このページでは、エースコックのカップ麺、「スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン 超やみつきバター状ブロック仕上げ」を食べてレビューしていきます。


「スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン 超やみつきバター状ブロック仕上げ」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン 超やみつきバター状ブロック仕上げ」。2019年1月14日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。エースコックお得意の「バター状ブロック」を使用した一杯で、「スーパーカップ1.5倍 味噌バター味ラーメン 超やみつきバター状ブロック仕上げ」との同時発売となっています。

  • エースコック「バター状ブロック」VS東洋水産「バター風キューブ」
バター状ブロック」を使用したカップ麺はエースコックの得意技ですが、東洋水産も「バター風キューブ」を使ったカップ麺を数多く発売しており、ちょっとしたライバル関係にあります。個人的にはバターの風味なら東洋水産の「バター風キューブ」、こってり感ならエースコックの「バター状ブロック」に分があると思っています。両社とも、バターと相性の良いみそ味やしお味のスープを合わせた商品が多く、結果的にバターを使ったカップ麺の味も両者被っている状況にあります。

今回の商品は大盛サイズのしお味スープですが、東洋水産から2018年11月に発売された「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」も同じカテゴリーで、かなりキャラが被っています。

「でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」はじゃがとコーンを楽しむカップ麺!

このページでは、東洋水産の「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」を食べてレビューしていきます。 「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」。2018年11月12日発売の、東洋水産の大盛カップ麺シリーズの定番商品、「マルちゃん でかまる」の新商品です。 でかまる+「...

  • 「バター状ブロック」を使ったタテ型もある
エースコックからは、「バター状ブロック」を使用した商品が多く発売されていますが、今回のような大盛バケツ型サイズだけではなく、タテ型商品も出ています。「じわとろ」シリーズは毎年発売される恒例商品で、2018年9月に発売された「じわとろ じゃが塩バター味ラーメン」は、今回と同じく「バター状ブロック」を使用したしお味のスープでした。

エースコック 「じわとろ じゃが塩バター味ラーメン」

「バター状ブロック」を使用した「じわとろ」シリーズの第5弾商品 今回のカップ麺は、エースコックの「じわとろ じゃが塩バター味ラーメン」。2018年9月24日発売の、「じわとろ」シリーズの新商品です。「じわとろ」シリーズは今回で第5弾目の商品となっています。 「じわとろ」シリーズは、「特許製法『バター状ブロック』のじんわり溶け出すバターの風味とコク」が大きな特徴で、別添の「バター状ブロック」を活かすための一...



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「かやく入り粉末スープ」、「バター状ブロック」の2つ。



先入れの「かやく入り粉末スープ」を開けた状態。スープ粉末とともにキャベツ、ニンジン、ねぎが入っています。

品名スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン 超やみつきバター状ブロック仕上げ
メーカーエースコック
発売日2019年1月14日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(かやく入り粉末スープ・バター状ブロック)
定価税別200円
取得価格税別128円(ドン・キホーテ)

栄養成分表、原材料


1食105g(めん90g)あたり
エネルギー455kcal
∟めん・かやく∟384kcal
∟スープ∟71kcal
たん白質8.3g
脂質16.6g
炭水化物68.1g
食塩相当量∟6.1g
∟めん・かやく∟1.5g
∟スープ4.6g
ビタミンB10.44mg
ビタミンB20.49mg
カルシウム329mg




スープ


スープは「ポークをベースにホタテの旨みをガツンと利かせ、胡椒でアクセントを加えた塩ラーメンスープ」で、「後入れの『バター状ブロック』が食欲をそそり、後引くコクをしっかり感じることのできる商品に仕上げ」たとのこと。

ホタテや野菜の味を感じるポークベースのしお味スープで、別添の「バター状ブロック」によってバターの風味が加わるのが大きな特徴です。



バターでコクと厚みが加わるホタテの効いたしお味スープ


  • クリーム感がある
乳成分によって白っぽい色をしているスープです。先ほど紹介した「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」とよく似ているスープです。スープにクリーム感を持たせるのは、バター状ブロックとの相性を考えてのことなのでしょうか。バターと合わせるしお味スープはカップ麺だとこんな感じのが多いです。観光客向けの札幌ラーメンのお店だと、普通の澄んだしお味スープにバターを入れていることが多いんですけどね。

ポークベースにホタテや野菜の旨みを感じるしお味のスープで、しお味は刺さってこずにまろやかです。ホタテの味で芯が一本通った味になっていて、胡椒を強めに効かせることで、まろやかさの中にエッジの立った味に仕上がっていました。ただ、スープ単体だと油分があまりなく、厚みが足りない印象。



  • バター状ブロックによってスープの厚みが増す
それほど厚みを感じないスープでしたが、「バター状ブロック」を投入することによって、一気にコク深さとまろやかさが増しました。バター状ブロックを際立たせるために、敢えてスープに厚みを持たせなかったと考えれば納得で、バターのコクが前面に出た、バターが完全に主役のスープとなっています。

「でかまる」の時もそうでしたが、本来ならスープに厚みを持たせるために使われる豚脂や鶏油などの油脂が、この商品ではバターに置き換わっているものと思われます。そう考えると、スープ単体では厚みが足りないのは当然で、バターありきのスープだと言えると思います。




麺は「しっかりした弾力と滑らかさを併せ持つ丸刃のめん」とのこと。

湯戻し時間3分の、少し縮れのついた油揚げ麺です。スーパーカップの麺としては少し細めで、食感もソフトです。



「スーパーカップ」としては細めの油揚げ丸麺


スーパーカップの麺としてはやや細めの油揚げ麺で、切り口が丸く、少し縮れがついています。細めなので他のスーパーカップの麺のような噛み応えはなく、丸麺なので口当たりもやわらかいです。そのため、まろやかで主張が弱めのスープとバランスが取れていました。もっと太くて主張の強い麺だと、今回のスープとはバランスが取り難いのではないかと思います。

麺量は90gで、商品名通り1.5倍サイズです。「スーパーカップMAX」のサイズではありません。「スーパーカップMAX」が登場した時には、他の限定スーパーカップも全部MAXサイズになるんだろうと勝手に思っていましたが、実際は定番味だけMAX化して、限定商品は相変わらず1.5倍なんですよね。いつかスーパーカップの全商品がMAXになる日が来るのでしょうか。



具は「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、色調の良いねぎ、人参を加えて仕上げ」たとのこと。

キャベツはそれなりに入っていますが、肉は入っておらず、全体量は少ない具の構成です。



キャベツ主体で野菜のみの具の構成


最もたくさん入っていたのはキャベツで、そこそこ入っていました。他に入っているのはニンジンとねぎで、具の総量は少なく、あまり具が充実しているとは言えません。

ライバルの「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」では、「バター風キューブ」が入っていながらも、皮付きのポテトやコーンといった具が充実しており、今回の商品とはだいぶ差があるように感じました。スープ単体なら、ホタテを使っている今回の商品の方が多少こだわりがありそうですが、この具の差は決定的ですかね。すでに「でかまる」は商品ラインナップから消えているため、両者同時に店頭に並ぶことはあまりないかと思われますが、両者から選べるなら、躊躇なく「でかまる」を選ぶくらいの違いがありました。


オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「スーパーカップ1.5倍 塩バター味ラーメン 超やみつきバター状ブロック仕上げ」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
「バター状ブロック」の入ったエースコック恒例の一杯でしたが、バターのコクを前面に出しつつ、ホタテや野菜の旨みを効かせたスープはなかなかおいしかったです。一方で、キャベツ主体であまりボリュームのない具は不満が残り、「バター風キューブ」が入りながらも具が充実していたライバル「でかまる」とはだいぶ差があるように感じました。ちょっと残念な一杯という印象です。

コンビニ激辛カップ麺対決!!「蒙古タンメン中本」vs「トナリ辛激タンメン」

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」(日清食品が製造)とローソン限定のカップ麺、「明星 東京タンメントナリ監修 辛激タンメン」(明星食品が販売)の、両社コンビニの誇る激辛カップ麺を食べ比べてレビューしていきます。 セブンとローソンの激辛カップ麺対決!! 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 辛旨味噌」と、ローソン限定で明星食品の「明星 東京タ...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加