このページでは、寿がきや食品のカップ麺、「香味徳HAWAII BEEFY WILD」を食べてレビューしていきます。



「香味徳HAWAII BEEFY WILD」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、寿がきや食品の「香味徳HAWAII BEEFY WILD」。製造は加ト吉水産。2019年5月27日発売の新商品で、鳥取発祥の牛骨ラーメンの人気店「香味徳」のハワイ店限定メニュー「Beefy Wild(ビーフィーワイルド)」を再現したカップ麺です。



  • 「香味徳」は牛骨ラーメン発祥のお店
香味徳」は、鳥取にあるラーメン店です。鳥取のご当地ラーメンである「牛骨ラーメン」の発祥のお店として知られ、東京銀座にも「銀座香味徳」としてお店を構えています。今回のカップ麺はハワイにある支店の限定メニュー「BEEFY WILD」を再現しています。

  • 過去に発売されていた「香味徳」のカップ麺
これまでに発売されてきた「香味徳のカップ麺は、いずれも「銀座香味徳」の「鳥取ゴールド」が再現さていました。2017年5月に発売された「銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン」は、牛の旨みたっぷりのスープをブラックペッパーで引き締めた牛骨ラーメン。カップ麺ではなかなか食べることのできない牛骨ラーメンをしっかりおいしく仕上げてくれた名作カップ麺でした。

寿がきや食品 「銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン」

銀座香味徳ってどんなお店?今回のカップ麺は、寿がきや食品の「銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン」。「全国麺めぐり」シリーズの新作です。全国的に知名度が上がってきている鳥取牛骨ラーメンの商品です。銀座香味徳(かみとく)は、銀座一丁目にある鳥取牛骨ラーメン専門店で、鳥取の本店は60年続く名店です。銀座のお店は本店とは多少メニューが違うようで、看板メニューである「香味徳ラーメン」の別名が今回の...

「銀座香味徳」の「鳥取ゴールド」は2018年5月にに再販されており、もやしなど具のボリューム増。基本的には前作を踏襲した商品でしたが、牛骨ラーメンを楽しめる引き続きおいしい一杯でした。

寿がきや食品 「全国麺めぐり 銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン」

昨年も発売されていた「銀座香味徳監修 鳥取ゴールド」今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 銀座香味徳監修 鳥取ゴールド牛骨ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年5月21日発売の新商品ですが、昨年5月にも同名商品が出ていました。「全国麺めぐり」シリーズの商品です。今回は当時に比べてもやしの量が50%増量されたとのこと。当時から栄養成分に違いはないものの、変化はつけてきているようです。鳥取で60年以上の...

これまで発売されたカップ麺は「銀座香味徳」のものでしたが、今回はハワイ店の再現。いずれ本店の味も出てくるのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「後入れかやく入スープ」、「かやく」の3袋。



先入れの「かやく」を開けた状態。小さいチャーシューと少量のもやしが入っています。

品名香味徳HAWAII BEEFY WILD
メーカー寿がきや食品(製造は加ト吉水産)
発売日2019年5月27日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・後入れかやく入スープ・かやく)
定価税別238円
取得価格税別257円(ローソン)


栄養成分表、原材料


1食113g(めん70g)あたり
エネルギー380kcal
∟めん・かやく∟339kcal
∟スープ∟41kcal
たん白質11.1g
脂質11.2g
炭水化物58.6g
食塩相当量7.2g
∟めん・かやく∟2.6g
∟スープ∟4.6g
カルシウム110mg




スープ


スープは「牛骨白湯スープに黒マー油(焦がしニンニク油)と辛味を加えたピリ辛スープ」とのこと。

白濁した牛骨ベースのしょうゆ味のスープに、黒マー油で焦がしニンニクの風味と、唐辛子で辛味を加えています。



豚とニンニクのパワーを感じるしお味スープ


  • 白濁の牛骨スープ
牛骨ベースのしょうゆ味スープです。「銀座香味徳」の「鳥取ゴールド」の澄んだしょうゆ色のスープとはまったくイメージの異なる白濁したスープで、「鳥取ゴールド」ほどのしょうゆの濃さはないものの、牛骨の旨みはしっかり感じ取れます。同じ「香味徳」で牛骨ラーメンという点でも共通しているのに、こんなにも見た目が違うのかとビックリするレベルです。



  • スープ表面に浮く黒マー油
スープ表面には黒マー油が大量に浮いています。白湯スープに黒マー油の組み合わせは、ちょっと「桂花ラーメン」を思わせるものがありますが、とんこつではなく牛骨です。黒マー油はとんこつスープと相性バッチリですが、牛骨スープもそれに負けない相性の良さがあり、ニンニクの風味が強く広がる中で牛の旨みがしっかり感じられ、バランスがとても良かったです。「鳥取ゴールド」では牛骨が完全に主役でしたが、今回のスープは牛骨は脇役のような存在になっていました。

  • 結構辛い
黒マー油に加え、スープ表面に唐辛子の細かい粒が浮いています。これが結構な辛さを生み出しており、ピリ辛の域はゆうに超えていました。激辛とか大辛ではありませんが、辛いものが苦手な方は注意が必要なレベルでしょう。この辛さが牛骨スープや黒マー油としっかりマッチしており、「鳥取ゴールド」の時とまったく異なる派手な味を演出していました。ニンニクと辛味でわかりやすくおいしい味のスープに仕上がっています。

失礼な話ですが、ハワイのラーメンなんてイロモノやなーと勝手に思っていたのですが、思ってたよりずっとおいしくてビックリです。超人オリンピックチャンピオンが、元ハワイチャンプの老人にわずか7秒でフォール負けしたくらいの衝撃でした。




麺は「もっちりとしたコシと粘りのある口当たり滑らかなノンフライ中太めん」とのこと。

湯戻し時間5分の、縮れのついたノンフライ麺です。「中太」とされていますが、中細程度に見えます。



中身が詰まった中細ノンフライ麺


中細でしっかりウェーブのついたノンフライ麺が使用されています。しっとり感があり、中身の詰まった麺という印象で、ちょっと高級感があります。寿がきや食品(加ト吉水産製造)の商品でよく見られる麺で、「鳥取ゴールド」の時と同じ麺が使われているようです。

細いことであまり主張の強い麺ではないので、スープの牛骨やニンニクの味をまったく邪魔していません。強い縮れでスープとよく絡まり、スープの中で麺がきちんと馴染んでいました。寿がきや商品は、麺量が他社製品に比べて少ないわけではないのですが、中身が詰まっているためか、いつも量が少ないように感じてしまいます。もっとたくさん食べたいといつも思ってしまうのですが、今回はスープがおいしいがゆえにいっそう麺が少ないと感じてしまいました。


具は「チャーシュー、フライドガーリック、もやし、ネギ」とのこと。

「かやく」の袋に入っているチャーシューともやし、「後入れかやく入スープ」に入っているフライドガーリックとネギの構成です。



具のボリュームはないがフライドガーリックは存在感あり


  • チャーシューともやしは物足りない
「かやく」に入っているチャーシューともやしは、いずれもボリュームに欠けます。チャーシューは廉価商品に入っていそうな小さいサイズで、アリバイに入れた程度の存在感です。お店のラーメンの特徴であるもやしも入っていますが、こちらも形だけ入れた程度の少なさです。寿がきやカップ麺の具はだいたいいつもこんな感じです。

  • フライドガーリックとネギ
大物の具は物足りなかったものの、細かく刻まれたフライドガーリックがたくさん入っており、こちらはかなり存在感がありました。黒マー油とともにガーリックを主役的な存在にまで押し上げています。また、ネギもたくさん入っていて、賑やかなビジュアルを作り出していました。


オススメ度(標準は3です)


  • 寿がきや食品 「香味徳HAWAII BEEFY WILD」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
鳥取牛骨ラーメン「香味徳」のハワイ店限定メニューをカップ麺化。以前発売されていた「銀座香味徳」の「鳥取ゴールド」とはまったくイメージの異なる牛骨白湯スープで、黒マー油によるニンニクの風味と唐辛子による辛味が目立った一杯でした。牛骨、ニンニク、辛味のバランスに優れ、とてもおいしかったです。カップ麺ではまだまだ少ない牛骨ラーメンの、新たなバリエーションとしてユニークな商品でした。

日清食品 「カップヌードル リッチ 無臭にんにく卵黄牛テールスープ味」

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル リッチ 無臭にんにく卵黄牛テールスープ味」。フカヒレとスッポンというカップ麺のフレーバーとは思えない衝撃で世間をアッと言わせた「カップヌードルリッチ」が戻ってきましたよ。今回は新登場の「無臭にんにく卵黄牛テールスープ味」。これまた「無臭にんにく卵黄」とか「牛テール」とか出てくる単語がカップ麺とは縁遠いもので面白いです。分厚い牛テールスープを期待して食べて...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加