このページでは、エースコックのカップ麺、「超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン」を食べてレビューしていきます。


「超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、エースコックの「超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン」。2019年1月7日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。「超スーパーカップ」は、「スーパーカップ」の中でも「“もっと身も心も満たされたい欲張りなユーザー”に向けて、王道かつ品質にこだわった“コンビニでしか食べられない”スーパーカップの姉妹ブランド」とのことです。

  • 昨年は「超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン 焼豚入り」が発売されていた
今回の「超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン」は、みそ味のスープにワンタンの入った「コンビニだけのRICHなウマさ」とのことですが、みそとワンタンの組み合わせの「超スーパーカップ」は、昨年1月に「超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン 焼豚入り」として発売されていました。うーむ。昨年は「焼豚入り」だったのに、今年はどうやら入っていないようです。

エースコック 「超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン 焼豚入り」

コンビニ限定ラインの王道かつ品質にこだわった「超スーパーカップ」シリーズ3作目 今回のカップ麺は、エースコックの「超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン 焼豚入り」。大盛カップ麺の定番商品である「スーパーカップ」シリーズの新商品。その中でもコンビニ限定ラインの、王道かつ品質にこだわった「超スーパーカップ」の3作目となります。過去2品はいずれも「厚切焼豚豚骨ラーメン」でしたが、今回は焼豚要素は残しつ...

  • 今年の「超スーパーカップ ワンタン味噌」は生姜入り!
今年の「超スーパーカップ ワンタン味噌」は、残念ながら「焼豚入り」ではないですが、生姜の香りを効かせているのが昨年と違う大きな特徴のようです。みそ味スープに生姜を合わせるのは札幌ラーメンの「純すみ系」でおなじみの鉄板の組み合わせなので、焼豚が入っていなくても味には十分期待できそうです。焼豚が入っていない分を、リッチなスープでカバーできているのかどうか。

もちろん、ワンタンにも期待ですが、スープのさらなる進化も期待したいところです。果たしてどんな一杯になっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「液体スープ」、「かやく」、「ふりかけ」の3袋。



先入れの「かやく」を入れた状態。焼豚に代わって、昨年はなかった鶏だんごやコーンが入っています。主役のワンタンは3個入っています。

品名超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン
メーカーエースコック
発売日2019年1月7日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・かやく・ふりかけ)
定価税別205円
取得価格税別216円(ファミリーマート)


栄養成分表、原材料


1食133g(めん90g)あたり
エネルギー518kcal
∟めん・かやく406kcal
∟スープ112kcal
たん白質11.8g
脂質21.0g
炭水化物70.4g
食塩相当量8.5g
∟めん・かやく2.7g
∟スープ5.8g
ビタミンB10.97mg
ビタミンB20.57mg
カルシウム329mg




スープ


スープは「味噌をベースに、ポークの旨みとジンジャーやガーリックなどの香味野菜の風味を合わせた味噌スープ」で、「別添のふりかけを加えることで、ガーリックやジンジャーの香りと唐辛子の辛みが食欲をそそり、最後まで飽きの来ない味わいに仕上げ」たとのこと。

ガーリックが効いたとんこつベースのみそ味のスープで、別添の「ふりかけ」を加えることで、ジンジャーや唐辛子の辛みが強く感じられるようになります。



ガーリックとジンジャーのガツンと効いたみそ味スープ


  • ガーリックの効いたとんこつベースのみそ味
スープは、ガーリックを効かせたとんこつベースのみそ味スープです。ガツンとガーリックが効いている上、みそ味も強めで、パンチのあるスープに仕上がっていますが、札幌みそラーメンに比べるとベースのとんこつがちょっと弱い印象です。また、豚脂ももうちょっと効かせた方が良いように思います。味は強いんですが、「超スーパーカップ」としてはちょっとこってり感が足りないような感じでした。

もうちょっととんこつや豚脂が太い方が、強いガーリックやみそとバランスが取れたのではないかと思いますが、それでも確かに通常のスーパーカップに比べるとかなりリッチな味のスープに仕上がっていました。



  • 別添「ふりかけ」で生姜と唐辛子を強く効かせている
別添「ふりかけ」には、ジンジャー、ガーリック、ごま、唐辛子が入っています。ガーリックやみそ味の強いスープに「ふりかけ」が入ることで、生姜や唐辛子のアクセントが加わります。そんな多いわけじゃないのでナメてかかりながら食べましたが、意外や意外、結構パンチがあります。辛さはピリ辛以上、そして強くジンジャーが香るようになります。

特にジンジャーの強さは印象的で、みそ味、ガーリックとともにスープの柱的な存在になっています。三国鼎立ですね。いちばん目立ってないように見せかけながらも、呂蒙や陸遜など名称キラ星のごとくって感じです。そりゃナメてかかったらいくら関羽といえども捕まっちゃうよ。強いみそとの組み合わせは抜群で、寒いこの時期だといかにも体が温まりそうな味になっていました。こりゃ、スープは昨年よりおいしいの間違いないです。




麺は「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のあるめん」で、「丸刃にすることで、滑らかでスープの絡みを良くし」たとのこと。

湯戻し時間4分の、スーパーカップらしく噛み応えの強い、太い油揚げ麺です。丸麺で縮れが強めについています。



噛み応えのある太くて縮れの強い油揚げ丸麺


  • カドメンを思わせる噛み応え
噛み応えが大きな特徴の、太くて縮れのついた油揚げ麺です。以前の「スーパーカップ」シリーズの「カドメン」の切り口を丸くした感じです。いやはや素晴らしい噛み応えで、同じく太い麺が特徴の札幌みそラーメンの雰囲気をなんとなく醸し出しています。特に丸麺なのが良いですね。カップ麺で札幌ラーメンを再現したものは角麺のものが多く、それだと雰囲気が出ないんですよね。

  • 麺とスープのバランスは素晴らしい
みそ味、ガーリック、ジンジャーの強いスープの中にあっても、これだけ主張の強い麺ならばしっかりマッチできています。スープと麺のバランスは素晴らしいです。濃いスープの味を堪能できつつも、麺の味や噛み応えもしっかり目立っていました。みそ味スープと太麺の相性は鉄板ですね。やっぱブライトさんはホワイトベースに乗ってこそだよねって感じ。

  • 麺量は90gで1.5倍サイズ
麺量は90gで、商品名通り1.5倍サイズです。昨年発売されてから今回までの間に麺量の増えた「スーパーカップMAX」が発売されていますが、「超スーパーカップ」は麺量に変化なかったです。私オサーン、以前に比べて量食べられなくなってきているので、この量で十分なんですけどね。



具は「食べごたえのあるワンタン、程良く味付けした鶏だんご、色調の良いコーン、ねぎを加えて仕上げ」たとのこと。

ワンタンは3個。昨年入っていた脂のサシが多い焼豚に代わり、鶏団子やコーンが入っています。

ワンタンが主役で鶏だんごが脇を固める具の構成




  • ワンタンは3個
ワンタンは3個入っていました。先日食べたばかりの東洋水産のワンタンに比べると餡の量が多く、肉感がしっかり感じられます。また、皮にしっとり感がありつつなめらかで、ちょっとリッチな雰囲気が感じられるワンタンでした。今回の商品の主役に相応しい、なかなかおいしいワンタンでした。



  • 鶏だんごとコーンが入っている
今回は残念ながら、昨年入っていた焼豚はないですが、その代りに鶏だんごとコーンが入っています。鶏だんごは粒が大きめで、なかなか食べ応えがあります。主役としてなら物足りないですが、ワンタンがある上での脇役としてなら、なかなか悪くない構成なのではないかと思います。


オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
昨年入っていた焼豚が今年は入っていないことで、商品としての弱体化を心配しながら食べましたが、ガーリックとジンジャーのしっかり効いたみそ味のスープは昨年より明らかにパワーアップしており、とんこつや豚脂に物足りなさはあるものの、リッチなスープに仕上がっていました。また、焼豚不在を鶏だんごやコーンでそれなりにカバーしており、昨年と同程度の満足感を得られる商品なのではないかと思います。おいしい一杯でした。

【カップ麺ランキング2018】激辛カップ麺ランキング【Road to カップ麺アワード2018】

このページでは、2018年に発売されたカップ麺のうち、激辛カップ麺についてランキング形式で紹介していきます。 激辛カップ麺ランキング2018 さて唐突に始まりました、【カップ麺ランキング2018】。 【激辛カップ麺】 【そば・うどんカップ麺】 【汁なし麺・焼そばカップ麺】 【油揚げ麺カップ麺】 【ノンフライ麺カップ麺】 【変わり種カップ麺】 それぞれの部門ごとにランキング形式で紹介していき、最終的に各...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加