このページでは、まるか食品のカップ麺、「ペヤング パクチーレモンラーメン」を食べてレビューしていきます。



「ペヤング パクチーレモンラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング パクチーレモンラーメン」。2019年2月25日発売の、「ペヤング」シリーズの新商品です。先日レビューした「ペヤング パクチーレモンやきそば」と同時発売されたカップ麺です。ノンフライ麺が使用されており、製造は加ト吉水産が担当しています。

パクチーペヤング再び!!「ペヤング パクチーレモンやきそば」

このページでは、まるか食品のカップ焼そば、「ペヤング パクチーレモンやきそば」を食べてレビューしていきます。「ペヤング パクチーレモンやきそば」はどんなカップ麺?今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング パクチーレモンやきそば」。2019年2月25日発売の、「ペヤング」シリーズの新商品です。同じく「パクチーレモン」味の「ペヤング パクチーレモンラーメン」と同時発売です。こちらも後日レビュー...



  • パクチーとレモンのノンフライカップ麺
今回の商品は、パクチーとレモンを効かせたノンフライカップ麺で、同時発売の「ペヤング パクチーレモンやきそば」のスープあり版とも言える商品です。まるか食品の商品は基本的に油揚げ麺が使われており、たまに発売するノンフライ麺商品は、寿がきや食品の商品と同じように、テーブルマークグループの加ト吉水産が製造を担当することが多く、今回の商品も加ト吉水産製となっています。

  • 以前発売されていた「ペヤング パクチーMAX やきそば」
以前はキワモノ扱いだったパクチーが、ここ数年で広く認知されるようになってくると、カップ麺でも多くの商品で使われるようになりました。特に、「カップヌードル トムヤムクンヌードル」など、タイ風の味のものにはパクチーが入っていることが当たり前になっています。一方で、パクチーを主役として前面に押し出した商品となるとそれほど多くありません。

私の記憶の限りでは、スープ商品を除いてカップ麺で最も早くパクチーを前面に押し出した商品は、2015年7月にエースコックから発売された、「ぱくぱくパクチー トムヤムクン風ヌードル」と「ぱくぱくパクチーカレーヌードル」だと思われます。このブログでは「トムヤムクン風ヌードル」の方を食べましたが、時代を先取りする強烈に効かせたパクチーとレモンがセンセーショナルな一杯でした。「ぱくぱくパクチー」シリーズは2017年7月に再び発売されています。

エースコック 「ぱくぱくパクチー トムヤムクン風ヌードル」

どうもオサーンです。毎週日曜日は不定期更新で、新商品ではない取りこぼしているものを食べる予定ですが、今回は新商品で食べたいものがまだあったので、それを更新します。今回のカップ麺は、エースコックの「ぱくぱくパクチー トムヤムクン風ヌードル」。これはまたパクチー押しという、ちょっと日本人の味覚からしたら常識外?の商品が出てきましたね。これは驚きました。エースコックさんナイスです!パクチーとカレーが...

2016年12月には、「ペヤング パクチーMAXやきそば」が発売されました。まるでほうれん草のおひたしの如く大量に入ったパクチーが大きな特徴でした。

まるか食品 「ペヤング パクチーMAXやきそば」

今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング パクチーMAXやきそば」。ついにきましたねペヤング×パクチー。いつかくるんじゃないかと思っていましたが、いざきてみると期待と不安が半々です。遊び心をうまく味に昇華できているのか、とても楽しみです。ペヤングの遊び心はあんまり失敗している印象がないので、今回もたぶん大丈夫でしょう!ちなみにペヤングは私の住む地域では基本的に売っていないのですが、最近ブログではすっか...



内容物、価格、購入額など




別添袋は「スープ」と「かやく」の2袋。



先入れの「かやく」を開けた状態。パクチーが大量に入っています。同時発売の「やきそば」よりも量が多そうなことに加え、緑色が鮮やかなのも特徴的です。同じパクチーでも「やきそば」とは違うものが使われているようです。他にはレモン果皮が入っています。

品名ペヤング パクチーレモンラーメン
メーカーまるか食品(製造は加ト吉水産)
発売日2019年2月25日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(スープ・かやく)
定価税別185円
取得価格税別181円(イトーヨーカドー)


栄養成分表


1食100g(めん65g)あたり
エネルギー292kcal
たん白質7.4g
脂質3.5g
炭水化物57.6g
食塩相当量6.6g




スープ


スープは「パクチーを効かせた味にレモンを効かせる事でさっぱり食べやすい」、「エスニックな味わい」とのこと。

鶏ベースのしお味スープに、パクチーとレモンが強く効いています。



パクチーとレモンが強く効いた鶏しおスープ


  • チキンベースのしお味スープ
チキンベースのしお味スープです。鶏もしお味もそれほど強くないやさしい味で、後述するパクチーやレモンの味を前面に出すために、控えめで下支えに徹した強さになっているものと思われます。

また、スープ表面に油脂がそれほど浮いておらず、ノンフライ麺を使用していることも相まり、かなりヘルシーなスープに仕上がっていました。特にダイエット系商品だという触れ込みではないですが、全体カロリーが292kcal、脂質3.5gという、なかなかヘルシーな数値になっています。



  • パクチーとレモンが主役
かなりあっさりめなスープに、パクチーとレモンが強く効いています。どちらもかなり強いのですが、ベースがおとなしいことで、その強さがより際立っていました。タイ料理でもパクチーと鶏を組み合わせた料理が多いですが、今回のスープでもパクチーの青臭さと穏やかな鶏ベースはとても相性が良く、パクチーが鶏の甘みをうまく引き出す一面もあることで、両者に相乗効果があるように感じました。

レモンの風味と酸味も強く感じられます。柑橘の風味を効かせることで、やさしい味のスープにうまくエッジを立てており、単なるあっさりスープとは一味違うスープに仕上がっていました。レモンが入ることによって、わかりやすい味だと感じられます。

同時発売の「やきそば」とは、概ね同じ傾向の味と言って良いのではないかと思います。この商品は「ペヤングやきそば」のラーメンバージョンであり、「やきそば」はこの商品のやきそばバージョンです。




麺は、中細で縮れのついたノンフライ麺です。



中細で縮れのあるノンフライ麺を使用


中細で縮れのついたノンフライ麺です。テーブルマークのホームラン軒などでよく使われるタイプの麺だと思います。特になにか特徴を持った麺ではないものの、ノンフライ麺なので油揚げ麺臭がなく、また細めなので主張もそれほど強くないため、今回のあっさりスープととても相性が良いと感じました。油揚げ麺を使用している「やきそば」よりもスープの味をしっかり感じ取れました。

麺量は65gで、ホームラン軒などと同じ量です。「正麺カップ」とも同じ量ですね。100円ちょっと程度で売られていることの多いホームラン軒と同じ麺量と考えるとちょっとアレですが、それでもノンフライ麺商品としては185円という低価格設定で、「正麺カップ」と同じ麺量と考えれば、それほど悪くないのではないかと思います。



具は、パクチーとレモン果皮が入っています。



パクチーと粒状のレモン果皮の組み合わせ


  • パクチーがたくさん且つカットが大きい!
パクチーはかなりたくさん入っている上、カットもかなり大きいです。量も大きさも同時発売の「やきそば」以上です。パクチーの葉っぱや茎の形状がハッキリわかり、カップ麺としてはかなりゴージャスな雰囲気を纏っています。今までカップ麺でここまで大きくカットされたパクチーが入っていたことはないんじゃないですかね。しっかりパクチー食べている気分になることができます。これは大きなセールスポイントではないでしょうか。

  • レモン果皮はほろ苦い
レモン果皮も「やきそば」よりたくさん入っています。スープにしっかりレモンの味がつけられていますが、こちら具の果皮は噛むと柑橘らしいほろ苦さがあり、スープとは違う柑橘感を強く出していました。


オススメ度(標準は3です)


  • まるか食品 「ペヤング パクチーレモンラーメン」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
パクチーとレモンを効かせたしおラーメンでしたが、やさしい鶏のベースにガツンと効いたパクチーとレモンが強烈で、おいしい一杯でした。具として入っているパクチーが大量且つカットが大きいのが大きな特徴で、葉っぱや茎の形がしっかり視認できます。同時発売の「やきそば」はソースにつけられた甘みが印象的でしたが、こちら「ラーメン」はパクチーが引き立てる鶏の旨みが印象に残りました。

【ペヤング】の歴代変わり種カップ焼そばを振り返る【まとめ】

このページでは、「ペヤングやきそば」がこれまでに発売してきた歴代の個性的、変わり種の商品を紹介していきます。 目次 1. はじめに 2. 【変わり種食材】を使用したペヤングやきそば   ペヤング イカスミやきそば   ペヤング チョコレートやきそば ギリ   ペヤング ソースやきそば プラス納豆   ペヤング カレーやきそば プラス納豆   夜のペヤング やきそば 夜食ver. 3. 激辛のペヤングやきそば   ペ...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加