このページでは、エースコックのカップ麺、「CoCo壱番屋監修 まろやかクリーミーカレーラーメン」を食べてレビューしていきます。



「CoCo壱番屋監修 まろやかクリーミーカレーラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 まろやかクリーミーカレーラーメン」。2019年4月15日発売の、「CoCo壱番屋」シリーズのカップ麺です。先日レビューした「刺激のスパイスカレーラーメン」と同時発売の商品です。スパイシーに対しまろやかクリーミーという対比になっています。

ココイチらしいスパイス感のカップ麺! 「CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン」

このページでは、エースコックのカップ麺、「CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン」を食べてレビューしていきます。「CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 刺激のスパイスカレーラーメン」。2019年4月15日発売の、「CoCo壱番屋」シリーズのカップ麺です。「刺激のスパイスカレーラーメン」と「まろやかクリーミーカレー...

  • 「まろやかクリーミー」なココイチカップ麺
CoCo壱番屋(ココイチ)」は、全国に店舗展開するカレーチェーン店です。「ココイチ」は個人的にスパイシーなカレーを供する点が最大の特徴だと思っていますが、今回の商品はスパイスではなく「まろやかクリーミー」とのことで、スパイスを売りにしているわけではありません。

ココイチカップ麺では、スパイスを前面に出した商品だけではなく、まろやかさを売りにした商品も発売されていました。2018年4月に発売された「CoCo壱番屋監修 ホワイトカレーラーメン」は、チーズの入ったまろやかなカレーラーメンで、今回の商品と共通項が多そうです。

エースコック 「CoCo壱番屋監修 ホワイトカレーラーメン」

カレーのおいしさのうち「まろやかさ」を表現した「ホワイトカレーラーメン」今回のカップ麺は、エースコックの「CoCo壱番屋監修 ホワイトカレーラーメン」。エースコックによるココイチ監修の「CoCo壱番屋」シリーズ新商品です。「CoCo壱番屋監修 レッドカレーラーメン」との同時発売です。「ホワイト」も「レッド」もお店のメニューを再現した商品ではなく、カレーのおいしさのうち、今回の「ホワイト」が「まろやかさ」を、後...



  • 「チーズ&バター」のミックスパウダー
今回の商品には、「チーズ&バター」のミックスパウダーが別添されています。昨年の「ホワイトカレーラーメン」はチーズでしたが、今回はチーズに加えてバターも入っているので、よりまろやかさが強調されているかもしれません。果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「かやく入り粉末スープ」、「ふりかけ」の2袋。



先入れの「かやく入り粉末スープ」を入れた状態。スープ粉末とともにコーンやねぎ、ニンジンが入っています。

品名CoCo壱番屋監修 まろやかクリーミーカレーラーメン
メーカーエースコック
発売日2019年4月15日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(かやく入り粉末スープ・ふりかけ)
定価税別200円
取得価格税別138円(ドン・キホーテ)


栄養成分表、原材料


1食108g(めん90g)あたり
エネルギー452kcal
∟めん・かやく∟398kcal
∟スープ∟54kcal
たん白質9.2g
脂質13.5g
炭水化物73.5g
食塩相当量6.7g
∟めん・かやく∟2.4g
∟スープ∟4.3g
ビタミンB10.54mg
ビタミンB20.45mg
カルシウム330mg




スープ


スープは「ポークをベースに、オニオンやガーリック等の香味野菜の旨みを利かせたカレースープ」で、「別添のふりかけを加えることでチーズとバターの風味が広がる、まろやかでクリーミーな一杯に仕上げ」たとのこと。

ポークベースにスパイスを効かせたカレースープで、別添の「ふりかけ」でチーズやバターの風味が加わります。



バターの甘さが際立つカレースープ


  • 野菜の甘みを感じるまろやかなカレー
豚ベースのカレースープです。野菜の甘みが感じられるまろやかな味で、スパイスもしっかり感じ取れるものの、重厚感や辛味は強くありません。同時発売の「スパイスカレー」のようなスパイス感はなく、チーズ&バターパウダー入りの別添「ふりかけ」を抜きにしてもまろやかな味でした。

「スパイスカレーラーメン」と同様、ベースのカレースープに強調できるような特徴はなく、主役の「ふりかけ」を立てる脇役に徹している印象でした。



  • 「チーズ&バターミックスパウダー」
別添の「ふりかけ」に入っている「チーズ&バターミックスパウダー」は、しっかりとチーズとバターの風味が感じられ、これを入れることでカレースープにまろやかさが増しました。チーズの鼻に抜ける風味とともに、バターの甘みで流行りのバターチキンカレーを思わせるまったりした味わいが感じられました。なんだかまったくココイチらしい味ではないものの、商品名に入っている「まろやか」に違わない味に仕上がっています。



  • バター風味で名実ともにまろやかに
昨年発売されていた「ホワイトカレーラーメン」も今回と同じように「まろやか」を売りにした商品でしたが、スパイスが強く、またまろやかに不可欠な甘み部分がそれほど強くありませんでした。それに比べると今回は名実ともに「まろやか」な味になっていて、今回から加わったバター風味が大きな効果をもたらしています。




麺は「しっかりした弾力と滑らかさを併せ持つ丸刃のめん」で、「口の中で存在感をしっかりと感じられる、食べごたえ抜群のめんに仕上げ」たとのこと。

湯戻し時間3分の、中太の油揚げ麺です。かため食感の丸麺です。



かため食感の中太油揚げ麺


中太で縮れのついた油揚げ麺です。同時発売の「スパイスカレーラーメン」と同じ油揚げ麺だと思われます。かための食感で噛み応えがあり、主張の強いカレースープの中に入っても、埋もれてしまわずにしっかり存在感がありました。エースコックの商品でよく見られる麺ですが、カレー味みたいな主張の強いスープと抜群の相性です。

麺量は90gで、スーパーカップ1.5倍など大盛カップ麺の標準的な量となっています。甘みの強いスープとの組み合わせで味も量もなかなかの食べ応えです。スープのとろみが付いていて麺とよく絡み、スープと麺を合わせた重量感が良かったです。



具は「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、彩りの良いコーン、人参、ねぎで仕上げ」たとのこと。

キャベツ、コーン、ニンジン、ねぎの入った野菜のみの構成です。



キャベツやコーンがしっかり入っている


野菜のみが入っていて、肉系の具は入っていません。野菜カレーです。キャベツやコーンはまずまずの量入っていて、具が不足している印象は持ちませんでした。キャベツもコーンも甘いので、スープの甘みをしっかり補強しています。

同時発売の「スパイスカレーラーメン」と比べると、具の量は多くボリュームがありました。一方で、「スパイスカレーラーメン」にはオクラという特徴的な存在があったのに対し、今回の具には核となる存在はありませんでした。


オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「CoCo壱番屋監修 まろやかクリーミーカレーラーメン」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
野菜の甘みを効かせたまろやかなカレースープに、別添「チーズ&バターミックスパウダー」の、特にバターの甘みをしっかり効かせることで、商品名の「まろやかクリーミー」通りのまろやかな味に仕上がっていました。一方で、この味がココイチらしいかと問われると、私はココイチの魅力はスパイス感だと思っているので、今回の商品にはスパイス感があまりなく、その点ではちょっと微妙でした。

【カップ麺アワード2018】

このページでは、【カップ麺アワード2008】として、2018年に発売されたカップ麺の大賞、準大賞を選定していきます。カップ麺アワード2018【カップ麺ランキング2018】では、2018年に発売されたカップ麺の中から、これまでに以下の部門ごとにランキング形式で商品を紹介し、1位を選んできました。各部門の1位になったカップ麺は以下の通りです。【激辛カップ麺】 日清食品 「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」【...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加