このページでは、まるか食品のカップ麺、「ペヤング 中華風そのまま皿うどん」を食べてレビューしていきます。



「ペヤング 中華風そのまま皿うどん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 中華風そのまま皿うどん」。2019年5月20日発売の、「ペヤング」シリーズの新商品です。変わり種の多いペヤングシリーズから、今度はカップ麺では非常に珍しい「皿うどん」が登場しました!



  • お湯なし調理のカップ麺!!
今回のペヤングは「皿うどん」で、お湯を使わずに調理することが可能なカップ麺です。まさかカップ麺で皿うどんとはすごい発想ですよね。これまでにも皿うどんのカップ麺がなかったわけではないものの、本格的なカップ麺としては私は今まで見たことがありませんでした。お湯が要らないことから、パッケージには「備蓄用にも!」と書かれています。

定価税別385円という強気の価格設定で、果たしてどんな皿うどんになっているのか興味深いところです。

カップ麺でパリパリの「皿うどん」が食べられる!!ヒガシマル 「カップ皿うどん」

カップ麺では珍しいかた焼そばタイプの皿うどん!!今回のカップ麺は、ヒガシマル(ヒガシフーズ)の「カップ皿うどん」。新商品ではなさそうですが、カップ麺では大変珍しいかた焼そばタイプの皿うどんで、先日スーパーで見かけたため手に取ってみました。おそらくこのブログの長い歴史の中でも、皿うどんを食べるのは初めてではないかと思います。また、ヒガシマル(ヒガシフーズ)製の製品を食べるのも初めてです。今回の...



  • GIGAMAXと同じくらいデカイ!
買う前は、当然のように普通サイズのカップ麺だと思っていたのですが、実物を見てびっくり!!赤いパッケージなのも合わせ、グワジンか!と思わせる巨大サイズ。私が購入したドン・キホーテではあの「ペヤング焼そば GIGAMAX」の横に置かれていたのですが、両者ほぼ同じサイズでした。「GIGAMAX」は4食分ですが、今回の商品は1食なので、なんでこんな大きいんだろうと頭の中が???だらけになりました。少なくとも、これだけ大きいとスペース取りすぎて「備蓄用」には向かなそうですよね。上の写真は、サイズ感を見てもらうためにカップヌードルを横に並べてみました。ちょっとわかりづらいですねすいません。普通のペヤングを並べれば良かった。この容器が大きい理由は後々明らかになります。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「レトルト」の1袋。結構大きなレトルトパウチです。他には皿うどんの麺が入っています。両方合わせると結構なかさになるので、今回の大きなパッケージがわからなくもないです。ただ、もっと小さく納めることも可能だった感じがします。容器が大きい理由はこれではありません。

品名ペヤング 中華風そのまま皿うどん
メーカーまるか食品
発売日2019年5月20日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(レトルト)
定価税別385円
取得価格税別358円(ドン・キホーテ)


栄養成分表


1食210g(めん60g)あたり
エネルギー436kcal
たん白質9.7g
脂質20.4g
炭水化物53.5g
食塩相当量3.0g



グワジン級のデカサイズですが、栄養成分は至って普通の1食分。カップ焼そばと比較するとむしろヘルシーと言えるかもしれません。


調理方法




お湯いらず、水いらず」とのことで、お手軽に調理できることが今回の商品の大きな特徴となっています。もともとお手軽な調理が売りのカップ麺ですが、お湯を入れるのすら面倒なことがよくあるので、これはうれしいです。

レトルトを温めますと更に美味しく召し上がれます」とのことですが、今回は私含め多くの人が選択するであろう、そのまま調理を選択します。





容器に麺をあけます。いつものペヤングの麺に比べてふわっとまとめられており、大きなまとまりになっています。麺量自体は60gで、大きい割に多いわけではありません。



レトルトのあんかけを麺の上にかけて完成。本当お手軽です。結構具だくさんで豪華です。どこか他の会社が作ったレトルトなのかなと思いましたが、パッケージを見る限りはわかりませんでした。自社で作ってるのだとしたら、今後ペヤングはレトルト具の商品が増えてくるかもしれませんね。



あんかけ


あんかけは「ペヤングソースやきそばのソースをブレンドした、ペヤングオリジナルの中華あんかけを使用し」たとのこと。

レトルトパウチに入った、ペヤングソースの味が感じられる具だくさんなあんかけです。



ソースの味を効かせた具だくさんの中華あんかけ


  • ペヤングソースでキリッとした中華風に
しょうゆ味をベースに、ごま油やオイスターソースが香る、本格感のあるあんかけです。しっかりととろみがつけられており、完全にあんかけ状となっています。一般的な皿うどんのあんかけに比べると、甘みややわらかみよりもキリッとした味わいになっており、これはペヤングで使われているウスターソースが大きく影響しています。

購入以前に前情報として、あんかけにペヤングソースが入っているのがわかっていたので、正直一抹の不安を感じながら食べましたが、この不安は杞憂で、普通の皿うどんに比べて中華感を増させ、ハッキリ味のあんかけに仕上げていました。何も情報なく食べてもまったく違和感なく食べられるし、ペヤングソースが入っていると理解して食べると確かにペヤングらしさがあり、この味付けはよく練られた秀逸なもののように感じました。

  • 具だくさんでリッチ
具だくさんなのも大きな特徴です。具として、豚肉、玉ねぎ、ニンジン、白菜、キクラゲが入っていて、いずれもきちんと存在感があります。豚肉は大きなカットで、豚肉の旨みがあんかけの味に厚みを加えていました。お店で皿うどんを食べていても思うのですが、豚脂の味は皿うどんのあんかけと好相性なんですよね。気づいたらあんかけの中で肉を探して食べている自分がいます。肉がたくさん入っているのはうれしかったです。

肉以外の野菜類も充実。半溶けの玉ねぎはあんかけに甘みを加えており効果大。ニンジンは大きめにカットされていて存在感がありました。また、キクラゲはコリコリした食感があんかけにアクセントを加えていました。定価385円は高いですが、この充実したあんかけを考えると、それほど法外な価格設定ではない気もしてきます。

地味に、常温のままのあんかけでも、油分の白い塊ができていなかったのにびっくりしました。もっと室温が低いと脂の塊ができてしまうのかもしれませんが、室温20度程度の環境では大丈夫でした。




麺は「お湯いらず、水いらずで、簡単に調理ができる」、「パリパリの揚げ麺」とのこと。

湯戻しなしでで食べられる、皿うどんのパリパリ油揚げ麺です。



金粉以外はいつもと同じ具の構成


  • 極細のパリパリ麺
極細のパリパリ油揚げ麺です。レトルトを温めないで食べることが想定されているため、麺がやわらかくならなくても問題なく食べられる細さになっています。実際、常温のあんかけと混ぜ合わせても、麺はまったくやわらかくなりませんが、それでもすんなりと食べることができました。

  • 容器が大きい理由
そして、なぜ今回の商品の容器がビッグサイズだったか、ここで解決します。容器サイズに余裕がなければ、パリパリ麺とあんかけを混ぜ合わせられません。いつものペヤングのカップならば、柔軟性のない麺は身動きが取れないので、混ぜ合わせることは不可能でした。なるほどなるほど、だから容器が大きかったのかと納得。


オススメ度(標準は3です)


  • まるか食品 「ペヤング 中華風そのまま皿うどん」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ど迫力ビッグサイズの「ペヤング 中華風そのまま皿うどん」を食べてきました。なぜ容器が大きいのか気になりましたが、パリパリ麺を混ぜ合わせるには容器に余裕が必要という、極めて合理的な理由でした。サイズを大きくすることによる見た目のインパクトもあり、よく考えられた商品だと思います。カップ麺ではとても珍しい皿うどんを、お湯なし水なしでお手軽に食べられるのが大きな利点で、商品の面白さがあって実用的でもある一杯でした。定価税別385円という超高額設定がネックですが、レトルトのあんかけとパリパリ麺は価格に見合う本格派。コンビニ等でお弁当を買うことを考えれば、それほど法外な価格設定でもないのではないかと感じました。とても良い商品です。

【ペヤング】の歴代変わり種カップ焼そばを振り返る【まとめ】

このページでは、「ペヤングやきそば」がこれまでに発売してきた歴代の個性的、変わり種の商品を紹介していきます。 目次 1. はじめに 2. 【変わり種食材】を使用したペヤングやきそば   ペヤング イカスミやきそば   ペヤング チョコレートやきそば ギリ   ペヤング ソースやきそば プラス納豆   ペヤング カレーやきそば プラス納豆   夜のペヤング やきそば 夜食ver. 3. 激辛のペヤングやきそば   ペ...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加