このページでは、東洋水産のカップ麺、「マルちゃん やみつき屋 スタミナ旨辛醤油」を食べてレビューしていきます。



「マルちゃん やみつき屋 スタミナ旨辛醤油」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やみつき屋 スタミナ旨辛醤油」。2019年2月25日発売の、「マルちゃん やみつき屋」シリーズの新商品です。今回はニンニクとラー油を効かせた「スタミナ旨辛醤油」味のカップ麺となっています。



  • ラー油とニンニクを効かせた「スタミナ旨辛醤油」味
今回の商品は、「ラー油の辛味」と「強めのニンニク風味」が特徴の「スタミナ旨辛醤油」味とのことで、奈良の「彩華ラーメン」や「天理スタミナラーメン」でお馴染みの「天理ラーメン」をある程度意識しているものと思われますが、天理ラーメンでは定番の具である白菜が入っていないようなので、完全に天理ラーメンを再現しようとしているわけでもないようです。

「天理ラーメン」を再現しているカップ麺の現行商品には、「全国麺めぐり 奈良天理ラーメン」や「凄麺 奈良天理スタミナラーメン」があります。

寿がきや食品 「全国麺めぐり 奈良天理ラーメン」

「奈良天理ラーメン」は寿がきや「全国麺めぐり」シリーズのレギュラー商品今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 奈良天理ラーメン」。製造は加ト吉水産。2018年4月9日発売で、「全国麺めぐり」シリーズのレギュラー商品のリニューアルです。今回から「奈良天理醤油ラーメン」だったのが「奈良天理ラーメン」に商品名が変更になっています。毎年のようにリニューアルがかけられている「全国麺めぐり」シリーズのレギ...

  • 過去には「でまかる」シリーズから出ていた「スタミナ旨辛醤油」
また、今回と同じ東洋水産からは、2017年12月に「でかまる」シリーズから「マルちゃん でかまる スタミナ旨辛醤油」という商品が出ていました。商品名の「スタミナ旨辛醤油」の部分がまったく同じなので、おそらく今回の商品はこの「でかまる」と味の傾向が同じ感じになっているものと思われます。ニンニクもラー油もガツンとくるかなりおいしい一杯だったので、今回の「やみつき屋」も当然期待ができそうです。

東洋水産 「マルちゃん でかまる スタミナ旨辛醤油」

「でかまる」のガッツリスタミナ味の商品今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる スタミナ旨辛醤油」。大盛カップ麺の定番「でかまる」シリーズの新商品です。大盛カップ麺のイメージにピッタリの「スタミナ旨辛醤油」で、見るからにおいしそうです。ガンガンとにんにくとラー油が効いているハードパンチャーに期待したいです。東洋水産の今年最後の新商品なので、しっかり今年を締めてもらいたいところ。とても楽し...



内容物、価格、購入額など




別添袋は「調味油」の1袋。写真には写っていません申し訳ありません。かやくには豚肉、ニラなどが入っています。

品名マルちゃん やみつき屋 スタミナ旨辛醤油
メーカー東洋水産
発売日2019年2月25日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(調味油)
定価税別205円
取得価格税込216円(ローソン)


栄養成分表、原材料


1食98g(めん70g)あたり
エネルギー466kcal
∟めん・かやく∟352kcal
∟スープ∟114kcal
たん白質11.8g
脂質24.6g
炭水化物49.4g
食塩相当量6.7g
∟めん・かやく∟2.0g
∟スープ∟4.7g
ビタミンB11.58mg
ビタミンB20.56mg
カルシウム147mg




スープ


スープは「ラー油の辛味×強めのニンニク風味がやみつきになる旨さの、“味濃いめ”のスタミナ旨辛醤油」とのこと。

ニンニクとラー油を強く効かせたしょうゆ味のスープです。



ニンニクとラー油が強調されたスタミナ系スープ


  • ニンニク、辛味、ごまの三連コンボ
ポークベースのしょうゆ味のスープで、ニンニクとラー油が強く効いています。強烈なニンニクが大きな特徴で、ガツンと激しい味に仕上がっています。周囲の環境に気をつけなければならないレベルと思われます。これはまさに「スタミナ」。かなり良いパンチ打ってきます。

ニンニクに加えて、ラー油による辛味も結構強いです。大辛激辛レベルには至らないものの、辛口レベルくらいにはあるのではないでしょうか。ニンニクだけではなく、こちらも甘く見てはいけないレベルになっていました。また、ラー油由来なのか、焙煎ごま の風味も強めに感じられ、ニンニク、辛味、ごまの三連コンボがガッチリ決まっています。



  • 天理ラーメンと比べて・・・
ニンニクとラー油の「スタミナ」ラーメンという特徴から、冒頭では「天理ラーメン」を意識した味なんじゃないかと書きましたが、天理ラーメンの要素をある程度踏まえつつも、よりエッジの立った、ニンニクや辛味が強調された味のように感じました。「彩華ラーメン」の辛味と「天スタ」のニンニクの良いとこ取りをしたような印象です。

また、表面に油脂が大量に浮いていてこってり感を演出しているところは「天理ラーメン」の特徴と一致しますが、天理ラーメンで感じる野菜、特に白菜の旨みみたいなものはなく、より単純にニンニクと辛味を突き詰めている感じがしました。カップ麺らしいわかりやすい味でとても良いのではないかと思います。




麺は、湯戻し3分の、中細でゆるやかに縮れのある油揚げ麺です。



細めの油揚げ麺


油揚げ麺としては細めの、中細程度の油揚げ麺です。緩やかにウェーブがつけられている角麺となっています。「彩華」や「天スタ」の麺も濃いスープの割に細いイメージがあるので、多少寄せているのかもしれませんね。東洋水産のタテ型カップ麺といえば、どうしても本気盛で使われる太い麺のイメージがありますが、今回はそれよりかなり細い麺でした。

三連コンボの濃いスープに対し、麺が細めでそれほど主張が強くないため、麺よりスープが強いバランスになっています。ニンニクや辛味がより強調される形です。麺が勝ってしまうのは困りますが、今回はスープの味がしっかりわかるバランスで悪くないのではないかと思います。



具は、味付豚肉、味付鶏挽肉、ニラが入っています。



2種類の肉とニラの組み合わせ


  • 豚肉と鶏挽肉の2種類の肉
豚肉と鶏挽肉の2種類の肉が入っています。豚肉は細切れで、脂身が少ないがっしりした食感です。「彩華」や「天スタ」に入っている肉と雰囲気はとても似ているように感じました。量もそれなりに入っています。

鶏挽肉も、細かいものがそれなりに入っていました。具としての存在感もありますが、ニンニクと辛味の強いスープに肉の旨味を加える効果があったように思います。全体的な肉の量はしっかり多めでした。

  • ニラでスタミナ強化
ニラも結構たくさん入っていて、スープのニンニクとともに、スタミナ感を強くしています。ダビスタで言えばダート調教でスタミナ強化ですね。一杯に追っています。

ニラは「天理ラーメン」で必ず入っている具ですが、一方で、天理ラーメンの特徴的な具である白菜は入っていませんでした。このあたりは「スタミナ旨辛醤油」であっても「天理ラーメン」とは名乗らない大きな理由なんだと思います。白菜を入れないことで、よりニンニクや辛味が強調された構成だと感じました。


オススメ度(標準は3です)


  • 東洋水産 「マルちゃん やみつき屋 スタミナ旨辛醤油」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
「ニンニク」と「ラー油」にクローズアップしたスタミナ系の商品でしたが、強烈なニンニクと、辛口クラスにはある辛味で、パワーを感じる良い一杯でした。まさにスタミナカップ麺です。「天理ラーメン」と共通の特徴が多いですが、スープや具に天理ラーメンお特徴である白菜の要素がなく、よりニンニクと辛味が強調されている印象でした。ガツンとうまい良い商品です。

コンビニ激辛カップ麺対決!!「蒙古タンメン中本」vs「トナリ辛激タンメン」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(日清食品が製造)とローソン限定のカップ麺、「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」(明星食品が販売)の、両社コンビニの誇る激辛カップ麺を食べ比べてレビューしていきます。セブンとローソンの激辛カップ麺対決!!今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」と、ローソン限定で明星食品の「明星 東京タ...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加