このページでは、ローソン先行発売でサンヨー食品製のカップ麺、「カルビーピザポテト味ヌードル」を食べてレビューしていきます。



「カルビーピザポテト味ヌードル」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、ローソン先行発売で、サンヨー食品の「カルビーピザポテト味ヌードル」。サンヨー食品とカルビーのコラボ商品です。前回レビューした「サッポロポテトバーベQあじ焼そば」と同時発売の商品となっています。

ローソン先行発売の「サッポロポテトバーベQあじ焼そば」を食べてみました!

このページでは、ローソン先行発売でサンヨー食品製のカップ麺、「サッポロポテトバーベQあじ焼そば」を食べてレビューしていきます。 「サッポロポテトバーベQあじ焼そば」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、ローソン先行発売で、サンヨー食品の「サッポロポテトバーベQあじ焼そば」。サンヨー食品とカルビーのコラボ商品です。「ピザポテト」のカップ麺も同時発売されています。 「サッポロポテ...

  • 「カルビーピザポテト味ヌードル」は1992年発売の定番ポテトチップス
「カルビーピザポテト」は、1992年に発売されたポテトチップスです。ギザギザの厚切りポテトの表面に、フレーク状のチーズを融かしつける「メルト・フレーク製法」によって製造されています。カルビー製品の中でも特に売上の多い商品のひとつで、本当にファンが多いですよね。

袋開けて食べ始めたらあっという間に食べ切ってしまい、次の日もう一袋買いに行くみたいな、チェーンピザポテターが多いんじゃないかと勝手に思っています。ビッグサイズでもみるみるなくなっちゃうんですよね。



私オサーンはポテチといえば「チップスター」派なんですが、このブログに度々登場するハンサム氏はこの「ピザポテト」が大好きで、なにの内OLだか知りませんが、自分が頑張った時のご褒美にピザポテト買って食べるそうです。ハンサム氏はばりばりのオッサンなんですけどね。

  • 以前にも発売されていた「カルビーピザポテト味ヌードル」のカップ麺
今回の商品はサンヨー食品製ですが、以前にはエースコックから、2012年7月に「カルビー ピザポテト味焼そば」という商品が発売されていました。レビューしたハンサム氏の評価は散々だったものの、7年の時を経て、しかもメーカを替えて再登場したことに、ちょっと感慨深いものがあります。

エースコック 「カルビー ピザポテト味焼そば」

どうもー、ハンサムです。先日、数年ぶりにデジカメを買いました。どれを買えばいいのかよくわからないので、オサーン氏に相談したところ、自分の使い勝手にいい機能のあるカメラを選んでくれました。久々にちょっと金額の張る買い物でしたが、ブログもこうして担当させてもらってるし、きっと新しいデジカメの活躍の場もあると思うので今後が楽しみです。とりあえずデジカメケースが欲しい…。 さて今回のカップ麺は、エースコッ...

カルビーとタイアップしたカップ麺は、現在はサンヨー食品から、以前はエースコックから発売されてきましたが、それ以前は東洋水産からも発売されていたことがあります。2011年に発売されていた「マルちゃん やきそば弁当 カルビーポテトチップスのりしお味」で、麺にじゃがいもが練り込まれたカップ焼そばでした。

東洋水産 「マルちゃん やきそば弁当 カルビーポテトチップスのりしお味」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん やきそば弁当 カルビーポテトチップスのりしお味」。北海道限定発売の商品です。北海道で無類の強さを誇る東洋水産と、北海道のジャガイモを売りに商品を作るカルビーの北海道強者連合といったところでしょうか。カルビーにどういうメリットがあるかわかりませんが、北海道民からすればしっくりとくるダブルネームですね。 オススメ度(標準は3です) ★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2) 麺にジャ...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「仕上げの小袋」ひとつ。具として、ポテト、チーズ風加工品、肉そぼろが入っています。

品名カルビーピザポテト味ヌードル
メーカーサンヨー食品(ローソン先行商品)
発売日2019年2月13日(火)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(仕上げの小袋)
定価税込216円
取得価格税込216円(ローソン)


栄養成分表、原材料


1食101g(めん70g)あたり
エネルギー482kcal
∟めん・かやく∟348kcal
∟スープ∟134kcal
たん白質8.2g
脂質24.4g
炭水化物57.4g
食塩相当量6.2g
∟めん・かやく∟1.7g
∟スープ∟4.5g
カルシウム248mg




スープ


スープは「ピザポテトの特長であるピザソースのようなトマトの味わいと、濃厚なチーズのうまみを再現し」たとのこと。

チーズとトマトの香る、しお味のスープです。



チーズやトマトを強く感じる「ピザポテト」の再現性が高いスープ


  • チーズとトマトを強く感じる
クリーム感のあるチキンベースのしお味スープに、別添の「仕上げの小袋」に入った油脂によって、チーズとトマトの味が付与されます。この油脂が結構赤いので、なんだか「ピザポテト」のチーズのイメージとはだいぶ違うなぁと思いながら食べたのですが、なんのなんの、これはかなりのピザポテトぶり。誰が食べてもある程度ピザポテトの味をイメージできるのではないかと思います。

実際の「ピザポテト」と同じく、エメンタールとチェダーのWチーズ構成とのことで、残念ながら私には「チーズの味」としか伝わってこないものの、濃いチーズの味が感じられます。これに加え、ピザソースをイメージしたというトマトの風味と酸味もしっかりしていました。チーズとトマトの強いスープです。



  • ピザポテトの再現性が高い
お恥ずかしい話ですが、私はポテチの「ピザポテト」を食べてあんまりトマトの味を意識したことがなく、普段は単にチーズ味のポテチだと思って食べていました。でも今回ハッキリわかりました。トマトの味がしてこそのピザポテトなんだと。再現性の高さは、トマトの味が決め手になっています。最初違和感を持った赤い色のスープも、トマトが重要なんだと認識すると納得です。

今回再現している「ピザポテト味ヌードル」は、前回レビューした「サッポロポテトバーベQあじ焼そば」に比べると、元の味をかなり忠実に再現しているように思います。「ピザポテト」の方が味にハッキリした特徴があることが大きいのではないかと思います。スープからはチーズやトマトだけではなくポテトの風味が漂い、また麺から出る油揚げ麺臭も、ポテチらしさを増幅させていました。




麺は、中太で縮れある油揚げ麺です。



中太の油揚げ麺を使用


中太程度の太さで、少し弾力のある油揚げ麺です。ポテチを再現した商品ですが、麺にポテトが練り込まれているわけではないようです。フタを開けた時にはちょっと太すぎるんじゃないかなと、スープとのバランスを少し心配したのですが、今回のスープは思いのほか濃い味に仕上がっていたので、麺とスープのバランスはしっかり取れていました。

濃いスープの中で多少感じられる油揚げ麺臭が、お菓子らしいスナック感を醸し出しています。私オサーン、いつもならあまり好きではない油揚げ麺臭ですが、今回は「ピザポテト」の再現商品として効果的でした。


具は「とろ~りチーズ風味ダイスを使用し、ピザらしさを表現し」たとのこと。

「ピザポテト」を再現したチーズ加工品に加え、ポテト、肉そぼろが入っています。



チーズ加工品、フライドポテト、肉そぼろの具の構成


  • 「ピザポテト」の「とろ~リチーズ」をイメージしたチーズ入り
ピザポテトで使われてる「とろ~りチーズ」をイメージしたチーズ加工品が入っています。色味はチェダーチーズっぽいですが、おそらく両方のチーズが入っているんだと思います。実際の「ピザポテト」に融かしつけられているチーズと同じような色をしていました。

スープの別添袋のチーズの味が強いので、具のチーズは入っていても入っていなくてもあまり変わらないような印象を受けましたが、具から溶け出したチーズがスープのチーズ味の濃さに大きな影響を与えているのかもしれません。

  • フライドポテトがスープとの相性抜群
前回食べた「サッポロポテトバーベQあじ焼そば」でも入っていたフライドポテトが今回も入っていましたが、今回はトマト&チーズのスープとやたら相性が良いように感じました。そりゃ「ピザポテト」が絶対的な支持を得るわけだよなとわかる相性の良さです。もう「ピザポテト」とか関係なく、ポテトにトマトとチーズの組み合わせはカップ麺で頻繁に食べたいです。


オススメ度(標準は3です)


  • サンヨー食品 「カルビーピザポテト味ヌードル」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
サンヨー食品とカルビーのコラボによる、「カルビーピザポテト」の味をカップ麺で再現した商品でしたが、思いのほか再現性が高くておいしかったです。「ピザポテト」が他のスナック菓子商品に比べてチーズやトマトというわかりやすい特徴があるので、味の再現が比較的容易、もしくは食べる側がわかりやすい味にできるのではないかと感じました。チーズとトマトのしっかり効いたスープと具のフライドポテトの好相性ぶりが印象的な一杯でした。

【激辛の終末】 「ペヤング 激辛やきそばEND」を通常「激辛ペヤング」と食べ比べ

ペヤング史上最強の激辛「END」終末の恐怖! 今回のカップ麺は、まるか食品の「ペヤング 激辛やきそばEND」。2018年8月27日発売の、「ペヤング焼そば」の新商品です。ただでさえ辛いシャア機体と同じ色のパッケージでお馴染みの通常の「ペヤング 激辛やきそば」ですが、「激辛」に「END」の入った、まさに「END」を「終末」と訳すのに相応しい、カタストロフな一杯のようです。どれだけ終末でカタストロフなのか、通常の「激辛や...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加