このページでは、日清食品のカップ油そば、「日清焼そばU.F.O. 油そば」を食べてレビューしていきます。



「日清焼そばU.F.O. 油そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O. 油そば」。2019年2月18日発売の、「日清焼そばUFO」シリーズの新商品です。今回は何度かUFOシリーズで大盛商品として発売されていた「油そば」を、ノーマルサイズでカップ麺化した商品です。



  • オーソドックスな「油そば」
今回の「UFO油そば」は、パッケージのイメージからもわかる通り、かなりオーソドックスな、王道の味わいを目指しているようです。メーカーサイトには、「油そばを食べたことのない方にも、ぜひお召し上がりいただきたい王道な味わいの一品」と書かれており、醤油ダレ、お酢、ラー油という、油そばの基本的な味で構成された商品となっています。遊び心のある商品が多いUFOシリーズとしては珍しく、今回の商品に変わり種的な要素はなさそうです。レギュラー商品化していくのかもしれないですね。

  • これまでに発売されてきた「UFO」の「油そば」
UFOシリーズはカップ焼そばのブランドですが、これまでに「油そば」や「まぜそば」の商品を多く発売してきました。「まぜそば」としては変わり種が多い一方で、「油そば」はチャーシューを強調するなど王道系の味で、棲み分けしているようです。

UFOシリーズから「油そば」として最初に発売されたのは、2017年7月の「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」かと思われます。「油そば」を謳いながらも油そば的な要素は小さく、キムチマヨ一辺倒の味でした。商品名は「油そば」よりも「まぜそば」の方が相応しいように感じました。

日清食品 「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」

「UFOビッグ極太」シリーズ第5弾はキムチマヨ 今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ」。「UFOビッグ極太」シリーズの第5弾商品となります。通常のUFOよりも太い麺で、そして大盛で供されるシリーズですが、UFOのあの上品なストレート麺とはちょっと違う太い麺なので、UFOと冠してはいるもののまったく別物のように思えます。しかも正統派なソースを味の中心にも据えていないので、正...

2018年7月に発売された「日清焼そばU.F.O.大盛 炙りチャーシュー油そば」は、一転して王道「油そば」の味わいでした。豚脂を強く効かせたしょうゆ味のたれはまさしく「油そば」ど真ん中の味で、具として入っていたダイス状の炙りチャーシューが、たれの肉感をいっそう高めていました。

UFOが送る王道油そば!!日清食品 「日清焼そばU.F.O.大盛 炙りチャーシュー油そば」

日清焼そばUFOの王道油そば 今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.大盛 炙りチャーシュー油そば」。2018年7月9日発売の、「日清焼そばUFO」シリーズの新商品です。 最近の「日清焼そばUFO」は大盛サイズを「極太」として出すことが多いですが、今回は「極太」シリーズとはなっていません。「炙りチャーシュー油そば」なので、王道オーソドックスな油そば商品なのではないかと思います。UFOは本来ならカップ焼そばな...



内容物、価格、購入額など




別添袋は「液体ダレ」の1袋。カップには麺とともに細切れのチャーシューが入っています。

品名日清焼そばU.F.O. 油そば
メーカー日清食品
発売日2019年2月18日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(液体ダレ)
定価税別180円
取得価格税込138円(コープ)


栄養成分表


1食121g(めん90g)あたり
エネルギー534kcal
たん白質9.2g
脂質25.4g
炭水化物67.1g
食塩相当量5.3g
ビタミンB10.42mg
ビタミンB20.51mg
カルシウム144mg




たれ


たれは「コクのある醤油ダレ」で、「お酢のほどよい酸味とラー油の辛味でアクセントをきかせ」たとのこと。

豚脂を効かせたしょうゆ味のたれで、ラー油の辛味やお酢の酸味がほのかに感じられます。「油そば」としてはややあっさりめでしょうか。



辛味と酸味をほのかに感じるしょうゆ味のたれ


  • しょうゆ味主体で豚脂は控えめ
豚脂を効かせたしょうゆ味のたれです。変わり種の多いUFOシリーズにあって、特に奇をてらうことなくオーソドックスな「油そば」の味に仕上がっていました。濃いめのしょうゆ味が前面に出ています。パッケージに「旨み凝縮コク醤油ダレ」と書かれていて、まさにその通りの、深みのあるしょうゆ味が感じられました。

一方で、「油そば」としては油分はそれほど多くなく、ややあっさりめでしょうか。こってり系の多いカップ麺の油そばにあっては、豚の旨みや油感がやや物足りず、特に豚の旨みはもうちょっと欲しかったところ。あんまり油ギトギトにしちゃうと、ノーマルサイズUFOのイメージからは外れてしまうのかもしれないですね。極端な味とか面白い味に振るのは大盛サイズでということでしょうかね。

  • 辛味と酸味はほのかに感じられる
豚脂を効かせたしょうゆ味のたれに、ラー油の辛味とお酢の酸味がほのかに感じられます。どちらもそんなに強くなく、もっと強くても良かったのになと思う程度。隠し味です。昔からある油そばだと、辛味はともかく、もう少し酸味はあるんじゃないかなと思います。

パッケージには「お酢とラー油の味わいで引き立つ旨さ」と書かれており、辛味と酸味はしょうゆ味を引き立てるためにあるのだと考えると、確かにないよりあった方が間違いなくしょうゆの味が引き立っているので、なんだか物足りなさを感じつつも、メーカーの狙い通りなんだろうとも感じました。




麺は「コシのある中太のちぢれ麺」とのこと。

中太でやや縮れのある油揚げ麺です。



中太で縮れのついた油揚げ麺


縮れのついた中太の油揚げ麺です。カップ麺の「油そば」では太い麺が使われていることが多く、また、お店で食べる王道の「油そば」は中細の丸麺のが多いように思いますが、そのどちらとも違う中太の角麺でした。ノーマルUFOの丸麺の方が油そばらしかったんじゃないかなと思います。油そばらしい麺はないし、だからといってUFOらしくもないし、この麺を使用した意図が私には掴みかねました。

以上のように、油そばっぽくもUFOっぽくもない麺でしたが、たれとのバランスはよく取れています。油揚げ麺臭が前に出てくることなく、たれをしっかり立てていました。麺量は90gで、ノーマルのUFOに比べると10g少なくなっています。



具は「チャーシュー、キャベツ」とのこと。

細切れのチャーシューチップと、キャベツが入った具の構成です。



チャーシューとキャベツの組み合わせ


細切れのチャーシューチップは、そこそこの量入っていますが、主役を張るほど多いわけでもありません。汁なしカップ麺は具があまり入っていないことが多いので、その中ではまずまずの量といったところ。肉感はしっかりあり、甘めの味がつけられています。

キャベツは量が少ないです。油そばにキャベツは入っていないことも多いので、どちらかというとUFOらしい具材ということになるのではないかと思います。ねぎとか入っていてくれた方が油そばらしくなったんじゃないでしょうか。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清焼そばU.F.O. 油そば」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
しょうゆが主体でお酢やラー油がほのかに香るたれは、王道の「油そば」という感じがしましたが、一方で、豚脂や豚の味は少し物足りない印象でした。しょうゆが前に出たたれだと思います。UFOとしては遊び心のないスタンダードな一杯だったので、今後レギュラー商品化する商品なのかもしれませんね。物足りない部分もありましたが、好みの分かれにくい安定した味だと思います。

【カップ麺ランキング2018】汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング【Road to カップ麺アワード2018】

このページでは、2018年に発売されたカップ麺のうち、汁なし麺と焼そばのカップ麺についてランキング形式で紹介していきます。 汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング2018 2018年に発売されたカップ麺を以下の部門ごとにランキング形式で紹介していきます。 【激辛カップ麺】 【そば・うどんカップ麺】 【汁なし麺・焼そばカップ麺】 【油揚げ麺カップ麺】 【ノンフライ麺カップ麺】 【変わり種カップ麺】 今回は、...


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加