このページでは、エースコックのカップ焼そば、「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」を食べてレビューしていきます。


「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」はどんなカップ麺?


今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」。2018年12月3日発売の、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。「スーパーカップ」シリーズのカップ麺でありながら、大阪千日前のお好み焼き店「千房 千日前本店」とタイアップした、ダブルブランド的なカップ焼そばとなっています。

  • 「千房」はどんなお店?
「千房」は日本で初めてお好み焼のフルコースを提供するなど、お好み焼の歴史を塗り替えてきた改革者とも言える専門店
エースコックHPから抜粋

大阪は「裏なんば」と呼ばれる地域の一角、千日前にお店のある「千房」。千日前界隈はお好み焼き店の激戦区なんだそうです。「千房」はそんな数あるお好み焼き店の中でも人気のお店で、「道頓堀焼き」「千房焼き」の2枚看板のお好み焼きの他にも、今回の焼そばや鉄板焼きを始め、サイドメニューも充実。各地に計70店以上の支店があり、全国的な知名度も抜群なお店です。

  • スーパーカップと実店舗とタイアップするのは見たことがない
お店の味を再現したカップ麺、カップ焼そばは数ありますが、「スーパーカップ」シリーズとしてお店とタイアップしているのは記憶にありません。相当珍しいことなのではないかと思われます。今回、スーパーカップの30周年と「千房」の45周年が重なったことによるタイアップのようですが、今後もこのような商品どんどん出てくると良いですね。

お店の焼そばの味をカップ焼そばで再現した最近の商品は、「明星 みかさ監修 ソース焼そば」がありました。

神田神保町の行列焼そば店監修のカップ焼そば!明星食品 「明星 みかさ監修 ソース焼そば」

神田神保町の行列焼そば店「みかさ」監修によるカップ焼そば 今回のカップ麺は、明星食品の「明星 みかさ監修 ソース焼そば」。2018年10月8日発売の新商品です。東京神田神保町にある焼そばのお店「みかさ」監修によるカップ麺です。昨年10月にも「みかさ」の味を再現したカップ麺が発売されていました。 「みかさ」は、1984年に熊本で創業した焼そば専門店で、1993年に東京に移転してからは、神保町になくてはならない存在感...

「スーパーカップ」シリーズによる「千房」の焼そばを再現したカップ焼そばは、果たしてどんな味になっているのでしょうか。



内容物、価格、購入額など




別添袋は「焼そばソース」、「かやく」、「ふりかけ」、「かつお節」の4袋。



麺は「スーパーカップ」シリーズらしく、太い麺が使用されています。先入れの「かやく」は具はキャベツのみです。

品名スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば
メーカーエースコック
発売日2018年12月3日(月)
麺種別油揚げ麺
かやく・スープ4袋(焼そばソース・かやく・ふりかけ・かつお節)
定価税別220円
取得価格税込235円(ローソン)

税別220円で、「スーパーカップ」シリーズとしてはやや高めの価格設定となっています。


栄養成分表


1食163g(めん130g)あたり
エネルギー650kcal
たん白質11.2g
脂質22.3g
炭水化物101.2g
食塩相当量5.5g
ビタミンB10.68mg
ビタミンB20.72mg
カルシウム447mg


ソース




ソースは「ポークをベースに魚介の旨みをバランスよく加えた甘みのある焼そばソース」で、「鉄板で焼けたラードのような香りが食欲をそそる、臨場感のある味わい」とのこと。

豚脂の風味が香る、甘味の強い焼そばソースです。

かなり甘いソースが特徴


豚脂の風味が漂う強い甘みが特徴のソースです。かなり甘いです。普段、ペヤングやUFOで慣れていると、まったく食べ慣れない甘さに軽く違和感を覚えるかもしれません。実際のお店の焼そばも甘い味が特徴のようで、しっかりその味を再現できているようです。

私オサーン、最近は全然やらなくなったものの、焼そばをごはんとあわせる炭水化物重ねが大好きなんですが、今回の甘いソースならごはんは欲しくならずに済みそうです。大阪の人ならこの甘さでもごはんと合わせたりするんでしょうかね。

炒めた豚脂の風味で臨場感のある味わい


正直、今回のソースの甘さは個人的にはあまり得意ではありませんでしたが、ソースに感じられる太い豚脂には炒めたような風味が付与されており、これはなかなか良かったです。調理感というか、臨場感が出ていて、まるで目の前で鉄板調理してもらったかのような感じがしました!(さすがに言い過ぎましたそこまでではないです)

炒めた風味が付与されていることで、ソースを絡めた麺状態なのが、一気に焼そば感が増しますね。カップ焼そばとは言え「焼そば」と名のつく以上、これから製品化されるカップ焼そばには必須にしてもらいたいくらい重要な要素なのでないかと思います。

炒めた風味をソース側につけるアプローチとは別に、だいぶ昔に、実際焼いて焦げ目のついた油揚げ麺を使用したカップ焼そばが出ていたように思います。このブログでもその派生商品だか、それとは別の焼いた麺の商品を食べた気がするのですが、見つけることができませんでした。たしか今回と同じエースコック製だったはず。今では麺側からの焼そば臨場感アプローチはほとんど見なくなりましたけどね。






麺は「しっかりとしたコシと弾力を併せもつ、食べごたえのある太めん」とのこと。

切刃の丸い、太い油揚げ麺です。スーパーカップらしい太麺であり、お店でも太い麺が使用されていることなので、両者の特徴の合致した麺となっています。

油そばのような太い油揚げ麺で、麺量130gの大盛サイズ


まるで油そばの麺のような、切刃の丸い太麺です。ガッツリな太麺で存在感が強いですが、今回はソースも甘みと豚脂の風味の強い味なので、バランスはしっかり取れていました。ソースと麺の相性は抜群です。濃い味のソースを太い麺で食べるという、まさにガッツリなカップ焼そばとなっていました。

麺量は130gで、一般的な大盛カップ焼そばと同じ麺量です。お腹を満たすには十分な麺量で、食の細い人なら食べ残すレベルでしょう。濃い味で太い麺で、その上で麺量が多いとなると、ある程度食べる人を選んでしまうかもしれませんね。ガッツリ食べたい人向けの一杯と言えます。





具は「シャキシャキとした食感の良いキャベツ、風味豊かな鰹節、あおさ、紅しょうがを入れ」たとのこと。

先入れのキャベツに、後入れでかつお節と、ふりかけのあおさ、紅しょうがを加える構成です。

かつお節とふりかけで具が充実!


「荒節おどるソース焼そば」という商品名なので、主役となるかつお節ですが、上の写真でわかる通り、かなりたくさん入っています。熱気でちょっとゆらゆらしていて、確かにおどっていました。ソースにも魚介が入っているもののあまり存在感がなく、むしろかつお節で魚介を強く感じることができました。

かつお節は甘いソースを引き締めるような効果も担っていると感じられ、見た目のインパクトだけではなく、味でも重要な存在でした。かつお節がないとソースの甘ったるさがより気になってしまったかもしれません。

ふりかけとして入っているあおさと紅しょうがも存在感がありました。あおさは風味で、紅しょうがは風味と辛味で目立っています。紅しょうがのピリッとくる辛味が、甘いソースとよくマッチしています。紅しょうが苦手な人はふりかけを入れない選択をしなければならないので厳しいかもしれませんが、これによってソースの甘さが多少緩和されるように感じました。

いろいろ書いてきましたが、何よりビジュアルがいいです!かつお節とふりかけでかなり本格感が増す見た目で、カップ焼そば好きとしてはこれだけで気持ちが高まります。例えるなら、ゴローさんが最後に勢いつけて料理かっこむ時に流れる曲くらいの高ぶりでしょうか。もしくは西部警察の・・・古すぎるのでこの例えはナシ!w


オススメ度(標準は3です)


  • エースコック 「スーパーカップ大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」
★★★★☆☆☆☆☆☆(4)

「スーパーカップ」シリーズでは珍しい、実際のお店の味を再現したカップ焼そばでした。量の多さや濃い味、太い麺でスーパーカップらしさをしっかり表現しつつ、お店の特徴である甘いソースやかつお節などの特徴を踏まえた一杯になっています。甘いソースを引き締めるかつお節の存在感や紅しょうがの辛味が効果的でおいしかったです。ちょっと高いですが、食べ応えのある良品でした。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加