このページでは、サンポー食品のカップ麺、「焼豚ラーメン×丸星ラーメン」を食べてレビューしていきます。



「焼豚ラーメン×丸星ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、サンポー食品の「焼豚ラーメン×丸星ラーメン」。2019年1月21日発売の、「焼豚ラーメン」シリーズの新商品です。「焼豚ラーメン」と、久留米のラーメン店「丸星ラーメン」がコラボしたカップ麺です。



  • 「豚骨ラーメンコラボ企画」は毎年1月恒例商品
サンポー食品の看板ブランド「焼豚ラーメン」と有名とんこつラーメン店のコラボカップ麺「豚骨ラーメンコラボ企画」は、毎年1月恒例のようで、一昨年は「丸幸ラーメン」、昨年は「魁龍博多本店」とのコラボ商品が発売されていました。いずれもバケツ型の大盛タイプで、麺は油揚げ麺が使用されていました。今年の「丸星ラーメン」も同様のパターンのようです。本来なら私の住む地域ではサンポー食品の商品は販売されないのですが、この「豚骨ラーメンコラボ企画」だけは毎年ローソンで店頭に並んでいます。

サンポー食品 「焼豚ラーメン×魁龍どトンコツ」

「焼豚ラーメン」と「魁龍博多本店」のコラボ商品 今回のカップ麺は、サンポー食品の「焼豚ラーメン×魁龍どトンコツ」。サンポー食品の看板商品である「焼豚ラーメン」と「魁龍博多本店」のコラボ商品。昨年は同じ形で「焼豚ラーメン」と「丸幸ラーメン」がコラボした商品が発売されていました。「魁龍」は発祥の店が小倉本店ですが、今回は博多本店とのコラボとなっています。久留米ラーメンの「呼び戻し」による濃度の高いスー...

サンポー食品 「焼豚ラーメン×丸幸ラーメン」

今回のカップ麺は、サンポー食品の「焼豚ラーメン×丸幸ラーメン」。このブログ初のサンポー食品です。九州では一般的なメーカーですが、私の住む地域ではスーパーでたまにやっている九州フェアとかでしか見かける機会がなく、なかなかブログで記事にすることができずにいたメーカーです。今回なぜか新商品が普通にコンビニで売っていたので買うことができました。よく「○○を食べて記事にしてくれ!」とリクエストをいただくのです...

  • 「丸星ラーメン」は福岡県久留米市のとんこつラーメン店
丸星ラーメン」は、福岡県久留米市にある、歴史の古いとんこつラーメン店です。昔ながらのとんこつラーメンを供しており、メニューの安さと、ザ・とんこつ的なとんこつ臭漂うスープが人気のお店だそうです。いやーそんなこと言われちゃうと、とんこつ臭好きな私オサーンとしてはぜひとも行ってみたくなりますね。

私は一昨年福岡に行く機会があり、久留米では念願の「大砲ラーメン」の本店でラーメンを食べてきましたが、久留米では結局その一杯しか食することができず、いずれ数日かけて久留米でラーメン行脚をしたいなと思っています。



  • 「祈る 安全運転」
「丸星ラーメン」は24時間営業で、ドライバーさんがお客としてくるくることが多く、店頭には「丸星小唄」なる交通安全を願った歌が掲げられていて、ラーメン丼にも「祈る 安全運転」と書かれているそうです。今回のカップ麺でも、カップに「祈る 安全運転」の文字があり、お店の交通安全に対する願いの強さが窺えます。

私なんかプロでも何でもなく、たまに短い距離運転するくらいのド素人運転者ですが、それでもお店でこのような言葉に接すると、ちょっとうれしくなると思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「粉末スープ」、「調味油」、「有明のり」、「焼豚」の4袋。4袋とはなかなかすごいですね。



先入れの「粉末スープ」と「焼豚」を開けた状態。大量のスープ粉末の中にネギが入っています。チャーシューは「焼豚ラーメン」おなじみのハート型です。

品名焼豚ラーメン×丸星ラーメン
メーカーサンポー食品
発売日2019年1月21日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ4袋(粉末スープ・調味油・有明のり・焼豚)
定価税別205円
取得価格税込216円(ローソン)


栄養成分表


1食127g(めん93g)あたり
エネルギー593kcal
たん白質14.7g
脂質27.8g
炭水化物71.0g
食塩相当量6.4g
 ∟めん・かやく∟2.1g
 ∟スープ∟4.3g
ビタミンB10.39mg
ビタミンB20.42mg
カルシウム200mg



カップは一般的な大盛バケツ型のサイズですが、麺量は一般的な90gよりほんのちょこっと多い93g。カロリーや脂質が高めで、濃厚こってり味が期待できそうです。


スープ


スープは「焼豚ラーメンをベースとしながらも、丸星ラーメンの特長である旨味とコクの強いとんこつ味に仕上げ」、「長時間炊きこまれた昔ながらの懐かしい味わいを再現してい」るとのこと。

表面に大量の油脂が浮く、湯気からとんこつ臭漂うとんこつスープです。



油たっぷりで例年に比べてとんこつ臭おとなしめのスープ


  • とんこつ臭は控えめ
お湯入れ前の粉末の段階から鼻を突くとんこつ臭のあるスープです。ノーマルの「焼豚ラーメン」でも感じる匂いです。調理後も湯気からはハッキリととんこつ臭が伝わってきます。一方で、実際に食べてみると鼻に抜けるとんこつ臭をそんな強く感じず、このあたりも「焼豚ラーメン」と共通しています。同じ「コラボ企画」でも、昨年の「魁龍博多本店」や一昨年の「丸幸ラーメン」に比べてとんこつ臭はおとなしめです。

実際の「丸星ラーメン」のスープは、しっかりしたとんこつ臭が特徴のようなので、今回のスープだとちょっと弱い印象。「焼豚ラーメン」と「丸星ラーメン」のコラボですが、「焼豚ラーメン」の域を出ていないように感じました。スープの濃厚さは「焼豚ラーメン」以上かと思います。



  • スープ表面に大量の油脂
表面には大量の油脂が浮いています。同じとんこつラーメンでも、博多ラーメンに比べて久留米ラーメンは油が多くてこってり傾向にあり、今回のスープもその傾向をしっかり踏襲しています。お店のスープも油は多めのようです。表面に油が大量に浮くことで、アツアツな臨場感を味わうことができました。オイルリッチってやつですね。

豚脂を主体とする油分ですが、その中で鶏油の味が感じられ、ちょっとまろやかな雰囲気を纏っています。お店のラーメンのレビューを見ると、ストレートなとんこつスープと書いている方が多かったので、今回の鶏油が入ったスープは、カップ麺オリジナルなのかもしれません。油だけではなく、とんこつスープの中にもちょっと鶏っぽさを感じました。




麺は「22番切刃で切り出した中細めん」で、「小麦粉にはラー麦を100%使用しており、しっかりとしたコシが味わえ」るとのこと。

湯戻し時間3分の、中細で縮れのある油揚げ麺です。



とんこつラーメンとしては縮れがあって少し太めの中細油揚げ麺


とんこつラーメンとしては太めの、中細油揚げ麺です。昨年の「魁龍」や一昨年の「丸幸ラーメン」と同じタイプ、太さの麺かと思われます。通常の「焼豚ラーメン」より太めで、実際の「丸星ラーメン」の麺よりも太いのではないかと思います。久留米ラーメンは博多ラーメンに比べて麺が太い傾向にありますが、それを踏まえても今回の麺は太めだと感じました。また、縮れも強いため、とんこつラーメンの雰囲気は出ていません。

通常の「焼豚ラーメン」に比べると太い麺が使用されていますが、今回はスープも濃厚なため、バランスはしっかり取れています。とんこつラーメンの雰囲気を出すならもっと細めが良いと思いましたが、スープとのバランスを考えるとこの太さでちょうど良いのではないかと感じました。

麺には福岡県産小麦を100%使用したラーメン専用小麦である「ラー麦」が使用されています。この小麦を使用した麺は、伸びにくくてコシが強く、甘みがあるのが特徴とのことですが、今回の麺を食べてみて特別強い特徴は感じませんでした。私の舌がショボいだけの可能性がありますw



具は「焼豚ラーメンに使用しているおなじみのハート型チャーシューに、丸星ラーメンらしくねぎと海苔を合わせ」とのこと。

「焼豚ラーメン」でおなじみのハート型チャーシューに加えて、「有明のり」を奢る組み合わせです。



ハート型チャーシューと有明のりの組み合わせ


  • ハート型のチャーシュー
「焼豚ラーメン」おなじみの、ハート型のチャーシューが入っています。面が広いので大きく写るもののかなり薄いので肉の量はそれほど多いわけではありませんが、味が濃い目につけられており、薄い肉の食感と相まって「焼豚ラーメン」の大きな特徴となっています。価格を考えるとちょっとリッチな気分になります。味の濃さがちょっと懐かしさを醸し出しています。

  • 九州の誇る「有明のり」を使用
焼き海苔が2枚入っていますが、「有明のり」が使用されているとのこと。九州の誇る有明海産の海苔ですね。私の舌では特に他の海苔との違いは感じなかったものの、表面の油に浸して食べるうまいんですよね。これをごはんをくるんで食べたいですが、炭水化物過多になるのでグッと我慢。

以前仕事で海苔業者の方と話したことがありますが、有明海は3方が陸で囲まれたことにより塩分濃度が海苔の生産に最適で、他の生産地に比べてアドバンテージが大きいとのこと。有明のり以外の銘柄海苔は有明のりを相手にしなければならないのでなかなか大変だという話でした。実際、有明海で日本の海苔の40%ほどのシェアがあるそうです。


オススメ度(標準は3です)


  • サンポー食品 「焼豚ラーメン×丸星ラーメン」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
サンポー食品の看板商品「焼豚ラーメン」と、久留米のラーメン店「丸星ラーメン」がコラボした「豚骨ラーメンコラボ企画」のカップ麺でした。表面油脂の大量に浮いたとんこつスープは、通常の「焼豚ラーメン」に比べてこってり感が強く、オイルリッチな仕上がり。とんこつ臭は通常商品と同程度でそれほど強くなかったものの、オイリーなスープで飲み応えがありました。おなじみのハート型チャーシューとともに入っていた「有明のり」がこの油との相性が良く、浸して食べるとおいしかったです。来年はどんなお店とのコラボが実現するのか、今から楽しみにしたいと思います。

【カップ麺アワード2018】

このページでは、【カップ麺アワード2008】として、2018年に発売されたカップ麺の大賞、準大賞を選定していきます。 カップ麺アワード2018 【カップ麺ランキング2018】では、2018年に発売されたカップ麺の中から、これまでに以下の部門ごとにランキング形式で商品を紹介し、1位を選んできました。各部門の1位になったカップ麺は以下の通りです。 【激辛カップ麺】 日清食品 「日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺」 【...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加