート」のオリジナルカップ焼そばです。



  • 「ジンギスカン風」のカップ焼そば
北海道のコンビニエンスストア「セイコーマート」のオリジナル商品として登場したこの商品。北海道のご当地グルメのひとつ「ジンギスカン」の味をカップ焼そばで再現しています。

カップ焼そばでジンギスカンなんて、かなり奇抜な発想ですが、2019年1月にまるか食品から「ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」という商品が発売されており、残念ながら二番煎じの感は否めません。ジンギスカンのタレのような甘いソースに、具として羊肉を組み合わせた、かなりしっかりジンギスカンを再現したカップ焼そばでした。かなり完成度の高い一杯だったので。この商品の上をいくのは至難の業という印象ですが、果たしてどうでしょうか。

【ジンギスカンペヤング】登場!「ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」を食べてレビューしていきます。「ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 北海道ジンギスカン風やきそば」。2019年1月21日発売の、「ペヤング」シリーズの新商品です。ペヤングの変わり種商品の歴史に名を刻むべく、なんと羊肉を使用したカップ焼そばです。...



  • 「北海道の工場でつくりました!」
パッケージには「北海道の工場でつくりました!」と書かれており、北海道産であることが強調されています。北海道小樽市に東洋水産の北海道工場があるので、この商品はおそらくそこで作られているものと思われます。東洋水産の北海道限定発売商品である「やきそば弁当」や「赤いきつね(北)」などでも、パッケージで北海道で作られていることが強調されています。

  • セイコーマートオリジナルカップ麺は種類が多い
セイコーマートの店舗に行くと、店頭には多くのオリジナルカップ麺が並んでいます。セイコーマートはコンビニシェア第6位の店舗数ですが、コンビニ大手3社に負けないどころか、勝るくらいのオリジナルカップ麺が発売されてきました。残念ながらこのブログではそれらをあまり食べてきていませんが、北海道で話題になった「山わさび 塩焼そば」を2018年8月に食べてレビューしています。山わさびのツーンと鼻にくる辛さをしっかり再現したカップ焼そばでおいしかったです。今回の商品にもこれくらいの完成度を求めたいところ。

北海道のコンビニ「セイコーマート」のカップ焼そば!!セコマ 「山わさび 塩焼そば」

北海道のコンビニ「セイコーマート」オリジナル商品のカップ焼そば今回のカップ麺は、セコマの「山わさび 塩焼そば」。北海道のコンビニエンスストアチェーンである「セイコーマート」オリジナル商品です。このブログをご覧の多くの方にとっては手に入れることのできない商品ですが、こんな商品もあるんだと思いながら見ていただけると幸いです。セイコーマートは北海道で1000店舗以上を展開するトップコンビニチェーン...



内容物、価格、購入額など




別添袋は「液体ソース」、「かやく」の2袋。「液体ソース」中の脂分が凝固して白くなっていることが確認できます。



先入れの「かやく」を開けた状態。味付挽肉やキャベツが入っています。麺は細め。

品名ジンギスカン風焼そば
メーカーセコマ(東洋水産)
発売日2019年5月27日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体ソース・かやく)
定価税込128円
取得価格税込128円(セイコーマート)


栄養成分表、原材料


1食120g(めん90g)あたり
エネルギー515kcal
たん白質10.1g
脂質22.9g
炭水化物67.1g
食塩相当量4.6g
ビタミンB10.39mg
ビタミンB20.43mg
カルシウム204mg




ソース


ソースは「まるでジンギスカン!?ジンギスカンの香りが広がる」とのこと。

野菜やりんごでジンギスカンのタレ風に仕上げたしょうゆ味のソースで、油脂にジンギスカンの風味が強く付けられています。



ジンギスカンのタレ+羊肉の脂の風味でジンギスカンらしく仕上げられたソース


  • ジンギスカンのタレ風の甘いしょうゆ味
しょうゆ味ベースのソースです。野菜の味が感じられ、また、りんこの甘みや酸味がつけられており、ジンギスカンのタレ風の甘い味に仕上げられています。北海道で食べるジンギスカンは、焼肉のタレで食べるわけではなく、ジンギスカン用の専用タレがあって、それで食べることが多いです。「ベル食品」という北海道の地場メーカーがあって、そこのタレがおそらくいちばん有名です。

  • 強烈な羊肉の脂の風味
ソースには油脂が多めに入っており、その多くは豚脂なんですが、ジンギスカン風の羊肉の脂の風味がつけられています。これはかなり濃厚で、今回の最もジンギスカンらしい部分になっています。以前発売されていた「ペヤング ジンギスカン風やきそば」に比べるとソースの完成度はかなり高いと感じました。素晴らしい!




麺は、湯戻し時間3分の、中細油揚げ麺です。縮れが強くつけられています



やや細めで縮れの強い油揚げ麺


カップ焼そばとしてはやや細めの中細油揚げ麺です。「俺の塩」ほど細くはなく、普通のソース焼きそばほど太くはなくといったところでしょうか。細いながら、湯戻し後もややかための食感をキープしていました。

ジンギスカン風のソースに対し、麺はあまり主張することなく、きちんとソースの中で馴染んでいました。麺にしっかり縮れがついているため、ソースとの絡みも抜群。油揚げ麺臭等で出張ることなく、かための食感のみを主張していました。おそらく、「やきそば弁当」の塩系味と同じ麺が使われていると思われますが、ソースとの相性はむしろ今回のソースの方が良さそうです。

麺量は90gで、一般的な普通サイズのカップ焼そばと同じ麺量です。ソースのクオリティが高い上、麺が標準的に入っていて、定価税込128円というのはうれしいところです。



具は、キャベツ、味付挽肉が入っています。



キャベツと味付挽肉の組み合わせ


  • 具の量は物足りない
具として入っているのはキャベツと味付挽肉のみで、量はそれほど多く入っていません。こちらは残念ながら値段なりの具の量ですね。東洋水産製の別のカップ焼そばに比べるとだいぶ物足りなかったです。また、味付挽肉はおそらく豚鶏の混合物かと思われ、ジンギスカンらしく羊肉を使ったわけではなっそうです。

  • 「ペヤング ジンギスカン風」には本物の羊肉が入っていた!
以前発売されていたジンギスカン焼そばで先行した「ペヤング ジンギスカン風」では、羊肉のチップが入っていた上、ジンギスカンには欠かせないもやしも入っていました。それに比べると今回の具はかなり見劣りしてしまいますが、あちらはフルプライスでこちらは税込128円、あまり比べるべきではないのかもしれません。


オススメ度(標準は3です)


  • セコマ 「ジンギスカン風焼そば」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
北海道ナンバーワンの地場コンビニ、セイコーマートオリジナル商品の「ジンギスカン風焼そば」を食べてきました。ジンギスカン風のタレらしい甘みのあるしょうゆ味に、油脂に羊肉の脂の風味がつけられ、ソースのジンギスカンらしさで言えば「ペヤングジンギスカン風」を上回るものがありました。定価税込128円ということで価格なりの具のショボさではあったものの、それでも満足度の高い一杯なのは間違いないです

東洋水産のカップ焼そば「やきそば弁当」「焼そばバゴォーン」「昔ながらのソース焼そば」を食べ比べ!

東洋水産の「やきそば弁当」「焼そばバゴォーン」「昔ながらのソース焼そば」を食べ比べ今回は、東洋水産が誇るカップ焼そば3種を食べ比べます。3種というのは、北海道限定の「マルちゃん やきそば弁当」、東北・信越地区限定の「マルちゃん 焼そばバゴォーン」、そして全国発売の「マルちゃん 昔ながらのソース焼そば」です。3種ともに普通サイズのカップ焼そばで、定価税別180円。また、同じようなCMが放映されており、いわば...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加