このページでは、日清食品のカップライス、「日清ウマーメシ シビうま担々」を食べてレビューしていきます。



「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清ウマーメシ シビうま担々」。いやカップ麺じゃないですねカップライス。2019年3月11日発売の、「日清ウマーメシ」シリーズの第1弾となる新商品です。シビレの強さを強調した担々スープのカップライスとなっています。先日レビューした「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」や、近日中にレビュー予定の「日清ラ王 焦がし激辛豚骨」と同時発売で、3商品ともシビレが特徴の商品となっています。

強烈なシビレが味わえるカップヌードル!「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」

このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」を食べてレビューしていきます。「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 花椒シビうま激辛麻辣味 ビッグ」。2019年3月11日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。花椒に着目した「シビうま」が特徴のカップヌードルで、同じく「シ...



  • カレーメシに飽きたらウマーメシ」
今回の「ウマーメシ」はパッケージデザインも似通ってることから、「カレーメシ」シリーズの派生商品という扱いだと思われます。メーカーサイトによると、「カレーメシにバディ登場!」と書かれているのですが、バディどころか、「カレーメシに飽きたらウマーメシ!」という、カレーメシファンを横取りするかのような記載が見られます。面白いですね。フタ裏には、「カップヌードルよりおいしい」みたいなことも書かれており、どうやら「ウマーメシ」はズルいキャラ設定のようですw



  • 花椒とごまの中毒性のウマーな担々飯
今回の商品は、花椒の強さとごまが特徴の、中毒性のある濃厚担々飯とのことです。日清食品の担々麺スープは辛味と練りごまのバランスに秀でたものが多いので、今回も大いに期待できそう。



  • 辛さレベル2/5、シビれレベル4/5
パッケージを見ると、辛さのレベルが2/5、シビれのレベルが4/5となっています。辛さはそれほど強くないのに対し、だいぶシビレに傾斜したバランスのようです。どちらにせよ辛いものが苦手な人には厳しそうな設定になっているようです。

  • 過去に発売されていたスパイスが強くて本格的な「カレーメシ」商品
カレーメシ」シリーズでは、2016年11月発売の「日清カレーメシ チキン」や、2018年3月発売で現行商品でもある「日清キーマカレーメシ スパイシー」が、スパイス感のある辛い商品でした。どちらもこのブログではかなり高評価しています。これらのスパイスのと同じレベルで花椒を効かせてもらえたら、今回の商品もかなり本格的なものになりそうです。

日清食品 「日清スパイシーカレーメシ チキン」

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、日清食品の「日清カレーメシ チキン」。今年8月にカレーメシはリニューアル、今までのレンジ調理スタイルからお湯を入れるだけのカップ麺と同じ調理法に変わり、そしてビーフとシーフードが発売されました。どちらもおいしかったのですが、辛いのが好きな人にとってはどちらもちょっと辛さ的には物足りない。今回は「スパイシー」と冠の付くチキンカレーで、その期待に応えてくれそう。とて...

日清食品 「日清キーマカレーメシ スパイシー」

今回の「カレーメシ」はスパイシーなキーマカレー!今回のカップ麺は、日清食品の「日清キーマカレーメシ スパイシー」。「日清カレーメシ」シリーズの新商品です。もともとスパイシーで本格的な味の多い「日清カレーメシ」の中にあって、今回商品名に「スパイシー」を謳う商品。結構なスパイス感を期待して良さそうです。丸いカップの湯戻し調理となって今回で6作目かと思いますが、シリーズ初のキーマカレーは果たしてどんな味...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「特製ウマーの素」の1袋。ライスと一緒に入っているかやくの量は少なめのようです。

品名日清ウマーメシ シビうま担々
メーカー日清食品
発売日2019年3月11日(月)
麺種別ライス
かやく・スープ1袋(特製ウマーの素)
定価税別220円
取得価格税込178円(イオン)


栄養成分表


1食103g(ライス75g)あたり
エネルギー419kcal
たん白質8.4g
脂質11.4g
炭水化物70.8g
食塩相当量4.3g




スープ


スープは「ビリビリとした花椒のシビれとラー油の辛さ、ごまの豊かな風味が特長の濃厚な担々味のスープ」に、「ラー油をベースに花椒をアクセントとしてきかせた特製オイル」が別添とのこと。

しょうゆベースに練りごまを強く効かせた担々スープで、別添の特製オイルを加えることで、シビレの強い味に仕上がります。



強いシビレと香ばしい練りごまが特徴のスープ


  • 練りごまが香ばしくて分厚い
しょうゆ味ベースの担々スープです。しょうゆ味のベースに豚脂を効かせるとともに、練りごまが強いスープになっています。「謎肉丼」のような炊き込みごはんタイプではなく、「ぶっこみ飯」などと同じ雑炊タイプで、「カレーメシ」とも近いタイプのスープがヒタヒタの構成となっています。別添オイルを入れる前だとそれほど辛くなく、緩やかに豆板醤の辛さが効いています。

花椒のシビレを前面に出した商品ですが、練りごまの風味がかなり香ばしく、ごま全開の味に仕上がっていました。この練りごまかなりおいしいです。売りの花椒を抜きにしても、練りごま単体で十分成立しそうなくらいおいしかったです。最近、担々麺商品だと、シビレに傾斜したものが多く、なかなかこんな分厚いごまをたのしむことができないんですよね。なんだか久々にしっかり練りごまの担々麺(麺じゃなくてメシですが)を食べた気がしました。



  • スッキリストレートに感じられる花椒のシビレ
別添オイルには、花椒や唐辛子が入っているようです。別添オイルを入れることにより、強烈なシビレが加わりました。シビれレベル4/5とのことですが、確かに最強ではないものの、かなり強いレベルとなっています。練りごま以外に特に強く主張してくるスパイス系の味がないため、かなりスッキリと、ストレートにシビレを感じられるのが特徴的でした。

一方で唐辛子の辛さレベルは2/5とのことですが、シビレに引っ張られる形で辛口くらいのレベルにはあるように感じました。3/5くらい。これなら、激辛好きな人でもある程度満足できると思います。

さすが「カレーメシ」シリーズ、シビレと辛味をしっかり強調しつつ、練りごまの香ばしさも強調する素晴らしいバランスでした。これは間違いのないおいしさです。



ライス


ライスは「熱湯5分の簡単調理でも湯戻りの良いごはん」とのこと。

湯戻し時間5分の、雑炊タイプのごはんです。



雑炊タイプのごはん


ごはんを乾燥させたパフライスを熱湯5分で湯戻しする、雑炊タイプのごはんです。湯戻し後もスープに浸された状態のため、ごはんの戻りにムラがなく、食感はとても自然です。5分後にフタを開けた状態だとスープがかなり多い状態ですが、食べ進めていくうちに徐々にごはんがスープを吸って、一体感が増していきます。

担々スープには麺を合わせて担々麺で食べるのが一般的ですが、ごはんともしっかりマッチしていました。とは言っても、カップ麺の担々麺でも、残ったスープにごはんを投入して食べることは多い?と思うので、この商品買う人にとっては、担々スープとごはんの相性の良さはある程度織り込み済みですよね。ごはん好きの私オサーンなんかは、麺よりむしろごはんの方が相性が良いとすら感じます。



具は「ミンチ肉、ネギ」とのこと。

担々麺の特徴を踏まえミンチ肉が入っていますが、量はかなり少ないです。他にはネギが入っていました。

ミンチ肉とネギは量が少ない


今回は「担々飯」なので挽肉が入っていますが、量はかなり少なめです。姉妹シリーズの「カレーメシ」でも具はそれほど充実していないことが多いので、似なくて良いところで似てしまっています。カレーメシに比べてスープの色が薄いので、具の少なさがちょっと目立っているように感じました。もうちょっと入っていてくれるとうれしいですかね。

ネギもカットが小さく、量も少ないです。挽肉が少ないのにネギが多いのもおかしいので、こんなものかなとは思いますが、粒ごまが入っていてくれると、練りごまとの相乗効果が期待できて良かったのではないかと思います。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清ウマーメシ シビうま担々」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
「カレーメシ」シリーズには評価が甘いことで知られる私オサーンですが、今回の姉妹商品「ウマーメシ」も高評価します。今回の大きな売りである花椒のシビレが強く効いており、他のスパイス感がそれほどないためか、スッキリストレートにシビレを感じられたのがとても良かったです。また、練りごまの香ばしさが印象的で、シビレとしっかり調和共存できていました。今回のカップメシも良くできた一杯でした。

「謎肉丼」を食べて謎肉の個数を数えました!日清食品 「カップヌードル謎肉丼」

このページでは、日清食品のカップライス、「カップヌードル謎肉丼」を食べてレビューしていきます。「カップヌードル謎肉丼」はどんな商品?今回はカップ麺ではなくカップライスで、日清食品の「カップヌードル謎肉丼」。2018年12月3日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。今年2018年7月に日清食品グループオンラインストア限定で発売されていた商品が、満を持して全国店頭にて販売されることになりました。...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加