このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 鴨だし」を食べてレビューしていきます。


「日清麺職人 鴨だし」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 鴨だし」。2018年12月10日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品で、先日レポ済の、「日清麺職人 ふぐだし」と同時発売のカップ麺です。

  • 「高級食材」がテーマの麺職人2品「鴨だし」「ふぐだし」
年末年始は日清麺職人を食べて、"笑うカモ (門) にはフグ (福) 来たる"」のキャッチフレーズで、「年末年始にふさわしい "高級食材" をテーマにした麺職人」として、「ふぐだし」とともに発売されたのが今回の「鴨だし」です。「ふぐだし」はスープが8kcalしかない超あっさりスープではあったものの、炙ったふぐヒレが香ばしいスープでなかなかおいしかったです。今回の「鴨だし」は果たしてどうでしょうか。

ふぐだしの珍しいカップ麺「日清麺職人 ふぐだし」は炙ったふぐヒレが香ばしい一杯!

このページでは、日清食品のカップ麺、「日清麺職人 ふぐだし」を食べてレビューしていきます。 「日清麺職人 ふぐだし」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 ふぐだし」。2018年12月10日発売の、「日清麺職人」シリーズの新商品です。ふぐだしを使った、カップ麺では非常に珍しい一杯で、「日清麺職人 鴨だし」との同時発売となっています。 カップ麺では珍しいふぐだしを使った一杯 今回の...

  • 「鴨だし」はすでにお蕎麦の専売特許ではなくなった
「鴨だし」といえば、カップ麺では主にお蕎麦商品のつゆとして使われてきました。しかし近年、巷で徐々に広がりを見せる鴨だしを使ったラーメンスープを背景に、カップ麺でも鴨だしを使ったカップラーメンがちらほら発売されています。

最近のカップ麺で思い浮かぶのは、まずはローソン限定商品の「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」。この商品は必ずしも鴨が主役というわけではなく、フォアグラ風味の背脂が目立っていましたが、しっかり鴨だしの甘みを感じられるスープでした。

ローソン限定!フォアグラ風味の「麺屋武蔵」高級カップ麺!「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」

このページでは、ローソン限定のカップ麺、「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」(ヤマダイ製)を食べてレビューしていきます。 「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」はどんなカップ麺? 今回のカップ麺は、ローソン限定、ヤマダイの「麺屋武蔵 無双新免 鴨だしら~麺」。2018年12月4日発売の新商品で、ローソン限定のカップ麺としてレギュラー化している「麺屋武蔵カップ麺」シリーズのどんぶり型ノンフライ麺新バージョンで...

2016年に発売された「マルちゃん 縦型ビッグ しば田 中華そば」は、鴨オイルを使用したスープで、こちらも鴨の甘みが光るスープが特徴で、鴨の甘みと貝のほろ苦い味がクセになる一杯でした。

東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ しば田 中華そば」 (2回目)

どうもオサーンです。今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ しば田 中華そば」。このブログ2回目の登場。前回発売は昨年の7月。TRYの昨年は新人賞部門で1位、今年は名店部門しょう油で1位とのことなので、確実にステップアップしていますね。印象的なしょうゆ味のスープだったので記憶に強く残っています。お店は調布にあり、鴨ダシと煮干しダシのしょうゆラーメンで有名なお店のようですね。 商品概要...

  • 実は「日清麺職人」でも2度、鴨だしスープの商品が出ている
近年のカップ麺における鴨だしスープは、有名ラーメン店の再現商品が先導する形ですが、実は「日清麺職人」からも過去に2度、2013年と2015年に鴨だしを使ったラーメンが発売されていました。

日清食品 「日清麺職人 鴨だし」 (2回目)

どうもオサーンです。最近暑いからか、ブログ書くのがちょっとスランプ気味。頭がうまく働かなくてうまく文章書けません。夏は嫌じゃー。え?夏に限らずオマエはいつもうまく書けていないって?ほっとけ!w 今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 鴨だし」。「日清麺職人」シリーズの新商品で、このブログでは2回目の登場です。パッケージに「ありがとう15周年」と書かれていますが、パッケージだけ見ると何が15周年だかさ...

日清食品 「日清麺職人 鴨だし和風しょうゆ」

どうもオサーンです。またMH4の話ですが、やっとのことゴア・マガラを倒しました。20回くらい挑戦してやっとです。20回もやってると自ずとゴア・マガラの動きを読めるようになり、狂竜状態でもそれなりに相手攻撃を回避できるようになりました。でもゴア・マガラに対し回避ができるようになっただけで、他のモンスター相手だとまだまだヘタッピなオサーンなのでした。早くハンサム氏のように紙装備で強いモンスター倒せるくらい上...

当時の記事を見直してみると、昔の「麺職人」は今よりずっと具が充実していたなぁとついつい遠い目になってしまいますが、どちらの商品も当時は高評価をしていました。

今回の商品にもこれらに負けない味を期待したいところですが、果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は、「後入れ液体スープ」と「かやく」の2袋。



先入れの「かやく」を開けた状態。ネギのカットが大きくそれなりに入っているため、同時発売の「ふぐだし」よりは具が多そう。それでも少ないですけどね。今回も全粒粉入りが視認できる麺です。

品名日清麺職人 鴨だし
メーカー日清食品
発売日2018年12月10日(月)
麺種別ノンフライ麺
かやく・スープ2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価税別180円
取得価格税込108円(イオン)


栄養成分表


1食93g(めん65g)あたり
エネルギー280kcal
 ∟めん・かやく∟258kcal
 ∟スープ∟22kcal
たん白質8.6g
脂質3.2g
炭水化物54.3g
食塩相当量6.7g
 ∟めん・かやく∟1.8g
 ∟スープ∟4.9g
ビタミンB10.27mg
ビタミンB20.45mg
カルシウム146mg

「ふぐだし」のスープ8kalに比べると、今回は22kcalなのでちょっと高め。とは言っても他の商品に比べるとかなり低いんですけどね。具が少ない割にはめん・かやくは258kcalあるので、全粒粉を使っている麺のカロリーが高めなんだと思われます。


スープ


スープは「鴨だしの上品な深みが感じられるやや甘めのしょうゆスープ」で、「アクセントにきかせたネギの香りが食欲をそそ」るとのこと。

鴨だしの効いたしょうゆ味の甘めのスープです。ほのかにかつおや昆布といった和風だしの存在も感じられます。

鴨だしと和風だしを効かせた蕎麦つゆのようなスープ


  • 鴨だしと鴨油が香るがおとなしめ


鴨だしの効いたしょうゆ味のスープで、甘めに味付けられています。同じ鴨だしでも、「日清のどん兵衛 鴨だしそば」のような、ガツンとくる鴨だしではなく、じんわりやわらかく香っています。鴨だしとしてはあっさり味傾向です。表面には油脂が少し浮いており、これは鴨油かと思われますが、鴨油の効き方もおとなしめです。「鴨だしそば」のようなリッチな鴨の効かせ方ではありませんでした。

最近の「麺職人」シリーズの他の商品に見られる傾向と同じように、ヘルシー志向のスープのようです。

  • まるでお蕎麦のつゆのような、鴨だしと和風だしの組み合わせ
鴨だしの他に、かつおや昆布といった和風だしの存在もほのかに感じられます。鴨だしと甘めのしょうゆ味の中でそれほど目立ちませんが、後味として口に残る和風だしが、鴨だしを下支えしている印象です。

鴨だし+和風だしの組み合わせとなると、やはりどうしてもお蕎麦のつゆっぽくなってしまいます。蕎麦つゆらしさが全開な半面、蕎麦つゆを否定できるようなラーメンらしさが今回のスープにはあんまりないんですよね。敢えて言えばしょうゆの効かせ方がお蕎麦としてはちょっと弱いかなといった感じですが、でもきちんとしょうゆ味ですからね。お蕎麦の麺が入っていてもそれほど違和感はないように思います。




麺は「"全粒粉" を練り込むことで小麦本来の風味が感じられる、しなやかなノンフライ中細ストレート麺」とのこと。

「日清麺職人」のいつもの全粒粉が練り込まれていることがわかるストレート形状で中細のノンフライ麺で、同時発売の「ふぐだし」ともまったく同じ麺のようです。

全粒粉入りのノンフライ麺




  • 麺の甘みが強く感じられる、麺が主役の構成
全粒粉入りのノンフライ麺です。甘みが強めに感じられる麺で、スープの甘みとよくマッチしています。全粒粉入りで麺の味が強いことに加え、スープの味が控えめなので、相対的に麺の味が前に出てくる構成となっており、麺が主役の一杯と言えるのではないかと思います。

  • 湯戻し時間経過後にしっとり食感が増して本格化
食べ始めのうちは、中身の詰まったかため食感ですが、食べ進めた後半戦は低加水麺のしっとり感を楽しめます。麺の細さの割には湯戻し時間を要する麺のように感じます。

規定の湯戻し時間は4分ですが、個人的には4分よりもっと長い時間戻す方が魅力が増してくる麺なんじゃないかと思っています。前半戦はややほぐれの悪さがあるものの、後半戦のしっとり食感はかなり本格的です。



具は「大豆鴨ミンチ、花形カマボコ、ネギ」とのこと。

細かい大豆鴨ミンチ、「ふぐだし」にも入っていた花形のカマボコ、そしてネギが入っています。

具は少ないが「ふぐだし」よりは多い




  • カモネギでお蕎麦感さらに強まる
花形のカマボコやネギが入っていることは「ふぐだし」と共通していますが、ネギのカットが大きくて量も多いため、「ふぐだし」よりは具だくさんに見えます。それでもかなり少なめですけどね。

鴨だしにネギの組み合わせとなると、いよいよお蕎麦感が増してきます。乱獲されすぎて数が少なくなってしまうレベル。結果的にお蕎麦に似てしまったというよりは、メーカーが敢えてお蕎麦に寄せている感じがしますがどうでしょうか。

  • 大豆鴨ミンチは肉感も鴨味も足りない
今回の特徴的な具と言える大豆鴨ミンチは、鴨肉ではなく大豆たん白加工品に鴨の味をつけたものです。ちょっと粒が細かいため、肉感があまり感じられず、鴨肉の雰囲気は出ていませんでした。味も、鴨だしのスープの中に埋没してしまっており、今回と同じ大豆たん白加工品で「日清のどん兵衛 鴨だしそば」で使われている「大豆鴨つくね」のような存在感はなかったです。


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「日清麺職人 鴨だし」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
おとなしめに鴨だしを効かせたスープと、麺職人の全粒粉入りノンフライ麺の相性がよく、麺の甘みが活きる麺主役の一杯です。スープの鴨だし鴨油に和風だしがほんのり効いており、また、具として使われているネギの存在によって、麺以外はお蕎麦の雰囲気を醸し出す構成になっていました。「日清のどん兵衛 鴨だしそば」に比べるとおとなしめの鴨味で物足りなさもありますが、麺のおいしさが前に出た商品でした。

【ペヤング】の歴代変わり種カップ焼そばを振り返る【まとめ】

このページでは、「ペヤングやきそば」がこれまでに発売してきた歴代の個性的、変わり種の商品を紹介していきます。 目次 1. はじめに 2. 【変わり種食材】を使用したペヤングやきそば   ペヤング イカスミやきそば   ペヤング チョコレートやきそば ギリ   ペヤング ソースやきそば プラス納豆   ペヤング カレーやきそば プラス納豆   夜のペヤング やきそば 夜食ver. 3. 激辛のペヤングやきそば   ペ...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加