このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん 吉祥寺 Tombo監修 醤油の旨味ソバ」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん 吉祥寺 Tombo監修 醤油の旨味ソバ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 吉祥寺 Tombo監修 醤油の旨味ソバ」。2019年3月11日発売の新商品です。「TRYラーメン大賞2018-2019」にて「新人大賞部門」総合1位に輝いた、吉祥寺のラーメン店「Tombo」とタイアップしたカップ麺です。



  • 「Tombo」東京武蔵野市吉祥寺の人気ラーメン店
Tombo」は、東京武蔵野市吉祥寺にあるラーメン店で、「TRYラーメン大賞2018-2019」にて「新人大賞部門」の第1位に輝き、今回カップ麺化されました。お店の看板メニューは「醤油の旨味ソバ」で、とんこつと鶏ガラのやさしいしょうゆ味に、香味野菜の風味とコクを加えたスープが特徴とのことです。今回のカップ麺もこの「醤油の旨味ソバ」を再現しています。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「特製スープ」の1袋。カップにはスープ粉末とともに豚肉やメンマなどが入っています。麺は細め。

品名マルちゃん 吉祥寺 Tombo監修 醤油の旨味ソバ
メーカー東洋水産
発売日2019年3月11日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(特製スープ)
定価税別210円
取得価格税込225円(ローソン)


栄養成分表、原材料


1食95g(めん70g)あたり
エネルギー426kcal
∟めん・かやく∟364kcal
∟スープ∟62kcal
たん白質10.8g
脂質21.3g
炭水化物47.8g
食塩相当量5.6g
∟めん・かやく∟1.5g
∟スープ∟4.1g
ビタミンB10.38mg
ビタミンB20.39mg
カルシウム162mg




スープ


スープは「チキンとポークの旨味をベースに、かつおと煮干しのだしを加え、香味野菜の風味を利かせたオイルでアクセントを付けた、コクのある醤油味のスープ」で、「フライドオニオンチップ入」とのこと。

とんこつと鶏ガラベースのしょうゆ味のスープで、ほのかに魚介が香るあっさり味です。



鶏ガラにほのかに煮干しを効かせたしょうゆ味のスープ


  • 鶏ガラ主体のやさしいしょうゆ味
ベースはとんこつと鶏ガラですが、鶏ガラが強めのように感じます。スープ表面に豚脂や鶏油が浮いていて、こちらもふわっと香る鶏油が優勢のように感じました。鶏の味が主体のあっさりしょうゆ味です。しょうゆは香りは強めに感じるのに対し、塩辛さは香りほど強くはなく、お店の特徴と同様、やさしい味に仕上がっていました。

鶏ガラ主体のスープに、後味として魚介をほのかに感じます。魚介系スープのような強烈な風味ではなく、ホントほのかに香る程度。香味野菜の風味も効かせているとのことですが、こちらはそれほど存在感がなかったように思います。



  • 派手さはないがじわじわくるおいしさ
鶏ガラを強めのあっさりしょうゆ味で、まさに中華そば!って感じでした。鶏ガラ鶏油から感じる自然な甘さがやさしい味につながっており、煮干しなど魚介もやさしく効いているため、カップ麺らしからぬ、派手さはないけどじわじわとおいしさを感じることができます。あっさりながらしょうゆのキレがあり、こってり好きな人でもある程度満足できそうなエッジも効いていました。




麺は「スープとの相性がいい、食べごたえのある角麺」とのこと。

湯戻し時間2分の、中細油揚げ麺です。やや縮れのある角麺となっています。



中細で縮れのある中華そばらしい油揚げ麺


中細でやや縮れのある油揚げ麺が使われています。細いながらもかため食感で、弾力よりも歯切れの良さを感じる低加水麺食感の麺となっています。スープ同様、とても中華そばらしい麺と言えるのではないかと思います。あっさりスープに主張の小さい細めの麺の組み合わせもバランスが良く、なかなか良いマッチングだと感じました。

実際のお店のレビューを見てみると、お店の麺は表面につるみのある多加水麺が使用されているそうで、今回の麺とは形状こそ似ていても、食感はだいぶ違うようです。ただ私の偏見ではあるものの、今回の鶏ガラ主体で煮干しを感じるスープと合わせるなら低加水麺の方がマッチングが良さそうに思うので、お店の再現性を抜きに考えれば今回の麺は悪くないのではないかと感じました。

ただ、スープに入っていたフライドオニオンの味をあまり感じ取れなかったのは、ひょっとするとこの油揚げ麺から滲み出た味が邪魔しているのかもしれません。



具は「味付豚肉、メンマ、ねぎ」とのこと。

量のしっかりある豚肉やメンマとねぎの構成で、オーソドックスな組み合わせです。



豚肉とメンマが充実の具の構成


  • 細切れ豚肉がたくさん
細切れの豚肉が結構たくさん入っています。東洋水産のタテ型カップ麺ではよく見るタイプの、脂分の少ない肉で、がっしり歯応えのある肉感です。味もボリュームもしっかりしていますが、お店では大きな豚バラチャーシューが入っていて、しかもほろほろ崩れるやわらかい食感が特徴だそうなので、それと今回の肉とは全然印象は異なります。

  • メンマはスープと好相性
メンマも多めに入っています。そこそこの大きさにカットされていてコリコリした食感が楽しめ、しょうゆ味のスープとの相性もバッチリです。メンマ好きの私からすると、メンマと相性の良いスープにしてくれてありがとうという気分です。業務スーパーの中華メンマでも加えて食べたいところでしたが、スープの味が変わってしまいそうなのでぐっと我慢しました。

スープや麺と同じように、具の構成も王道中華そばそのもので、お店の名前を冠しなくても「王道中華そば」なんて商品名で発売しても完璧に成立しそうです。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん 吉祥寺 Tombo監修 醤油の旨味ソバ」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
吉祥寺のラーメン店「Tombo」の味を再現したカップ麺でしたが、鶏ガラ主体のしょうゆ味に煮干しがほんのり効いたスープはまさに中華そばの味わいで、細めの麺や具の構成も含め、王道を行く味でした。カップ麺で、しかも油揚げ麺で再現したカップ麺としては、地味ながらじわじわくるおいしさが印象的です。この繊細な味ならば、ノンフライ麺を合わせるとさらにおいしくなりそう。いつか本格的などんぶり型カップ麺で商品化してもらいたいですね。

カップ麺ブロガーが「ブタメン」5種類を食べてみました!

このページでは、おやつカンパニーのミニカップラーメン(駄菓子)、「ブタメン」シリーズのうち、100円ショップダイソーで買える5種類の商品、「ブタメン とんこつ味」、「ブタメン しょうゆ味」、「ブタメン タンしお味」、「ブタメン カレー味」、「ブタメン 和風らーめん味」を食べてレビューしていきます。目次1. 「ブタメン」はどんなカップラーメン(駄菓子)?2. ブタメン とんこつ味3. ブタメン しょうゆ味...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加