このページでは、トップバリュのカップ麺、「World Dining スンドゥブチゲ味ヌードル」を食べてレビューしていきます。



「World Dining スンドゥブチゲ味ヌードル」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、トップバリュの「World Dining スンドゥブチゲ味ヌードル」。2019年2月5日発売の、「ワールドダイニング」シリーズの新商品です。前回レビューした「World Dining タッカルビヌードル」との同時発売の商品です。

流行りのタッカルビの味を再現したカップ麺!「World Dining タッカルビヌードル」

このページでは、トップバリュのカップ麺、「World Dining タッカルビヌードル」を食べてレビューしていきます。 「World Dining タッカルビヌードル」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、トップバリュの「World Dining タッカルビヌードル」。2019年2月5日発売の、「ワールドダイニング」シリーズの新商品です。韓国の焼き肉料理「タッカルビ」の味を再現したカップ麺で、同じく韓国料理の「スンドゥブチゲ」...

  • 「スンドゥブチゲ」は韓国の鍋料理
スンドゥブチゲ」は、韓国の鍋料理で、スンドゥブは豆腐、チゲは鍋の意味。韓国の豆腐鍋ですね。「スンドゥブチゲ」はここ数年で日本でも広く知られる料理となっており、カップ麺やカップスープでも多く取り扱われるようになりました。スープ系の商品としては、名前そのまんまの日清食品「純豆腐(スンドゥブ)」シリーズが有名です。

スンドゥブチゲ」を扱ったカップ麺は、2018年1月に発売された「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」がありました。チーズが入ったスンドゥブチゲをイメージした一杯で、辛さはないものの、チーズのまろやかさとたくさん入った豆腐が印象的なカップ麺でした

日清食品 「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」

「平昌2018冬季オリンピック日本代表選手団応援 旨辛トリオ」のカップヌードル 今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」。定番「カップヌードル」シリーズの新商品で、「平昌2018冬季オリンピック日本代表選手団応援 旨辛トリオ」の3品のうちの1品。2018年1月22日(月)発売の商品なので、ちょっとだけフライングのレポとなります。韓国で開催されるオリンピックということで、「オリンピックトリ...



  • 「スンドゥブチゲ」を再現した辛さに期待したい一杯
今回は韓国料理の「スンドゥブチゲ」を再現し、唐辛子とラー油の入ったスープとのこと。それに加えパッケージには「刺激的なスープ」「辛いのでご注意ください」との記載が見られます。税込み105円の商品に多くを期待してはいけませんが、それでもある程度辛い味には期待したいところです。

果たしてどんな一杯になっているのか、早速食べてみたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「後入れ調味油」の1袋。かやくは豆腐を始め、かなりたくさん入っています。税込105円の商品とは思えないボリュームです。これは期待できそう!

品名World Dining スンドゥブチゲ味ヌードル
メーカートップバリュ(東日本明星が製造)
発売日2019年2月5日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(後入れ調味油)
定価税込105円
取得価格税込105円(イオン)


栄養成分表、原材料


1食68g(めん55g)あたり
エネルギー309kcal
∟めん・かやく∟283kcal
∟スープ∟26kcal
たん白質8.2g
脂質14.0g
炭水化物38.8g
∟糖質∟36.3g
∟食物繊維∟2.5g
食塩相当量4.1g
∟めん・かやく∟1.4g
∟スープ∟2.7g
ビタミンB10.19mg
ビタミンB20.21mg
カルシウム109mg




スープ


スープは「キムチや豚のうまみのきいた辛口スープ」で、「ゴマ油・ラー油などにガーリックやエビの風味をつけた調味油付」とのこと。

魚介の効いたみそ味ベースにゴマ油やガーリックが香るスープで、ラー油によって強い辛味がついています。



辛いスンドゥブチゲ味のスープ


  • 大辛レベルでしっかり辛い
税込105円の商品にどこまで辛さを期待して良いのか半信半疑で食べ始めましたが、いやはや結構辛いです。スープのラー油と具の輪切り唐辛子が織りなす辛さはピリ辛レベルをゆうに超え、激辛には至らないものの大辛くらいにはあるんじゃないかと思います。小さいお子さんや辛いのが苦手な人はちょっと食べられないだろう辛さで、激辛好きの人ならある程度満足できそうな辛さに達しています。



  • 魚介ベースでゴマ油とガーリックでパンチを効かせている
強い辛味に加え、しっかり太い魚介がベースのみそ味スープに、ゴマ油とガーリックが強めに効いています。実際のスンドゥブチゲでは貝だしが使われることが多いようですが、今回のスープでも強い辛さの中でしっかり魚介が感じられ、スンドゥブらしさを演出していました。

また、ゴマ油とガーリックが、スープにパンチを加えていました。どちらも結構強いため、辛さに負けない存在感があります。特にゴマ油の香ばしさが印象的で、私の勝手なイメージですが、ゴマ油が香ってくると韓国料理食べているなという気分になってきます。これだけ味が強ければ、トッピングでチーズを入れてもしっかりマッチしそうです。




麺は、湯戻し時間3分の、中細の油揚げ麺です。縮れのついたヌードルタイプです。



ヌードルタイプの油揚げ麺


前回の「タッカルビヌードル」と同じものと思われる、中細で縮れのついたヌードルタイプの油揚げ麺です。油揚げ麺なので多少油揚げ麺臭はあるものの、今回のスープは辛い上に、ラー油やガーリックも強いため、油揚げ麺の味が前に出てくることなく、しっかりバランスが取れていました。

麺量は55gで、普通サイズの一般的なカップ麺としてはやや少なめ。ただ今回は税込105円なので、多少少なくてもコスパ的には十分でしょう。180円の商品でも麺が50gしか入っていないものもあるので、価格を考えれば欠点にはならないように思います。



具は、豚・鶏味付肉、豆腐、ねぎが入っています。



具だくさんな具の構成


  • 豆腐がたくさん入っている
「スンドゥブチゲ」の主役である豆腐がかなりたくさん入っています。日清食品の「純豆腐」のような大きな豆腐ではないものの、大きめカットの豆腐がたくさん入っていて、食べ応えがありました。やわらかくてしっかり豆腐らしい食感になっており、少し感じる甘さが辛いスープの中で清涼剤的な役目を果たしています。いいですねこの豆腐のボリューム。とても税込105円とは思えません。

  • 輪切り唐辛子や肉そぼろなども充実
豆腐だけでもすごいのに、他の具も充実しています。目立っていたのは輪切りの唐辛子で、これはすごい量でした。これだけたくさん入っていると辛味が強く、スープの辛さを増強していました。なんだかかなり思い切っている印象です。

そぼろ状の肉やねぎもたくさん入っており、かなり具だくさん。おそらく私が今までに食べた100円程度のカップ麺の中で、具の充実度はいちばんなのではないかと思います。メーカーの、この商品に対する力の入れようがよく分かる具の充実ぶりでした。


オススメ度(標準は3です)


  • トップバリュ 「World Dining スンドゥブチゲ味ヌードル」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
税込105円という廉価商品ながら、かなり本格的な辛いスープに驚く商品でした。激辛まではいかないものの、大辛クラスにはあります。これだけ辛いスープでありながら、ベースの魚介や、韓国料理らしさを演出するゴマ油やガーリックもしっかり感じられ、とてもおいしいスープです。加えて、具の充実ぶりも目を見張るものがあり、豆腐や輪切り唐辛子がたくさん入っていました。コスパ抜群の商品です。

【カップ麺ランキング2018】激辛カップ麺ランキング【Road to カップ麺アワード2018】

このページでは、2018年に発売されたカップ麺のうち、激辛カップ麺についてランキング形式で紹介していきます。 激辛カップ麺ランキング2018 さて唐突に始まりました、【カップ麺ランキング2018】。 【激辛カップ麺】 【そば・うどんカップ麺】 【汁なし麺・焼そばカップ麺】 【油揚げ麺カップ麺】 【ノンフライ麺カップ麺】 【変わり種カップ麺】 それぞれの部門ごとにランキング形式で紹介していき、最終的に各...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加