このページでは、トップバリュのカップ麺、「World Dining タッカルビヌードル」を食べてレビューしていきます。



「World Dining タッカルビヌードル」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、トップバリュの「World Dining タッカルビヌードル」。2019年2月5日発売の、「ワールドダイニング」シリーズの新商品です。韓国の焼き肉料理「タッカルビ」の味を再現したカップ麺で、同じく韓国料理の「スンドゥブチゲ」を再現した「World Dining スンドゥブチゲヌードル」との同時発売となっています。こちらも後日レビュー予定です。

  • 「タッカルビ」は韓国の焼き肉料理
タッカルビ」は、焼き肉の本場韓国の料理のひとつで、鶏のあばら付近の肉を食べる料理だそうです。以前から焼肉店などで供されていましたが、ここ最近は「チーズタッカルビ」がかなり脚光を浴びていますよね。テレビで見ない日はないくらいよく特集されているように思います。

今回のカップ麺にはチーズは入っていないようですが、「チーズタッカルビ」のブームを受けたカップ麺化でしょうかね。タッカルビを扱ったカップ麺をこれまで私は見たことがありませんでした。



  • 「ワールドダイニング」はトップバリュの定番シリーズ
「ワールドダイニング」は、「世界各国の本格的な料理を冷凍食品やレトルト食品など、簡単な調理方法でお楽しみいただける商品」とのことで、カップ麺を始め、冷蔵、冷凍食品、菓子など手広く展開しています。カップ麺でもこれまでに多くの世界の味が紹介されてきました。

このブログで2017年5月にレビューした「World Dining 台湾風湯麺」は、魚介とパクチーの効いたしょうゆ味で、これやたらおいしかったんですよね。本格感を漂わせつつ定価税込105円というおそろしい価格設定。レビューでは★6をつけました。

トップバリュ 「World Dining 台湾風湯麺 TAIWAN-STYLE TANG MIAN NOODLES」

「ワールドダイニング」の新作「台湾湯麵」 今回のカップ麺は、トップバリュの「World Dining 台湾風湯麺 TAIWAN-STYLE TANG MIAN NOODLES」。製造は「東日本明星株式会社」。明星食品ですね。イオン系列のスーパーもしくはトップバリュ取扱店で販売されている商品で、「ワールドダイニング」シリーズの比較的最近発売された商品かと思われます。同時に「香港風辛辣海鮮味ヌードル」という商品も発売されており、こちらもそのうち...

2018年5月にレビューした「World Dining イエローカレーヌードル」もおいしかった一杯。辛さはそうでもなかったですが、強いスパイス感とココナッツミルクのコクが特徴で、この商品もこれが105円とは信じられない味でした。

トップバリュ 「World Dining イエローカレーヌードル YELLOW CURRY NOODLES」

イオンの「タイフェア」で登場した「イエローカレー」 今回のカップ麺は、トップバリュの「World Dining イエローカレーヌードル YELLOW CURRY NOODLES」。製造は東日本明星。トップバリュの「ワールドダイニング」シリーズの新商品で、イオンで4月30日まで開催されていた「タイフェア」の商品として登場した模様です。今回は「イエローカレー」で、このシリーズからは以前「グリーンカレー」も出ていました。個人的にタイカレー...



内容物、価格、購入額など




別添袋は入っていません。大きなカットで鶏肉がたくさん入っています。これは税込105円の商品とは思えない具のボリュームです。

品名World Dining タッカルビヌードル
メーカートップバリュ(東日本明星が製造)
発売日2019年2月5日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープなし
定価税込105円
取得価格税込105円(イオン)


栄養成分表、原材料


1食69g(めん55g)あたり
エネルギー300kcal
∟めん・かやく∟274kcal
∟スープ∟26kcal
たん白質9.1g
脂質11.5g
炭水化物41.2g
∟糖質∟38.6g
∟食物繊維∟2.6g
食塩相当量4.1g
∟めん・かやく∟1.5g
∟スープ∟2.6g
ビタミンB10.21mg
ビタミンB20.20mg
カルシウム83mg




スープ


スープは「コチュジャンのうまみと コクをいかしたピリ辛仕立て」とのこと。

鶏ベースのみそ味スープで、コチュジャンによる辛味が効いています。



鶏ベースのピリ辛みそ味スープ


  • 鶏ベースのみそ味
鶏ベースのみそ味スープです。鶏ベースというところがタッカルビらしさなのかもしれませんが、正直あんまりタッカルビな感じはしませんでした。コチュジャンで辛味がつけられていて、韓国風の鶏スープという印象です。コチュジャンやみそのコクがほのかに感じられるとともに、ちょっとキムチっぽい風味がつけられており、韓国っぽさを増幅させています。



  • 韓国風ピリ辛スープとして成立
もうちょっと鶏を炒めた風味とか、コチュジャンの味が強く感じられるとタッカルビらしくなったのかなと思いますが、タッカルビを抜きに考えればなかなかおいしいスープです。激辛とか大辛とはいかないものの、ピリ辛程度には辛味がしっかりついていて、鶏、コチュジャンと重ねられた味には、定価税込105円の安っぽさは感じられません。韓国風ピリ辛スープとして十分に成立していました。




麺は、湯戻し時間3分の、中細の油揚げ麺です。やや平打ちで縮れのついた、ヌードルタイプです。麺量は55gで普通サイズのカップ麺としてはやや少なめ。



中細で縮れのあるヌードルタイプの油揚げ麺


一般的なヌードルタイプの油揚げ麺です。カップヌードルの麺に比べるとちょっと厚みがある感じでしょうか。食感にそれほど差はないように思いますが、カップヌードルのようにスープを吸い込んでいく麺ではないようです。時間が経過してもある程度食感はキープしていました。

今回、辛味はついているもののそれほど主張は強くないスープに対し、麺も細めでバランスが取れていました。麺が悪目立ちすることなくスープと馴染んでいます。多少感じる油揚げ麺臭は、良い意味でラーメンではないヌードル感を高めていました。



具は、味付鶏肉、キャベツ、赤ピーマン、ねぎが入っています。



価格を考えると鶏肉を始め具の量は充実


  • 鶏肉がたくさん
細長くカットされた鶏肉がたくさん入っています。鶏ささみっぽい食感で、カットが大きいため食べ応えがあります。これがタッカルビっぽい鶏肉かどうかは置いておくとして、価格に対してこれだけたくさん入っているのはなかなかお得感がありました。鶏肉らしさをしっかり感じられます。

  • 野菜類も充実
鶏肉の他には、キャベツ、赤ピーマン、ねぎが入っていますが、キャベツやねぎは大振りで、価格を考えると頑張っています。具だくさんとまではいかないですが、鶏肉を含め、十分な量が入っていました。一般的な定価180円の商品でも、ここまでの量は入っていないことが多いように思います。


オススメ度(標準は3です)


  • トップバリュ 「World Dining タッカルビヌードル」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
タッカルビらしさはそれほど感じなかったものの、鶏ベースにコチュジャンやキムチの風味を効かせたスープは「韓国風ピリ辛スープ」としてはなかなかおいしかったです。具として入っている鶏肉も量が多い上にカットが大きくて食べ応えがあり、定価税込105円の価格設定を考えれば十分なデキの一杯でした。チーズタッカルビがかなり流行っているので、今回の商品を皮切りに今後タッカルビのカップ麺が多く発売されるようになるかもしれないですね。

【激辛カップ焼そば対決】「マルちゃん やきそば弁当 激辛」VS「ペヤング激辛 やきそば」

このページでは、東洋水産のカップ焼そば、「マルちゃん やきそば弁当 激辛」を、「ペヤング 激辛やきそば」と比較しながらレビューしていきます。 「マルちゃん やきそば弁当 激辛」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 激辛」。2019年2月4日発売の、「マルちゃん やきそば弁当」シリーズの新商品です。北海道限定発売の商品なので、このブログをご覧の多くの方にとっては...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加