このページでは、明星食品のカップ麺、「明星 千里眼監修 辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメン」を食べてレビューしていきます。


「明星 千里眼監修 辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメン」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、明星食品の「明星 千里眼監修 辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメン」。2018年12月17日発売の新商品で、東京駒場のラーメン店「千里眼」監修のカップ麺です。今回は、「辛辛辛辛辛」という「」が5つも商品名に並んだとんこつしょうゆ味の一杯となっています。

  • 「千里眼」は東京駒場にある二郎インスパイアの人気店
千里眼は、東京駒場にある二郎インスパイアで有名な人気ラーメン店です。すでに二郎インスパイアの枠を超えた有名店ですよね。二郎系らしく盛りもすごいですが、今年9周年を迎えたお店の人気は、二郎系というだけでは語れないものがあるでしょう。

夏限定の「冷やし中華」とかすごくおいしそうなんですが、私はまだ残念ながら未食です。そしてもう冬になってしまいました。

  • 「千里眼」&明星食品のカップ麺は今回で3回目
「千里眼」と明星食品のコラボ商品はこれまでにも発売されてきました。最初に発売されたのは、2018年2月発売の「明星 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛」。「千里眼」の限定メニュー「ニンニクザンマイコレデモカ!」を再現したカップまぜそばで、同じ明星食品から出ている「ぶぶか 油そば」のにんにく強化版という印象でした。

明星食品 「明星 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛」

「千里眼」の限定メニュー「ニンニクザンマイコレデモカ!」をカップ麺化したまぜそば 今回のカップ麺は、明星食品の「明星 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛」。「千里眼」は東京駒場にある二郎インスパイア系のラーメン店で、夏場に供される「冷やし中華」がテレビでも紹介されて人気とのこと。二郎インスパイア系の中でもとびきりの優良店として知られる名店です。今回はその「千里眼」で2月29日(ニンニクの日)の周辺やイベン...

2018年10月には、「千里眼」の限定メニュー「ゲキカラザンマイコレデモカ!」を再現した「明星 千里眼監修 辛辛辛まぜそば 大盛」が発売されました。こちらは、「唐辛子ガーリックソース」、「唐辛子マヨ」、「激辛揚玉」の3つの辛い要素を組み合わせた「辛辛辛」なまぜそばで、大辛レベルの辛さはありました。今回の商品でも「激辛揚玉」が使用されています。

「千里眼」監修の辛いまぜそば!!明星食品 「明星 千里眼監修 辛辛辛まぜそば 大盛」

東京駒場の「千里眼」の限定メニュー「ゲキカラザンマイコレデモカ!」を再現したカップ麺 今回のカップ麺は、明星食品の「明星 千里眼監修 辛辛辛まぜそば 大盛」。2018年10月22日発売の新商品です。東京駒場のラーメン店「千里眼」監修による、お店のメニュー「ゲキカラザンマイコレデモカ!」を再現したカップ麺です。 「千里眼」は、東京駒場にある二郎インスパイア系のラーメン店で、二郎インスパイアの枠を大きく飛び越...

  • 「千里眼」カップ麺は東洋水産からも出ていた!
「千里眼」&明星食品のカップ麺発売以前には、東洋水産からも「千里眼」カップ麺が発売されていました。2014年と2015年に発売された東洋水産製の「千里眼」カップ麺は、二郎系のお店らしい「豚骨醤油」味のラーメンでした。

東洋水産 「マルちゃん でかまる がっつり豚骨醤油」

どうもオサーンです。毎週日曜日の大河ドラマ「軍師官兵衛」を楽しみに見ているのですが、毎週いいところで終わるのでじれったいというかもどかしいというか、その憂さ晴らし?のために以前の大河ドラマ「秀吉」を見ています。安国寺恵瓊がカッコよすぎ。あと、このドラマは秀吉が善人設定なので徳川家康が悪いやつになってるんですが、その悪い家康の演技が素晴らしい。今回の大河の家康は誰がどう演じるんだろうと今から楽しみで...

東洋水産 「マルちゃん 千里眼 豚骨醤油」

どうもオサーンです。東京に住んでいた時は通学に東西線を利用していたんですが、九段下駅を通るたびに、爆風スランプの「大きな玉ねぎの下で」を頭のなかで歌っていたのを思い出します。今年、九段下のホーム発車音がこの「大きな玉ねぎの下で」になったそうじゃないですか!YouTubeで聴いてみましたが、ちょっと涙が出そうになりました。これはいいですね。最近は各地でご当地に縁のある曲が使われているそうですが、こういうの...

  • 今回の「千里眼」カップ麺は「辛辛辛辛辛」!!
これまでの「千里眼」&明星食品のカップ麺は2つともまぜそばでしたが、今回は初のラーメンで、「千里眼」らしく豚骨醤油味となっています。「辛辛辛辛辛」という5つの「辛」を並べた商品名で、どれだけ辛い一杯なのか期待が高まりますね。前回の「辛辛辛」は3つの辛い要素のある商品でしたが、今回は「激辛スープ、激辛揚玉、もっちりした極太の大盛麺、たっぷりのキャベツを組み合わせた、インパクトと食べ応えのある一杯」とのことで、単純に「辛」を5つ並べるほど辛いという意味のようです。

カップ麺の発売に合わせてお店でも限定メニューが発売されるそうで、そちらも楽しみですね。まずは今回のカップ麺がどんな味になっているのか、しっかり食べてみたいと思います。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「液体スープ」、「かやく入り粉末スープ」、「あとのせかやく」の3袋。「あとのせかやく」にはお店名物の「辛揚げ」にハバネロを加えた「激辛揚玉」がかなりたくさん入っているようです。



先入れの袋はなく、お湯を入れる前に入っているのはキャベツのみです。麺は結構太そうな油揚げ麺です。

品名明星 千里眼監修 辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメン
メーカー明星食品
発売日2018年12月17日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ3袋(液体スープ・かやく入り粉末スープ・あとのせかやく)
定価税別230円
取得価格税別198円(ドン・キホーテ)


栄養成分表


1食122g(めん90g)あたり
エネルギー507kcal
 ∟めん・かやく∟430kcal
 ∟スープ∟77kcal
たん白質9.6g
脂質16.1g
炭水化物81.0g
食塩相当量6.6g
 ∟めん・かやく∟1.9g
 ∟スープ∟4.7g
ビタミンB10.24mg
ビタミンB20.31mg
カルシウム146mg




スープ


スープは「豚骨だしをベースに、にんにく、赤唐辛子を強烈にきかせ、醤油ダレと背脂入りのラー油オイルを合わせた、激辛豚骨醤油スープ」とのこと。

とんこつベースに豚脂を浮かせたしょうゆ味に、赤唐辛子を効かせることで真っ赤になったスープです。辛いのが苦手なら恐れをなしそうな色をしています。

にんにくと激辛のかなりジャンキーなスープ




  • ベースの豚は弱いがにんにくが強く効いている
とんこつベースのしょうゆ味のスープですが、とんこつはそれほど強くありません。豚の旨みはしっかり感じられるものの、あまりクセのないとんこつスープと言って良いのではないかと思います。また、スープには豚脂が浮いているのが視認できますが、背脂たっぷり二郎インスパイアの「千里眼」らしい豚脂の効かせ方ではなく、こちらもそんなに強くはありません。「千里眼」のスープとしては、ベースのスープはあっさりしているのかなという印象でした。

目立っていたのはにんにくで、これは後述する辛味の中にあってもしっかり存在感があり、スープにパンチを加えていました。にんにくを際立たせるために、敢えてとんこつや豚脂を強く効かせなかったのでしょうか。にんにくを強く効かせることで、かなりジャンキー寄りな味に仕上がっています。二郎だと、ニンニクマシアブラ抜きカラメ少なめ的な味ですかね。知識はあってもお店で呪文を唱えるのは難しいですよね。ベホマズンとかイオナズンを覚えるくらいにはレベル上げしとかないと攻略が難しそう。

  • 真っ赤なスープは激辛レベル


今回、商品名が「辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメン」ということで、辛くてにんにくが効いたとんこつしょうゆラーメンなんですが、他と並列してはいけないほど、主役は完全に「辛辛辛辛辛」の部分です。いやー今回のスープかなり赤いです。赤唐辛子とラー油オイルを効かせたという辛味はなかなか強烈です。最近流行りのシビレを効かせたスープではなく、単純に辛いです。前回「辛辛辛まぜそば」を食べた時は辛さレベルを大辛程度と判断しましたが、今回はそれより辛く、激辛と言って良さそうです。

ただ、今回は「辛辛辛辛辛」なんていうかなり強烈な商品名で、激辛好きの人以外は買わないと思うので、それならばさらに思い切った辛さでも良かったかなと思います。十分辛いものの、商品名からはもっと辛いものを勝手に想像していました。最強クラスではないです。悪魔超人の中でのバッファローマンの序列のような立ち位置ですかね。わかりづらいか。まぁ私の舌が辛さバカになっているだけかもしれないですけどね。

基本的にはとんこつしょうゆ味の部分は二の次で、にんにくの効いた辛いスープという印象でした。カップ麺らしいジャンキーな味わいでおいしかったです。カップ麺ではこういう味でしたが、実際お店で供されるメニューがどんな味になるのか、きっともっと背脂が感じられるんだろうなとか、もっととんこつしょうゆの部分が強いのかなとか、かなり興味が湧いてきます。今回のカップ麺はお店の味の導入としても優れた味なのではないかと思います。




麺は「しまりがあり、もっちりとした食感の極太麺」とのこと。

「極太麺」とまでは感じませんでしたが、太い油揚げ麺です。表面のつるみと弾力を感じる麺となっています。

つるみと弾力のある太い油揚げ麺




表面のつるみと強い弾力が特徴の、太い油揚げ麺です。多加水麺のような食感となっています。お店の太麺を模していると思われますが、お店に比べると太さはないようです。存在感の強い太い油揚げ麺ではありますが、今回はスープの辛味やにんにくも強いため、スープと麺のバランスはよく取れていると感じました。太麺だと強くなりやすい油揚げ麺臭も、今回のスープ相手ならほとんど気になりません。がっしりした食感が辛いスープの中でも適度に存在を主張できており、二郎インスパイアらしい食べ応えのある構成になっています。

麺量は90gで、油揚げ麺大盛サイズの一般的な麺量となっており、量も十分です。ただ、油揚げ麺ではなくそろそろノンフライ麺の「千里眼」も食べてみたいところ。油揚げ麺一辺倒で「ぶぶかカップ麺」シリーズとキャラが被ってきているのが少し気になります。にんにくとか背脂とかも共通してますしね。



具は「千里眼名物『辛揚げ』にさらにハバネロを加えた『激辛揚玉』とニラ、たっぷりのキャベツを組み合わせ」たとのこと。

最初からカップに入っていたキャベツに加え、「かやく入り粉末スープ」のニラ、「あとのせかやく」の「激辛揚玉」が入っていました。具はそれなりにボリュームがあります。

「激辛揚玉」の野菜が入ってボリュームがある具の構成




  • 激辛揚玉は激辛スープの中に入ってもかなり辛い
前回の「辛辛辛まぜそば」から引き続き、「激辛揚玉」がたくさん入っています。お店のトッピングとしてかなり目立っている「辛揚げ」にさらにハバネロを加えたものだそうで、これかなり辛いです。「辛辛辛まぜそば」の時も、この「激辛揚玉」が最も辛く感じましたが、今回もかなり目立っています。

辛いスープに辛いものを入れても、普通ならその辛さはいまいちよくわからなくなってしまうところなのですが、激辛揚玉は辛いスープに入ってもしっかり辛いです。この揚玉、「千里眼」シリーズの代名詞的な存在として、今後も必ず入れてくるんだろうなと思います。素晴らしい存在感でした。

  • キャベツやニラもしっかり入っている
「激辛揚玉」という大きな武器がある上で、キャベツやニラといった野菜類もしっかり入っていました。

お店の野菜はもやしがメインで、キャベツはそれほど入っていないようですが、今回の商品ではもやしはなく、キャベツが入っています。今回、スープが辛いので、キャベツの甘さが効果的に映えていると感じました。清涼剤的な存在となっています。

ニラはお店の通常メニューでは使われておらず、この商品ならではの存在のようです。台湾ラーメンとか意識しているのでしょうか。量も入っているので、キャベツと共に野菜がたくさんというイメージを形成していました。ニラらしい風味はそれほど強くなかったですかね。


オススメ度(標準は3です)


  • 明星食品 「明星 千里眼監修 辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメン」
★★★★★☆☆☆☆☆(5)
赤唐辛子とラー油の激辛なスープににんにくを効かせた、ジャンキーな味に仕上がった一杯でした。二郎インスパイアらしい背脂やとんこつの強さはなかったものの、激辛とにんにくの組み合わせはなかなかクセになる味わいです。具として入っていた「激辛揚玉」はスープ以上に辛く、これもかなり目立っていて良かったです。激辛商品として十分満足できる一杯でした。ただちょっと、「ぶぶかカップ麺」シリーズとキャラが被っているのが気になるところで、今後どう差別化していくのか期待して見ていきたいと思います。

コスパ最高!セブンプレミアムの「具材たっぷりヌードル」しょうゆ・カレー・シーフードの3品

このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「たっぷり具材 しょうゆヌードル」、「たっぷり具材 カレーヌードル」、「たっぷり具材 シーフードヌードル」を食べてレビューしていきます。 「たっぷり具材ヌードル」のしょうゆ、カレー、シーフードはどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、セブンプレミアムのヌードル系カップ麺、「たっぷり具材 しょうゆヌードル」、「たっぷり具材 カレーヌードル」、「たっぷり具材 シー...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加