このページでは、日清食品のカップライス、「カップヌードル謎肉丼」を食べてレビューしていきます。


「カップヌードル謎肉丼」はどんな商品?


今回はカップ麺ではなくカップライスで、日清食品の「カップヌードル謎肉丼」。2018年12月3日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。今年2018年7月に日清食品グループオンラインストア限定で発売されていた商品が、満を持して全国店頭にて販売されることになりました。

謎肉とは、「豚肉と大豆由来の原料に野菜などを混ぜてミンチ状にし、フリーズドライ加工した具材」とのこと。

カップヌードルに入っていた正体不明の肉が、ネット界隈を中心に「謎肉」と呼ばれるようになり、一時カップヌードルシリーズから「謎肉」は「コロチャー」に置き換えられて消えたものの、根強いファンの声があって復活しました。現在ではカップヌードルの主力の具であるとともに、「謎肉」をクローズアップした商品も多く発売されています。

「カップヌードル 謎肉祭の素」 (セブンイレブン限定)に謎肉が何個入っているか数えてみました!

セブンイレブンでカップヌードルシリーズ対象商品を2個買うと貰える 今回はカップ麺ではなく、セブンイレブンでカップヌードルシリーズの商品を2個買うと貰える、「カップヌードル 謎肉祭の素」。以前にもセブンの通販「オムニ7」限定で4連パックとして発売されていた商品。当時は発売すぐに売り切れとなってしまった珍品です。カップヌードルに入っている「謎肉」のみが入っています。セブンイレブン1店につき24個限りとのことで...

  • ネット限定で1万食販売されすぐに売り切れた「謎肉丼」
「謎肉丼」が初登場したのは日清食品SNSにてのコンセプト画像で、その反響が大きかったため、横浜のカップヌードルミュージアムで製品化、その後「カップメシ」シリーズとしてネット限定で1万食販売されました。その1万食は即日で売り切れてしまう盛況ぶりで、今回、全国の店頭にて再販されることになりました。

ネット限定販売された時、このブログでも購入して食べています。1箱買っちゃったので周りの人に配りつつ、おいしくいただきました。

日清食品 「カップヌードル謎肉丼」

カップヌードルミュージアムのみで食べられる「謎肉丼」をカップめし化した通販限定商品 今回は、日清食品の「カップヌードル謎肉丼」を食べます。2018年7月2日に日清食品グループ オンラインストア限定で発売された、「カップヌードル」シリーズの新商品です。1万食限定の販売で、7月2日発売当日の夜に売り切れてしまったようです。 カップヌードルに入っているダイスミンチ、通称「謎肉」がたくさん入ったごはんで、カップヌ...

40個程度の謎肉が入っている非常に食べ応えのあるカップライスで、スパイスの強く効いたしょうゆ味のごはんもおいしかったです。なにより、「カップメシ」シリーズがレンジ調理からお湯かけ調理に変更になって初となる炊き込みごはんタイプだったのが驚きで、雑炊でもカレーでもない新しい方向性を示していました。いろいろ課題は散見されたものの、非常に良くできた一杯でした。

  • 今回の再販で内容物に変化があるのか?
今回の再販にあたって、日清食品のサイトをあたってみても、内容物に何か手を加えた、変化がある旨の記載はありませんでした。なので、今回の再販によって商品に大きな変化はないと思われますが、ネット販売時と今回の商品の栄養成分を比べてみると、ちょっと数値が違うことがわかりました。この変化を実際食べて私が感じ取れるのかは微妙ですがw

今回も他の謎肉カップ麺時と同様、まず謎肉が何個入っているか数えてみることから始めたいと思います。

謎肉が何個入っているか数えます!!日清食品 「カップヌードル ビッグ 三代目謎肉祭」

「謎肉祭」の「三代目」は、「チリ謎肉」が加わり3種の謎肉が楽しめる一杯 今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル ビッグ 三代目謎肉祭」。2018年9月17日発売の、「カップヌードル」シリーズの新商品です。定番具材である「謎肉」をとにかく大量に入れたカップヌードルの「謎肉祭」第3弾商品となります。 今回は、「カップヌードル ビッグ 帰ってきた謎肉祭 W」に入っていた「謎肉」と「白い謎肉」に加えて、今年2...



内容物、価格、購入額など




フタを開けたのみの状態。チラホラと謎肉が見え隠れしていますが、パフライスの下に粉末スープと謎肉が大量に入っています。

品名カップヌードル謎肉丼
メーカー日清食品
発売日2018年12月3日(月)
麺種別ライス
かやく・スープなし
定価税別250円
取得価格税別218円(ドン・キホーテ)


栄養成分表


1食111g(ライス86g)あたり
エネルギー460kcal
たん白質10.9g
脂質12.8g
炭水化物75.4g
食塩相当量3.1g

内容量111gはネット販売時と同じ(ライスの量も同じ)ですが、他の数値はそれほど大きな違いはないものの微妙に異なっています。食塩相当量が2.7gから3.1gになっていて大きな違いになっていました。

日清食品 「カップヌードル ビッグ 帰ってきた謎肉祭 W」

復活した「謎肉祭」は「白い謎肉」が加わっている 今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル ビッグ 帰ってきた謎肉祭 W」。昨年9月に発売されて、売れすぎて販売休止になってしまった商品の復活です。今回は謎肉に加え、チリトマトヌードルで使われている鶏肉の入った「白い謎肉」も加わり、前回とはまた違った商品となっています。前回同様、今回も謎肉の数を数えてみようと思います。 そういえば、謎肉の原材料につい...


今回の「謎肉丼」も謎肉が何個入っているか数えてみました!


  • カップを横に振ると謎肉がどんどん浮かんでくる


フタを開けてお湯入れ前、カップを横に振ると、謎肉が無駄に浮かんでくるぜ!

フタを開けた段階では謎肉はパフライスの中に沈んでいますが、横にシェイクするとことでパフライスより比重の軽い謎肉やねぎが上に浮かんできます。これはなかなか面白いですよ。上に浮かばせなくても調理は可能ですが、見た目にも楽しいので、振ってみることをおすすめします!



厳密には振っただけではなくスプーンでもサルベージしましたが、こんな感じで謎肉がたくさん浮かび上がってきます。これはすごい迫力ですよね!この量は・・・ネット販売時より多い気がする!

それでは早速数えてみましょう!

  • 謎肉の数がネット販売時よりかなり増えている!!


フルに1個としてカウントして良さそうな大きな粒は45個、その他に半分くらいの大きさの謎肉が13個、さらにサルベージしきれなかった細かいのも含めると、全部で概ね55個くらいの量の謎肉が入ってました。ネット販売時は40個程度だったので、だいぶ個数が増えています。これは過去最高、最強の謎肉の量かと思います。実際、ネット販売時にこのブログで撮った写真と比較しても、今回は個数だけではなく、明らかに量が多くなっていることがわかります。

ただ、謎肉が見た目にわかるレベルで増えているならば、内容量や栄養成分にもっと変化があっても良さそうなものですが、内容量はまったく同じで、塩分以外の栄養成分にもそれほど大きな変化がなかったです。謎肉の原材料や密度に変更が加えられたのかもしれません。ひとつあたりの肉の量が少なくなっているとか、含有する空気が増えているとか。個数が増えてるから塩分が増えているのでしょうか。



つゆ




つゆは「カップヌードルならではの、ペッパーをきかせたしょうゆ味のつゆ」とのこと。

ノーマルカップヌードルの味を再現した味となっていますが、カップヌードル以上にパッペーが強く効いたしょうゆ味で、エッジの立った味付けです。

つゆというより炊き込みごはんの形状で、ペッパーが強く効いている


  • カップヌードルよりもペッパーやしょうゆが強いと感じる
つゆとは言いつつも、ほとんどごはんに染み込んでしまうため、実際は炊き込みごはんのような形状になっています。味の元となっているカップヌードルに比べると、油揚げ麺から溶け出る雑味がないこともあり、ペッパーとしょうゆの味を強く感じ、メリハリがあります。

個人的にはカップヌードルの味よりこっちの方が好きですね。これだけペッパーが強く効いていると、お子様や辛いのが苦手な人にとっては、ちょっと辛いと感じてしまうかもしれません。

  • 液体分がないため、底にたまったつゆの味がごはん全体に浸透しにくい
味にはかなり満足できますが、味の元となる粉末が底にたまってしまい、液体部分がほとんどないため、湯戻し後にしっかりかき混ぜても、濃い味の部分がごはん全体になかなか浸透していかないのが難点のように思います。自分でチャーハン作ってる時になかなか味付けが全体に行き渡らないのと同じ感じです。ネット販売時でも同じ状況でした。

味付けの傾向はネット販売時と大きく変わったようには感じられず相変わらずおいしくて、味が浸透しない欠点も、炊き込みごはん形状であることの美点を考慮すれば大きなマイナスにはならないように思います。素晴らしいです。今後、カップヌードルカレーのポテト丼とか、シーフードヌードルのイカかにかま丼とかにも期待したくなるおいしさでした。



ライス




ライスは「湯かけ調理でも湯戻りの良いごはん」とのこと。

湯戻し調理のみで完成する、炊き込みごはん形状のライスです。

炊き込みごはんタイプで自然な食感の湯戻し調理ごはん


パフライスを湯戻しする形ですが、同じ湯戻し調理のごはん商品である、ポッカサッポロ「リゾランテ」シリーズに比べると、お米をそのままの形状で使っているためごはん感が強いです。注いだお湯が米に浸透することで、かなり自然な食感のごはんになります。湯戻し時間は多少長めに取る方が自然な食感になるように思います。

先述の「リゾランテ」や「ぶっこみ飯」などのリゾットや雑炊系や「カレーメシ」などのカレー系ごはん商品は、カップ麺で言えばスープに当たる液体部分があるため、ライスの湯戻しが比較的容易なのに対し、今回の商品は炊き込みごはんタイプなので、技術的に湯戻しが難しいのではないかと思いますが、しっかり自然なごはん食感になっているのはお見事です。このタイプのごはん商品どんどん増えていって欲しいですね。





具は「謎肉 (味付豚ミンチ)、ネギ」とのこと。

先ほど数えた50個以上の謎肉とネギが入っています。もうほんとすごい謎肉の量です。

大量の謎肉でも飽きることなく最後まで楽しめた


体感的にはごはんと同じくらい謎肉が入っている感じで、非常に食べ応えがあります。なんでネット販売時と重量がかわらないのに 個数が増えているんだろうと思いながら味わって食べてみましたが、残念ながらネット販売時との違いはよくわかりませんでした。おそらく中身はだいぶ変わっているものと思われますが、純粋に量が増えたとウキウキしながら食べることができました。謎肉の量が増えてうれしいとニコニコしているただの食いしん坊さん状態です。

あまりに大量の謎肉なので、食べているうちに飽きがきてもおかしくないところなのですが、味付けのペッパーやしょうゆの味が謎肉を引き締めているため、最後までしっかり楽しめました。たくさん食べていると、謎肉ってちょっと甘いんだなぁと感じますが、その甘さがしょうゆやペッパーとうまいことハマっている印象でした。

謎肉以外に入っているのはネギのみでしたが、青ネギ主体で香りが強く、意外と良い仕事をしています。しょうゆやペッパーと相性がよく、ネギの風味がアクセントとして機能していました。

【謎肉が何個入っているか数えてみました!】日清食品 「カップヌードルビッグ

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードルビッグ "謎肉祭" 肉盛りペッパーしょうゆ」。カップヌードルの45回目の誕生日を記念して、通常のカップヌードルビッグの10倍の謎肉を入れた商品です。「カップヌードル ミートキング」とか「カップヌードル メガミート」とか、過去に謎肉をクローズアップして、カット大きくしてボリュームも増させた商品はありましたが、単純に肉量では今回が最強なんじゃないかと思います。これはま...


オススメ度(標準は3です)


  • 日清食品 「カップヌードル謎肉丼」
★★★★★★☆☆☆☆(6)



50個を超える大量の謎肉に圧倒される一杯でした。ネット販売の時と商品の内容量や栄養成分はあまり変わらないのに、謎肉の個数、量がかなり増えていることが不思議で、そして食べ応えに大満足でした。ペッパーやしょうゆのしっかり効いた味で引き締めることで大量の謎肉を最後まで楽しめるのも良かったです。

なんでしょうね、これだけ謎肉をたくさん食べていると、じわじわくる甘みや謎肉らしい油っぽさみたいなものにたまらなく魅力を感じるようになり、見た目のインパクトだけではない不思議なパワーを感じました。定価税別250円という高い商品ですが、商品の魅力はそれ以上だと思います。こんな面白くておいしいものを250円で食べられることに喜びを感じられるとても良い商品。

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加