このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん ごつ盛り ちゃんぽん」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん ごつ盛り ちゃんぽん」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん ごつ盛り ちゃんぽん」。2019年4月15日にリニューアル発売された、大盛カップ麺の大定番「マルちゃん ごつ盛り」シリーズの商品です。



  • リニューアルされた「ごつ盛り ちゃんぽん」
マルちゃん ごつ盛り ちゃんぽん」は、これまでにも「ごつ盛り」シリーズのレギュラー商品として発売されていた、定番商品のひとつです。今回はその商品のりニュールで、「具材のキャベツの量を増やすとともに、かまぼこの種類を変え、より満足感のある彩り豊かな一品に仕上げ」たとのことです。このブログではリニューアル前の商品を食べていないので比較はできませんが、具材を充実させたとのことなので楽しみな一杯です。

  • これまでに発売されていた東洋水産の「ちゃんぽん」
これまでにも「ごつ盛り」シリーズから「ちゃんぽん」が発売されていましたが、その他にも東洋水産からはちゃんぽんカップ麺が発売されていました。2016年6月には、「でかまる」シリーズから「でかまる 長崎チャンポン」という商品が発売されていました。でかまるの太い麺に負けないちゃんぽんスープの厚みがあり、完成度の高い一杯でした。

東洋水産 「マルちゃん でかまる 長崎チャンポン」

どうもー、ハンサムです。冒頭の文章、全く思いつきません…。今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる 長崎チャンポン」です。ちゃんぽん久しぶりだなー。美味しそう。スープは、「チキンとポークをベースに、魚介と野菜の旨味を加えたコクのある濃厚なちゃんぽんスープ」だそうです。濃厚とまではいかないまでも、しっかりちゃんぽんスープになっています。魚介っぽい旨みと野菜の甘みを感じるような柔らかい...

「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズからは、「マルちゃん 青いちゃんぽん」という商品が出ていました。それほど個性は見出だせなかったものの、スープと麺のバランスが絶妙な良品でした。下のリンクは2018年3月に発売されたものです。

東洋水産 「マルちゃん 青いちゃんぽん」

なぜ青なのかよくわからないけど「青いちゃんぽん」再登場!今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 青いちゃんぽん」。「赤いきつねと緑のたぬき」シリーズ(正確には「和風麺・色シリーズ」というようですが以前と名称変わってる気がします)の新商品です。新商品とは言っても昨年も同じ商品が発売されていて、てっきりレギュラー商品として通年売られると思って油断していたうちに店頭から消えて食べ損ねていました。今年...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「後入れ粉末スープ」、「かやく」の3袋。



先入れの「かやく」を開けた状態。オープン価格で100円程度で買える大盛商品としては、具だくさんのように見えます。

品名マルちゃん ごつ盛り ちゃんぽん
メーカー東洋水産
発売日2019年4月15日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・後入れ粉末スープ・かやく)
定価オープン価格
取得価格税別98円(ドン・キホーテ)


栄養成分表、原材料


1食114g(めん90g)あたり
エネルギー489kcal
∟めん・かやく∟417kcal
∟スープ∟72kcal
たん白質9.8g
脂質20.3g
炭水化物66.8g
食塩相当量7.1g
∟めん・かやく∟1.9g
∟スープ∟5.2g
ビタミンB10.42mg
ビタミンB20.55mg
カルシウム194mg




スープ


スープは「ポークの旨味をベースに、魚介や野菜の風味を利かせた、コクのあるちゃんぽんスープ」とのこと。

とんこつベースに魚介や野菜の風味を効かせたちゃんぽんスープです。



魚介と野菜が前に出たちゃんぽんスープ


  • ベースのとんこつはそれほど強くない
とんこつベースに魚介の風味や野菜の甘みを効かせた、オーソドックスなちゃんぽんスープです。とんこつのベースはそれほど強くなく、魚介や野菜の味の方が前に出てくるバランスとなっています。ベースがそれほど強くないため、こってり系の多い大盛カップ麺としては、スープの押し出しが弱いように感じました。



  • 魚介や野菜の味が前に出ている
ベースがそれほど強くないため、魚介の風味や野菜の味が相対的に前に出てきます。魚介はほんのり香る程度ではあるものの、それでもしっかり存在感はあり、ちゃんぽんらしい海鮮味を形成していました。もうちょっと強くても良かったでしょうかね。野菜の味は強めに感じられ、おそらくキャベツやもやしの味がつけられているものと思われます。また、甘みも光っていました。

  • おいしいがパンチはやや欠ける
以上のように、野菜の味が中心のちゃんぽんスープという印象で、スープのみ飲んでいると、オーソドックスながら旨みをしっかり感じられるおいしいスープに仕上がっていました。一方で、大盛カップ麺としては押しが弱く、パンチ力に欠ける印象です。価格が価格なのでスープにあまりコストは割けないのでしょうが、胡椒をもっと効かせるなどしてパンチを効かせる方法はありだったように思います。今回のスープでは胡椒がそれほど強くは感じられませんでした。




麺は「ソフトな口当たりで、食べごたえのある太めの丸麺」たとのこと。

湯戻し時間5分の、太くて縮れのついた油揚げ麺です。ちゃんぽん麺らしい、ソフトな食感の丸麺となっています。



ちゃんぽん麺らしく仕上がった太い油揚げ麺


太くて縮れのついた油揚げ麺です。ちゃんぽん麺に合わせる形でいつもの「ごつ盛り」シリーズの麺に比べて太く、ソフトな食感に仕上げています。縮れがついているのはちゃんぽんらしくありませんが、太さや食感はちゃんぽんをよく再現できています。麺量90gで食べ応えのあるちゃんぽんでした。

ただ、今回のそれほど強くないスープと合わせてしまうと、太い麺が前に出てきてしまうバランスで、スープの味を阻害してしまっている印象を受けました。スープとバランスを取るためにはもっと細い麺の方が良かったですが、太いことでちゃんぽん麺らしい麺になっていることを考えると、麺の問題というよりは、スープの主張がもっと強ければ良かったように感じました。



具は「キャベツ、コーン、かに風かまぼこ、きくらげ」とのこと。

キャベツやコーン、キクラゲがたくさん入っていて、加えて細切りのかにかまが入っていました。



オープン価格の大盛カップ麺としては具だくさん


  • たくさん入っているキャベツやコーン
今回のリニューアルで量が増えたというキャベツですが、確かにたくさん入っています。食感で目立つとともに、甘みがスープの味を増強していました。また、コーンもたくさん入っていて、こちらも甘みがしっかり感じられました。どちらも100円程度で買える大盛商品に入っている具としては、ボリューム感があって良かったです。

  • キクラゲ、かにかま
キクラゲもたくさん入っていました。カットが大きいため、コリコリした食感がしっかりあり、量だけではなく食感でも目立っていました。細切りのかにかまは、味や食感ではあまり目立てていなかったものの、赤い色味で彩りを加えていました。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん ごつ盛り ちゃんぽん」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
今回リニューアルされた「ごつ盛り ちゃんぽん」でしたが、野菜の旨みを中心としたちゃんぽんスープはしっかり飲ませるものがあった一方で、ややパンチに欠け、太い麺とのバランスがあまり良くなかったです。胡椒を強くするなどしてもうちょっと前に出てくるスープだと良かったんですけどね。オープン価格の大盛商品としては具の量が多く、ボリューム感がありました。食べ応えのあるコスパの良い商品です。

【担々麺カップ麺】セブン・ローソン・ファミマのコンビニPBカップ麺を食べ比べました!

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「スープが決め手 担々麺」(エースコックが製造)とローソンセレクトのカップ麺、「ごま香る担々麺」(日清食品が製造)、ファミリーマートコレクションのカップ麺、「濃厚旨辛担々麺」(日清食品が製造)のコンビニ大手3社のカップ担々麺を食べ比べてレビューしていきます。大手コンビニPBの「担々麺カップ麺」対決!!今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「スープが決め...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加