このページでは、日清食品のカップ麺、「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」を食べてレビューしていきます。



「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」。2019年3月25日にリニューアル発売された、「日清ラ王」シリーズの商品です。2018年3月に発売された「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」が、約1年ぶりにリニューアルされての登場です。



  • 「噛むほどにシビれる花椒練りこみ麺!」
日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」は、2018年3月に発売されレギュラー化した商品で、今回は約1年ぶりのリニューアルとなります。パッケージデザインが変更になったことに加え、麺に花椒が練り込まれたことが大きな変更点のようです。たれは「口に入れた瞬間に花椒のシビれと香りが広がるたれは、唐辛子の辛さとごまの濃厚なコク、うまみが後を引く味わいに仕上げました」との説明されていますが、この文面からは変更があるのかどうかは判断がつきませんでした。

今回は「花椒練りこみ麺」が使用されているとのことですが、「日清ラ王」の他の商品で「山椒練りこみ麺」がすでに使用されています。2018年9月発売の「日清ラ王 焦がし醤油」と「日清ラ王 焦がし味噌」、そして2019年3月発売の「日清ラ王 焦がし激辛豚骨」の、「焦がし」シリーズ3品で、いずれも山椒の風味が効果的でした。今回は山椒よりシビレの強い「花椒」が練り込まれているため、さらに期待できそうです。

焦がし風味と「山椒練りこみ麺」の「日清ラ王」新基軸!!日清食品 「日清ラ王 焦がし醤油」

「焦がしニンニク油」と「山椒練りこみ麺」が特徴の新しい「日清ラ王」今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 焦がし醤油」。2018年9月10日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。焦がし風味のスープと「山椒練りこみ麺」を特徴とする商品で、「日清ラ王 焦がし味噌」と同時発売となっています。「焦がし味噌」も近日レポする予定です。黒を基調に赤をあしらった、いつものの「日清ラ王」とは明らかに異色のパッケー...

焦がし風味とみそ味の相性は?日清食品 「日清ラ王 焦がし味噌」

「焦がしニンニク油」と「山椒練りこみ麺」が特徴の「日清ラ王」のみそラーメン新商品!今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 焦がし味噌」。2018年9月10日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品で、「日清ラ王 焦がし醤油」と同時発売となっています。こちら北海道札幌で、先日の地震の影響でお店にカップ麺があまり並んでいない状況ですが、このラ王2品だけはなぜかどこのスーパーに行っても並んでいるのを見かけます。流通...

ラ王の焦がしシリーズ第3弾!「日清ラ王 焦がし激辛豚骨」

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清ラ王 焦がし激辛豚骨」を食べてレビューしていきます。「日清ラ王 焦がし激辛豚骨」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 焦がし激辛豚骨」。2019年3月11日発売の、「日清ラ王」シリーズの新商品です。昨年に「焦がし醤油」と「焦がし味噌」が発売されていた、「日清ラ王」の「焦がし」シリーズの第3弾商品です。日清ラ王「焦がし...

  • リニューアル前の「ビリビリ辛うま汁なし担々麺」は高評価していた
リニューアル前の「ビリビリ辛うま汁なし担々麺」の時点ですでに完成の域にあった商品で、ブログでは★7の高評価をしていました。こんなブログをやっているので毎日カップ麺を食べていますが、その間隙を縫って定期的に食べるほど、私にとってはお気に入りの商品です。 お気に入りの商品なので、リニューアルで変わってしまったら嫌だなという気持ちと、日清食品ならさらに進化させてくるだろうという信頼の間で揺れ動いています。果たしてどんな一杯に仕上がっているのでしょうか。リニューアル前後の商品を比較しながら進めていきたいと思います。

日清食品 「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」

「日清ラ王」シリーズ2つめの汁なし麺今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」。「日清ラ王」シリーズの新商品で、ラ王が今の形になってからは2つめとなる焼そば以外の汁なし麺商品となります。最初の汁なし麺は「日清ラ王PREMIUM 台湾まぜそば」でした。台湾まぜそばは商品名に「PREMIUM」のつく高額商品でしたがおいしい商品だったので、こちら汁なし担々麺も大いに期待できそう。こちらは他の...



内容物、価格、購入額など




左がリニューアル後の商品で、右がリニューアル前の商品。別添袋はともに「液体たれ」と「かやく」の2袋の構成で、袋のデザインも全く同じです。中身も同じなのでしょうか。



先入れの「かやく」を開けた状態。リニューアル後の「かやく」に入っている挽肉の方が粒が大きく、量も多い印象を受けます。 多分個体差かと思われますが、ちょっとうれしい気持ちになりました。写真では見づらいかもしれませんが、リニューアル後の麺が花椒が練り込まれていることで明らかに黒っぽくなっていて、両者に大きな違いが見られました。麺の太さや形状には違いはないようです。

品名リニューアル後 日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺
メーカー日清食品
発売日2019年3月25日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(液体たれ・かやく)
定価税別220円
取得価格税別220円(イオン)

品名リニューアル前 日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺
メーカー日清食品
発売日2018年3月5日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(液体たれ・かやく)
定価税別220円
取得価格税別220円(イオン)


栄養成分表


リニューアル後 日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺
1食121g(めん80g)あたり
エネルギー501kcal
たん白質9.4g
脂質19.8g
炭水化物71.3g
食塩相当量5.0g
ビタミンB10.24mg
ビタミンB20.33mg
カルシウム206mg



リニューアル前 日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺
1食121g(めん80g)あたり
エネルギー486kcal
たん白質8.8g
脂質19.4g
炭水化物69.0g
食塩相当量5.2g
ビタミンB10.23mg
ビタミンB20.30mg
カルシウム173mg



内容量121gや麺量80gはリニューアル前後で全く同じ数値です。しかし、それ以外の数値は、食塩相当量以外でリニューアル後の数字が大きくなっており、数字上はリニューアルによる正当進化が窺えます。麺に花椒練り込んだくらいではそうはならないだろうという変化があるので、たれに変化がありそうな感じです。


完成写真の比較




左がリニューアル後で右がリニューアル前。両者必死に具をサルベージして上に乗せてみましたが、やはり左のリニューアル後の方が肉の粒が大きく、量も多く見えます。右のリニューアル前は、肉の粒が小さくてサルベージが難しいものがたくさんありました。


たれ


スープは「口に入れた瞬間に花椒のシビれと香りが広がり、唐辛子の辛さとごまの濃厚なコク、うまみが後を引く担々だれ」に、「小粒のミンチ肉風の大豆たんぱく具材を混ぜ込み、食感にアクセントを加え」たとのこと。

練りごまのコクが強く感じられる、しょうゆ味ベースの担々麺のたれで、花椒のシビレと唐辛子の辛さがしっかり効いています。



リニューアル後。



リニューアル前。

  • 花椒のシビレは強めで、辛味はほどほど
しょうゆベースで練りごまの分厚い担々麺たれです。飛び抜けて強いわけではないもののしっかりと花椒のシビレが効いており、今風な味に仕上がっています。唐辛子の辛味は程々で、シビレと辛味あわせて辛口~大辛といったところでしょうか。激辛レベルにはありませんが、常識的な辛さに留めることで、たれの他の味を活かせるバランスになっていると感じました。刺激を求めるなら、先日発売された「マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺」の方が良いかもしれません。

「マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺」はシビレと練りごまが好バランスのカップ麺

このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺」を食べてレビューしていきます。「マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺」。2019年4月1日発売の、「マルちゃん 正麺カップ」シリーズの新商品です。同時発売の「正麺カップ 焼そば」とともに、「正麺カップ」シリーズ初の汁なし麺として発売さ...

  • 練りごまの太さが最大の売り!
「ビリビリ辛うま」なんていう商品名で、花椒のシビレを強力に売りにしている商品ですが、この商品の最大の売りは、しっかりシビレながらも、濃くて太い練りごまがしっかり効いていることだと思います。練りごまの濃さはおそらくカップ汁なし担々麺でも最強で、シビレと辛味を強すぎない程度に留めることで、練りごまがしっかり活きていました。

  • 練りごまの太さが最大の売り!
また、酸味を強めに効かせているの大きな特徴で、濃い練りごまや花椒のシビレの中にあっても、酸味が幅を利かせています。酸味が効いていることで味に奥行きが感じられ、単なるシビレのブームにのった商品ではない、実力の伴った一杯であることを認識させてくれます。いやーうまいなぁ。

  • リニューアル前後でたれに大きな違いは感じられない
今回、リニューアル前後で食べ比べをしましたが、それほど大きな違いは感じませんでした。たれ自体よりも、麺に花椒が練り込まれた効果のほうが大きいように思います。リニューアル前ですごい完成度のたれだったので、変化が軽微に留まったのは良かったのではないかと思います。




麺は「もっちりとした食感の太麺に花椒の粉末を練り込んだ "花椒練りこみ麺"」で、「3層ストレートノンフライ製法による "まるで、生めん。" のようなコシとつるみが特長の、噛むほどにシビれる新感覚の麺」とのこと。

湯戻し時間5分の、太めのノンフライ麺です。ストレート形状の角麺で、黒っぽい色合いで花椒が練り込まれていることが視認できます。



リニューアル後。



リニューアル前。たれと混ぜ合わせる前はリニューアル前後で麺の色が違いましたが、混ぜ合わせてしまうとそれほど違いは見て取れなくなります。

「花椒練りこみ麺」は効果的


  • 麺に練り込まれた花椒によりシビレに持続性
ノンフライストレートの中太~太麺です。他社の多加水ノンフライ麺に比べると多加水麺食感はそれほど強くないように思いますが、弾力としっとりした食感を併せ持った麺となっています。今回の麺は「花椒練りこみ麺」という大きな特徴がありますが、これはかなり実感できるレベルでリニューアル前後で違いが感じられました。

リニューアル前後の商品どちらもたれに花椒が入っているため、シビレの強さ、インパクトでは大きな違いはないですが、麺に練り込まれた花椒の効果により、リニューアル後の方がシビレに持続性がありました。この麺の効果は、シビレのインパクトよりも持続性のように思います。

  • たれとの相性抜群
今回は花椒と練りごまの強いたれですが、麺にはそのたれに負けない強い食感と甘みがありました。噛んでいるうちに感じる甘みと麺の粘り気が、たれと非常に相性が良いと感じました。人気の広島式汁なし担々麺に比べると麺はだいぶ太いですが、この麺の組み合わせもとても素晴らしいです。




具は「ミンチ肉、チンゲンサイ」とのこと。

「かやく」に入っている挽肉とチンゲンサイに加え、液体たれにも大豆ミンチが入っていますが、量は少なめです。



挽肉とチンゲンサイの構成


挽肉、チンゲンサイという、汁なし担々麺らしい具の構成ですが、量は残念ながらそれほど多くなく、この商品唯一の欠点のように思います。たれや麺にコストが割かれているのが食べていてとても良くわかるので納得はできますが、定価税別220円と考えるともう少し充実していて欲しかったかなと思います。

リニューアル前後でパッケージに書かれている内容量に変化がないため、おそらく両者の具の量は同じという設定だと思われますが、今回両者を比較して、リニューアル後の方が挽肉の量が多く感じられました。単なる個体差だろうとは思いますが、ちょっとうれしかったです。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」
★★★★★★★☆☆☆(7)
「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」のリニューアル商品を、リニューアル前のものと比較してきました。栄養成分にだいぶ変化は見られましたが、基本的には麺が「花椒練りこみ麺」に変化したということで良さそうです。「花椒練りこみ麺」により、花椒のシビレに持続性が増し、よりシビレを実感できる一杯に仕上がっていました。個人的には、シビレや辛味がしっかりしていることに加え、分厚い練りごまの存在がこの商品の大きな価値だと思います。引き続き、カップ汁なし担々麺の本命と判断します。練りごまよりももっと刺激が欲しければ、「マルちゃん正麺 カップ 汁なし担々麺」の選択もありでしょう。良いライバル関係ですね。

【激辛の終末】 「ペヤング 激辛やきそばEND」を通常「激辛ペヤング」と食べ比べ

ペヤング史上最強の激辛「END」終末の恐怖!今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 激辛やきそばEND」。2018年8月27日発売の、「ペヤング焼そば」の新商品です。ただでさえ辛いシャア機体と同じ色のパッケージでお馴染みの通常の「ペヤング 激辛やきそば」ですが、「激辛」に「END」の入った、まさに「END」を「終末」と訳すのに相応しい、カタストロフな一杯のようです。どれだけ終末でカタストロフなのか、通常の「激辛や...


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加