このページでは、セブンプレミアムのカップ麺、「らぁ麺屋 飯田商店」(東洋水産が販売)を食べてレビューしていきます。


「セブンプレミアム らぁ麺屋 飯田商店」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、セブンプレミアムの「らぁ麺屋 飯田商店」。2018年12月10日発売の新商品で、セブン&アイグループのプライベートブランド「セブンプレミアム」のカップ麺です。販売地域は北海道、東北、関東、甲信越、北陸、静岡に限定されています。販売は東洋水産で、製造は東洋水産系の酒悦が担当しています。湯河原のラーメン店「らぁ麺屋 飯田商店」の味を再現した一杯です。

  • 「らぁ麺屋 飯田商店」とは?
らぁ麺屋 飯田商店」は、神奈川県湯河原町にあるラーメン店です。TRY(東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー)の大賞を2年連続で獲得した今をときめく人気店で、整理券が配布されるほどの行列店です。東京都心から大きく離れた湯河原でこれだけの人気は本当すごいですよね。

お店のラーメンは、スープには鶏と水しか用いず、その鶏も比内地鶏や名古屋コーチンといった厳選素材のみを使うという、かなりのこだわりを持っています。素材の味を重視したラーメンとなると、素材で勝負できないカップ麺には再現が難しいように思いますが、今回果敢に挑戦してきました。

  • 「飯田商店」のカップ麺は以前にも発売されていた
「飯田商店」のカップ麺は、セブンプレミアムとしては初登場ですが、東洋水産から何度か発売されています。今回と同じタテ型商品として2014年と2017年の2回、どんぶり型ノンフライ商品として2018年に1回出ていました。

まずは、2017年に発売されたタテ型油揚げ麺の商品「マルちゃん 縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン」。「2016-2017 TRYラーメン大賞 名店部門 しょうゆ第1位」受賞を記念した商品でした。この商品が今回のセブンプレミアムの叩き台になっているものと思われます。

東洋水産 「マルちゃん 縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン」

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン」。神奈川県湯河原町にある名店「らぁ麺屋 飯田商店」の再現商品です。かなりの人気店のようで、今回の醤油ラーメンだけではなく、煮干しラーメンなども評判のようです。繊細な味のスープのようなので、タテ型油揚げ麺で味がよくわからなくなってしまわないか少し不安ですが食べてみたいと思います。 商品概要 品名:マルちゃん 縦型ビ...

こちらは2018年にはどんぶり型のノンフライ麺として「マルちゃん 飯田商店 醤油ラーメン」が発売されました。TRY2連覇によって製品化されています。ノンフライ麺を使用したことにより、スープの味がしっかりすっきり感じられ、非常においしい一杯でした。

東洋水産 「マルちゃん 飯田商店 醤油ラーメン」

神奈川湯河原にあるしょうゆラーメンの名店「らぁ麺屋 飯田商店」の味を再現した商品 今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 飯田商店 醤油ラーメン」。2018年4月23日発売の新商品です。「らぁ麺屋 飯田商店」は神奈川湯河原町にある、行列がすごいことになる名店です。透き通ったしょうゆスープが印象的で、私もいつか一度は食べてみたいと思っています。カップ麺としても昨年と2014年にタテ型カップ麺として発売されていま...

過去に発売された「飯田商店」のカップ麺2品を比べた時に、ノンフライ麺商品が段違いでおいしく感じられたので、今回油揚げ麺商品なのはちょっと不安ですが、そこはセブンプレミアムならではのおいしい一杯に期待したいです。果たしてどんな味の一杯になっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「特製スープ」1袋。液体スープです。カップの中には粉末スープとともに、フリーズドライブロックのチャーシュと、メンマが入っています。2017年発売のタテ型商品でもフリーズドライブロックのチャーシューが入っていました。

品名らぁ麺屋 飯田商店
メーカーセブンプレミアム(東洋水産が販売)
発売日2018年12月10日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ1袋(特製スープ)
定価税込213円
取得価格税込213円(セブンイレブン)


栄養成分表


1食98g(めん70g)あたり
エネルギー419kcal
 ∟めん・かやく∟292kcal
 ∟スープ∟127kcal
たん白質9.8g
脂質18.9g
炭水化物53.7g
 ∟糖質∟51.3g
 ∟食物繊維∟2.4g
食塩相当量7.3g
 ∟めん・かやく∟2.3g
 ∟スープ∟5.0g
ビタミンB10.54mg
ビタミンB20.53mg
カルシウム154mg

2017年発売のタテ型「飯田商店」とだいぶ栄養成分が異なった数値となっています。特に目についたのがスープのカロリーで、76kcalから127kcalにジャンプアップしています。2017年商品のスープは油揚げ麺から溶け出す味に負けてしまっていたので、このパワーアップは期待できそうです。


スープ


スープは「鶏だしと鶏油を使用したコク深い旨味にキレのある醤油スープ」とのこと。

鶏ガラベースのしょうゆ味のスープで、表面に鶏油を始めとする大量の油脂が浮いています。こってり味な印象のスープです。

鶏ガラと鶏油で鶏全開のしょうゆ味スープ


  • 厚めの鶏ガラベースでしょうゆの味と香りが強い


キレのある醤油スープ」と説明されていますが、濃いめで香りの強いしょうゆ味のスープです。お店の一杯の特徴を踏まえ、ベースの鶏が厚めに感じられ、あっさり味なイメージのある鶏ガラしょうゆ味のスープとしては濃厚な味に仕上がっていました。

ただ、ノンフライ麺商品で感じたようなスープのすっきり感はなく、後述する油揚げ麺から溶け出る油などの味がスープをぼやけさせている印象を受けました。すっきりしながらも強い味わいのある「飯田商店」のスープを再現するためには、ノンフライ麺を使う方が適しているように思います。

  • スープ表面に鶏油などで油膜ができている


スープ表面には油膜ができています。油膜の一部にはお店の特徴でもある鶏油が使用されており、スープにこってり感とともに鶏らしい丸み、まろやかさを加えていました。鶏ガラと鶏油のダブルで鶏を用いることで、鶏全開のスープになっています。

  • 2017年発売の「飯田商店」カップ麺からそれほど大きな変化を感じなかった
2017年発売当時のスープと比べて、何か特段、大きな変化があったようには感じませんでした。もちろん両方を目の前にして食べ比べればいろいろ違うのでしょうが、油揚げ麺から溶け出る味によってスープの味がぼやけている印象が強く残りました。

キレのあるしょうゆ味や鶏ガラ・鶏油の風味を活かすためにはノンフライ麺を使う方が良さそうだと改めて感じました。




麺は「ごだわりの麺」とのこと。

ずいぶんとたんぱくな商品説明ですねw 中細より細めに感じる、やや平打ち気味の油揚げ麺です。コシよりもやわらかみを感じる麺となっています。

やわらかい食感の細めの油揚げ麺




鶏ベースのしょうゆ味スープに合わせる形で、麺はおとなしめの中細麺です。2017年発売当時と比べて麺が平打ち気味になリ、より細くなった印象です。スープが浸透しやすいためやわらかい食感となリ、コシよりもソフトな食感が重視された麺でした。スープの油揚げ麺臭は特に目立たず、スープを引き立てる麺にする意図が窺えます。スープと麺のバランスは良かったです。

スープのところで触れましたが、油揚げ麺臭としてはそれほど感じなくても、この油揚げ麺の成分がスープに溶け出すことで、スープの味をダイレクトに感じられない何かしらの阻害要因になっているようで、ノンフライ麺商品を食べた時ほどのすっきりした味わいではなかったのが残念でした。袋に残った液体スープを少し舐めてみたのですが、油揚げ麺じゃなければもっとストレートにインパクトのある味が楽しめそうな感じがしました。ちょっともったいない印象です。

実際のお店で使用されている麺は、細めの低加水麺のようなので、今回の麺はなんとなくその雰囲気は持っているのかなと思います。



具は「フリーズドライのチャーシューブロックをトッピングし」たとのこと。

フリーズドライブロックのチャーシューとともに、メンマが入っています。

FDブロックのチャーシューとメンマの構成で、野菜はまったく入っていない




  • フリーズドライブロックの肉感強いチャーシュー
フリーズドライブロックのチャーシューは、脂分こそほとんどないものの、しっかり肉感のあるタイプでおいしいです。がっしりと噛み応えがあり、肉を食べていると実感できる食べ応えです。

お店のチャーシューは豚ロース肉を低温調理したやわらかいものが用いられているため、さすがにカップ麺でそれの再現は不可能ですが、今回もカップ麺なりに頑張っているチャーシューだと思います。ちなみに2017年商品でも同じようなフリーズドライブロックのチャーシューが用いられていました。

  • 多めに入っているメンマはスープと好相性
メンマもそれなりに量入っています。カップ麺としては少し大きめのカットです。私オサーン、実はメンマ星出身のメンマちゃんなのでメンマ大好きなんですが、しょうゆ味のスープとメンマはさすがの相性で、メンマ入ってると入っていないのとでは味の印象が全然異なってくるのではないかと思います。

お店のメンマは穂先メンマが使用されているとのことで、おそらく以前の「地域の名店 もちもちの木」レベルのものでないと再現したとは言えないと思われますが、上を見ればキリがないので、今回のメンマはこれはこれでで悪くないのではないでしょうか。

  • 野菜っけが一切ない具の構成
今回の商品にはネギすら入っておらず、野菜っけはゼロです。かなり思い切っていますよね。2017年バージョンでもそうでした。それどころか、高価格帯商品だった2018年のノンフライ麺バージョンですら、入っている具はチャーシューとメンマのみで、このあたりはコストカットでなく、普通にこだわりなんだろうなと感じました。

お店の「醤油らぁ麺」にもネギは入っておらず三つ葉のみのようです。


オススメ度(標準は3です)


  • セブンプレミアム 「らぁ麺屋 飯田商店」
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
話題の超人気店「らぁ麺屋 飯田商店」の味を再現したセブンプレミアムのカップ麺でした。鶏ガラと鶏油で鶏全開のしょうゆ味スープでしたが、油揚げ麺から溶け出す味がせっかくのスープの味をぼやけさせている印象でした。ちょっともったいなかったです。具のFDブロックチャーシューは脂分こそ少ないものの肉感があり、食べ応え十分。ネギなど野菜を一切入れないところにこだわりを感じました。ノンフライ麺の方がスープを活かせると感じるので、できることならノンフライ麺商品として改めて出して欲しいと感じました。

【ペヤング】の歴代変わり種カップ焼そばを振り返る【まとめ】

このページでは、「ペヤングやきそば」がこれまでに発売してきた歴代の個性的、変わり種の商品を紹介していきます。 目次 1. はじめに 2. 【変わり種食材】を使用したペヤングやきそば   ペヤング イカスミやきそば   ペヤング チョコレートやきそば ギリ   ペヤング ソースやきそば プラス納豆   ペヤング カレーやきそば プラス納豆   夜のペヤング やきそば 夜食ver. 3. 激辛のペヤングやきそば   ペ...


 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加