このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 貝だし醤油」を食べてレビューしていきます。



「日清麺職人 貝だし醤油」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 貝だし醤油」。2019年1月28日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。先日レビュー済の「日清麺職人 梅しお」と同時発売となっています。フタに286kcalとの記載があり、255kcalで超絶あっさり味だった「梅しお」に比べると多少カロリーが高くなっています。

「日清麺職人 梅しお」は超絶あっさり味のカップ麺!

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 梅しお」を食べてレビューしていきます。 「日清麺職人 梅しお」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 梅しお」。2019年1月28日発売の、「日清麺職人 梅しお」シリーズの新商品です。「日清麺職人 貝だし醤油」と同時発売となっています。パッケージ前面に255kcalとの文字が踊り、低カロリー商品であることを知らせてきます。 「初...

  • 「初春を彩る旬の食材」として「はまぐり」や「あさり」を使用
今回同時発売となった「日清麺職人」2種は、「初春を彩る旬の食材」を使用した商品とのことです。「梅しお」が「梅」と「しそ」を使っているのに対し、今回の「貝だし醤油」は「はまぐり」と「あさり」が使用されています。はまぐりは2月辺りから、あさりは3月辺りから旬を迎える食材のようで、今回の商品は旬をちょっと先取りした形となっています。

  • 貝だしを使用した「日清麺職人」
今回は、はまぐりやあさりを使用した貝だしの「日清麺職人」ですが、過去にも何度か貝だしの「日清麺職人」が発売されてきました。

2015年7月に発売された「日清麺職人 香るしじみだし醤油」は、しじみを使用したしょうゆ味の一杯でした。しじみ70個分のオルニチンを配合したとのことで、疲れた体にうれしい一杯で、しじみの風味が豊かなとてもおいしい商品でした。

日清食品 「日清麺職人 香るしじみだし醤油」

どうもオサーンです。シュタインズ・ゲートの正統続編が11月に出るんですね。内容的には外伝なのかな。個人的には満足な結末だったので、他の結末は知りたいような知りたくないような。耳塞いであーあー言ってやり過ごしたいけど、やっちゃうんだろうなぁきっと。 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 香るしじみだし醤油」。「日清麺職人」シリーズの新作です。今週は昨日食べた「満貝」も貝ダシの商品、示し合わせてい...

2018年2月に発売された「日清麺職人 山椒仕立てのはまぐりだしそば」は、今回と同じくはまぐりを使用した一杯。鶏油が浮いてはまぐりと山椒がほのかに香るしょうゆ味で、上品な味、大人の味といった印象でした。

日清食品 「日清麺職人 山椒仕立てのはまぐりだしそば」

「はまぐり」と「山椒」を使った「日清麺職人」シリーズの新商品 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 山椒仕立てのはまぐりだしそば」。「日清麺職人」シリーズの新商品です。商品名に「そば」とついているのでついに麺職人でも蕎麦が来たか!と思いましたが、中華そばのことのようで、今回もラーメンです。「山椒」に「はまぐり」と、ずいぶんスープにこだわってそうな一杯で期待できます。おそらくこの組み合わせだとあ...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ液体スープ」、「かやく」の2袋。



先入れの「かやく」を開けた状態。同時発売の「梅しお」に比べて具の量は多めです。「梅ペースト」の分のコストを具に回せたのでしょうか。

品名日清麺職人 貝だし醤油
メーカー日清食品
発売日2019年1月28日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価税別180円
取得価格税別113円(ドン・キホーテ)

栄養成分表


1食92g(めん65g)あたり
エネルギー286kcal
 ∟めん・かやく∟261kcal
 ∟スープ∟25kcal
たん白質7.6g
脂質5.4g
炭水化物51.8g
食塩相当量6.2g
 ∟めん・かやく∟1.8g
 ∟スープ∟4.4g
ビタミンB10.30mg
ビタミンB20.45mg
カルシウム143mg



スープのカロリーが25kcalで、今回の「日清麺職人」もしっかり低カロリーですが、「梅しお」が10kcalしかなかったことを考えるとだいぶ高いです。脂質も「梅しお」の2.3gに対して今回は5.4gあるので、「梅しお」よりはこってり系の味が期待できそうです。


スープ


スープは「はまぐりとあさりの香りやうまみをきかせた、ほんのり甘みのあるチキンベースの醤油スープ」とのこと。

鶏ガラベースのしょうゆ味のスープで、あっさりベースに貝だしのほろ苦さを効かせています。



ほろ苦い貝だしの効いたあっさりしょうゆ味のスープ


  • 油脂を浮かせたあっさりしょうゆ味
鶏ガラベースのしょうゆ味のスープです。鶏もしょうゆもおとなしめで、ベースは最近の「日清麺職人」シリーズ共通のあっさり系です。ベースを弱くしたのは、貝だしの風味を前に出して強く感じさせるためかと思われます。商品説明には「ほんのり甘みのある」と説明されていますが、糖分でつけられたような甘みではなく、ほんとほのかな甘みがありました。

スープ表面には豚鶏の油脂を浮かせ、あっさり味のスープの割にはこってり感もある構成となっています。それほどたくさん入っているわけではないものの、先日の「梅しお」に比べると明らかに多く、あっさり味が苦手な人にも食べやすい味だと思います。



  • ほろ苦さを感じる貝だし
「はまぐり」と「あさり」の貝だしは、強めにしっかり効いています。少しほろ苦さを感じるレベルで、主役として存分に暴れています。全体的にはあっさりながらかなりハッキリした味で、私のような普段からカップ麺の強い味に慣れてきた人でも、まったく問題なくおいしく感じられるパンチ力があります。

同時発売の「梅しお」とは、同じくあっさり味のスープでありながら、味のわかりやすさはだいぶ違い、今回のスープの方が貝だしの効果でわかりやすくエッジの立った味に仕上がっています。他のカップ麺に比べるとやっぱりあっさりで大人の味ではあるのですが、これだけハッキリと貝だしを効かせてくれると、子供舌の私でも何とか理解できる味になっていました。




麺は「"全粒粉" を練り込むことで小麦本来の風味が感じられる、しなやかなノンフライ中細ストレート麺」とのこと。

黄色みの強い中に全粒粉の粒が確認できる、中細ストレートのノンフライ麺です。



貝だしの中で麺の甘みが活きるバランス


他の「日清麺職人」シリーズでも使われている、中細ストレートのノンフライ麺です。同時発売の「梅しお」と同じ麺が使用されているものと思われます。全粒粉入りの効果か、甘みを強く感じる麺で、今回の貝だしスープの中でもよく映えています。スープに「ほのかな甘み」があると説明されていましたが、むしろ麺の方がだいぶ甘く感じられます。

「梅しお」の超絶あっさりスープと合わせるとかなり甘く感じた麺でしたが、今回のスープでもしっかり麺の甘み、おいしさは伝わってきます。「梅しお」が麺の甘み一辺倒のバランスなら、こちら「貝だし醤油」は貝だしの強い味の中で麺の甘みもしっかり活きるバランスで、今回の方がスープと麺の相性が良いように感じられました。



具は「チンゲンサイ、ミンチ肉、ネギ」とのこと。

いずれも細かくカットされた、チンゲン菜、肉そぼろ、ネギが入っています。



チンゲン菜は貝だしとの相性が良かった


3種類の具が入っていますがどれも細かくカットされていて、量は少ないです。ただ、同時発売の「梅しお」の具があまりに少なかったため、今回の量でもそれなりにたくさん入っているように見えます。

チンゲン菜はカットが細かいものの、それなりに量入っていて最も目立った存在です。貝だしのほろ苦さの中にあって、それとは違う苦さが感じられ、しっかり存在感がありました。貝だしとチンゲン菜の相性は良さそうです。

肉そぼろは白っぽい色味で、おそらく鶏肉メインなんだと思われますが、こちらもチンゲン菜と同様に細かくて、しかもそれほど量も入っていないため、スープに混ざってしまうとほとんど目立たなかったです。ネギはさらに存在感がなったですかね。それでも、「梅しお」に比べると十分多いとは言えると思います。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清麺職人 貝だし醤油」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「初春を彩る旬の食材」として「はまぐり」や「あさり」を使用した「日清麺職人」新商品でしたが、ほろ苦さのある貝だしがしっかり効いたおいしい一杯でした。油脂を浮かせたあっさりしょうゆ味のスープに貝だしが強く効き、麺の甘みも組み合わさることで、あっさりながら奥のある味に仕上がっています。同時発売の「梅しお」に比べると味がハッキリしており、わかりやすい味になっていたのも良かったです。

【カップ麺ランキング2018】ノンフライ麺カップ麺ランキング【Road to カップ麺アワード2018】

このページでは、2018年に発売されたカップ麺のうち、ノンフライ麺のカップ麺についてランキング形式で紹介していきます。 ノンフライ麺カップ麺ランキング2018 2018年に発売されたカップ麺を以下の部門ごとにランキング形式で紹介していきます。各部門1位となった商品の中から、【カップ麺アワード2018】を選定します。 【激辛カップ麺】 【そば・うどんカップ麺】 【汁なし麺・焼そばカップ麺】 【油揚げ麺カップ麺...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加