このページでは、ローソンオリジナル商品の「悪魔のおにぎり」用カップスープ、「カップ悪魔のぞうすいの素」を食べてレビューしていきます。



「カップ悪魔のぞうすいの素」はどんな商品?


今回は、ローソンオリジナル商品の「悪魔のおにぎり」用カップスープ、「カップ悪魔のぞうすいの素」。製造は永谷園。2019年4月16日発売の新商品です。「悪魔のおにぎり」を入れてぞうすいにするための商品です。



  • 「悪魔のおにぎり」をぞうすいにするためのカップスープ
今回商品は、ローソンの大ヒット商品である「悪魔のおにぎり」をぞうすいにするためのカップスープです。「悪魔のおにぎり」を入れなければ成立しない旨のことが書かれています。そう言われてしまうと逆に、他の味のおにぎりを入れるとどうなるんだろうといろいろチャレンジしてみたくなりますが、やったところでただの自己満足になってしまいそうなので、今回は言われるがままに「悪魔のおにぎり」を入れて食べてみたいと思います。Lチキにおける「Lチキバンズ」みたいな感じでしょうかね。



  • そもそも「悪魔のおにぎり」とは?
「悪魔のおにぎり」とは、天かすやあおさの入った、ごま油香る天つゆ味のまぜごはんのおにぎりです。ありそうでなかった味というか、そのまんまお蕎麦をおにぎりにしたような、不思議な感覚の商品で、またたく間に大ヒット商品となりました。発売当初は品薄状態が続いていましたよね。ローソンは最近だとチーズケーキの「バスチー」やチョコシューの「ザクシュー」が大ヒット。発売日にw両方食べましたが、どっちもかなりおいしかったです。

最近のローソンはいろいろフットワークが軽い上、オリジナル商品の大ヒットも多く、セブン追撃体制がいよいよ整ってきた印象を受けます。個人的には、カップ麺新商品の入荷が最も多いコンビニであり、またスマホ決済をはじめ支払い方法がいろいろ選べるところもお気に入りです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「具」の1袋。

品名カップ悪魔のぞうすいの素
メーカー永谷園(ローソンオリジナル商品)
発売日2019年4月16日(月)
麺種別スープ
かやく・スープ1袋(具)
定価税込108円
取得価格税込108円(ローソン)


栄養成分表、原材料


1食8.5gあたり
エネルギー31kcal
たん白質1.0g
脂質1.3g
炭水化物3.7g
食塩相当量2.3g





こちらは「悪魔のおにぎり」の栄養成分と原材料。




調理法と完成まで




まずはカップに「悪魔のおにぎり」をセットします。



別添袋の「具」を入れます。「具」には、スープ粉末と、えび揚げ玉、青のりなどが入っています。お湯入れなくてもこの時点でなんだかとてもおいしそうなんですが。



お湯を注ぎます。おにぎりをタテに入れるとお湯の表面からおにぎり飛び出してしまうので、横向きに入れる方が良いかもしれません。



しっかり混ぜ合わせて完成です。これはうまそうだ。特に3分待てとか書かれていないので、混ぜ合わせた時点でGOなんですが、馴染ませるためにはちょっと置いた方が良さそうです。



オススメ度(標準は3です)


  • ローソン 「カップ悪魔のぞうすいの素」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
和風ベースのスープに青のり・揚げ玉入りで、おにぎりを入れると悪魔のぞうすいに変身」とのことで、「悪魔のおにぎり」に新しい味を加えるというよりは、もともとの味を増強する役割を担っているように感じました。「悪魔のおにぎり」の角のない味が、ぞうすいにすることでハッキリとエッジが立つようになりました。聖闘士星矢におけるクロスの役割に似ていますね。「悪魔のおにぎり」のコスモが燃焼することによって「ぞうすいの素」の防御力が上がっていくみたいな感じ。揚げ玉がたくさん入っているのがなかなか良かったです。

ただ、もともとおいしい「悪魔のおにぎり」に、わざわざ103円プラスして補強するにはちょっとコスパが悪いかなという印象。それもこれも「悪魔のおにぎり」単体で完成度が高まり切っているのが悪いということで。主食として食べるなら「悪魔のおにぎり」を単体で2個以上、副菜、汁物として食べるなら「悪魔のおにぎり」に「悪魔のぞうすい」を加えてという形で使い分けですかね。



「悪魔のおにぎり 四川風担々麺味」も食べてみました!




「悪魔のおにぎり」1個とぞうすいの素だけでは1食として足りないなぁと思っていたら、「悪魔のおにぎり」の横に新種が置いてあるじゃないですか!「悪魔のおにぎり 四川風担々麺味」!!どうせなのでこっちも食べてレビューしてしまいます。



唐辛子を混ぜ合わせたごはんの中に、花椒の香る練りごまベースの挽肉が入っています。これは「悪魔のおにぎり」に比べてだいぶ手が込んでいます。その分価格も30円ほど高いんですけどね。「悪魔のおにぎり」がアイデア商品でジャンキーな味というイメージなのに対し、こちら「四川風担々麺味」は、ふつうにおいしいというか、しっかり担々麺らしさの感じられる本格派。ピリ辛以上には辛いし、花椒のシビレもしっかり感じられました。


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加