このページでは、日清食品のカップ焼そば、「日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば」を食べてレビューしていきます。



「日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば」。2019年1月21日発売の、「日清焼そばUFO」シリーズの新商品です。先日レビューした「カップヌードル スパイスチキンカレー」と同じく、「大阪発祥! 今、話題のスパイスカレートリオ」のうちのひとつで、他には後日レビュー予定の「日清のどん兵衛」も発売されています。

「大阪スパイスカレー」をカップヌードル流にアレンジ!「カップヌードル スパイスチキンカレー」

このページでは、日清食品のカップ麺、「カップヌードル スパイスチキンカレー」を食べてレビューしていきます。 「カップヌードル スパイスチキンカレー」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル スパイスチキンカレー」。2019年1月21日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。1月22日の「カレーの日」に合わせ、「大阪発祥! 今、話題のスパイスカレートリオ」と題し、カッ...



  • あとがけスパイスの入ったキーマカレー焼そば
今回は、「スパイスキーマカレー焼そば」ということで、大阪発祥の「スパイスカレー」を「日清焼そばUFO」流にアレンジしたカップ焼そばです。「大阪発祥! 今、話題のスパイスカレートリオ」の3品はいずれも「クセになるあとがけ本格スパイス」が別添されているのが特徴で、今回の「UFO」にもしっかり入っているようです。

  • 過去の「日清焼そばUFO」のカレー商品
これまでにも「日清焼そばUFO」からは、カレー焼きそばが多く発売されていました。2008年発売の「日清焼そばU.F.O. 辛口ソースカレー」は、辛さこそそれほど強くなかったものの、今回と同じように後入れのスパイスにより、スパイス感たっぷりのカレー焼そばに仕上がっていました。

日清食品 「日清焼そばU.F.O. 辛口ソースカレー」

最近、右肩が痛くて、軽く投手生命の危機に立たされているオサーンです。野球してないのに。四十肩ならぬ三十肩なんですかねぇ。なんとなく、前半戦を2軍生活で終えた巨人の上原投手の気持ちがわかった気がしました(ホントか?)。 さて今回も「炎の辛口シリーズ」から、日清食品の「日清焼そばU.F.O. 辛口ソースカレー」です。こういう企画ものはブログのためについつい食べてしまうのですが、できればあまり油揚げ麺を食べた...

2016年発売の「日清焼そばU.F.O. 黄金のカレーマヨ付きカレー焼そば」は、スパイスではなくカレー味のマヨネーズが別添されており、スパイスの強いソースとカレー味マヨネーズの一体感が大きな特徴の一杯でした。

日清食品 「日清焼そばU.F.O. 黄金のカレーマヨ付きカレー焼そば」

どうもオサーンです。デカフェ始めました。コーヒーを飲むとすぐ胃が痛くなるので、いつも飲んでいるインスタントをカフェインレスにしてみました。3種類カフェインレスコーヒーを買って飲んでいますが、味はちょっと物足りないものの、コーヒーの禁断症状はきちんと紛れるところは有り難いです。カフェインレスの豆も買って久々に挽いてみようと思っています。 今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O. 黄金のカレーマ...

他にも、チーズを組み合わせたカレー焼そばも出ており、ひとえにカレー焼そばとは言っても、いろんな角度からのアプローチがありました。今回の一杯はスパイスをクローズアップしたキーマカレーの焼そばということで、果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「液体ソース」と「あとがけスパイス」の2袋。かやくとして、肉そぼろとニンジンが入っていますが、それほど多くはなさそうです。

品名日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば
メーカー日清食品
発売日2019年1月21日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ2袋(液体ソース・あとがげスパイス)
定価税別180円
取得価格税込134円(イオン)

栄養成分表


1食110g(めん90g)あたり
エネルギー485kcal
たん白質8.2g
脂質21.7g
炭水化物64.1g
食塩相当量4.2g
ビタミンB10.46mg
ビタミンB20.43mg
カルシウム171mg




ソース


ソースは「ポークをベースに、フェンネル、カルダモン、クミンをきかせ」た「スパイシーなキーマカレーソース」に、「粗びき黒こしょう、赤唐辛子、粗びきクミン、オニオン、パセリを使用した "クセになるあとがけ本格スパイス"」が別添とのこと。

スパイスを効かせたキーマカレー風のソースに、別添の「クセになるあとがけ本格スパイス」によってさらにスパイスを加えています。



ソースと別添スパイス両方でスパイスを強く効かせている


  • 液体ソースは水分が少なく、苦味を感じるスパイス感が特徴
スパイスを強く効かせたカレー味のソースです。今回は「キーマカレー」とのことですが、液体ソースながら水分が少なく、ドライカレー的なイメージになるところが「キーマカレー」たる所以なのかなと思います。ソースの水分が少ないことによる、麺をすすった時の引っかかりがキーマーカレーらしさなのかなと思います。

辛さはピリ辛より辛く、大辛激辛クラスではないレベルです。スパイス感はかなり強く、苦み、渋み方面に強く効いていました。五香粉の原料になるフェンネル、チャイの香り付けに使用されるカルダモン、カレーの香りの元となるクミンが配合され、派手なスパイス感ではなく、苦みを感じる重厚な効き方なのが大きな特徴でした。



  • 「クセになるあとがけ本格スパイス」は華やか
別添の「クセになるあとがけ本格スパイス」には、粗びき黒こしょう、赤唐辛子、粗びきクミン、オニオン、パセリが配合されていて、ソースのスパイスに比べると直接的に舌に刺激を与えてきて、また香りが華やかです。

オニオン、パセリといったところはパンチ力があり、黒こしょうや赤唐辛子は刺激系。ソースのスパイスが重厚な下支え的な役割を果たすのに対して、別添スパイスは、この商品がスパイスに重点が置かれた商品であることをわかりやすく強調しているように感じました。パセリの緑や唐辛子の赤が、スパイスたっぷりだぞ!ということを強く目に訴えかけてきます。




麺は「日清焼そばU.F.O.ならではの、コシのある中太麺」とのこと。

中太でストレートの油揚げ麺です。いつもの「UFO」で使われている麺と同じものかと思われます。



中太ストレートのいつもの「UFO」の油揚げ麺


中太でストレートの油揚げ麺です。いつもの「UFO」で使われているものと同じタイプかと思われます。他社のカップ焼そばが一部を除いて概ね縮れ麺を採用しているのに対し、「UFO」はストレート麺を使用しており、カップ焼そばらしからぬ上品な食感が特徴です。少し粘り気があるチルド麺のような質感があります。

中太麺でそれなりに主張のある麺ですが、今回合わせるのはスパイス感の強いソースなので、ソースと麺のバランスはしっかり取れています。液体ソースながら液体分が少なく、ドライカレー的に麺に吸着しており、ソースと麺にガッチリとした一体感がありました。麺の味が前に出てしまうようなことはまったくなく、ソースの味にしっかり馴染んでいます。



具は「味付肉そぼろ、ニンジン」とのこと。

肉そぼろとニンジンが入っていますが、どちらも量は少なめです。



肉そぼろとニンジンの組み合わせ


キーマカレーの特徴を踏まえ肉そぼろが入っていますが、一般的なキーマカレーで使用されているような挽肉のイメージとはかけ離れており、粒が大きく量は少ないです。挽肉ではなく肉そぼろだということですね。同じ肉の量でも、もうちょっと細かくしてあれば少しはキーマカレーらしくなると思うんですけどね。

ニンジンはさらに量が少なめです。写真はアップで写しているので量がちょっと多く見えてしまいますね。実際はちょっと物足りないです。カップ焼そばはスープのある商品に比べて麺量が多く、そのためコストを具に割きにくい面があり、今回の具の構成もまさにカップ焼そばらしい具の弱さでした。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
「大阪スパイスカレー」をUFO流にアレンジしたキーマカレー風焼そばでしたが、「スパイスカレー」の名前通りの強烈なスパイス感が特徴で、ソースのスパイスが重厚感を、別添スパイスが華やかさを演出しており、効果的なスパイス感を作り出していました。具に物足りなさはありましたが、スパイスを前面に出したわかりやすくおいしいカレー焼そばでした。

コンビニ激辛カップ麺対決!!「蒙古タンメン中本」vs「トナリ辛激タンメン」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(日清食品が製造)とローソン限定のカップ麺、「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」(明星食品が販売)の、両社コンビニの誇る激辛カップ麺を食べ比べてレビューしていきます。 セブンとローソンの激辛カップ麺対決!! 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」と、ローソン限定で明星食品の「明星 東京タ...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加