このページでは、日清食品のカップ麺、「日清のどん兵衛 レモン仕立ての塩豚ねぎうどん」を食べてレビューしていきます。



「日清のどん兵衛 レモン仕立ての塩豚ねぎうどん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 レモン仕立ての塩豚ねぎうどん」。2019年5月20日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。先週発売されて既にレビュー済の商品、「日清のどん兵衛 汁なしピリ辛肉みそうどん」とともに、「どんぎつね」でお馴染みの吉岡里帆さん考案レシピシリーズの第3弾商品として発売されました。

吉岡里帆さんレシピの甘みが強い汁なしカップうどん!「日清のどん兵衛 汁なしピリ辛肉みそうどん」

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清のどん兵衛 汁なしピリ辛肉みそうどん」を食べてレビューしていきます。「日清のどん兵衛 汁なしピリ辛肉みそうどん」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 汁なしピリ辛肉みそうどん」。2019年5月13日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。「どんぎつね」でお馴染みの吉岡里帆さん考案によるアレンジレシピをカップ麺化した...

  • 初夏にぴったりのレモン仕立て
今回の商品は、「塩だれと豚のうまみがベースのつゆに、レモンと黒こしょうでアクセントをつけた」初夏にぴったりの一杯とのこと。確かに、吉岡里帆ンさんレシピ第3弾商品の「汁なしピリ辛肉みそうどん」に比べるとだいぶ爽やかで初夏らしいですよね。



「ごんぎつね」さんも「レモンでさっぱりおいしい!」と言っています。そりゃごんぎつねさんがそう仰るならおいしいに決まってますよね!★100!!

  • 過去に発売されていた「吉岡里帆さん考案レシピ」のカップうどん
吉岡里帆さん考案によるアイデアレシピ第1弾人して発売されたのは、2017年11月に発売された「日清のどん兵衛 生姜香る 鶏塩あんかけうどん」でした。鶏と生姜のやさしい味のあんかけつゆが特徴で、生姜で体が温まる感じが冬の商品らしさを演出していました。

日清食品 「日清のどん兵衛 生姜香る 鶏塩あんかけうどん」

日清のどん兵衛CMに出演している吉岡里帆さん考案のうどん今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 生姜香る 鶏塩あんかけうどん」。「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。「日清のどん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そば」と同時発売で、ともにどん兵衛のCMに出演している吉岡里帆さん考案の商品とのこと。まずはうどんの方を食べてみます。「生姜香る鶏塩あんかけうどん」とは、もういかにもおいしそうな商品ですよね...

第2弾商品は、2018年11月に発売された「日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」でした。和風だしに明太子風味をつけたあんかけつゆが特徴でしたが、具として入っていた「明太子風かまぼこ」が、明太子そのものとしか思えない味と食感に衝撃を受ける一杯でした。せっかくの吉岡さん考案アイデアレシピなのに、具の方が目立ってしまってはいけないんじゃないかと思いまーす(学級会風)。

明太風かまぼこは明太子そのものだった!吉岡里帆さんどん兵衛「明太風あんかけうどん」

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」を食べてレビューしていきます。「日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん」。2018年11月26日発売の、「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。日清どん兵衛の「どんぎつね」のCMでお馴染みの吉岡里...



内容物、価格、購入額など




別添袋は「液体つゆ」と「かやく」の2袋。



先入れの「かやく」を開けた状態。豚肉、ネギ、揚げ玉が入っているようです。ネギのカットが大きい。

品名日清のどん兵衛 レモン仕立ての塩豚ねぎうどん
メーカー日清食品
発売日2019年5月20日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体つゆ・かやく)
定価税別180円
取得価格税込138円(コープ)


栄養成分表


1食96g(めん66g)あたり
エネルギー381kcal
 ∟めん・かやく∟313kcal
 ∟スープ∟68kcal
たん白質7.0g
脂質17.6g
炭水化物48.6g
食塩相当量4.8g
 ∟めん・かやく∟1.1g
 ∟スープ∟3.7g
ビタミンB10.18mg
ビタミンB20.25mg
カルシウム147mg




つゆ


つゆは「塩だれと豚のうまみをベースに、レモンの風味、酸味と黒こしょうでアクセントをつけたつゆ」とのこと。

豚脂を浮かせたポークベースのつゆに、レモンや胡椒でアクセントを加えています。




  • 豚ベースで豚脂が浮いている
塩だれと豚のうまみをベースに」とのことですが、いつものどん兵衛うどんの昆布やかつお主体のだしとはだいぶ印象が異なり、豚の味がしっかり感じられる、ほのかにしょうゆ色をしたつゆとなっています。昆布を効かせていない分、まろやかさややさしさでは劣るものの、舌に直線的にうまみが感じられます。

豚のうまみとして最も強く感じ取れるのが豚脂で、表面に浮いた豚脂の風味が香ばしいです。この油の強さは、うどんというよりお蕎麦、そしてラーメンに近いものがあるように思います。豚脂を前面に出すことで、うどんらしからぬこってり感もあり、なかなか面白いつゆでした。



  • レモンと胡椒でアクセント
豚脂とともにレモンが強く幅を利かせています。レモンは酸味ももちろんですが、鼻に抜ける風味が強く、初夏らしい爽やかさを演出していました。豚のうまみと組み合わせることで、まるでタン塩でも食べているような感覚になります。うどんだと、よく柚子を効かせたつゆがありますが、レモンは柚子よりもパンチがあり、豚脂を含めて若い人に好まれそうな味に仕上げている印象を受けました。

胡椒はそれほど強く前に出てくるわけではなかったですが、豚脂の広がりを抑え、つゆに輪郭を持たせる効果がありました。豚脂、レモン、胡椒で、これまでの吉岡里帆さんレシピによるうどんとは一味違う、ちょっと強めのつゆでした。




麺は「もっちりとしたつるみのあるうどん」とのこと。

湯戻し時間5分の、油揚げ麺を使ったうどんです。太めで平打ち形状の、ストレートに近い麺となっています。



どん兵衛のいつもの油揚げ麺のうどん


太めで幅広の油揚げ麺のうどんです。いつものどん兵衛で使われている麺と同じタイプかと思われます。多加水麺食感でもちもちしており、油揚げ麺にもかかわらず、みずみずしさが感じられます。他社のうどん麺ではあまりみられない特徴です。

主張の強い麺なので、今回の豚脂やレモンを効かせたうどんとしてはハードパンチャーなつゆと合わせても、しっかりバランスが取れています。豚脂やレモンの強い押しの中でも弾力や麺の味できちんと存在感を示しており、麺とつゆのバランスは良好です。いつものどん兵衛に比べてつゆが勝ったバランスは、やっぱりお蕎麦やラーメンに近いものを感じさせました。



具は「チャーシュー、ねぎ、揚げ玉」とのこと。

細切れのチャーシューをメインに、大切りのネギ、揚げ玉が入っています。



細切れチャーシュー、ネギ、揚げ玉の構成


商品自体が豚のうまみを前面に押し出していることもあり、具にも細切れのチャーシューが使われています。どん兵衛シリーズでよく見る大豆ポークではなく、きちんと豚肉です。いつものどん兵衛うどんで使われる大きなお揚げに比べると地味ではありますが、細切れチャーシューはそれなりにたくさん入っており、肉感も比較的しっかりあるタイプで良かったです。ほんのり甘い味がつけられています。

ネギは、カットの大きいものがいくつか入っていました。いや~大きいやつはさすがに甘いですね。これだけ大きいカットのものはカップ麺ではあまりお目にかかれないので、ちょっと高級感がありました。一方で、えびの入っている揚げ玉は数が少なすぎてあまり存在感がありませんでした。これなら入っていなくても良かったかなという印象です。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清のどん兵衛 レモン仕立ての塩豚ねぎうどん」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
吉岡里帆参考考案のアイデアレシピ第3弾のカップうどん。豚脂を浮かせたポークベースのつゆにレモンを合わせた、うどんとしてはパンチのあるつゆが特徴で、直線的に感じるつゆのうまみやレモンの酸味はインパクトがありました。また、大きくカットされたねぎも印象的です。タン塩を思わせる味でおいしかったです。

日清食品 「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」

どん兵衛3種の主要具が勢揃いしたリッチな商品今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」。「日清のどん兵衛」シリーズの新商品です。「どん兵衛きつねうどん」の「ふっくらおあげ」、「どん兵衛天ぷらそば」の「サクサク天ぷら」、そして「どん兵衛肉うどん」の「ジューシィ牛肉」の夢の共演です。定価は298円でメガトン級ですが、どん兵衛主要3種の具が一緒に食べられるリッチな一杯となってい...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加