このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 博多だるま」を食べてレビューしていきます。



「銘店紀行 博多だるま」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 博多だるま」。製造は明星食品。2019年3月11日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。先日レビューした「銘店紀行 六角家」とともに、2017年12月に発売されていた「銘店紀行 博多だるま」が今回リニューアルされました。

セブンプレミアムの六角家カップ麺がリニューアル! 「銘店紀行 六角家」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「銘店紀行 六角家」を食べてレビューしていきます。「銘店紀行 六角家」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 六角家」。製造は明星食品。2019年3月11日発売の、「銘店紀行」シリーズの新商品です。2017年12月に発売されていた「銘店紀行 六角家」が今回リニューアルされました。「六角家」は横浜家系ラーメンの名店...



  • 「博多だるま」は博多とんこつラーメンの名店
博多だるま」は、福岡県福岡市にある博多とんこつラーメンの名店です。とんこつ臭と背脂の量でインパクトのあるお店で、私は以前発売されていたカップ麺でこの店を知り、いつか行ってみたい思っていました。そして九州出張の際に念願叶って食べてくることができました。福岡市の渡辺通にある「博多だるま 総本店」は、とんこつ臭こそ思ったほどではなかった(それでもすごいのは間違いない)ですが、総合力の高いおいしい一杯でした。



本店だけではなく、博多駅の駅ビル内にある「元祖博多だるま」にも行ってきました。こちらはカップ麺を食べて想像していたとおりのゴリゴリのとんこつ臭が感じられるラーメンで、個人的には本店よりもこちらが好みでした。背脂は本店の方がずっと多かったです。次に福岡に行く時も、このラーメン食べるために宿は博多駅周辺にとろうと強く思いました。本店は背脂が、博多駅はとんこつ臭が印象的でした。





  • 過去に発売されていた「博多だるま」のカップ麺
一昨年の「銘店紀行」シリーズ誕生以前から、セブン&明星食品から「博多だるま」のカップ麺が発売されていました。このブログはもう10年以上続けていて、その中で3000食以上のレビューを行っていますが、評価★9をつけたカップ麺はたったの7つしかなく、しかもそのうち3つが「博多だるま」なんです。そして2009年8月に発売された「地域の名店シリーズ 博多だるま」には、唯一の「★9+」をつけています。本当は★10にしたかったんですが、今後現れるであろう頂点のカップ麺のためにそのポジションは開けておこうということで、「+」をつけるという苦肉の策でしたが、心の中では★10です。最近のカップ麺では考えられないレベルで、強烈なとんこつと豚脂の風味が感じられる一杯でした。「地域の名店シリーズ」また復活しないですかね。

明星食品 「地域の名店シリーズ 博多だるま」 (2回目)

さてさて本日2つめの更新。8月発売の商品を8月中に紹介しておきたかったためこうなってしまいました。ってかブログ上の日付は8月31日ですが、書いているのは9月1日なんですけどね。その8月のトリを飾る1杯は、このブログ2度目の登場、セブンイレブンオリジナル商品で、明星食品の「地域の名店シリーズ 博多だるま」。わがブログは今まで500杯以上のカップ麺を紹介してきましたが、その中で唯一の★9に輝く伝説の1杯です。ガッツリと...

2017年12月に、どんぶり型ノンフライ麺商品の「地域の名店シリーズ」が、タテ型ノンフライ麺の「銘店紀行」に置き替わり、そのシリーズ第1弾商品として「六角家」とともに「銘店紀行 博多だるま」が発売されました。総合力の高い一杯なのは間違いなかったものの、とんこつ臭が完全に消え去ってしまい、「地域の名店」の時とはまったく違う一杯になってしまっていました。

セブンプレミアム 「銘店紀行 博多だるま」

新シリーズ「銘店紀行」の「博多だるま」今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「銘店紀行 博多だるま」。製造は明星食品。「博多だるま」のカップ麺は、今まではセブンの「地域の名店シリーズ」の商品として地域限定で売られていて、このブログで最高評価となる「★9+」を唯一付けたことのある傑作中の傑作でした。今回「地域の名店シリーズ」としては終了し、同時発売の「六角家」とともに、「銘店紀行」シリーズとして再出発す...

今回もとんこつ臭には期待できなそうですが、おいしい一杯に期待したいです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ特製オイル」の1袋。カップにはチャーシューチップ、ネギ、キクラゲがたくさん入っています。

品名銘店紀行 博多だるま
メーカーセブンプレミアム(製造は明星食品)
発売日2019年3月11日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ1袋(後入れ特製オイル)
定価税込213円
取得価格税込213円(セブンイレブン)


栄養成分表


1食97g(めん65g)あたり
エネルギー388kcal
たん白質12.2g
脂質11.6g
炭水化物60.2g
 ∟糖質∟57.0g
 ∟食物繊維∟3.2g
食塩相当量5.2g
 ∟めん・かやく∟1.8g
 ∟スープ∟3.4g
ビタミンB10.67mg
ビタミンB20.35mg
カルシウム290mg



2017年に発売された「銘店紀行 博多だるま」と比較して、あまり栄養成分に大きな変化はなさそうです。


スープ


スープは「背脂たっぷりの濃厚な豚骨スープ」とのこと。

豚脂がたくさん浮いた、濃厚なとんこつスープです。



豚の旨みと豚脂の存在感が強いスープ


  • 豚の旨みと骨の存在をしっかり感じる
重厚なとんこつを味わえるとんこつスープです。豚の旨みが強く、とんこつの香ばしさ、骨の存在感がしっかりあります。「博多だるま」の特徴である、旨みを凝縮させた豚の塊のような味の雰囲気を感じ取ることができました。カップ麺のとんこつスープで、これだけ豚の存在をしっかり感じられるスープはなかなかないと思います。



  • スープ表面に大量に浮く豚脂
別添の「後入れ特製オイル」には、豚脂を中心とする油脂が大量に入っており、これを入れることでスープ表面に大量の油脂が浮きます。スープの豚の旨みに加え、この豚脂の風味により、よりいっそう豚の存在感が際立つスープになっていました。お店のスープには粒状の背脂が入っており、今回のスープではその再現はできていないものの、「博多だるま」のこってり感はある程度再現できていました。

  • 今回もとんこつ臭は弱い
一方で、「博多だるま」の最大の特徴と言えるとんこつ臭は、残念ながら今回もそれほど強くは感じられませんでした。別添「特製オイル」に多少のとんこつ臭がつけられているようですが、お店のすごいとんこつ臭とは比べるべくもありません。以前の「地域の名店シリーズ」の最後の方でもとんこつ臭はだいぶ絞られてしたのですが、「銘店紀行」になってからはそれ以上に弱くなってしまいました。どっかから臭いとクレームでも来たのでしょうかね。

  • とんこつ臭以外はレベルが高い
タテ型カップ麺のとんこつスープとしては、かなりデキが良いスープなのは間違いありません。「博多だるま」の再現商品でなかったならばもっと評価できていたかもしれません。ただ、「博多だるま」の再現商品である以上、とんこつ臭は絶対に欠かすことのできない要素なので、それがないことで再現性は高くないと言わざるをえません。いやー今回のスープとんこつ臭以外は完璧に近いんですけどね。とんこつ臭が必要ない方ならば、文句ないデキだと思います。




麺は「スチームノンフライ製法の極細ストレート麺」とのこと。

湯戻し時間4分の、極細ノンフライ麺です。形状はほぼストレート。



極細のノンフライ麺を使用


極細のノンフライ麺です。タテ型カップによる成形上の都合から多少の縮れはあるものの、ほぼストレートな麺です。「銘店紀行」シリーズは、油揚げ麺商品が大部分を占めるタテ型カップながら、ノンフライ麺を使用してリッチなのが大きな特徴となっており、今回の商品でもしっかりノンフライ麺が使用されています。

明星食品のどんぶり型商品で使われる「スーパーノンフライ製法」(詳細はわからず)による極細ノンフライ麺は、ノンフライ麺ながら粉っぽさ、生っぽさとバリカタ食感が共存する生麺さながらの麺なのですが、今回はタテ型でその麺は使われておらず、生麺っぽいとまではいきません。しかし、油揚げ麺を使用するよりははるかに良く、油揚げ麺臭によってスープの味の邪魔をすることなく、しっかりスープの中で馴染んでいます。スープと麺のバランスは素晴らしかったです。



具は「チャーシューチップ、きくらげ、ねぎ」とのこと。

細切れのチャーシューチップ、ネギ、キクラゲがそれぞれかなりたくさん入っていて、ボリュームのある具の構成です。



細切れチャーシュー、ネギ、キクラゲの組み合わせ


  • 細切れチャーシュー
細切れチャーシューがかなりたくさん入っています。先日食べた「銘店紀行 六角家」にも同じタイプのものが入っていましたが、量はそれよりさらに多いようです。肉感はそれほどありませんが、大盛は正義。スープや麺にかなりのこだわりを見せながら、他のタテ型カップ麺と同じ価格帯でこの量を入れるのはなかなか難しいことなのではないかと思います。さすがセブンと言うか、メーカー側はかなり苦労しているんだろうなと同情してしまいます。

  • ネギとキクラゲもたくさん
細切れチャーシューだけではなく、ネギとキクラゲもかなりたくさん入っています。特にネギの量はネギラーメンさながらのレベルで、ちょっとした芝生のようにも見えます(大げさ)。明日の大阪杯(G1)が行われるのはここだったのかと錯覚してしまうくらいです(しつこい)。緑が多いことで色味が映えています。キクラゲも多めに入っていて、コリコリした食感が良いアクセントになっていました。


オススメ度(標準は3です)


  • セブンプレミアム 「銘店紀行 博多だるま」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
リニューアルされたセブンの「銘店紀行 博多だるま」でしたが、リニューアル前と大きな違いは特に感じませんでした。タテ型カップ麺ながらノンフライ麺を使用し、重厚な豚の旨みと豚脂、そして具のボリュームも素晴らしく、かなりレベルの高い一杯と言えると思います。ただ、「博多だるま」のあのとんこつ臭はまったく再現できておらず、お店の再現商品と考えると物足りない印象です。ただのとんこつカップ麺考えるなら★5どころか★6でも良いように思いますが、とんこつ臭がないことでお店の再現商品としては物足りないため、厳しめに★4としました。

こちらの復活も期待しています。

セブンプレミアム 「地域の名店シリーズ もちもちの木」 (3回目)

どうもオサーンです。ユニクロGUのネット通販でさっき買い物したんですが、12点買って税込5940円って、我ながら安く済ませたもんです。何か年々、オサレとかどうでも良くなっている気がする。今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「地域の名店シリーズ もちもちの木」。他の「地域の名店シリーズ」と同じく、製造は明星食品です。昨年後半にリニューアルしてからずっと食べたいと思っていましたが、東北と関東限定発売なので...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加