このページでは、明星食品のカップ麺、「明星 新華園本店 釜石ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「明星 新華園本店 釜石ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、明星食品の「明星 新華園本店 釜石ラーメン」。2019年3月4日発売の新商品です。岩手県釜石市のラーメン店「中国料理 新華園本店」の味を再現したカップ麺です。

  • 「新華園本店」は釜石ラーメンの元祖
新華園本店」は、1951年から続く釜石ラーメン発祥のお店です。釜石ラーメンは、岩手県釜石市のご当地ラーメンで、「極細の縮れ麺」と「琥珀色に透き通った醤油味」が特徴だそうです。極細麺なのは、製鉄所で働く人に供するために、待たせずに早く茹で上がるようにするためだそうです。



  • 東北復興支援商品
この商品は、明星食品が毎年発売してきた東北復興支援商品の第9弾で、第5弾として発売されていた商品の復刻となっています。当時このブログでは食べてなかったんですよね。なので、「新華園本店」のカップ麺を食べるのは初めてです。評判が良かった商品の復刻だそうなので、とても楽しみです。果たしてどんな一杯なのでしょうか。

なお、本商品の売上の一部は、「釜石市のふるさと寄付金」に寄付されるそうです。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「かやく入り粉末スープ」、「かやく」の3袋。



先入れの「かやく」を開けた状態。小さめながら肉感のしっかりしていそうなチャーシューに、たくさんのメンマが入っています。麺は細めに見えます。

品名明星 新華園本店 釜石ラーメン
メーカー明星食品
発売日2019年3月4日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ・かやく)
定価税別218円
取得価格税込235円(ローソン)


栄養成分表


1食88g(めん65g)あたり
エネルギー327kcal
∟めん・かやく∟259kcal
∟スープ∟68kcal
たん白質9.2g
脂質8.3g
炭水化物53.8g
食塩相当量6.2g
∟めん・かやく∟1.7g
∟スープ∟4.5g
カルシウム105mg




スープ


スープは「鶏・豚のエキスに、鰹・鯖・煮干のエキスを加え、玉ねぎと香味野菜の旨みを加えて複雑な旨みを表現したスープ」とのこと

鶏豚ベースのしょうゆ味のスープで、ほんのりと魚介が香っています。



鶏ガラしょうゆ味にメンマが香るあっさりスープ


  • 鶏ガラメインのあっさりしょうゆ味
ベースは鶏と豚とのことですが、鶏ガラがメインのように感じられます。鶏ガラメインのしょうゆ味で、王道の中華そばという味わいとなっていました。表面の油脂は少なめで、あっさり系のスープですが、それでもしょうゆや鶏ガラがしっかりしているため、貧弱ではなく骨太な味という印象でした。

魚介の味もほんのりと漂っています。釜石ラーメンのお店の中には魚介の強いスープを使うお店もあるようですが、今回のスープは鶏ガラがメインで魚介は脇役。しっかり鶏ガラを立てる魚介のバランスは、なかなか飲ませるものがありました。後を引くおいしさでした。



  • メンマの香りが強い
鶏ガラや魚介に加え、今回のスープにはメンマの香を強く感じました。スープ自体にメンマの味がつけられているのか、それとも具のメンマから染み出している味なのかはわかりませんでしたが、鶏ガラ、とんこつ、魚介に加えてメンマが香ることで、あっさりながらかなり複雑なスープに仕上がっていました。よくできています。

私オサーンは毎日カップ麺を食べているため、麺は全部食べるもののスープはなるべく残すようにしているのですが、今回はおいしさに加えてあっさり味ということもあり、気づいたら全部飲み干していました。いやー恐るべし新華園。よくできているスープです。




麺は「表面がなめらかでしなやかな食べやすい細麺」とのこと。

湯戻し時間4分の、細くて縮れのあるノンフライ麺です。



細くて縮れのある低加水ノンフライ麺


縮れのついた細い縮れ麺です。釜石ラーメンの特徴である「極細ちぢれ麺」というほど極細ではないですが、細い麺にはなっています。しっとり系食感の低加水麺で、細さの割に重量感がありました。私オサーンは釜石ラーメンを食べたことないですが、お店の麺を写真で見る限りは、今回の麺はなかなか良い雰囲気が出ているんじゃないですかね。

低加水麺食感に加え、生麺を思わせる小麦の香り感じます。今回のあっさりながら複雑な味のするスープの中で、麺の小麦の香り、甘さがさらに味に厚みを加えていました。スープを立てつつ麺もしっかり主張できており、両者のバランスはとても良かったです。


具は「チャーシュー、メンマ、ネギを組み合わせ」たとのこと。

「かやく」に入っている小さめのチャーシューとたくさんのメンマに加え、後入れの「かやく入り粉末スープ」に入っているネギの構成です。



チャーシューとメンマの具の構成


  • チャーシューは小ぶりながら肉感がある
チャーシューは1枚で、ちょっと小ぶりです。しかし小ぶりながらも肉感はしっかりあり、脂のサシもしっかりあります。定価税別218円の商品と考えると、十分なチャーシューなのではないかと思います。

ネギは青ネギが主体で、こちらはカットが小さくてそれほど目立っていませんでした。

  • メンマがたくさん!
メンマがたくさん入っており、チャーシューよりも目立っていました。スープのところで書いたように、スープにメンマの風味が強く効いており、また具のメンマで食感も加わることで、この一杯で最も印象的なのはメンマだったと言っても過言ではありません。

お店のメンマもたくさん入っているようですが、目立っているという点ではカップ麺の方が上なのではないかと思います。これだけメンマがたくさん入っていることで、中華そば感がかなり強くなっていました。


オススメ度(標準は3です)


  • 明星食品 「明星 新華園本店 釜石ラーメン」
★★★★★★☆☆☆☆(6)
釜石ラーメンの元祖、「新華園本店」の味を再現した一杯でした。鶏ガラ主体のあっさりしょうゆ味のスープで、魚介がほんのりと香り、強いメンマの味も加わることで、かなり複雑な味に仕上がっていました。低加水の細麺との相性も抜群でした。具として入っているメンマの量が多いのも良かったです。自身を持っておすすめできる素晴らしいカップ麺でした。

尾道ラーメンカップ麺対決!「凄麺」 vs 「麺NIPPON」

「尾道ラーメン」で「凄麺」VS「麺NIPPON」対決!!!今回のカップ麺は、「尾道ラーメン」対決として、ヤマダイの「ニュータッチ 凄麺 尾道中華そば」と、日清食品の「日清麺NIPPON 尾道背脂醤油ラーメン」を比較します。「凄麺尾道中華そば」は2018年6月25日発売の「凄麺」シリーズに新たに加わった新商品です。一方の「日清麺NIPPON 尾道背脂醤油ラーメン」は2018年3月19日にリニューアル発売された商品で、ちょと発売時期が異...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加