汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング

このページでは、2018年に発売されたカップ麺のうち、汁なし麺と焼そばのカップ麺についてランキング形式で紹介していきます。


汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング2018


2018年に発売されたカップ麺を以下の部門ごとにランキング形式で紹介していきます。

【激辛カップ麺】
【そば・うどんカップ麺】
【汁なし麺・焼そばカップ麺】
【油揚げ麺カップ麺】
【ノンフライ麺カップ麺】
【変わり種カップ麺】

今回は、【汁なし麺・焼そばカップ麺】です。各部門1位となった商品の中から、【カップ麺アワード2018】を選定します。

【汁なし麺・焼そばカップ麺】部門は、各部門の中でも激戦区です。というのも、私オサーン、汁なし麺やカップ焼そばが大好きで、レビュー時の評価がどうしても高めになってしまうためです。今年1年思い返してみると、いろんなカップ麺が頭に浮かんできます。

  • 汁なし麺カップ麺はノンフライ麺が潮流
汁なし麺のカップ麺は、主にサンヨー食品が牽引する形で、昨年あたりからノンフライ麺を使用した本格カップ麺が多く出てきています。たれを麺に絡めて食べるまぜそばや油そばの形式はカップ麺と相性が良く、また、流行りの「汁なし担々麺」も汁なし麺のひとつなので、これからもどんどん新商品が発売されていきそうです。

  • カップ焼そばは変わり種商品が多い
一方でカップ焼そばは、「ペヤング」、「日清焼そばUFO」、「明星一平ちゃん 夜店の焼そば」など、定番商品が幅を利かせる一方で、各社から変わり種の商品が多く発売されているのが特徴です。ペヤングの「スカルプDやきそば」はまだ記憶に新しいですよね。UFOは湯切りなしのあんかけ風焼そば、明星一平ちゃん夜店の焼そばは定期的に手広く変わり種を出しているのが特徴です。

激戦【汁なし麺・焼そばカップ麺】部門は果たしてどんなランキングになっているのか、早速見ていきたいと思います!

【カップ麺ランキング2018】激辛カップ麺ランキング【Road to カップ麺アワード2018】

このページでは、2018年に発売されたカップ麺のうち、激辛カップ麺についてランキング形式で紹介していきます。 激辛カップ麺ランキング2018 さて唐突に始まりました、【カップ麺ランキング2018】。 【激辛カップ麺】【そば・うどんカップ麺】【汁なし麺・焼そばカップ麺】【油揚げ麺カップ麺】【ノンフライ麺カップ麺】【変わり種カップ麺】の部門ごとにランキング形式で紹介していき、最終的に各部門1位となった商品の...

【カップ麺ランキング2018】そば・うどんカップ麺ランキング【Road to カップ麺アワード2018】

このページでは、2018年に発売されたカップ麺のうち、そばとうどんのカップ麺についてランキング形式で紹介していきます。 そば・うどんカップ麺ランキング2018 2018年に発売されたカップ麺を、 【激辛カップ麺】 【そば・うどんカップ麺】 【汁なし麺・焼そばカップ麺】 【油揚げ麺カップ麺】 【ノンフライ麺カップ麺】 【変わり種カップ麺】 の部門ごとにランキングして紹介していく【カップ麺ランキング2018】...




汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング 第5位 「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 ラー油仕立て 大盛」


  • 東洋水産 「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 ラー油仕立て 大盛」
評価:★★★★★★☆☆☆☆(6)

マルちゃん 俺の塩 たらこ味 ラー油仕立て 大盛

汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング第5位は、2018年4月9日発売、東洋水産の「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 ラー油仕立て 大盛」。「俺の塩」シリーズの商品です。毎年発売されている、「俺の塩 たらこ 大盛」のアレンジ商品で、たらこにラー油とガーリックを合わせたカップ焼そばでした。

「俺の塩」らしい刺さってこないまろやかなしお味に、たらこの風味とラー油・ガーリックの尖った味が共存し、非常に良くできた一杯でした。具として入っている刻み海苔や粉末のたらこ、ガーリックチップも良い仕事をしており、パンチがありながら風味の良さを感じられるのが大きな特徴です。

このシリーズは年々、進化を感じられるため、2019年に出る「俺の塩 たらこ 大盛」のアレンジ商品も楽しみでなりません。2019年はどんな商品が出るのでしょうか。

東洋水産 「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 ラー油仕立て 大盛」

今年も登場「俺の塩 たらこ」の大盛アレンジ商品 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 ラー油仕立て 大盛」。「俺の塩」シリーズの新商品です。今週は「トリュフ香る」シリーズとして「俺の塩」が出ていましたね。今回の「俺の塩」は、昨年も「マルちゃん 俺の塩 辛口明太子味 大盛 からしマヨ付」として出ていた「俺の塩 たらこ 大盛」のアレンジ商品。昨年は明太子を辛くした辛口明太子でしたが、今年は...


汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング 第4位 「セブンプレミアム 一風堂 とんこつまぜそば」


  • セブンプレミアム 「一風堂 とんこつまぜそば」
評価:★★★★★★☆☆☆☆(6)

セブンプレミアム 一風堂 とんこつまぜそば

汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング第4位は、2018年5月21日に発売された、セブンプレミアムの「一風堂 とんこつまぜそば」。製造はセブンプレミアムゴールドの博多一風堂と同じく、日清食品が担当しています。前年にも同じ商品が発売されていました。

とんこつ感の強いたれと焦がしにんにくの効いた黒香油の組み合わせで風味豊かな一杯。とんこつ感は本家セブンプレミアムゴールドよりも高いとすら感じました。合わせる麺は油揚げ麺としてはかなりの細麺で、まぜそばながらとんこつラーメンの雰囲気がとても良く出ています。角切りチャーシューやキクラゲもたくさん入っており、総合力の高い一杯でした。

この商品も年に一度出るセブンの恒例商品になりそうな気がします。

セブンプレミアム 「一風堂 とんこつまぜそば」 (2回目 2018)

昨年はセブンプレミアム10周年記念商品として発売されていた「一風堂 とんこつまぜそば」 今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「一風堂 とんこつまぜそば」。2018年5月21日発売の商品で、昨年はセブンプレミアム10週年記念商品として登場しており、今回2回目のレポとなります。製造はセブンプレミアムゴールドのカップ麺も手がける日清食品。昨年食べた時はもう2度と食べられない単発商品だと思っていましたが、まさかの再登場...




汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング 第3位 「日清デカうま Wマヨソース焼そば」


  • 日清食品 「日清デカうま Wマヨソース焼そば」
評価:★★★★★★★☆☆☆(7)

日清デカうま Wマヨソース焼そば

汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング第3位は、2018年2月19日に発売された、日清食品の「日清デカうま Wマヨソース焼そば」。日清食品の廉価版大盛商品のブランドが「日清デカうま」に統一されたことにより登場した、「日清デカヤキ」に代わる商品となっています。

「日清デカヤキ」シリーズから引き続いての、甘めのソースにマヨネーズの鉄板の組み合わせで、それを大盛サイズで食べられるありがたい商品。これがオープン価格で100円ちょっとで買えちゃうんだから本当すごいこと。ありがたやありがたや。

ライバルの「マルちゃん ごつ盛り ソース焼そば」が液体ソースなのに対し、こちら「日清デカうま」は粉末ソースを使用しています。液体ソースは全体に味が行き渡りやすい半面、水っぽくなるデメリットがあるのに対し、粉末ソースは味が全体に行き渡り難い半面、水っぽくならないメリットがあります。

日清食品 「日清デカうま Wマヨソース焼そば」

「日清デカヤキ」の後継商品になる大盛焼そば 今回のカップ麺は、日清食品の「日清デカうま Wマヨソース焼そば」。2018年2月19日に登場した「日清デカうま」シリーズの商品。以前は「日清デカヤキ」だったものが、この商品に置き換わったようです。「日清デカヤキ」時代にはこのブログで★7を付けていて、コスパ抜群の大盛焼そばでした。今回、日清の大盛廉価商品が「日清デカうま」シリーズに統一され、焼そばに変化があったのか...


汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング 第2位 「サッポロ一番 違う家 横浜家系油そば」


  • サンヨー食品 「サッポロ一番 違う家 横浜家系油そば」
評価:★★★★★★★☆☆☆(7)

サッポロ一番 違う家 横浜家系油そば

汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング第2位は、2018年6月4日に発売された、サンヨー食品の「サッポロ一番 違う家 横浜家系油そば」。「違うか!」でおなじみのお笑いコンビ「ものいい吉田サラダさんのラーメン店「違う家」の味を再現したカップ麺。このお店は「横浜家系油そば」の元祖だそうです。

太くとんこつを効かせながらも、鶏油のまろやかさをしっかり感じられるたれで、合わせる多加水ノンフライ麺との組み合わせも抜群。太いとんこつ味が本当おいしかったです。これまでに数多く家系ラーメンのカップ麺が発売されてきましたが、その中でも今回の商品は「横浜家系ラーメン」らしさを最も感じさせる商品のひとつかもしれません。

昨年あたりからサンヨー食品は、ノンフライ麺を使用した汁なしカップ麺を多く発売してきていますが、この商品はその中でも特においしい一杯でした。汁なし麺にありがちな刺さってくる塩辛さがなく、とんこつの力強さが前面に出ていました。

家系油そばの元祖! 「違う家」の味を再現したカップ麺 サンヨー食品 「サッポロ一番 違う家 横浜家系油そば」

元祖「横浜家系油そば」の「違う家」の一杯を再現した商品 今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 違う家 横浜家系油そば」。2018年6月4日発売の新商品です。東京早稲田にある家系ラーメンのお店、「違う家」(ちがうか)の味を再現した商品です。家系ラーメンを油そばアレンジした元祖だそうです。お笑いコンビ「ものいい」の吉田サラダさんのお店で、吉田さんが連発するツッコミ「違うか!」をお店の名前にしたようで...




汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング 第1位 「東京油組総本店 油そば」


  • 日清食品 「東京油組総本店 油そば」
評価:★★★★★★★★☆☆(8)

東京油組総本店 油そば

激戦の汁なし麺・焼そばカップ麺ランキングを勝ち抜いて第1位になったのは、2018年7月24日に発売された、日清食品の「東京油組総本店 油そば」。ファミリーマート限定発売で、東京やその近郊に多店舗展開している「油そば 東京油組総本店」の味を再現したカップ麺です。レビュー時の評価は【汁なし麺・焼そばカップ麺】部門で唯一の★8でした。

しょうゆ味で油やお酢、ラー油の入ったクラシックスタイルの油そば。たれの中に大量に入っている豚脂の存在感が強烈で、豚脂の甘さが際立っていました。いや、豚脂って甘いんですよ本当に。甘くて豚の風味の強い豚脂がしっかり活きたのは、塩辛さが前に出てこない控えめのしょうゆ味の効果が大きく、うまく豚脂を引き立てていました。

ノンフライの太麺が使用されていましたが、ずっしりしていながらも表面のつるみやしっとり感も併せ持つ、多加水と低加水のハイブリッドのような上品な質感の麺で、たれとの相性も素晴らしかったです。たれだけではなく、麺もおいしい一杯でした。

レビュー記事のタイトルに「最強油そば」って書いちゃっていますが、まさに最強。【汁なし麺・焼そばカップ麺】部門は激戦と書いてきたものの、実は1位のこの商品だけはぶっちぎりな印象でした。本当、革命級においしい一杯。熱烈なラブコールに応えてまた再販されないですかね。

最強「油そば」カップ麺の誕生!!日清食品 「東京油組総本店 油そば」 (ファミリーマート限定商品)

ノンフライ麺で「東京油組総本店」の味を再現した汁なしカップ麺 今回のカップ麺は、日清食品の「東京油組総本店 油そば」。ファミリーマート、サークルK、サンクス限定の商品です。油そばの有名店「油そば 東京油組総本店」の味を再現したカップ麺です。 「東京油組総本店」は、東京とその近郊や台湾などに多店舗展開している油そばのお店です。東京都心のお店では行列必至の人気のようです。パッケージ見る限り確かにインパ...


汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング まとめ


  • 第1位 日清食品 「東京油組総本店 油そば」
  • 第2位 サンヨー食品 「サッポロ一番 違う家 横浜家系油そば」
  • 第3位 日清食品 「日清デカうま Wマヨソース焼そば」
  • 第4位 セブンプレミアム 「一風堂 とんこつまぜそば」
  • 第5位 東洋水産 「マルちゃん 俺の塩 たらこ味 ラー油仕立て 大盛」

汁なし麺・焼そばカップ麺ランキングは、日清食品の「東京油組総本店 油そば」が1位になりました。日清食品は、【激辛カップ麺】部門に続いて2冠目のタイトル奪取です。やっぱり日清食品強いですね。今回の「東京油組総本店 油そば」は、私が今年のカップ麺を振り返った時に、おいしかった商品として真っ先に思い浮かんだカップ麺でした。さすが★8。

【Road to カップ麺アワード2018】として、汁なし麺・焼そばカップ麺ランキング第1位に輝いた「東京油組総本店 油そば」は、12月31日更新予定の【カップ麺アワード2018】へ進出決定です。激戦の前哨戦を勝ち進み、【カップ麺アワード2018】の有力候補と言って良いでしょう。カップ麺界のアーモンドアイといったところです。

【ペヤング】の歴代変わり種カップ焼そばを振り返る【まとめ】

このページでは、「ペヤングやきそば」がこれまでに発売してきた歴代の個性的、変わり種の商品を紹介していきます。 目次 1. はじめに 2. 【変わり種食材】を使用したペヤングやきそば   ペヤング イカスミやきそば   ペヤング チョコレートやきそば ギリ   ペヤング ソースやきそば プラス納豆   ペヤング カレーやきそば プラス納豆   夜のペヤング やきそば 夜食ver. 3. 激辛のペヤングやきそば   ペ...


ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加