このページでは、明星食品のカップ麺、「明星 ティーヌン監修 トムヤムまぜそば」を食べてレビューしていきます。



「明星 ティーヌン監修 トムヤムまぜそば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、明星食品の「明星 ティーヌン監修 トムヤムまぜそば」。2019年5月20日発売の新商品で、東京西早稲田に本店があり、東京都内に多くのお店お構えるトムヤムラーメンの人気店「タイ料理 ティーヌン」監修のトムヤムまぜそばです。



  • 「ティーヌン」はトムヤムラーメンの有名店
タイ料理 ティーヌン」は、東京西早稲田にあるタイ料理店です。「トムヤムラーメン」が看板メニューで、昨今のトムヤムクン人気の以前、10人いたら9.5人がパクチーは臭いと言っていた時代から営業しているお店です。現在では東京とその近郊に直営店7店、FCや業務提携店を含めると全部で17店ものお店を展開しています。

私オサーン、まだティーヌンが西早稲田の1店舗しかない頃によく通ってたことがあり、ちょっと思い入れがあります。当時は、近隣にティーヌンの他にもタイカレーの「メーヤウ」もあり、まだ全国的な広がりは見せていなかったタイ料理が手軽に楽しめる環境にありました。私は「メーヤウ」派だったので、そこまで通い詰めることはなかったですが、知り合いに何人か、ティーヌン好きが講じて、大学に通ってるんだかティーヌンに通ってるんだかよくわからない人もいました。

私がティーヌンに通っていた当時は、まぜそばはメニューになかったですが、ティーヌンの味はまぜそばとしてもおいしそうだと確信を持ちながら食べてみたいと思います。全然関係ないですけど、ティーヌンのキックボクサーのお兄さん、グリコっぽいですよね。



  • 辛さレベル「3」
今回の商品の「辛さレベル」は、5段階中の「3」とのこと。「辛さレベル」の記載は、同じグループ会社の日清食品の商品でよく見られますが、明星食品の「辛さレベル」は日清食品と共通なのでしょうかね。5段階中「3」ということは、それほど辛いわけではなさそうですが、果たしてどうでしょうか。

  • 過去に発売されていた「ティーヌン」のカップ麺
今回は明星食品製のカップ麺ですが、以前はエースコックから「ティーヌン」のカップ麺が発売されていました。2015年3月に発売された「ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン」は、パクチーとスパイスの強さが際立った一杯で、当時はまだまだパクチーが日本の食習慣の中で受け入れられたとは言えない状況の中で、かなり思い切ったパクチーの強さでした。この商品は2016年4月にも再販されています。

エースコック 「ティーヌン監修 元祖トムヤムラーメン」

どうもオサーンです。最近私の生活圏でセブンドーナツが販売開始になったので、早速食べました。ミスドに比べると甘さがかなり控えめで、セブンのはどちらかと言うとパン食べる感覚に近いというか。ミスドのドーナツはパンとは違う特別感があるんですよね。もちろんセブンドーナツの影響でミスドの売上は落ちるでしょうが、むしろセブンの菓子パンの売上が一番落ちるような気がしないでもないです。オールドファッションはちょっと...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体ソース」、「かやく」の2袋。



先入れの「かやく」を開けた状態。マッシュルームやニラなどが入っています。麺の下に隠れてしまっていますが、カップの中にはたくさんのキャベツや鶏肉も入っていました。まさか麺の下に隠れていたとは。

品名明星 ティーヌン監修 トムヤムまぜそば
メーカー明星食品
発売日2019年5月20日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体ソース・かやく)
定価税別225円
取得価格税込243円(ローソン)


栄養成分表


1食163g(めん130g)あたり
エネルギー753kcal
たん白質15.8g
脂質34.2g
炭水化物95.6g
食塩相当量6.1g
ビタミンB10.46mg
ビタミンB20.36mg
カルシウム212mg




ソース


ソースは「チキン、ポーク、ビーフエキスに、魚醤 (ぎょしょう) で複雑な旨みを加え、唐辛子、レモングラス、カフィルライムでパンチを付けたソース」とのこと

トムヤムペーストをベースに、強い酸味を効かせたトムヤムクン風のソースです。



「ストロングホット&サワー」のトムヤムソース


  • クセのないトムヤム味
トムヤムペーストでトムヤムクン風に仕上げたまぜそばソースです。トムヤムペーストにしょうゆや魚醤を加えて輪郭を整え、ほんのりと魚介の風味が感じられます。外国食品のお店で買える本場タイの商品と比べると、クセのある風味はあまりなく、食べやすい味のように思います。エースコックが製造していた時は強く感じられたパクチーは、今回そこまでは目立っていないように感じました。

  • 酸味が強烈
レモングラス、カフィルライムでパンチを付けた」という酸味はかなり強烈。特に香りが強く感じられ、レモングラスやカフィルライムの強烈な香りがトムヤム味よりも目立っていた印象。これはかなり思い切っています。一方で、味も強いものの、香りほどの強さはなく、味の面ではトムヤム味とよく調和できています。香りを突出させ、味はほどほど。トムヤム味と酸味のバランスはしっかり取れていますが、今回の商品は酸味の強さが大きな個性になっているので、香りだけではなく味ももっと酸っぱくしても面白かったように思います。

  • スパイス感があって辛さレベル「3」以上の体感
辛さレベル「3」とのことですが、唐辛子の辛さはそれほど強くないので、辛さレベル「3」は妥当なところかと思いますが、スパイス感がかなり強く、「3」以上の辛さを感じます。トムヤムペーストや唐辛子とは違う、なにか強烈なスパイスが入っているように感じました。このスパイス感が、酸味と組み合わさることで、パッケージに書いてある「ストロング ホット&サワー」の味を作り出していました。




麺は「しなやかで適度な弾力がある中細麺」とのこと。

湯戻し時間3分の、中細の油揚げ麺です。縮れのついた角麺となっています。



麺量130gで大盛サイズの油揚げ麺


中細で縮れのついた油揚げ麺です。角麺です。お店の「トムヤムまぜそば」で使われている麺は丸麺且つストレート形状のようなので、今回の麺は特にこの商品用に用意されたものではなく、汎用的な麺だと思われます。特にこれといった特徴は感じられませんでした。

油揚げ麺臭がそれなりに感じられるものの、今回は合わせるソースの酸味やスパイス感が強いため、油揚げ麺臭が前に出てくることなく、しっかりソースと馴染んでいました。ソースの味の邪魔をしない、良い組み合わせなのではないかと思います。また、麺量130gで一般的なカップ汁なし麺の大盛サイズと同量で食べ応えがあり、酸味やスパイスの強いまぜそばを130g分食べ続けられるのはうれしいところです。


具は「キャベツ、鶏肉ダイス、マッシュルームスライス、ニラ、パプリカを組み合わせ」たとのこと。

別添の「かやく」の中にマッシュルームスライス、ニラ、パプリカが、カップに最初からキャベツと鶏肉ダイスが入っています。



キャベツやニラなどで具は多め


最もたくさん入っていたのはキャベツで、結構たくさん入っていました。酸味や辛味があるソースの中でキャベツのみずみずしさが清涼剤的な役目を果たしています。ただ、キャベツはお店のまぜそばには入っていないので、カップ焼そば的なオリジナル要素ですね。

鶏肉ダイスは、パッケージに描かれているほどは入っておらず、それほど存在感はありませんでした。税別225円という結構高額な商品なので、もうちょっと入っていて欲しかったところ。他には、マッシュルームやニラなどが入って脇を固めています。湯気から立ち上るニラの風味がソースにアクセントを加えています。鶏肉は少なかったですが、具は汁なしカップ麺としては多く入っていました。


オススメ度(標準は3です)


  • 明星食品 「明星 ティーヌン監修 トムヤムまぜそば」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
トムヤムラーメンでお馴染みの「ティーヌン」のまぜそばを再現した商品でした。強い酸味が最大の特徴となっており、酸味とスパイス感の織りなす「ストロングホット&サワー」の味わいはオリジナリティがあります。酸味とスパイス感がありながら、タイ料理特有のクセはそれほど強くなく、比較的食べやすい味に仕上がっていました。大盛の麺量で食べ応えがあるとともに、具もそれなりに充実しており、定価税別225円という高額でもそれに十分見合う一杯でした。おいしかったです。

【カップ麺ランキング2018】汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング【Road to カップ麺アワード2018】

このページでは、2018年に発売されたカップ麺のうち、汁なし麺と焼そばのカップ麺についてランキング形式で紹介していきます。汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング20182018年に発売されたカップ麺を以下の部門ごとにランキング形式で紹介していきます。【激辛カップ麺】【そば・うどんカップ麺】【汁なし麺・焼そばカップ麺】【油揚げ麺カップ麺】【ノンフライ麺カップ麺】【変わり種カップ麺】今回は、...


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加