このページでは、サンヨー食品のカップ麺、「サッポロ一番 野郎ラーメン 激辛大爆発野郎」を食べてレビューしていきます。



「サッポロ一番 野郎ラーメン 激辛大爆発野郎」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 野郎ラーメン 激辛大爆発野郎」。2019年5月13日発売の新商品です。東京渋谷に本店があり、東京とその近郊に国内計16店と、海外にもお店を構えるラーメン店「野郎ラーメン」の限定メニュー、「激辛大爆発」の味を再現したカップ麺です。



  • 「野郎ラーメン」は二郎インスパイア系の人気店
野郎ラーメン」は、東京とその近郊に計16店を構える二郎インスパイア系のお店です。お店の看板メニューは、とんこつスープに大量の国産野菜と大型のチャーシューをのせた「豚骨野郎」で、特にチャーシューの大きさが目を引く一杯となっています。

今回のカップ麺が再現しているのは、お店の限定メニューである「激辛大爆発」。今週は辛いカップ麺の発売が多いですが、この商品は果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。

  • 過去に発売されていた「野郎ラーメン」のカップ麺
野郎ラーメン」のカップ麺は、これまでに3作が発売されてきました。最初のカップ麺は、2017年3月に発売された「サッポロ一番 野郎ラーメン 豚骨野郎ラーメン」。お店の看板メニューである「豚骨野郎」を再現していました。野郎ラーメンらしい豪快さはなく、野郎ラーメンというより野菜ラーメンという印象。お店の盛リをカップ麺で再現するのは難しいですよね。「豚骨野郎」は2018年5月に発売された第3弾商品でも再現されていました。

サンヨー食品 「サッポロ一番 野郎ラーメン 豚骨野郎ラーメン」

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 野郎ラーメン 豚骨野郎ラーメン」。この商品を見た時、以前同じサンヨー食品から発売されていた「富士郎」という二郎インスパイアカップ麺を思い浮かべたんですが、野郎ラーメンはせたが屋系列のれっきとしたラーメン店で、東京とその近郊にたくさんお店があります。二郎インスパイアのお店ですが、ネットで見る限り味はぜんぜん違うという人が多くいるようです。今回のカップ麺は...

第2弾商品は、2018年7月に発売された「サッポロ一番 野郎ラーメン 汁無し野郎」。こちらは汁なし麺の「汁なし野郎」の味を再現していました。迫力が売りの一つである「野郎ラーメン」とタイアップした商品としては、パワー不足な印象の一杯でした。

サンヨー食品 「サッポロ一番 野郎ラーメン 汁無し野郎」

二郎インスパイア系「野郎ラーメン」の「汁なし野郎ラーメン」今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 野郎ラーメン 汁無し野郎」。東京を中心に他店舗展開する「野郎ラーメン」の再現商品です。今回はお店のメニューである「汁なし野郎ラーメン」の再現となっています。以前、今回と同じサンヨー食品から「サッポロ一番 野郎ラーメン 豚骨野郎ラーメン」も出ていました。有名店「せたが屋」系列のお店で、基本的に二郎...



内容物、価格、購入額など




別添袋は「特製調味油」の1袋。カップに入っているかやくは今回も多くなさそうです。

品名サッポロ一番 野郎ラーメン 激辛大爆発野郎
メーカーサンヨー食品
発売日2019年5月13日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(特製調味油)
定価税別205円
取得価格税込216円(ローソン)


栄養成分表、原材料


1食100g(めん70g)あたり
エネルギー450kcal
∟めん・かやく∟333kcal
∟スープ∟117kcal
たん白質8.7g
脂質17.6g
炭水化物64.3g
食塩相当量6.0g
∟めん・かやく∟1.5g
∟スープ∟4.5g
ビタミンB10.33mg
ビタミンB20.58mg
カルシウム224mg




スープ


スープは「豚骨のうまみに、ガーリックのコクと炒めた野菜の香ばしい風味を合わせ、唐辛子をきかせ」た、「ガーリックの風味と唐辛子の刺激的な辛みが特徴の激辛豚骨醤油味スープ」とのこと。

もやしなど野菜の旨みが強いとんこつしょうゆ味のスープに、唐辛子で辛味を効かせています。



ベースがおとなしいスープを辛味によって底上げ


  • ベースのとんこつしょうゆ味はおとなしい
スープのベースはとんこつしょうゆ味です。二郎系のスープといえば背脂なども入って濃いイメージですが、カップ麺の「野郎ラーメン」はこれまでそれほどこってり感のない仕上がりになっており、今回もベースからはパワーをそれほど感じませんでんした。お店のレビューを見ると、実際のお店も他の二郎系のスープのようなこってりギトギトな感じでは必ずしもなさそう。もちろんトッピングを組み合わせることでこってりギトギトなスープにすることも可能なようです。



  • 別添の「特製調味油」には唐辛子の辛味など
別添の「特製調味油」には、唐辛子や野菜、ガーリックで味付けられた油が入っています。辛味は激辛とまではいかない印象ですが、それでも結構辛く、スープ表面が赤く染まります。ちょっと押しの足りないとんこつしょうゆのベースが、辛味を加えることで底上げされており、この辛味はかなり効果的だと感じました。

また、野菜やガーリックの風味も強く感じられます。野菜はもやしやニラが主体と思われ、強い辛味の中でもしっかり太く存在感がありました。これまでの「野郎ラーメン」のカップ麺でも感じられた特徴です。ガーリックの風味も効果的で、辛味ともにスープにパンチを加えていました。スープの完成度はこれまでの「野郎ラーメン」カップ麺でいちばん高いように思います。




麺は「しっかりとした食べ応えがあり、味付けをすることでスープのなじみのよい太めんに仕上げ」たとのこと。

湯戻し時間5分の、太い油揚げ麺です。縮れがつけられた丸麺となっています。



太いながら悪目立ちしない油揚げ麺


太くて厚みのある油揚げ麺です。縮れの付け方も絶妙で、お店の麺をよく再現できています。厚みがあるためかなりがっしりした食べ応えで存在感がありますが、太い油揚げ麺でありがちな油揚げ麺臭の強さはなく、スープの中で悪目立ちすることはありません。麺の味付けが巧みなのは、サンヨー食品の商品全般に言える特徴かと思います。

太い割にスープにきちんと馴染んでおり、麺とスープのバランスは良好。今回はスープに辛味が付けられていることも奏効しているようです。太いながら強弾力というわけではなく、噛み応えも楽しめます。密かにこの麺は太い油揚げ麺の傑作なのではないかと感じました。



具は「キャベツ、肉そぼろ、唐辛子の組み合わせ」とのこと。

細かい唐辛子は目立っていますが、肉そぼろやキャベツは量が少なく物足りない印象です。



肉そぼろ、キャベツ、唐辛子の構成


  • 肉そぼろとキャベツは物足りない
実際の「野郎ラーメン」では野菜が盛られ、チャーシューが大きいことが特徴となっていますが、カップ麺の具ではその特徴はまったく反映されていません。今回はキャベツと肉そぼろが入っているものの、どちらも「野郎ラーメン」を再現しているとは言い難い少なさでした。また、お店ではもやしやニラがたくさん入っていますが、今回の具にはそれらは入っていませんでした。

  • 細かい唐辛子がたくさん入っている
細かい唐辛子はたくさん入っています。スープが辛いので最初はそれほど効果はないと思って食べていましたが、舌に辛味が蓄積されていき、スープと具の唐辛子の合わせ技で激辛の域に届く辛さになっていました。


オススメ度(標準は3です)


  • サンヨー食品 「サッポロ一番 野郎ラーメン 激辛大爆発野郎」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
「野郎ラーメン」の限定メニューである「激辛大爆発」を再現したカップ麺でした。とんこつしょうゆのベースは弱いですが、辛味やガーリックによって底上げが図られており、しっかりパワーを感じるスープに仕上がっていました。また、太いながら油揚げ麺臭が抑えられた麺はスープとバランスが取れていて秀逸です。具に物足りなさは感じるものの、これまでの「野郎ラーメン」のカップ麺では最も完成度高く、激辛でありながら味も伴ったおいしい一杯でした。

コンビニ激辛カップ麺対決!!「蒙古タンメン中本」vs「トナリ辛激タンメン」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(日清食品が製造)とローソン限定のカップ麺、「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」(明星食品が販売)の、両社コンビニの誇る激辛カップ麺を食べ比べてレビューしていきます。セブンとローソンの激辛カップ麺対決!!今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」と、ローソン限定で明星食品の「明星 東京タ...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加